競馬予想@競馬総合情報

競馬予想@競馬総合情報!、競馬予想で的中ラッシュするためにいろいろな視点からを作成しています。競馬予想データ、競馬ニュース、競馬情報など

    新潟記念

    新潟記念予想|2018年|直前情報まとめ

    chokuzen

    ヤフーニュースより

    【新潟記念】傾向と対策

    過去10年の結果から傾向を探る。

     ☆人気 1番人気は【1・2・0・7】と不振。5~7番人気で6勝とハンデ戦らしく荒れる。10、16番人気のVもある。

     ☆ハンデ 3着以内30頭中22頭がハンデ55~57キロ。54キロ以下だった馬の3着内率は8・5%、57・5キロ以上は同11・8%と極端なハンデの馬は軽視したい。

     ☆ローテ 3着以内の30頭中23頭が同年の「サマー2000シリーズ」に出走経験。七夕賞、函館記念、小倉記念札幌記念を使われてきた馬には注意。

     結論 ◎メドウラーク ○ストーンウェア ▲マイネルミラノ

    【前走後の談話】日曜新潟11R・新潟記念

    前走時のレース直後のジョッキーや関係者の談話。成績欄からはうかがい知れない道中の不利や、落鉄、フケなど、今回の馬券勝負につながるヒントが埋まっている宝の山です。

     ◇エンジニア「どんな流れになるのかなと思っていたけど、ゲートを出てくれたし、道中は落ち着いて走らせるように心掛けた。勝負どころも折り合ってレースを進めることができたし、いい決め手を持っている。これならオープンでも」(和田竜騎手)

     ◇グリュイエール「もう少し前で競馬をするイメージだったが、馬場が緩かったのがあったのかも。それに左にモタれる面もある。それでも、長期休養明け2戦目で力を見せてくれた」(福永祐騎手)

     ◇ショウナンバッハ「今日のような馬場は合わないね。何回かつまずいていたもの。直線は馬場のいい大外に出してみたんだけど…」(内田博騎手)

     ◇スズカディープ「もまれ弱い面だったり、難しいところがあるタイプ。今日は少頭数だったし、外枠などいろいろといい条件が重なった感じ」(浜中俊騎手)

     ◇ストーンウェア「伸びてはいるけど、ジリジリだった。本調子にはもう少しという感じで、久々と予定がスライドした影響があったのだろうか」(蛯名正騎手)

     ◇セダブリランテス「馬の状態がすごく良く感じたので、自信を持って乗った。3、4コーナーでふらつくところはあったけど、直線はしっかりと伸びてくれた」(戸崎圭騎手)

     ◇ブラストワンピース「ゲートでがたついてしまって…。唯一の不安材料が出てしまった。向こう正面からリカバリーしたけど折り合いはついていた。ただ2番手の馬が下がってきたときに外に切り返したし、勝ち馬はそこをついてきた。最後はジリジリ伸びてくれたが。プラス10キロの影響もあったかもしれないが、僕がもっとうまく誘導できていれば際どかったかもしれないので、悔しい」(池添謙騎手)

     ◇ベアインマインド「ペースが速くても楽についていけた。そこが大きかったと思う。ラストまでしぶとかったので、頑張ってくれた」(大野拓騎手)

     ◇マイネルハニー「前に行くのは作戦だったけど、4コーナー手前で手応えがなくなった」(丹内祐騎手)

     ◇マイネルミラノ「積極的に運んでどこまでやれるかと思ったが、最後は抵抗する余裕がなかった」(田辺裕騎手)

     ◇メートルダール「しまいはしっかりと脚を使っているが、もう少し早めに動いていれば…」(松山弘騎手)

     ◇メドウラーク「状態は良かったが、時計が速すぎた」(丸田恭騎手)

     ◇レアリスタ「外枠だからって下げずに、ある程度のところで流れに乗って競馬をしようと。そういった作戦を先生と立てていた。スタートは上手に決まったし、前走より落ち着きがあって我慢できていたが。3、4コーナーでガクッとペースが落ちて、つかみづらい流れになってしまった。今日は力を出し切れなかった」(石橋脩騎手)


    【新潟記念】セダブリランテス格が違う!唯一の重賞2勝馬

    8カ月ぶりだろうが、トップハンデだろうが、このメンバーなら関係ない。5戦4勝、唯一の重賞2勝馬セダブリランテスが格の違いを見せつける。

     1月の中山金杯を制したあとに左トウ骨遠位端骨折が判明して手術もしたが、そのあとはノーザンファーム天栄(福島県)でじっくり乗り込まれ、8月上旬から美浦での調教を再開した。追われるごとに動きには迫力が増し、先週は石川騎手を背にWコースで6F83秒9、ラスト1F12秒6を馬なりでマーク。今週はしまい重点だったが、来週の紫苑Sに挑むマウレアと楽に併入と、久々を感じさせないデキに仕上がった。

     「予定より時計は遅かったけど、先週までで十分仕上がっている。いつも休み明けで走っているから久々に不安はない」と、手塚調教師も状態に自信を持っている。

     57・5キロは、もちろんJRAのハンデキャッパーが実力を認めている証拠。520キロ前後の大型馬だけにさほど気にはならないだろう。最大の武器である息の長い末脚を生かすには、平坦で直線の長い新潟外回りは最適。実際、3歳時の早苗賞を好位から押し切っており、文句なしだ。

     石川騎手にとっても、昨年のラジオNIKKEI賞でともに重賞初制覇を決めた思い入れのある馬。先週の新潟2歳Sで、同じ手塚厩舎のアンブロークンでクビ差2着と苦杯をなめたうっぷんを晴らしたい気持ちもあるだろう。

     「先週乗りましたが、変わらずにいい動き。ハンデは重いけど、それだけの実力馬ですから。休み明けも走るし、自信を持って乗りたい」とキッパリ。落馬負傷からの復帰後はまだ重賞を勝っていないだけに、“何としても”の気持ちが伝わってきた。

     “究極の3連単”はセダを1着に固定。ダービー5着の実力馬ブラストワンピースを2、3着に据えた12点で勝負する。

     今年のサマー2000シリーズで王者の可能性があるのは、メドウラークだけ。新潟記念で5着以内に入れば王座を獲得できるが、6着以下の場合には、施行以来初めて“該当馬なし”となる。(夕刊フジ)



    競馬予想サイト レープロの無料予想が激アツなの知っているw

    rep


    これだけの無料コンテンツを誰でも無料・しかも匿名性の高いフリーメールで登録できます。

    競馬レープロへ行く



    新潟記念予想|2018年|調教・追い切りニュースまとめ

    choukyou


    高配当21では今週も無料予想GET
    馬券師が馬券的中を目指しますw
    無料予想で有馬記念予想を公開
    kouhai21s


    ヤフーニュースより
    【新潟記念】東西調教ウオッチャー

     1番手はブラストワンピース。先週ビッシリやったこともあり、今週はWコースで半マイルから。僚馬を馬なりで追いかけて、ラスト1F12秒1で楽々3馬身先着した。夏を越し、走りの推進力にさらに磨きがかかった印象。文句なしのデキで古馬に挑める。

     エンジニアは時計がかかった今週のWコースで5F66秒7の好タイム。来週の紫苑Sに出走予定のパイオニアバイオに半馬身先着した。直線一杯のバイオに対し、こちらは馬なり。ブレのないフォームなので、馬場が荒れても問題ない。

     セダブリランテスは8カ月ぶりながらデキ良好。Wコースで5F71秒4と控えめだが、ラスト1Fは馬なりのまま12秒9と伸びた。先週の6F追いで抜群の動きを見せるなど活気にあふれている。

    【新潟記念予想|2018年|調教・追い切りニュースまとめ】の続きを読む

    新潟記念予想|2018年|予想オッズまとめ

    yosouodds



    無料の予想で
    競馬を勝ちたい・儲けたい
    そんな貴方さまにはUMAチャンネル

    充実の無料予想・・・
    umachs

    チャンピオンズカップでコパノリッキー買えたのはこのサイトのこの
    無料コンテンツのおかげ

     
    トラックマンS(栗東担当者)

    コパノリッキーが好調キープ出来ているようです。フェブラリーSの後リフレッシュされたことで走りがスムーズになりしっかり手前を変えて走れるようになったのがここ3戦の好走の原因のようです。前走も出遅れがなければ勝てていたかという競馬で、ここもうまく立ち回れば勝ち負けに加わってくるという感触です!!


    ヤフーニュースより
    【新潟記念】ブラストワンピース偉業3歳Vで菊へ進撃


      ローカルのサマーシリーズは今週で終了。新潟ではサマー2000シリーズ最終戦「第54回新潟記念」が9月2日に行われる。メンバー唯一の3歳馬ブラストワンピースが菊花賞のステップとして古馬GIIIを選択。きっちり結果を出し、秋の大一番へつなげたい。

     ダービーで2番人気に推された3歳馬ブラストワンピースが、古馬とのサマーバトルに挑む。

     春は無傷V3で毎日杯を制し、ダービーへ。直線で進路を切り替えるロスが響いて5着と土がついたが、着差は0秒2とわずかだった。その後はノーザンファーム天栄(福島県)での充電を経て10日に帰厩。23日にはWコースで6F80秒6、ラスト1F12秒4をマークし、僚馬を1秒突き放す抜群の動きを見せた。

     3カ月ぶりでも「身のこなしに重さは感じなかった」と、手綱を取った池添騎手が好感触を伝えれば、大竹調教師も「このひと追いで馬体も絞れてくるだろうし、ちょうどいい感じに持っていけると思います」と順調さをアピールしている。

     84年のグレード制導入以降、新潟記念で3歳馬は未勝利。2着すらない過酷な舞台だが、秋に菊花賞(10月21日、京都、GI、芝3000メートル)獲りを目標とするなら、善戦あたりでは満足できないのが正直なところだ。

     「古馬とは初対戦になるけど、そこでつまずく器ではないはず。いい形で大一番を迎えることができれば」と、主戦がきっぱり前を向く。強気なチャレンジで83年アップセッター以来の3歳馬Vを決め、秋に臨みたい。

    【新潟記念予想|2018年|予想オッズまとめ】の続きを読む

    新潟記念予想|2017年|調教・追い切りニュースまとめ

    choukyou


    勝馬の栞で今週も無料予想GET
    新潟記念注目馬はここで無料GETw
    http://horse-win.com/
    kachiuma


    ヤフーニュースより引用

     【新潟記念】新潟お任せ!エンブレム、好時計“マーク”
       サマー2000シリーズ最終戦の新潟記念の追い切りが30日、東西トレセンで行われた。エプソムC2着以来2カ月半ぶりのアストラエンブレムが坂路でシャープに伸びて好仕上がりをアピール。シリーズ2位のタツゴウゲキ、3位タイのルミナスウォリアーも好調教を消化した。

     実りの秋へ、2戦2勝の越後路で飛躍する。アストラエンブレムが美浦坂路で4ハロン52秒2の好時計をマーク。重賞初制覇に向けて態勢を整えた。

     小島茂調教師を背に僚馬テスタメント(1000万下)を1馬身追走する形でスタート。なめらかな走りで加速して、ラスト1ハロンは12秒5できっちりまとめた。4ハロンの時計も全体では4番目に速いもので優秀だ。

     「あまり時計は意識しないで、気分よく走ってくれれば、と思っていた。動き自体はよくなっていますよ」とトレーナーは感触のよさを口にした。

     エプソムC2着後は、放牧でリフレッシュ。当初は夏全休の予定だったが、体調の良さも手伝い参戦へ。7月27日に美浦へ戻って、10本の追い切りを消化しており、仕上がりは万全だ。

     「少し早めに入厩させた。いつもより行儀がよくて、いろいろ操作しやすかった。最近は涼しかったので体調面はすごくいい」と調教師は胸を張る。

     2000メートルは初めてになるが、ここ3走((1)(2)(2)着)の1800メートルの走りから陣営は克服可能と判断。ゴール前で気を抜く面など難しさはあるが、小島茂師は「強制されると嫌なのはミルコ(デムーロ騎手)もわかっているし、少し早めでもこの馬のタイミングで出ていければいいと思う」と、7戦連続で騎乗する鞍上に託す。

     夏の新潟は3年連続の参戦で、これまで2戦2勝。小島茂師は「気になるのは天気だけ。雨だけは降らないでほしい」と良馬場を希望。2000メートルで結果を出せば、今後の選択肢が広がる。秋の気配が漂う新潟で重賞タイトルを手にして、GI戦線に弾みをつけたい。 
    【新潟記念】フルーキー、伸びて11秒8
     エプソムC9着以来、2カ月半ぶりの実戦でも状態は申し分ない。フルーキーはCWコースの3頭追いで5ハロン67秒9。サロニカ、ハッピーモーメントを5馬身ほど追走する展開から1馬身先着した。少し気合をつけただけでラスト1ハロン11秒8とシャープに伸びた。岸本助手は「動きはよかったし、馬は悪くない。若いころの切れはないかもしれないが、雰囲気は上々です」と好感触を伝えた。
    【新潟記念予想|2017年|調教・追い切りニュースまとめ】の続きを読む

    新潟記念|2017年|予想オッズまとめ

    yosouodds

    競馬で勝ちたい・儲けたい
    そんな貴方様に・・・競馬劇場
    無料コンテンツ4つは完全オリジナル
    そんな無料コンテンツが見れる
    競馬劇場が熱い
    keibakaigi


    ヤフーニュースより

    『新潟記念』レース展望
      6週間にわたる夏の新潟開催も最終週となり、日曜メインに第53回新潟記念(9月3日、GIII、芝2000メートル)が行われる。総合優勝した馬のオーナーに3200万円、厩舎関係者に800万円の褒賞金が贈られるサマー2000シリーズ(全5戦)の最終戦は、チャンピオンが決定する一戦だけに、熱戦が繰り広げられるのは間違いない。

     シリーズ4戦が終了した時点でのトップは札幌記念を勝ったサクラアンプルール(13点)だが、同馬は登録がないため、最終戦の他馬の成績待ちとなる。ここで好走すればチャンピオンになる可能性があるのが4頭(ポイントは1着10点、2着5点、3着4点、4着3点、5着2点、6着以下1点)。いずれも勝機をうかがう存在だ。

     11点で2位のタツゴウゲキ(栗東・鮫島一歩厩舎、牡5歳)は格上挑戦だった前走の小倉記念で重賞初制覇。今年に入ってから力をつけただけに、まだ伸びしろはありそうだ。全4勝が芝2000メートルというスペシャリストで、新潟芝2000メートルも条件戦ながら2着がある。最大の課題は3キロ増となる55キロのハンデだろう。

     10点で3位タイが函館記念で重賞初制覇を成し遂げたルミナスウォリアー(美浦・和田正一郎厩舎、牡6歳)。この馬も全6勝中5勝が芝2000メートルで、新潟コースでも2勝(うち1勝は芝2200メートル)を挙げている。晴雨兼用で馬場状態が不問なのは強みだ。ハンデは前走から2キロ増の57キロだが、想定範囲内。柴山雄一騎手が騎乗停止となったため、今回は石橋脩騎手が代打を務めるが、乗り難しいタイプではないので特に問題もないだろう。

     マイネルフロスト(美浦・高木登厩舎、牡6歳)は5点で8位タイだが、勝てばチャンピオンになる可能性がある。3年前のダービー3着後は1勝のみだが、ブリンカーを装着したここ3戦は新潟大賞典2着、鳴尾記念3着、七夕賞2着と抜群の安定感。毎日杯以来の重賞2勝目が十分期待できる状況になっている。課された57キロも、新潟大賞典や七夕賞と同じ。好勝負は必至だ。

     もう1頭チャンピオンになる可能性があるのが、4点で11位タイのソールインパクト(美浦・戸田博文厩舎、牡5歳)。準オープンからの格上挑戦になるが、2歳時から3歳時初期にかけて重賞路線で好走した実績がある。新潟コースは3戦未勝利だが、ディープインパクト産駒だけに芝が軽く直線が長いコースは向いているはず。3着だった前走の七夕賞よりも条件は良く、ハンデも据え置きの53キロなら十分狙える。

     シリーズの行方に関係ない馬にも、有力馬が多い。アストラエンブレム(美浦・小島茂之厩舎、牡4歳)は6月のエプソムC2着以来だが、7月27日に放牧から戻って約1カ月間じっくりと乗り込んできた。8月24日の1週前追いは美浦坂路で4ハロン50秒5の好タイムをマーク。ハンデは2走前に2着だったオープン特別のメイSと同じ56.5キロなら問題はない。1800メートルまでしか経験がない点が鍵になるが、新潟コースは2戦2勝と得意。上位争いを演じても不思議はない。

     唯一の牝馬ロッカフラベイビー(美浦・鹿戸雄一厩舎、5歳)は1600万下・佐渡Sで牡馬を破っての出走。ハンデは52キロと手頃におさまった。昨年の覇者アデイインザライフが、1600万下を卒業した勢いに乗ってのVだっただけに、この馬も侮れない。

     ロイカバード(栗東・松永幹夫厩舎、牡4歳)=55キロ=は、2歳時から3歳春にかけてクラシックの有力候補に挙げられていたほど。思うような成績を挙げられずにきたが、前走の佐渡Sは休み明けながら2着と力のあるところを見せた。ロッカフラベイビーとの斤量差も、前走は5.5キロだったが、今回は3キロに縮まる。GIIIのハンデ戦なら目が離せない。

     阪神大賞典3着、天皇賞・春8着と一線級にもまれてきたトーセンバジル(栗東・藤原英昭厩舎、牡5歳)=56キロ=と、菊花賞は8着に終わったとはいえ3番人気と高く評価されていたカフジプリンス(栗東・矢作芳人厩舎、牡4歳)=55キロ=は、2000メートルへの対応がポイント。

     トップハンデ57.5キロのラストインパクト(栗東・角居勝彦厩舎、牡7歳)、同厩で57キロのフルーキー(牡7歳)はかつての勢いを欠いているのが気掛かり。ラジオNIKKEI賞2着のウインガナドル(美浦・上原博之厩舎、牡3歳)==52キロ、ホープフルSでのちのダービー馬レイデオロの2着に入ったマイネルスフェーン(美浦・手塚貴久厩舎、牡3歳)=52キロ=は3歳馬が振るわないデータをどう覆すかだろう。
    【新潟記念|2017年|予想オッズまとめ】の続きを読む

    このページのトップヘ