競馬予想@競馬総合情報

競馬予想@競馬総合情報!、競馬予想で的中ラッシュするためにいろいろな視点からを作成しています。競馬予想データ、競馬ニュース、競馬情報など

    ローズステークス

    ローズS予想|2019年|予想オッズまとめ

    yosouodds




    ローズS1番人気を調べてみました。

    2018年 サトノワルキューレ 6着
    2017年 ファイディーナ 6着
    2016年 シンハライト 1着
    2015年 ミッキークイーン 2着
    2014年 レッドリヴェール 6着
    2013年 デニムアンドルビー 1着
    2012年 ジェンティルドンナ 1着
    2011年 ホエールキャプチャ 1着
    2010年 アパパネ 4着
    2009年 レッドディザイア 2着




    無料の予想で
    競馬を勝ちたい・儲けたい
    そんな貴方さまにはUMAチャンネル

    充実の無料予想・・・
    umachs

    チャンピオンズカップでコパノリッキー買えたのはこのサイトのこの
    無料コンテンツのおかげ

     トラックマンS(栗東担当者)

     コパノリッキーが好調キープ出来ているようです。フェブラリーSの後リフレッシュされたことで走りがスムーズになりしっかり手前を変えて走れるようになったのがここ3戦の好走の原因のようです。前走も出遅れがなければ勝てていたかという競馬で、ここもうまく立ち回れば勝ち負けに加わってくるという感触です!!


    ヤフーニュースより
    【ローズS】逆転の秋へ文句なし!ダノンファンタジー11秒8


     テンションの高さは相変わらずだが、それでもダノンファンタジーのアクションは文句なしだ。  
     リーディングトップを快走する川田騎手を背に向正面からCWコースに入り、ガッチリ手綱を抑えられたまま、4F49秒8、ラスト1F11秒8を弾き出した。桜花賞は4着、オークスは5着と勝ち切れなかった2歳女王が、逆転の秋へ、はつらつとした動きを見せた。  
     「大変さは相変わらずですし、春とは違う課題もあれば、同じ課題もあります。まずは秋初戦を無事に終えたいです」とジョッキー。1週前には操作性を確認。馬体に関しては「夏を越して緩さがなくなり、芯が入ってきた」と、猿橋助手が成長をアピールした。


    ローズS動画【2018年】






    ローズS-2018年結果 

    1着 カンタービレ ルメール
    2着 サラキア 池添謙一
    3着 ラテュロス 秋山真一郎


    2019年ローズS関連

    予想オッズ-ネット競馬

    1番人気 ダノンファンタジー 2.2
    2番人気 ウィクトーリア 4.2
    3番人気 シゲルピンクダイヤ 4.7
    4番人気 スイープセレリタス 7.4
    5番人気 ビーチサンバ 7.8



    管理人予想
    1番人気 ダノンファンタジー






    ギャロップジャパン(GallopJapan)

    無料コンテンツでこれだけ楽しめます。
    管理人に日々チェックしています。もちろん無料でw
    特に鉄板の複勝圏内率が半端ないw
    とりあえず誰でも無料で試せる無料コンテンツを大事にしようw
    gjs

    ローズS予想|2018年|調教・追い切りニュースまとめ

    choukyou


    高配当21では今週も無料予想GET
    馬券師が馬券的中を目指しますw
    無料予想で有馬記念予想を公開
    kouhai21s


    ヤフーニュースより
    ローズS厩舎の話

      ◆アンコールプリュ・藤岡康騎手 「落ち着きがあっていい。精神面の成長を感じる」

     ◆ウスベニノキミ・和田騎手 「ラスト1ハロンだけ伸ばした。相変わらず行きっぷりはよかった」


     ◆ウラヌスチャーム・相田助手 「前走はゲートを五分に出て、進路があいたときの伸びも目を引いた。ここも楽しみ」


     ◆オールフォーラヴ・猿橋助手 「精神面で成長。体は、いい意味で丸みがあって太くはない」


     ◆カンタービレ・ルメール騎手 「少し引っかかったけど、バランスや息遣いはよかった」


     ◆ゴージャスランチ・鹿戸師 「雰囲気はいい。相手が強くなるけれど、確実に脚を使える馬」


     ◆サトノワルキューレ・辻野助手 「先週までにしっかりと負荷をかけて、今週はサッと。自信を持って送り出せる」


     ◆スカーレットカラー・高橋亮師 「落ち着きがあって体つきもよくなった」


     ◆センテリュオ・北村友騎手 「動きはよかった。前走より体がシャープになっていて、上積みはありそう」


     ◆トーセンブレス・加藤征師 「桜花賞は(馬群を)さばくのに時間がかかっての4着。スムーズなら」


     ◆フィニフティ・藤原英師 「動きはまずまず。1週延ばしたことがいい方に出れば」


     ◆ラテュロス・高野師 「コンディション重視の調整で元気はある」


     ◆レオコックブルー・牧田師 「直線が長いコースはいい」


     ◆レッドランディーニ・石坂師 「併せ馬で遅れたけれど、順調に攻め馬はやってきた」

    【ローズS予想|2018年|調教・追い切りニュースまとめ】の続きを読む

    ローズS予想|2018年|予想オッズまとめ

    yosouodds



    無料の予想で
    競馬を勝ちたい・儲けたい
    そんな貴方さまにはUMAチャンネル

    充実の無料予想・・・
    umachs

    チャンピオンズカップでコパノリッキー買えたのはこのサイトのこの
    無料コンテンツのおかげ

     
    トラックマンS(栗東担当者)

    コパノリッキーが好調キープ出来ているようです。フェブラリーSの後リフレッシュされたことで走りがスムーズになりしっかり手前を変えて走れるようになったのがここ3戦の好走の原因のようです。前走も出遅れがなければ勝てていたかという競馬で、ここもうまく立ち回れば勝ち負けに加わってくるという感触です!!


    ヤフーニュースより
    【ローズS展望】飛躍の秋へ-サトノワルキューレが2つ目のタイトル奪取を狙う


     「ローズS・G2」(16日・阪神)

      
     フローラSの覇者サトノワルキューレが、G1タイトルを目指して始動する。オークスは6着に敗れたが、夏を休養に充てて進化を遂げた。辻野助手は「追い切るごとに動きが良くなってきましたね。体に丸みが出てひと回り大きくなった」と春からの成長に手応えは十分だ。重賞2勝目をゲットし、秋の飛躍への第一歩を刻むか。


     サラキアは、初の古馬相手の前走でレコードV。超良血馬がようやく軌道に乗ってきた印象だ。使ってきた強みを生かして、一気に重賞初制覇を狙う。名門・藤原英厩舎のフィニフティは登録していた紫苑Sを見送り、ここに照準を合わせて乗り込んできた。桜花賞12着以来の実戦だが、いきなりエンジン全開といきたいところだ。

      
     フラワーCの1、2着馬も重賞獲りへ虎視たんたん。カンタービレは、オークスは13着と敗れたが、距離短縮となる今回は一変があっていい。また、オークスを左前挫石で取り消したトーセンブレスも、反撃態勢を整えてきた。桜花賞4着が示す通り、底力は世代上位。重賞初Vで弾みをつけたいところだ。

      
     同じ阪神で行われた忘れな草賞でオープン勝ちを果たしたオールフォーラヴ、前走Vが好内容のセンテリュオなど、混戦ムードだ。

    【ローズS予想|2018年|予想オッズまとめ】の続きを読む

    ローズS予想|2017年|調教・追い切りニュースまとめ

    choukyou


    ランキングでは今週も無料予想GET
    馬券師が馬券的中を目指しますw
    http://keiba-ranking.club

    rannking


    ヤフーニュースより引用

    【ローズS】行きっぷり◎モズカッチャン好仕上げ 
     ターフライター・平松さとし氏がレースのキーマンに迫る「The Keyman」は、ローズSに出走するモズカッチャンを管理する鮫島師を直撃した。

     ――まずはローズSのモズカッチャン。前走(オークス2着)後、夏は放牧。1週前はM・デムーロで追い切り。少し右へモタれました。

     鮫島師 ジョッキーも初めて乗って反応し過ぎてしまった感じ。普段からそうなる馬ではないので心配はしていません。

     ――最終追いは坂路で半マイル53秒4~1F12秒7。

     行きっぷりが良くて予定していた以上に速い時計になってしまったけど、それだけ良い仕上がりということです。体重は10キロくらい増えています。太め感なく成長分でしょう。

     ――ハローユニコーンもローズS。阪神は忘れな草賞を勝った舞台。

     前走(オークス14着)の東京2400メートルよりは条件的に好転していると思います。膝の炎症が認められたので1カ月休ませましたが、出走態勢は整っています。

     ――セントライト記念にはプラチナヴォイス。春先は右にささっていましたが?

     右だけブリンカーをするし、調教で内田騎手に乗ってもらったら真っすぐ走っていたので今回は大丈夫でしょう。3頭とも楽しみです!
    ファンディーナ余裕残しで12秒4/ローズS
    <ローズS:追い切り>

     ファンディーナ(高野)は13日水曜に余裕残しで坂路ラスト1ハロン12秒4。上々の仕上がりを披露した。

     高野師は「追い切り後もテンションが上がらず、落ち着いているのが何よりですね。力を出せるかどうかは別として、調子はいいですよ」と話した。皐月賞7着以来の休み明けだが、牝馬には負けなしの能力を示すか。
    【ローズS】リスグラシュー、馬なり12秒3!

     オークス5着のリスグラシューは、坂路の併せ馬で確かなフットワークを披露。馬なりで4ハロン54秒0-12秒3をマークし、リーゼントシャルフ(3歳未勝利)と併入した。

     岡助手は「休み明けとしては順調にきました。馬体の成長は感じないのですが、精神面の成長を感じます。以前は坂路に入るのを嫌がることもあったのですが、今は普通に乗れるようになりましたからね」と笑顔を見せた。阪神JF、桜花賞とGIで2着が2回。秋こそ惜敗に終止符を打つか。
    【ローズS予想|2017年|調教・追い切りニュースまとめ】の続きを読む

    ローズ予想|2017年|ファンディーナまとめ




    chuumokuuma



    「広告」ランキング…これだけしっかりした馬券師がいるだけに
    無料予想も激アツw無料予想で毎週70万円?GETらしい

    rannking



    ファンディーナ、ヤフーニュースより

    【ローズS】ファンディーナ、カイバ食いが全然違う
    秋華賞トライアル、ローズSの追い切りが13日、栗東トレセンで行われた。
    無敗の3連勝でフラワーCを制し、皐月賞(7着)でも1番人気に支持されたファンディーナが、坂路の2頭併せで併入ながら軽やかに駆け上がり、好仕上がりをアピール。
    CWコースで楽々と先着した桜花賞馬レーヌミノルが、調教評価で最上級の『S』となった。  

    高い素質を示してきたファンディーナが最後の1冠へ向け、再始動だ。皐月賞7着の悪夢を、まずは前哨戦で払拭する。その準備は整った。  

    「やり過ぎないようにという指示。きっちりと体を併せて、手応えはいいように見えました。イメージ通りの追い切りができたと思います」  見届けた高野調教師が目を細めた。朝一番の坂路を4ハロン73秒6で軽く上がった後の2本目。まぶしい朝日を浴びながら、外のタイセイレガシー(3歳未勝利)と歩調を合わせ、最後は併入でフィニッシュ。

    時計は4ハロン55秒0-12秒4と速くはないが、予定通り。力強いフットワークが好仕上がりを印象づけた。  

    「ここまで一杯に追い切ったことはありませんが、本数はこなしてきました。まだ100%ではないけれど、体調は春よりも本当にいいです」  

    トレーナーは納得の表情だ。

    先に秋華賞が控えるが、能力を発揮できる態勢は整ったとみていいだろう。  
    今春のパフォーマンスは強烈だった。3連勝でGIIIフラワーCを制して、牡馬相手の皐月賞で1番人気に支持されたほど。7着とはいえ、早めに先頭に立ち見せ場はつくった。デビュー時に516キロだった馬体重は皐月賞では504キロに減っており、指揮官は「使っていた疲れなどもあったと思います。

    振り返れば、よくやっています」と悲観していない。  
    夏の休養で、馬体重は520キロ台後半まで回復した。
    トレーナーは「今は馬体の維持に全く苦労していない。
    カイバの食いが全然違うんですよ。

    多少緩いが、シルエットは問題ない。走れる体つきです」と胸を張った。  
    皐月賞で初黒星を喫したが、まだ牝馬に負けたことはない。

    春は別路線に向かったファンディーナが、秋は牝馬同士の戦いで頂点へ。
    そのスタートを切る。
    【ローズS】ファンディーナ不安一“走”高野師も絶賛12秒4
     3枚の秋華賞切符を懸けた「第35回ローズS」(17日、阪神)の追い切りが13日、栗東トレセンで行われた。秋こそG1獲りへ…と期待を背負うファンディーナは坂路で余裕の仕上げ。乗り込み量に不安はあっても、それをはね返すだけの逸材に注目だ。

    また月曜(18日)中山の菊花賞TR「第71回セントライト記念」(3着までに優先出走権)では、ミッキースワローが好気配。実戦想定の最終追いを終え、いざ台風の目に。  派手なパフォーマンスを封印してサラッと済ませた。ファンディーナはいつも通り坂路2本乗り。1本目を4F73秒6で駆け上がって13分後に再度スタート地点へ。

    タイセイレガシー(3歳未勝利)との併せ馬は最初の1Fを15秒0で入り、そこから徐々にペースを上げていく。その気になれば4F51秒を切る脚力がありながらもオーバーワークを避けて4F55秒0にとどめ、ラスト12秒4としまい重点で同入。
    高野師が納得の表情で切りだす。  

    「併せ馬で全体時計を遅くして、しまいも追わないように。イメージ通りにやれました。先週の追い切り後も順調に来ているし、今朝もいい動きでしたよ」  

    前走・皐月賞で7着に敗れ、その後はオークスを見送って放牧へ。
    一戦ごとに減っていた体はすぐに回復した。「新馬戦の体重(516キロ)をキープするのが理想。先週で520キロ台の後半だし、体重は問題ないですよ」と明るい表情。

    ただし、夏場の暑さが影響して立ち上げが遅れたこともあり、ビッシリ乗り込めてはいない。高野師は現状を包み隠さず伝える。  

    「常識的にはビシバシやるところだけど今はまだそういう状況ではありません。
    カイ食いはいいし、コンディションは100%だけど乗り込み量が不足しているんです。正直ここを使って良くなれば…という位置付けですね」  

    春に新馬、つばき賞、フラワーCとデビュー3連勝を飾り、来月15日の秋華賞出走に必要な賞金は加算済み。3枚のG1切符を懸けたトライアルとはいえ、その権利獲りとは無縁の立場にいる。良化の余地を残しながらで、割引が必要だとしても能力は一級品。

    「物見しないし、初コースであたふたするタイプではありません。
    跳びが大きくて奇麗なので道悪は分からないけど、パワーは相当ありますよ」と未経験の阪神と週末の雨予報は気にしていない。

    本番にどうつなげるか。
    そこが問われる秋初戦になる。


    フラワーカップ-2017年




    1着 ファンディーナ


    でもさ・・・これ今思うと相手しょぼすぎたw
    2着 シーズララバイ
    3着 ドロウアカード

    ・・・・

    今回はフラワーカップみたいにはならない。






    競馬ファンならここの無料予想は無視できない。
    ギャロップジャパンの無料予想が熱いz

    gjs

    このページのトップヘ