競馬予想@競馬総合情報

競馬予想@競馬総合情報!、競馬予想で的中ラッシュするためにいろいろな視点からを作成しています。競馬予想データ、競馬ニュース、競馬情報など

    直前情報

    高松宮記念-直前情報まとめ

    【高松宮記念】最新ナマ情報
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170326-00000531-sanspo-horse


    ◆好調キープににっこり〔4〕ラインスピリット

     角馬場からDPコースで軽め。松永昌調教師は「ここのところずっと調子はいい」とにっこり。平地GI初騎乗となる森一騎手は「けさも乗りましたが、好調キープ。いい枠なのでロスなく行ける」と目を輝かせた。

    ◆集中力持続カギ〔5〕レッドアリオン

     坂路で4ハロン64秒9-14秒7。橋口調教師は「気合が乗ってすごくいい感じ。状態は間違いなくいい。気合が乗りながらもリラックスしている。とにかく集中力を持続できれば…。ハミを取っていれば内を回っても」と変わり身を願う。

    ◆さらに成長した〔6〕セイウンコウセイ

     午前10時43分に到着し、落ち着いた脚取りで馬運車を降りた。「輸送は問題ありませんでした。美浦で量ったときに10キロ増えていたけど、成長分。前走のときも良くなったと感じたけど、その後にひと息入れてさらに良くなっています」と矢野厩務員は上積みを強調した。

    ◆いつもの感じで〔7〕レッドファルクス

     昨年のスプリンターズSの優勝馬は美浦トレセンから約7時間で到着。芝3戦全勝と相性がいい中京で、馬房に向かう脚取りは力強い。「輸送はいつも通りにクリア。このコースは走ると分かっているので心強いです。馬体重は470キロ台で、いつもの感じで臨めると思います」と齋藤助手は自信をのぞかせた。

    ◆仕上がりに満足〔8〕バクシンテイオー

     午前11時23分に到着した。「輸送は落ち着いていました。着いてからイレ込むところがあるけど、今のところ大丈夫なので、レースまで落ち着いていてほしい」と森助手。「状態は(昨夏に)北九州記念を勝った頃と遜色ありません」と仕上がりに満足げだ。

    ◆精神面ポイント〔9〕シュウジ

     坂路で4ハロン61秒6-14秒6。キビキビした脚さばきで好気配を漂わせた。北村助手は「この馬にしては普通のキャンター。ダクも歩様もいい感じ。馬は絶好調。あとは当日の落ち着き」と精神面をポイントにあげた。

    ◆変わらず好状態〔10〕クリスマス

     7つの競馬場を経験しており、輸送は慣れたもの。今回もスムーズにこなした。「輸送はいつも通りだったし、変わらずにいい状態です。けいこ量はこれまでで一番やった感じ。動きは良かったし、GIでやれることはやりました」と田村助手は力が入っている。

    ◆胸張る臨戦態勢〔12〕メラグラーナ

     角馬場で調整。軽やかな脚さばきで心身をほぐした。池添学調教師は「落ち着いていていい雰囲気でしたね。馬体重も予定通り。(中京への)輸送はあるが、順調にきています」と臨戦態勢に胸を張る。当日の馬場状態は微妙だが、「大雨でなければ大丈夫。もともと、パワーもあるタイプだから」とうなずいた。

    ◆自在の脚で勝負〔13〕ソルヴェイグ

     坂路で4ハロン65秒0-16秒0をマーク。鮫島調教師は「追い切りの動きはすごく良かったし、けさも変わらずいい雰囲気だね。きれいな馬場の方がいいが、今回はそれなりに(前へ)行きそうな馬もいるし、自在に立ち回ってくれれば」と反撃を期待する。

    ◆短距離戦楽しみ〔15〕ヒルノデイバロー

     CWコースを軽く1周した。「無理はしない。十分、体はできているし」と平岩厩務員。芝の短距離路線に転向後、徐々に力をつけてきた。同厩務員も「短距離戦を使ってから筋肉の付き方が変わってきた。どこまでやれるか楽しみ」と決戦を待つ。


    シュウジ千二で見直し消耗戦なら面白い/高松宮記念
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170326-01797890-nksports-horse

    <柏山自夢・MyDream:高松宮記念>

      前走阪急杯組は直近の10回中9回で連対、残る1回でも3着に入っている。中京コースの改修を挟んでも、優位は変わりない。


      その阪急杯でスプリント色の濃さを出した最高級の◎シュウジ。好位で引っ掛かり通し、4角ではお釣りが無かった(8着)。1400メートルでも持て余してしまうほどの推進力は、陣営が「本質的にはスプリンター」(北村助手)と指摘する通り。もう1段階流れが速くなるこの距離で見直したい。


      今回は内外にテンの速い馬がおり、前に壁が作れそう。全4勝中3勝をやや重の馬場で挙げ、昨夏は洋芝コースの重賞で接戦の2着を続けた。天候悪化で消耗戦になれば、チャンスは拡大する。父キンシャサノキセキは10、11年と連覇。ゆかりのレースから、産駒のG1初勝利を届ける。単勝(9)。馬単(9)→(2)(6)(13)(3)(7)(12)(15)。(大阪駐在)


    【細原・騎手で獲る 特別編】26日中京11R 先行力抜群セイウンコウセイが好枠から押し切る
    https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170326-00000067-spnannex-horse

    今年の高松宮記念(中京11R)は近年まれに見る混戦ムード。「うちの馬でも勝てるんじゃない!?」と、関係者が口にするほど抜けた馬がいない。こういう年こそ展開で買える。

    ◎は先行力抜群で内寄り(6)番と絶好枠を引き当てたセイウンコウセイで勝負する。
    勝ち上がるまでに7戦を要したが、その後は持ち前のスピードで7戦4勝2着2回の快進撃。

    大敗したのは休養明けの白秋S(13着)だけだ。
    最大の武器は直線を向いてもう一段ギアがあること。

    近3年は全て「4角4番手以内」の先行馬が制しているように、粘り強い走りは最大の買い材料だ。  初コンビの幸も手が合うイメージ。

    大跳びで力強く“追って味のある”タイプだけに、
    体全身を使って豪快に追い込む鞍上のスタイルは頼もしい。
    幸は1週前に美浦に駆けつけ特徴は把握済み。
    前々から内ラチ沿いを粘り込む“優しい武闘派”の手綱さばきに期待する。
    馬券は馬単と馬連。相手はレッツゴードンキ、ラインスピリット、クリスマスを厚めに。
    レッドファルクス、メラグラーナ、ワンスインナムーンを押さえる。
    【広告】
    競馬予想会社が不安が多いですけど・・・
    ここは無料で試してみることができますw
    それでしっかり馬券もGET-ギャロップジャパンは熱すぎる
    gjj






    フラワーカップ直前情報

    【フラワーC(月曜=20日、中山芝内1800メートル)注目馬16日最終追い切り:美浦】デアレガーロ(写真左)は南ウッドで同厩プエルト(古馬500万下)と併せ馬。追走態勢からラストも馬なりのまま4ハロン52・3―13・0秒の時計を刻み、2馬身の先着を果たした。

     大竹調教師「ようやく今週になって気持ちがいい意味でフッと抜けてきた。まだ課題はあるが、前走と同じ舞台だし、落ち着いて走ってくれれば」

     新馬→500万下と連勝中。ここで賞金加算に成功すれば、夢がさらに膨らむ。

     

    フラワーカップ傾向と対策

     

     過去10年の結果(11年は阪神)から傾向を探る。

     ☆人気 1番人気は【4・3・1・2】。3番人気が2勝。

     ☆脚質 逃げ切り5回を含め、勝ち馬8頭までが4角4番手以内。

     ☆前走 勝ち馬7頭までが前走をV。残る3頭のうち2頭は重賞出走。

     ☆キャリア 3戦と5戦が各3勝。6戦以上は未勝利。

     結論 ◎ファンディーナ ○デアレガーロ ▲サンティール

     

    展開を読む

     

     ドロウアカードが先手を主張すればファンディーナは控える競馬も可能。序盤は淡々と流れる。早め先頭が理想のファンディーナが動くタイミングで、ディーパワンサなど好位組も一斉に仕掛けて直線へ。ハナレイムーンの末脚に注意。

     

     

    もうここの無料コンテンツ美味しすぎて誰でも無料会員になっているw
    ベストレコードの予想で一発馬券をゲットしましょうw
    bestre

    中山牝馬予想|2017年|直前情報まとめ

     今週は中山、阪神、中京で4重賞が行われるが、美浦の和田正一郎調教師(42)は、中山牝馬ステークスのサンソヴール、金鯱賞のルミナスウォリアー、阪神スプリングジャンプのオジュウチョウサンと3重賞に出走させる。どの馬もチャンス十分で配当的な妙味もたっぷりだ。

     昨年、開業8年目で年間22勝とキャリアハイの成績を残した和田正一郎調教師。重賞でもオジュウチョウサンでJ・GI2勝を含む4勝を挙げて躍進した。今年はここまで1勝とやや出遅れているが、3重賞に愛馬を送り出し巻き返す。

     「勝つと思うな、の精神で自然体ですよ」

     静かにほほ笑む和田郎調教師だが、3頭ともチャンスは十分だ。なかでも日曜の中山牝馬Sには愛知杯2着のサンソヴールが出走。前走はマキシマムドパリの決め手に屈したが2番手から粘り強い走りをみせ、最近の充実ぶりを示す内容だった。調教師も「前で競馬して最後もひと伸びしましたからね。あれなら中山の1800メートルも合いそうです。調教はやる気がある中で脚をためて、追ってからの反応がよかったし、今回も無理せず前めの位置を取れれば」と再度、好勝負を見込む。

     昨年の最優秀障害馬オジュウチョウサンは、「ひと追いごとに仕上がってきました。阪神はたすきコースですが、福島などで経験しているから問題ないでしょう。いい状態で向かえます」と、王者らしいレースを期待する。

     金鯱賞のルミナスウォリアーも新潟記念5着、AJCC4着と近走は重賞でも健闘。左回りでは【3・5・1・2】と好成績を残している。「追い切りで前の馬を追いかけさせて気持ちを入れたし、馬がしっかりしてきました」と楽しみにしている。

     父・正道師は来年2月いっぱいで定年。父の背中を追って調教師の道を志した和田郎師が、飛躍の春を迎える。 (柴田章利)

     

    中山牝馬S 傾向と対策

     

     過去10年の結果から傾向を探る。(11年は阪神で実施)。

     ☆人気 1番人気は【1・1・1・7】で信頼性一息。4番人気が【3・2・0・5】で連対率50%と活躍。6番人気以下の優勝が5頭もいて、波乱傾向。

     ☆ハンデ 53キロが【4・2・4・35】。54キロが【3・4・1・19】で続く。56キロが【2・1・1・14】、56・5キロが【1・0・1・3】で、これ以外のハンデの優勝はない。

     ☆世代 5歳が【4・4・4・39】で優勢。6歳が【3・4・2・29】、4歳が【2・3・1・53】で続く。7歳以上の優勝は1頭だけ。

     結論 ◎トーセンビクトリー ○フロンテアクイーン ▲シャルール

    展開を読む

     

    中山牝馬S 展開を読む

     プリメラアスールがハナ候補だが、最近はトーセンビクトリーも積極策が目立つ。2頭を見ながらパールコードが絶好位から進める。マジックタイム、ビッシュは中団から進出。直線は抜け出すパールと差し、追い込み勢の激しい叩き合い。

     



    ターフビジョンの無料予想はいつもチェックしていますかね。
    これだけためになるサイトも珍しい
    無料コンテンツだけで充分すぎます

    tafugu

     

    金鯱賞予想|2017年|直前情報



    【金鯱賞】ターゲット最多タイ34戦連続JRAは重賞出走

     ヒットザターゲットは、今回の金鯱賞で34戦連続JRA重賞出走となる。これはナイスネイチャ(91年小倉記念1着~96年アルゼンチン共和国杯15着)に並ぶJRA史上最多タイ記録。12年5月の新潟大賞典を制して以降、およそ4年10カ月もの間、一線級を相手に戦ってきた。担当の清生助手が最大限の敬意を表する。

     「今年で9歳になりますが、カイバもしっかりと食べていますし元気いっぱいです。今回は休み明けですがビシッと乗り込んで力を出せる状態。もう大ベテランですし、自分で体をつくっている感じです」。これまで重賞で馬券に絡んだ6回(4勝)は全て人気以上の激走。とりわけ強烈なインパクトを残したのが13年の京都大賞典だ。ゴールドシップ、トーセンラー、ヴィルシーナらを大外から差し切っている。

     穴党を魅了してやまない末脚について清生助手は「いい脚は一瞬」と言う。「それまで内々でいかに脚をためられるか。うまく展開が向けば」と好走を思い描いた。願わくば内枠、脚をためられる流れ…と注文は付く。しかし、注文通りなら超ド級の相手すら粉砕してきた実績があることを忘れてはならない。

     


    【金鯱賞予想|2017年|直前情報】の続きを読む

    チューリップ賞予想|2017年|直前情報まとめ

    【チューリップ賞(土曜=4日、阪神芝外1600メートル=3着までに4・9桜花賞優先出走権)得ダネ情報】4・9桜花賞への最重要トライアルとなるこのレースには、昨年暮れの2歳女王決定戦・阪神JFの1、2着馬ソウルスターリング、リスグラシューがエントリー。3着までに与えられる桜チケット争奪戦激化が予想される中、栗東得ダネ班は何の迷いもなく、「第3の馬」を指名した。

     過去4戦2勝、2着2回の連対率100%。着実に実績を積み上げてきたエントリーチケットの堅実な走りを可能にしている一番の要因は立ち回りのうまさ。新馬戦はスローペースに落として、楽々と逃げ切り、ハイペースの紅梅S(オープン)では好位に控える形で流れに乗り、2着を確保した。展開に左右されることなく力を発揮できる、その自在性に裏打ちされた安定感こそがエントリーチケットの最大の魅力だ。

    「競馬のうまさを生かして能力…いや、それ以上のものが出せる馬なんだろうね。先行力があるのはもちろん、控えてもOK。相手の出方を見ながら自在に運べる。強敵揃いのこの相手でも、一番上手に競馬をしてくるのはウチの馬だと思うよ」とは宮調教師。

     器用さでは阪神JFの1、2着馬ソウルスターリング、リスグラシュー以上と強調し、大物食いに色気を見せている。

     デビュー時は420キロだった馬体は昨年暮れの500万下・つわぶき賞(1着)から増加。前走の紅梅Sでは436キロに達した。

    「いい傾向だよね。馬体に実が入って、力をつけているのがわかる」と納得顔のトレーナーは「この中間も時間をかけて乗り込んできたし、いい状態で送り出せそう。新馬戦で(2着に3馬身差の)強い勝ち方をした舞台(阪神芝外1600メートル)なら楽しみはある」。

     立ち回りのうまさに加え、状態、舞台適性も文句なし。条件はガッチリかみ合っているとなれば、桜のエントリーチケットを手に入れることは、そう難しい仕事ではないはずだ。

     

     

     

    【チューリップ賞予想|2017年|直前情報まとめ】の続きを読む

    このページのトップヘ