競馬予想@競馬総合情報

競馬予想@競馬総合情報!、競馬予想で的中ラッシュするためにいろいろな視点からを作成しています。競馬予想データ、競馬ニュース、競馬情報など

    オールカマー

    【能力値ランキング】9月27日中山11レース(オールカマー)


    nouryokuchi


    管理人の最近の的中報告重賞報告
    セントウルS
    sentouru


    紫苑S
    sions

    ローズS
    4



    オールカマー

    1位 ミッキースワロー
    2位 ステイフーリッシュ
    3位 カレンブーケドール
    4位 センテリュオ
    5位 クレッシェンドラヴ




    毎週、数多くの無料予想をチェックする管理人だからわかる
    おすすめな無料予想(有料予想もあるけど無料予想しかわからない)
    1位 EXTRA
    2位 ホライゾン
    3位 LAP競馬









    「注目馬」ーオールカマー「カレンブーケドール」


    chuumokuuma




    オールカマーでは圧倒的な1番人気になりそうな
    フィエールマンをついて調べてみました。
    ←これを作成していたら回避を報道がありました。




    「広告」ギャロップジャパンのLINE会員になりましたか?
    gp1



    カレンブーケドール

    父ーディープインパクト
    母父ーScat Daddy



    過去5戦
    京都記念 2番人気2着
    JC 5番人気2着
    秋華賞 2番人気2着
    紫苑S 1番人気3着

    ちょっと気になるのが紫苑S

    今回の条件と同じ
    休み明け・中山競馬場で3着。





    オールカマーの予想はここを使いたいと思います
    EXTRA
    まずは無料会員から
    oruma1

    「種牡馬・血統」オールカマーの血統評価

    chi




    血統はここのサイトチェック」-無料血統サイト(血統シックス)
    kettou61



    最近の中央重賞

    ローズS
    4


    紫苑S
    shions1

    セントウルS
    sentou2020s


    北九州記念
    red5


    オールカマー血統分析
    1) 過去5年のオールカマーの血統
    orukamake


    2回以上馬券になっているのは
    ディープインパクト産駒
    18年 アルアイン 3番人気2着
    17年 ステファノス 1番人気2着
    16年 サトノノブレス 3番人気2着
    15年 ショウナンパンドラ 3番人気1着



    2)中山競馬場芝2200mより
    orukama2



    注目
    ディープインパクト産駒
    ステイゴールド産駒



    皆様、秋競馬シーズンがついにやって参りました!

    秋の重賞戦線を存分にお楽しみ頂く為
    人気実力派馬券師と新たに契約を締結!

    重賞のみで
    生涯獲得金額3億円を記録する
    中川馬券師が監修を務めます

    期間限定イベント

    完全攻略!秋の重賞マスタ―を

    開催致します!

    3連複5頭BOX1点200円~300円

    \\\\\ /////
    推定利益10万円
    ///// \\\\\

    期待値の非常に高い無料情報を

    漏れなくプレゼント!



    詳しくはこちらをクリック

    umapu2

    オールカマー予想|2020年|1番人気成績|予想オッズまとめ

    yosouodds


    管理人のG1成績

    フェブラリーステークス

    baken3



    大阪杯
    oosakahai2
    oosakahai1


    天皇賞(春)
    tenharu1
    tenharu2


    NHKマイルC
    nhkm2
    nhkm1
    nhkm3

    ヴィクトリアマイル
    viku


    宝塚記念
    takaraduka2



    直近の重賞「北九州記念」
    red1

    red2

    red5



    紫苑S
    shions1


    セントウルS
    sentou2020s


    ローズS
    4


    過去のオールカマーの1番人気

    19年 レイデオロ(4着)
    18年 レイデオロ(1着)
    17年 ステファノス(2着)
    16年 ゴールドアクター(1着)
    15年 ヌーヴォレコルト(2着)
    14年 サトノノブレス(16着)
    13年 ダノンバラード(3着)
    12年 ルルーシュ(4着)
    11年 アーネストリー(1着)
    10年 ドリームジャーニー(2着)





    1番人気は3勝


    「結果」
    3-3-1-2-0-1/10

    アルケミスト
    akia

    「期間限定これ激アツだよね」まあ見逃し厳禁です。
    無料コンテンツだけで儲けられる。





    ヤフーニュースより
    【オールカマー展望】天皇賞・春連覇のフィエールマンが始動


     第66回オールカマー・G2は9月27日、中山競馬場の芝2200メートルの舞台で行われる。  

     天皇賞・春連覇のフィエールマン(牡5歳、美浦・手塚貴久厩舎)が実績的に一枚抜けている。有馬記念(4着)、AJCC(2着)で好走と、中山の適性もあり、ここは不動の中心馬だろう。ノーザンファーム天栄から9月4日に帰厩し、1週前はウッドチップの3頭併せでうなるような動き。出来は申し分ない。疲れが抜けず、宝塚記念に向かわなかった春シーズンだったが、上手くリフレッシュできたようだ。  

     秋華賞、ジャパンC、京都記念と2着続きのカレンブーケドール(牝4歳、美浦・国枝栄厩舎)だが、その安定度、底力は牝馬屈指の存在。ドバイ・シーマクラシックに出走予定も中止で帰国。今回7か月半ぶりの実戦だが入念に調整が積まれ、いい状態で復帰戦に臨めそうだ。  

     天皇賞・春3着以来のミッキースワロー(牡6歳、美浦・菊沢隆徳厩舎)。セントライト記念、日経賞優勝と中山は特性が生かせるコースだ。  

     七夕賞1着以来のクレッシェンドラヴ(牡6歳、美浦・林徹厩舎)、目黒記念3着が好内容だったステイフーリッシュ(牡5歳、栗東・矢作芳人厩舎)、1年8か月ぶりの復帰戦になるジェネラーレウーノ(牡5歳、美浦・矢野英一厩舎)もエントリー。


    オールカマー動画【2019年】





    オールカマーー2019年結果 

    1着 スティッフェリオ 丸山元気
    2着 ミッキースワロー 菊沢一樹
    3着 グレイル 戸崎圭太

     
    オールカマー予想(人気)

    1番人気 フィエールマン
    2番人気 カレンブーケドール
    3番人気 ミッキースワロー
    4番人気 ステイフーリッシュ
    5番人気 クレッシェンドラヴ



    競馬の無料コンテンツはここ使え
    オールカマーと神戸新聞杯は参考に
    無料重賞有力情報はチェック必至
    gfree



    オールカマー予想|2019年|直前情報まとめ

    chokuzen

    ヤフーニュースより
    レイデオロはいらない! オールカマーで買うべき「巧者」3頭【オールカマー】

     昨年は同世代の皐月賞馬VSダービー馬という豪華な一戦となったオールカマー。今年はそのダービー馬レイデオロと香港でGI勝ちを飾ったウインブライトが激突。軍配はどちらに? 宝塚記念組が優勢だが…  

     秋のGI戦線へのステップレースという位置付けの当レース。それゆえ、臨戦過程を見ると同じ2200mの宝塚記念組を筆頭に、前走・GI組の好走例が圧倒的に多い。

    ■前走レース別成績(新潟開催時を除く過去9年) 宝塚記念〔3.4.2.4〕 3勝クラス〔0.0.0.8〕 OP特別〔0.0.1.16〕 GIII〔1.2.3.40〕 GII〔1.0.3.20〕 GI〔7.7.2.10〕※海外含む  GI組は全体で連対率50%超と優秀。ただ、乗り替わりが発生していた場合、〔1.2.0.6〕と成績はダウン。ルメールJ→福永Jへスイッチするレイデオロにとっては暗雲。GI組の中で、4~6歳、継続騎乗、GII勝ちかGI連対の実績馬なら〔4.5.2.2〕で連対率は69.2%、複勝率は驚異の84.6%。軸としてはウインブライトに分がありそうだ。

     侮れないのは○○巧者  前走・GI組の信頼度が高い一方、前走でGII~GIIIだった馬も、過去10年で見ると3分の1の10頭が馬券に絡んでいる。前走・GI組だけで決着したのは昨年のみで、何か1頭はひねった馬が馬券に絡むと考えても良いだろう。

    ■オールカマーで好走した前走GII~GIII組(過去5年)

    2014年 2番人気1着 マイネルラクリマ 前走・七夕賞 1番人気3着
    2015年 7番人気3着 ミトラ 前走・中日新聞杯 3番人気5着
    2017年 3番人気3着 タンタアレグリア 前走・AJCC 7番人気1着  

    馬券に絡んだ10頭について見ていくと、8頭が前走5着以内と好走していた馬。また、7頭には中山芝で1着経験があり、うち5頭は今回と同じ中山芝2200mで連対実績があった。この組からは前走好走の中山巧者を狙いたい。  

     七夕賞1着のミッキースワローは当舞台で〔2.1.0.0〕と抜群の相性。3歳秋のセントライト記念では皐月賞馬アルアインを完封、AJCCでも2着がある。同じく七夕賞2着のクレッシェンドラヴも当舞台〔2.0.1.1〕。この2頭を相手候補に馬券を組み立てたい。

    結論 ◎ウインブライト △ミッキースワロー △クレッシェンドラヴ


    展開を読む【オールカマー=スローペース】

     逃げ馬不在。スティッフェリオが押し出されそうだが、菜七子騎乗のトニーファイブが思い切って行く可能性も。好位から進出するウインブライトを目標にミッキースワロー、レイデオロ、グレイルが末脚で迫り見応え十分の叩き合い。

    【オールカマー】傾向と対策

     過去10年の結果から傾向を探る(新潟施行の14年を除く)。  
    ☆オッズ 単勝オッズ3・9倍以下の馬が【5・5・3・2】と順当に結果を残している。4~9・9倍が【4・2・2・12】、10~19・9倍が【0・2・4・21】、20~49・9倍が【1・1・1・26】、50倍以上は【0・0・0・45】。  

    ☆負担重量 54キロ【0・0・0・6】、55キロ【2・1・0・0】、56キロ【2・4・3・55】、57キロ【1・1・3・9】、58キロ【1・0・0・0】。  

    ☆前走 宝塚記念【3・4・2・5】、天皇賞・春【1・1・0・4】、札幌記念【2・0・1・10】。宝塚記念、天皇賞・春以外のG1組が【3・2・0・2】で注目。  

    結論 ◎ウインブライト ○レイデオロ ▲ゴーフォザサミット


    競馬予想サイト レープロの無料予想が激アツなの知っているw

    rep


    これだけの無料コンテンツを誰でも無料・しかも匿名性の高いフリーメールで登録できます。

    競馬レープロへ行く



    このページのトップヘ