競馬予想@競馬総合情報

競馬予想@競馬総合情報!、競馬予想で的中ラッシュするためにいろいろな視点からを作成しています。競馬予想データ、競馬ニュース、競馬情報など

    オールカマー

    オールカマー予想|2017年|調教・追い切りニュースまとめ

    choukyou


    ランキングでは今週も無料予想GET
    馬券師が馬券的中を目指しますw
    http://keiba-ranking.club

    rannking


    ヤフーニュースより引用

    ルージュバック合格点3頭併せ最先着/オールカマー
     <オールカマー:追い切り>

     中山メインのオールカマー(G2、芝2200メートル、24日)の追い切りが東西トレセンで行われ、秋こそ悲願のG1制覇を期すルージュバック(牝5、大竹)が美浦ウッドで好気配を見せた。3頭併せで最先着。大目標のエリザベス女王杯(G1、芝2200メートル、11月12日=京都)へ向け、勝って弾みをつける。

     ルージュバックが、文句なしの動きを見せつけた。ウッドの3頭併せ。中ストリートオベロン(障害未勝利)、外アウトオンアリム(3歳未勝利)を1馬身前に見て、徐々に加速。直線で最内に入り、ラスト1ハロンで気合をつけられると、中に4馬身、外に1馬身差をつけてフィニッシュした。時計は4ハロン51秒7-12秒7。大竹師は「先週かなり負荷をかけているから、今日は反応を見る感じ。休み明けのせいか、ステッキを抜いてから反応するのに2、3完歩かかっていた」と冷静に分析しつつ、「(エリザベス女王杯への)ひとたたきとしてはちょうどいい」と仕上がりには合格点を与えた。放牧休養明けで5月のヴィクトリアM以来の実戦だが、力を出せる仕上がりだ。

     昨秋は毎日王冠を快勝し天皇賞・秋に向かったが、今年は大目標をエリザベス女王杯に据えたため、中6週とゆったりしたローテになるオールカマーを秋の始動戦に選んだ。「中山は勝っていないが、外回りならレースはしやすい」。本番と同距離のここをすっきり勝ち、悲願成就への足掛かりにしたい。
    【オールカマー】アルバート、落ち着きながらもWコースで軽快12秒9
    ◆オールカマー追い切り(21日・美浦トレセン)

     第63回オールカマー・G2(24日、中山)で秋初戦を迎えるアルバートは美浦のWコースで馬なり単走。落ち着きながらもスピードにあふれ、4ハロン52秒9―12秒9で駆け抜けた。森助手は「(先週は)休み明けで余裕残しの感じだったが、1週前にしっかりやり、今週もいつもの追い切りをこなし、出走できる態勢は整った」と5か月ぶりでも順調をアピールした。

     前走の天皇賞・春は5着。「すごく時計が速い、硬い馬場だった。しまいは脚を使って力を出せたので、現状の着順なのかな」と冷静に受け止めていた。豪G1・メルボルンC(11月7日、フレミントン競馬場・芝3200メートル)に登録済みで、「今回の内容と馬の状態を見て、レースを終えてから近日中に決めたい」と森助手。15、16年のステイヤーズSを連覇した中山で重賞4勝目を挙げれば、初の海外遠征が見えてくる。
    【オールカマー予想|2017年|調教・追い切りニュースまとめ】の続きを読む

    オールカマー予想|2017年|予想オッズまとめ

    yosouodds

    競馬で勝ちたい・儲けたい
    そんな貴方様に・・・競馬劇場
    無料コンテンツ4つは完全オリジナル
    そんな無料コンテンツが見れる
    競馬劇場が熱い
    keibakaigi


    ヤフーニュースより

    タンタアレグリアなど、オールカマー厩舎情報/美浦トレセンニュース
    優勝馬に天皇賞(秋)の優先出走権が与えられるオールカマー(GII・中山芝2200m)に出走するタンタアレグリアとマイネルミラノが最終追い切りを行った。追い切り後の関係者のコメント。

    ■1月22日AJCC(GII・1着)以来となるタンタアレグリア(牡5・美浦・国枝栄)について、国枝調教師。
    「前走(AJCC・GII・1着)時は迫力があって馬も良く映りましたが、今回はまだ物足りなく感じます。ただ追い切りでもそれなりに動けていますし、落ち着きも出てきていますので、だいたい及第点でしょう。前走のような走りができるようなら、この先も期待できますね。

     まだ暑い時期でもありますし、馬体重は前走時よりマイナスになると思います。このレースの結果を見て、今後GI路線に進むのか、GII、GIIIに向かうか決まってくると思います。あとはジョッキーの底力に期待ですね」

     追い切りの手綱も取った蛯名正義騎手。
    「先週の追い切りでは内にモタれたと聞いたので、今週は外に併せましたが大丈夫そうでした。前走時は体に張りがあって状態がとても良かったですが、今はしぼんだ体が戻りつつある段階です。まだ良化途上ですが、現状では1番良いところまで来たかなと思います。

     以前から能力的にも期待していたのですが、弱さがあって軌道に乗りきれずにきましたが、前走で重賞を勝てましたし、中山でも良いレースができるでしょう。気性面でも成長して大人になってきましたし、それに体が追いついてくると更に良いと思います」

    ■マイネルミラノ(牡7・美浦・相沢郁)について、相沢調教師。
    「前走(札幌記念・GII・13着)は1コーナーまで脚を使ってしまって、3コーナーからまくることができず、少しだらしなかったですね。58キロでの出走も近走はありましたが、今回56キロで出られるのは良いと思います。前走後も気配は良いですし、中山の外回りコースで、3コーナーからゆったりと動いていけるのは良いでしょう」
    【オールカマー予想|2017年|予想オッズまとめ】の続きを読む

    オールカマー予想|調教・追い切り|ネット評価

     

    クリールカイザーが注目馬・・・田辺で1発あるか

    【オールカマー(日曜=25日、中山芝外2200メートル=1着馬に天皇賞・秋優先出走権)得ダネ情報】天皇賞・秋へのステップレース。ゴールドアクター&マリアライトの両グランプリ馬が参戦も両馬とも久々のうえ、目標は先。使われてきた馬との比較はこの時期の永遠のテーマだが、得ダネ班は使われてきた馬を優先。クリールカイザーの激走に望みを託した。

     先週、東西で行われた3歳GIトライアルはともにGI馬が断然人気に応えて快勝した。だが、先々も条件馬で終わるであろう格下馬も多い3歳戦と、歴戦のキャリア組が揃う古馬重賞では様相は異なる? 先週までの流れにあえて逆らい、オールカマーは穴馬激走の可能性に懸けたい。

     当欄が候補指名するのはクリールカイザーだ。その根拠は「モチベーションの高さ」。トライアル戦でよく言われる“勝負度合い”というものだが、先を見据えたGI馬たちを逆転するには必須な材料であることは間違いない。

    「ここが目イチ勝負」――相沢調教師がそう意気込むのも無理はない。オールカマーが行われる中山2200メートルは重賞V(昨年のAJCC)の舞台。しかも、ゴールドシップを筆頭に、ミトラ、エアソミュール、ディサイファといったそうそうたる面々を破ってのものだ。「中山2200のコース形態はこの馬にピッタリ。ここを狙って調整してきたし、ここと来年のAJCCは大きな目標になる」と、ここは“勝ちにきた一戦”とみていい。

     前走・七夕賞の5着善戦に「展開は厳しかったけど、見せ場を作っていいところは見せた。だいぶ復調してきたね」と師。7歳馬とはいえ衰えはなく、むしろ1年近いブランクの影響から徐々に立ち直りつつある。

    「(脚元の関係で)坂でしか追えないけど、1週前に併せ馬をビッシリやっているし、太め感はない。今週でキッチリ仕上がるはず」

     夏休みを挟んだとはいえ、GI馬たちとは異なる“勝負仕上げ”。得意の舞台で再度の大金星が期待できそうだ。

     
    【オールカマー予想|調教・追い切り|ネット評価】の続きを読む

    オールカマー予想|2016年|予想・データ
     
     

    【オールカマー(日曜=25日、中山芝外2200メートル=1着馬に天皇賞・秋優先出走権)美浦発トレセン秘話】「聞くところでは、2200メートル以上の距離の中山重賞はオレが一番勝っているらしいんだよ。今度も何とかならないかなぁ」

     GIIセントライト記念にプロディガルサン(3着)を送り出した国枝栄調教師が“プチ自慢”を披露したのは、先週水曜(14日)のコメント会でのこと。そこで調べてみると、GI有馬記念(2007年)を含む通算9勝は確かに現役最多(2位は7勝の藤沢和雄調教師)。一瞬、勝利の方程式を確立しているのかと思ったが、何のことはない。9勝のうち6勝はマツリダゴッホ、2勝はマイネルキッツで挙げたもの。トレーナーではなく馬が中山巧者だったというオチだ。

     とはいえGIIオールカマーを3連覇(07~09年)したマツリダゴッホが示す通り、中山の外回りコースがある種の特異性を秘めた舞台なのは確かだ。他にも、13年オールカマーを9番人気で制し、翌年のAJCCも勝利したヴェルデグリーンなど、同舞台重賞リピーターは確実に存在する。

     となれば、である。GI馬の始動が最大の注目を集める今週のオールカマーも、穴を出せば中山巧者かもしれない。ゴールドアクター、マリアライトのG�馬2頭もむろん中山を得意とするクチであるが、何といっても目標ははるか先のGI有馬記念。少なくともここで本気を出す必要性は皆無である。

    「ウチはここが目標だからね。うん、全力で狙っていくつもりだよ」

     面白いのは相沢郁調教師がこう告げるクリールカイザー。

     通算6勝中5勝は中山。何より印象深いのは、断然人気(単オッズ1・3倍)のゴールドシップ(7着)を翻弄した昨年のAJCCだろう。

    「あの時も勝ちに行く競馬をしてくれと田辺に言ったけど、自在な立ち回りが生きる中山2200メートルはこの馬にピッタリ。脚部不安で1年のブランクがあったが、ハイペースの七夕賞も一瞬抜けそうな場面があり、ようやく馬も実戦勘を取り戻してきた感じ。ゴールドシップを負かしたように、大物食いは得意だよ(笑い)」

     追い切りの気配次第で、重い印にも十分こたえられそうだ。

     

    オールカマーの予想オッズ(ネット競馬)


    1番人気 ゴールドアクター 2.2
    2番人気 マリアライト 2.3
    3番人気 サトノノブレス 6.8
    4番人気 カレンミロティック 13.8
    5番人気 ツクバアズマオー 13.9
    6番人気 クリールカイザー 17.5


    オールカマーの予想オッズ(競馬ブック)


    1番人気 ゴールドアクター
    2番人気 マリアライト
    3番人気 サトノノブレス

     



    2015年オールカマー




    1着 ショウナンパンドラ 池添謙一
    2着 ヌーヴォレコルト 岩田康誠
    3着 ミトラ 柴山雄一



    競馬ファンならここの無料予想が激アツ
    なので無料会員にならないと損損損
    guriguri


    5

    オールカマー予想|調教・追い切り|追い切りタイムまとめ



    オールカマーの予想はここに注目
    競馬予想コンシェルジュ評価・検証・口コミ
    指定サイトから無料会員になることをおすすめします
    oruka1


     [オールカマー]岩田志願の最終追い!ヌーヴォ12秒4

     好発進を決めたい秋の女王候補ヌーヴォレコルトは、岩田騎手が先週に続き志願して美浦Wコースの最終追いに騎乗。“A”評価のつく貫禄の動きを見せた。

     単走で前半からムダに力を使うことなく、人馬息の合った走りを披露した。見せ場は直線。鞍上に軽く促されると、スッとハミを取りギアチェンジ。ラスト1F12秒4というタイム以上の切れ味でフィニッシュした。

     「良かったよ。ラスト1Fも乗っている感じでは、11秒台は出ていると思った。先週は併せ馬の形とか、正直ひどい追い切りになってへこんで帰ったけど、今週もこっちに来て本当に良かった。これなら気分良く週末を迎えられる」と、好手応えに納得の表情だ。

     春は中山記念を勝ったが、GI2戦で悔しさが残った。「宝塚記念も、もし2番手で競馬していたらどうだったか。(6番手から)しょうもないレースをしてしまったし、あれがあるから、秋は復活させなきゃって思いも強い。ここは主役になりそうだけど、格好はつけられると思う」と、勝つ気満々だ。(夕刊フジ)

     
    サンスポ予想王ー追い切り動画
     

     

    オールカマー主な馬の調教タイム

    サトノノブレス

    9/24 栗東CW良

    86.9-70.4-55.6-41.0-12.7

    ショウナンパンドラ

    9/23 栗東坂良

    55.8-40.4ー26.1-12.7

    ヌーヴォレコルト

    9/24 南W良

    83.5-67.5ー53.0ー38.6-12.6

    マジェスティハーツ

    9/16 栗東CW良

    83.6ー67.8ー53.1-39.3-13.8

     

     

    2chSCの声

    【オールカマー予想|調教・追い切り|追い切りタイムまとめ】の続きを読む

    このページのトップヘ