競馬予想@競馬総合情報

競馬予想@競馬総合情報!、競馬予想で的中ラッシュするためにいろいろな視点からを作成しています。競馬予想データ、競馬ニュース、競馬情報など

    直前情報

    宝塚記念予想|2019年|直前情報まとめ

    chokuzen

    ヤフーニュースより
    【宝塚記念】夕刊フジ・調教チェッカーズ

      
     坂路でマカヒキが迫力満点の動きを披露した。単走ながらあふれる前進気勢を見せ、前半から軽快なラップ。最後までパワフルな脚取りで、4F50秒6の自己ベストをマークした。脚力はさすがといえ、16年ダービー馬に復活ムードが漂う。  

     リスグラシューは1週前に坂路でビッシリ(4F51秒6)追われたことで、今週はしまい重点。僚馬の後ろでレーン騎手が抑えるのに苦労するほどの抜群の手応えから、ラスト1Fで外に出ると反応良く2馬身先着した。海外帰りもデキは上昇。  レイデオロはWコースで折り合い十分に、余裕を持って併入。2週続けてルメール騎手が乗り、ひと追いごとに闘争心も出てきた。態勢は万全。(夕刊フジ)

    【宝塚記念】傾向と対策

     
     過去10年の結果から傾向を探る。  

    ☆人気 1番人気は【2・3・2・3】で3着内率は70%。2番人気は【2・1・1・6】、3番人気は【1・1・2・6】で信頼性は落ちる。6番人気以下の優勝が5頭で、波乱含みの傾向。  

    ☆前走 天皇賞・春組が【5・2・2・33】で好走確率は高い。鳴尾記念が【1・2・1・12】で健闘。  

    ☆世代 5歳が【6・4・4・31】で活躍。4歳が【3・2・6・36】で続く。6歳は【1・3・0・21】。7歳以上の優勝はない。  

    結論 ◎レイデオロ ○キセキ ▲エタリオウ


    【展開を読む】宝塚記念=平均

     
     単騎逃げ確実のキセキが緩みのないラップで行けば、平均的な流れ。アルアインが好位。前走で掛かったレイデオロは中団付近で折り合い専念。発馬次第でスワーヴリチャードも中団確保だが、前&内有利の馬場で前の組が優位。


    競馬予想サイト レープロの無料予想が激アツなの知っているw

    rep


    これだけの無料コンテンツを誰でも無料・しかも匿名性の高いフリーメールで登録できます。

    競馬レープロへ行く



    マーメイドS予想|2019年|直前情報まとめ

    chokuzen

    ヤフーニュースより
    【マーメイドS】高橋亮師自信満々スカーレットカラー

      
     7番人気のパールSを快勝したスカーレットカラーが、G獲りに照準を合わせてきた。その前走は好位から鮮やかな抜け出し。3歳時にGIIIフェアリーS2着の実績があり、桜花賞もアーモンドアイの0秒7差8着と、トップクラスにもまれてきた経験がようやく花開いてきたか。  「ここにきてトモがしっかりして、調教をやりながら体が増えているのもいい傾向。前走の1800メートルも上手に走れていたし、切れるというより長く脚を使うタイプ。2000メートルも問題ない」と、高橋亮調教師は自信満々の表情だ。  

     “究極の3連単”はスカーレットを1着に固定。福島牝馬S2着のフローレスマジックを2、3着に据えた12点で勝負する。(夕刊フジ)

    【マーメイドS】傾向と対策

     
     過去10年の結果から傾向を探る。  
    ☆人気 1番人気は【2・1・1・6】と物足りない。6~10番人気が1勝ずつとハンデ戦らしく荒れる。06年以降、3連単10万超が9回と波乱含みだ。  

    ☆馬体重 3着以内30頭中27頭の前走体重は480キロ未満だった。480キロ以上の馬は14年以降で【0・0・0・20】と全て4着以下に敗戦。割引が必要か。  

    ☆前走 オープン特別組が【3・2・1・13】と安定。1000万下組は1勝だが、連対率は19%でオープン特別組に次ぐ2位。  

    結論 ◎レッドランディーニ ○ウスベニノキミ ▲フローレスマジック

    【展開を読む】マーメイドS=平均

     
     アドラータが逃げるがランドネ、ダンサールが直後なら前走のような楽逃げはできない。その後ろでモーヴサファイア、センテリュオが流れに乗る。中団~後方のフローレスマジック、サラス、レッドランディーニは早めに仕掛けたい。


    競馬予想サイト レープロの無料予想が激アツなの知っているw

    rep


    これだけの無料コンテンツを誰でも無料・しかも匿名性の高いフリーメールで登録できます。

    競馬レープロへ行く



    エプソムカップ予想|2019年|直前情報まとめ

    chokuzen

    ヤフーニュースより
    【エプソムC】ミスターX スワロー◎左回りで今度こそ!

      
     東京11R・エプソムCはミッキースワローを指名する。デビューから10戦連続で右回りを使われてきたが、昨年11月のジャパンCで初めて左回りを経験。結果はアーモンドアイ、キセキ、スワーヴリチャード、シュヴァルグランに続く5着。豪華メンバーの中で最速となる上がり3F33秒9の末脚で豪快に追い込んだ。  

     前走の新潟大賞典でもトップハンデ57・5キロを背負いながら2着。1着のメールドグラースは重量54キロで3・5キロの差があったが、3/4馬身差まで詰め寄った。メールドグラースがその後、鳴尾記念を楽勝したことでミッキースワローの力が再確認された格好だ。別定戦の今回はきっちり勝ちきる。(8)から(2)(6)(7)(13)。  阪神11R・マーメイドSはトップハンデのフローレスマジックを指名する。前走・福島牝馬Sでは後方待機組が上位を占める中、4角2番手から2着に残った。2走前の中山牝馬S(5着)も前が崩れる展開の中、踏ん張っていた。このメンバーなら地力は上で、55キロを背負っても好走可能とみた。  全兄にサトノアラジン(17年安田記念)、全姉にラキシス(14年エリザベス女王杯)がいる良血馬。2歳から3歳にかけてアルテミスS2着、クイーンC3着、フローラS3着と重賞で3戦連続馬券圏内に入るなど活躍していたが、重賞は未勝利。ここを勝って、飛躍を誓う秋へ勢いをつける。(12)から(5)(11)(13)(14)(15)。

    【エプソムカップ】傾向と対策

     
     過去10年で傾向を探る。  
    ☆人気 1番人気は【4・3・0・3】、2番人気は【4・1・1・4】。6番人気以下の優勝はなく、人気馬が活躍傾向。  

    ☆前走 マイラーズC組が【3・2・1・7】とリードしているが今年は不在。都大路S組が【2・0・2・11】、新潟大賞典組が【1・2・3・28】、メイS組が【1・2・0・26】で続く。  ☆世代 4歳が【7・5・2・18】で圧倒的に強い。5歳が【2・3・1・38】、6歳が【1・2・4・31】で続き、7歳以上の連対はない。  

    結論 ◎ソーグリッタリング ○レイエンダ ▲ミッキースワロー

    【プラスα・エプソムC】条件最適

     
    <東京11R・エプソムC ダノンキングダム>
    関西馬ながら、東京芝は【3・4・1・2】と遠征経験が多く、成績も抜群。再コンビの三浦とは昨年11月の1000万下(東京芝2000メートル)で見事に逃げ切っている。マイペース逃げなら、重賞初Vのチャンス。


    競馬予想サイト レープロの無料予想が激アツなの知っているw

    rep


    これだけの無料コンテンツを誰でも無料・しかも匿名性の高いフリーメールで登録できます。

    競馬レープロへ行く



    安田記念予想|2019年|直前情報まとめ

    chokuzen

    ヤフーニュースより
    【安田記念】パドックのツボ

      
     アーモンドアイは木曜計量の馬体重がジャパンC時より15キロ増の487キロだったが、3走前の秋華賞は480キロで快勝。10キロ程度のプラスは全く問題ない。

     いつも通り、落ち着いてリズミカルに周回なら好勝負確実だ。ダノンプレミアムは丸みを帯びたパワフルな体形。いつもテンションは高めで、極端にイレ込まなければOK。アエロリットは牝馬にしては大柄で迫力満点。少し締まればベスト。


    【安田記念】展開を読む【安田記念=平均ペース】

     
     アエロリットが内枠を利して逃げれば、グァンチャーレは2番手で抑える。ペースは平均で流れる。外からダノンプレミアムが早めの仕掛け。

     これにアーモンドアイも続き、2強の叩き合いに。先行勢が止まらず、高速決着は確実。

    【安田記念】展開から浮上するのはこの馬だ

     
     超高速化している東京の芝コース。パンパンの良馬場で行われれば、ペース次第では1分30秒の壁突破もありうる。  

     マイペースで行ってこそ能力を発揮できるアエロリット。叩き2戦目で行き脚がつけば、ヴィクトリアマイルよりもスムーズな逃げを打てるはず。好位に控える有力馬がアーモンドアイを強く意識するようなら、まんまと逃げ切っても驚けない。  

     ペースが速くなっても、ある程度のポジションを確保することが好走の絶対条件。センスのいいダノンプレミアムは抜け出すタイミングひとつ。折り合いを気にせず運べるインディチャンプも女王より先に仕掛けて押し切りを狙う。


    競馬予想サイト レープロの無料予想が激アツなの知っているw

    rep


    これだけの無料コンテンツを誰でも無料・しかも匿名性の高いフリーメールで登録できます。

    競馬レープロへ行く



    オークス予想|2019年|直前情報まとめ

    chokuzen

    ヤフーニュースより
    【オークス】展開から浮上するのはこの馬だ

      
     「オークス・G1」(19日、東京)  

    実質的にレースの主導権を握るのは、番手からの競馬を示唆するコントラチェック。単調なスピード馬ではなく、鞍上の意のままに動ける自在性も持ち合わせるタイプ。道中をリズム良く運び、高速馬場を味方につければ、長い直線でも簡単には止まらない。  

    穴で期待したいのが距離延長を歓迎するエールヴォア。本来は前々の競馬が理想で、持久力勝負でこそ持ち味を発揮。うまく流れに乗れれば一気の台頭もあり得る。  

    逆に、瞬発力の生きる展開になればディープ産駒が台頭。あまり悠長に構えてはいられないが、地力上位のラヴズオンリーユーとダノンファンタジーは争覇圏内だ。

    【オークス】馬場状態から浮上するのはこの馬だ

     
     「オークス・G1」(19日、東京)  
     当日の東京競馬場のある府中市の天気予報は曇り。雨の心配はほぼなく、良馬場での力勝負が期待できそうだ。土曜11Rの古馬オープン・メイS(芝1800メートル)は、ダイワキャグニーが連覇を達成。走破タイムは昨年が1分45秒6で、今年は1分45秒8。昨年と同水準の馬場コンディションと考えていい。

    締まったペースになりそうな今年のV時計は、昨年のアーモンドアイがマークした2分23秒8を上回る可能性も十分だ。  

    その昨年は桜花賞の上位3頭で、2着と3着が入れ替わっただけ(1着↑1着=アーモンドアイ、3着↑2着=リリーノーブル、2着↑3着=ラッキーライラック)。

    桜花賞レコードだった今年も、レベルの高さが保証されている王道組を再評価するべきだろう。  そうなればその桜花賞で4着に敗れたダノンファンタジーが巻き返すシーンがありそうだ。勝ったグランアレグリアを目標に、早仕掛けとなった点が誤算だった。今回、距離はギリギリかもしれないが、3歳春の時点なら絶対能力の高さでカバーできる。高速決着で昨年の2歳女王が復権といく。

    【オークス】パドックのつぼ

     
     ラヴズオンリーユーは過去3戦とも歩様が硬く映ったが、実戦ではダイナミックな走りを披露。個性と考えていい。いつも落ち着き払っており、

     初の関東輸送でテンションが上がるようだと黄信号。コントラチェックはバランスの取れた好馬体の持ち主。連勝したここ2戦と同様、キビキビとリズム良く周回なら万全。クロノジェネシスは牝馬らしい細身のシルエット。馬体減は避けたいところだ。


    競馬予想サイト レープロの無料予想が激アツなの知っているw

    rep


    これだけの無料コンテンツを誰でも無料・しかも匿名性の高いフリーメールで登録できます。

    競馬レープロへ行く



    このページのトップヘ