競馬予想@競馬総合情報

競馬予想@競馬総合情報!、競馬予想で的中ラッシュするためにいろいろな視点からを作成しています。競馬予想データ、競馬ニュース、競馬情報など

    直前情報

    福島牝馬S予想|2018年|直前情報まとめ

    chokuzen

    ヤフーニュースより

    【前走後の談話】土曜福島11R・福島牝馬S

     ◇カワキタエンカ「前走を使ってガス抜きができていた。まだまだこれからの馬。ひとつひとつ段階を踏んでいってほしい」(池添謙騎手)

     ◇キンショーユキヒメ「いい感じで競馬ができたが、もうひと伸びがあればいい。これを使って少しずつ状態が上がっていくと思う」(蛯名正騎手)

     ◇ゲッカコウ「最後はもう少し伸びると思っていただけに、案外だった」(柴田大騎手)

     ◇デンコウアンジュ「ペースが遅すぎた。伸びてはいるが、前も止まらなかった」(蛯名正騎手)

     ◇トーセンビクトリー「最後に踏ん張れなかったのは、ポジションを取りにいったぶんもあるだろう。ハンデも影響したかもしれない」(田辺裕騎手)

     ◇ブラックオニキス「イレ込む面など自分との戦いになるが、今日は落ち着いていた。いつか重賞を勝てる馬」(松岡正騎手)

     ◇ベアインマインド「斤量が2キロ軽くなったので楽しみにしていた。道中は決してスムーズな競馬ではなかったから、勝ててよかった」(ミナリク騎手)

     ◇レイホーロマンス「今回は中山なので、残り400メートルまでにエンジンをかけた。ハンデ重賞なら上位争いができる」(岩崎翼騎手)

     ◇ワンブレスアウェイ「最近はスタートで出ない。最後は外を回ったぶんがあったかも」(戸崎圭騎手)

    【データで勝負】土曜福島11R・福島牝馬S

    【データからの注目馬・福島11R】

    ◎(3)レイホーロマンス

    ☆2013年以降の同名レース5戦を参考にすると、前走中山牝馬Sの5歳馬で、前走3着以内に好走していると【3・2・1・0】と抜群

    展開を読む【福島牝馬S=平均ペース】

    カワキタエンカがハナ。サルサディオーネ、トーセンビクトリーと続き序盤は淡々と流れる。3角からブラックオニキス、ワンブレスアウェイ、デンコウアンジュが進出を始めてペースがアップ。差しも決まる今の馬場なら後方組にも勝機。

    【福島牝馬S】傾向と対策

     過去10年(11年は新潟)の結果から傾向を探る。

     ☆人気 1番人気は【2・1・2・5】。3番人気が最多3勝。

     ☆前走 中山牝馬S組が8勝と断然だが、同勝ち馬は4、2着と未勝利。

     ☆年齢 5歳が最多5勝、勝率&連対率も年齢別トップ。

     ☆馬番 勝ち馬は全て1桁馬番で6番が4勝、8番が3勝。

     結論 ◎ゲッカコウ ○レイホーロマンス ▲トーセンビクトリー



    競馬予想サイト レープロの無料予想が激アツなの知っているw

    rep


    これだけの無料コンテンツを誰でも無料・しかも匿名性の高いフリーメールで登録できます。

    競馬レープロへ行く



    皐月賞予想|2018年|直前情報まとめ

    chokuzen

    ヤフーニュースより

    【皐月賞】パドックのツボ

     ワグネリアンは気合を表に出すタイプだが、休み明けの前走時はイレ込みに近い状態。あまりうるさいようだと割引が必要だ。
     
     体重は大幅な増減がなければOK。ステルヴィオも、いつもジワリと気合が乗って周回。牡馬にしては細身で非力な印象を受けるシルエットだが、張りがあれば大丈夫。キタノコマンドールは過去2戦とも落ち着き十分。初の関東遠征でも変化がなければ力は出せる。

    【皐月賞】馬場状態から浮上するのはこの馬だ

    「皐月賞・G1」(15日、中山)

     皐月賞が行われる15日、中山競馬場のある千葉県船橋市の天気は雨のち曇りの予報。雨はレースまでには上がる見込みとなっており、本番は稍重~重馬場での決戦が予想される。同舞台で行われた土曜4R(3歳未勝利)は2分2秒4の時計でシゲルシイタケがV。例年は高速化する傾向にあった最終週だが、今年は時計を要している。これからの降雨を考えると、タフな消耗戦は避けられそうもない。Vタイムは2分を超える可能性もある。

     中山で行われた過去10年で2分を超えたケースは3回。イメージとしてはゴールドシップが勝った12年が近いか。前日の雨の影響が残る稍重で行われ、勝負どころの進路取りが明暗を分けた一戦。他馬が避ける、荒れたインを突いた鞍上の思い切った騎乗が思い起こされる。

     状況的に相似するのはタイムフライヤー。2走前のホープフルSは前後半の5Fラップ59秒6-61秒8という前傾の流れを力強く差し切った。消耗戦における強さは証明済み。くしくも、鞍上は当時ゴールドシップに騎乗していた内田博。大胆なイン突きの再現が見られるかもしれない。

    【皐月賞】出走馬の長所短所

     「皐月賞・G1」(15日、中山)

    (1)タイムフライヤー

    長所=唯一のG1馬。しかも同舞台での勝利
    短所=前哨戦が案外。良化途上の感は否めず

    (2)ワグネリアン

    長所=ダノンプレミアム回避で一気に主役へ。末脚強烈
    短所=エンジンの点火が遅い。取りこぼしの可能性あり

    (3)ジャンダルム

    長所=実力は世代トップクラス。安定感は抜群
    短所=最後の詰めに課題。勝ち切るまではどうか

    (4)スリーヘリオス

    長所=血統的に芝中距離はOK。重馬場は歓迎
    短所=勝ち鞍はダート6Fのみ。相手も強力で

    (5)キタノコマンドール

    長所=血統優秀で鞍上は皐月賞最多4勝。決め手も抜群
    短所=キャリアが浅く、多頭数の競馬は未経験

    (6)アイトーン

    長所=二の脚強力。スムーズな逃げならしぶとい
    短所=他の馬が前にいると折り合いが難しい

    (7)エポカドーロ

    長所=精神的に大人。小回り向きの先行力あり
    短所=極端な瞬発力勝負では見劣る可能性が

    (8)ケイティクレバー

    長所=キャリア豊富。自分の形ならしぶとい
    短所=発馬後一歩目遅い。切れ味勝負に不安

    (9)オウケンムーン

    長所=好センス。派手さはなくとも実力確か
    短所=ハイペースの経験なし。G1の激流?

    (10)ジェネラーレウーノ

    長所=自在性を生かして本番の舞台で連勝中
    短所=乗り込み入念も、3カ月ぶりは割引か

    (11)マイネルファンロン

    長所=1勝馬ながら、5戦して全て3着以内と堅実
    短所=相手なりに走れるが決め手不足は否めず

    (12)グレイル

    長所=京都2歳SではのちのG1馬タイムフライヤーを差し切り
    短所=前走が末脚不発の凡走。コースも初で

    (13)ダブルシャープ

    長所=母のきょうだいに中山重賞Vのメジロブライト、メジロベイリー
    短所=中央では1勝のみ。発馬が安定しない

    (14)サンリヴァル

    長所=中山2000メートル3戦はメンバー中最多
    短所=切れ味なく、重賞の2戦はともに4着

    (15)ステルヴィオ

    長所=センス抜群。堅実な末脚で安定感随一
    短所=父は短距離馬。血統面から1F距離延長がどう出るか

    (16)ジュンヴァルロ

    長所=逃げた2戦はともにV。自分の形なら
    短所=番手だとモロい。オープンで結果出ず

    【皐月賞】展開から浮上するのはこの馬だ

     良馬場なら1分58秒前後で決着するのが近年の傾向だが、今年は雨の影響を受け、2分を超える可能性も。先行馬が多数顔をそろえ、ハイラップは避けられそうにない。天気次第では、かなりの消耗戦となりそうだ。

     ワグネリアンやステルヴィオなど、中団に構える人気馬が勝負どころで前を射程圏にとらえると馬群は一気に密集。4コーナーでは外に大きく広がることが予想され、距離のロスはなるべく抑えたいところだ。

     こういう競馬で頼もしいのが、ソツのない騎乗に定評がある北村宏=オウケンムーン。デビュー3戦で全てメンバー最速上がりをマークし、前走の共同通信杯V時も33秒台の脚で抜け出したように、一瞬の決め手はある。道中は内に潜り込みジッと我慢。差し、追い込み馬が外に膨れるのを横目に、直線はインのあいたスペースを突いてくる。

    【データで勝負】日曜中山11R・皐月賞

     【データからの注目馬・中山11R】

    ◎(9)オウケンムーン

    ☆2013年以降、同名レース5戦では、共同通信杯組が【3・0・0・1】、スプリングS組が【1・1・1・17】、弥生賞組が【0・3・2・17】。前走オープン特別組は【0・0・1・16】と不振だ

     共同通信杯組が好成績だ。同ステップで臨む関東馬は3戦3勝で勝率100%。軸馬としての信頼度は極めて高い。

     今年はオウケンムーンがこれに該当する。前走の共同通信杯は好位から抜け出して快勝。2走前に中山2000メートルで勝っており、舞台適性も証明済みだ。



    競馬予想サイト レープロの無料予想が激アツなの知っているw

    rep


    これだけの無料コンテンツを誰でも無料・しかも匿名性の高いフリーメールで登録できます。

    競馬レープロへ行く



    桜花賞予想|2018年|直前情報まとめ

    chokuzen

    ヤフーニュースより

    【桜花賞】出走馬の長所と短所

    (1)ラッキーライラック

    長所=無傷4連勝。センス、末脚とも一級品

    短所=初の最内枠。包まれたときに不安も…

    (2)アマルフィコースト

    長所=逃げて良し、控えて良しで自在性十分

    短所=前走は落馬競走中止。軽い外傷もあり

    (3)リバティハイツ

    長所=発馬や折り合いは完璧。レースが上手

    短所=上がり最速は34秒6。決め手勝負不安

    (4)アンコールプリュ

    長所=父譲りの瞬発力は非凡。末脚勝負なら

    短所=スタートに課題。マイルもギリギリか

    (5)レッドサクヤ

    長所=異父姉にG1馬。一戦ごとに時計短縮

    短所=エルフィンS組のVは過去に1頭だけ

    (6)スカーレットカラー

    長所=豊富なキャリア。堅実に決め手を発揮

    短所=1勝馬。常にゲート後手の不安がある

    (7)トーセンブレス

    長所=新馬でプリモシーンに先着。G1・4着

    短所=しまいは堅実も、器用さに欠ける戦法

    (8)ハーレムライン

    長所=マイル3連勝中の勢い。先行力が武器

    短所=キャリア7戦。これ以上の上積みは?

    (9)リリーノーブル

    長所=G1・2着馬。馬券圏内100%と安定

    短所=徐々に着順落とす。勝負付け済んだ?

    (10)アンヴァル

    長所=不良馬場で圧勝経験あり。馬場は不問

    短所=母の勝ち鞍1400メートルまで。距離不安

    (11)コーディエライト

    長所=逃げ宣言。単騎逃げの形ならしぶとい

    短所=近2走がさっぱり。発馬に不安が残る

    (12)デルニエオール

    長所=言わずと知れた良血。勝負根性は非凡

    短所=メンバー最軽量。力勝負では分が悪い

    (13)アーモンドアイ

    長所=3戦全て上がり最速。切れ味は最上位

    短所=持ち時計平凡。負かした相手レベル?

    (14)レッドレグナント

    長所=骨折明け叩かれ状態アップ。鞍上魅力

    短所=関西への輸送は初。相手も強化されて

    (15)プリモシーン

    長所=前走の勝ち方が鮮やか。決め手は上位

    短所=3カ月ぶりの実戦に加え、初の輸送で

    (16)フィニフティ

    長所=2戦目でG3・2着。レースセンスは長所

    短所=経験浅く、もまれたときに不安が残る

    (17)マウレア

    長所=13年Vの全姉と同じ過程。総合力高い

    短所=善戦まで。前走体重8キロ減も気掛かり

    (18)ツヅミモン

    長所=530キロを超す好馬体。パワーは魅力

    短所=前走が負け過ぎの感。一変までは疑問

    【桜花賞】展開から浮上するのはこの馬だ

     流れが落ち着きやすい阪神のマイル戦。コーディエライトが先手を主張すればスローペースが濃厚。直後につける(8)ハーレムライン、リリーノーブル、レッドレグナントの仕掛けどころに注目だが、いずれにしても最後は瞬発力の差が明暗を分けそうだ。

     スタートに不安のないラッキーライラックは最内枠も全く問題ない。スッと好位を確保して前半はロスのない立ち回り。前哨戦と同様に、正攻法の競馬でライバルたちをねじ伏せる。

     決め手で勝るアーモンドアイは当然、圏内の一頭。高いレース適性を誇るディープ産駒のトーセンブレス、プリモシーン、フィニフティなどが上位争いに加わってくる。

    【桜花賞】馬場状態から浮上するのはこの馬だ

    「桜花賞・G1」(8日、阪神)

     阪神競馬場がある兵庫県宝塚市の日曜の天気は晴れの予報。土曜は稍重でスタートしたが、9R以降は良馬場に回復。桜花賞も良馬場で行われそうだ。

     土曜阪神はマイル戦が2鞍。稍重の6R3歳500万下は、好位からインを抜け出した2頭の決着で1分34秒5。良に回復した9R古馬1000万特別は好位からの抜け出した馬と、外から追い込んだ2頭で決まり、1分34秒1は過去2年の同レースより速かった。スローで流れた11R・阪神牝馬Sこそ1分34秒8と遅めの決着となったが、全体的に時計が出る馬場と言える。

     先週から芝はBコース(Aコースから直線部3メートル、曲線部4メートル外側に内柵を設置)を使用。土曜は内を選んだ馬が台頭し、外の馬はやや伸びを欠いた印象。桜花賞は1分33秒台の好時計での決着となりそうだ。

     馬場の傾向から浮上するのがアマルフィコースト。中京2歳Sに注目したい。勝ち時計は1分34秒7。同じ日に行われたマイルの1000万下特別が1分34秒0、500万下が1分34秒3。

     キャリア2戦目で7頭立ての落ち着いた流れながら、古馬と同じように1分34秒台で走ることができたのは能力の証し。ちなみに、前述した土曜の3歳500万下を勝ったのが、この中京2歳Sで2着だったアドマイヤアルバ。前走はスタートしてすぐに落馬したため、今回は人気の盲点に。速い時計に対応できるうえ、内枠も今の馬場にマッチする。

    【桜花賞】パドックのツボ

      ラッキーライラックは休み明けの前走時に10キロ増でも太め感は全くなく、2歳時より力強さがアップ。極端な増減がなく、いつも通りジワリとした気合乗りなら万全だ。休み明けで長距離輸送となるアーモンドアイはイレ込みに要注意。大きな馬体減がなく、集中できていれば期待大。リリーノーブルは、いつも落ち着き十分。肩の出が多少窮屈に映ってもOK。マウレアはプラス体重が好走条件。



    競馬予想サイト レープロの無料予想が激アツなの知っているw

    rep


    これだけの無料コンテンツを誰でも無料・しかも匿名性の高いフリーメールで登録できます。

    競馬レープロへ行く



    阪神牝馬S予想|2018年|直前情報まとめ

    chokuzen

    ヤフーニュースより

    【前走後の談話】土曜阪神11R・阪神牝馬S

      ◇アドマイヤリード「この馬のリズムで位置を取りにいった。直線は勝ち馬の後ろで運べたけど、追い出すといつもの反応がなくて…。今日は久々だったし、次は良くなると思う」(藤岡康騎手)

     ◇エテルナミノル「ゲートの中で少しうるさかった。輸送があったし、テンションが高かった。できれば2着馬の位置で競馬をしたかったが…」(四位洋騎手)

     ◇クインズミラーグロ「先生からは出た位置を守ってほしいとの指示だった。そのイメージ通りにうまく走れたし、しっかりと脚を使ってくれた」(丸田恭騎手)

     ◇ジュールポレール「折り合いはついたけど、今日は距離と勝負どころで外を回ったぶんの影響かな」(幸英騎手)

     ◇ソウルスターリング「コントロールの範囲内ではあったが、道中はだいぶ力んでいた。そのぶん、直線に向いてからの手応えがなかった」(Cデムーロ騎手)

     ◇デンコウアンジュ「追い出しを待たされる形になったが、最後に(馬群の)中を突いてこられたのは収穫。牡馬相手でもいい内容だった」(蛯名正騎手)

     ◇ミエノサクシード「スタートは良かったけど、フワフワしており、後方からになってしまった。ただ、切れる脚を持っているし、道中は馬の力を信じてじっくりと運んだ。ヨレずに真っすぐ走れていたし、馬も真面目になってきている。オープンに上がっても通用していい決め手がある」(和田竜騎手)

     ◇ミスパンテール「よく頑張ってくれた。馬場が悪かったせいか、前走ほどの切れではなかったけど、じょうずに走ってくれてよかった。いい点もいっぱいあったけど、返し馬からテンションが高いところがあり、気になっていた。そのあたりが良くなってくれば」(横山典騎手)

     ◇ミリッサ「返し馬のときから口が敏感な感じがしたので、リズム重視で運んだ。追い出してからすぐに反応するという感じではなかったが、最後はよく伸びてくれた」(横山典騎手)

     ◇ラビットラン「少し力んでいたが、許容範囲。4コーナーの感じからすれば、もっと弾(はじ)けると思ったが…」(藤岡康騎手)

     ◇リスグラシュー「馬が非常に良くなっていたので、楽しみに東京へ来た。馬場はところどころ緩かったけど、しっかりと走ってくれた。3コーナー過ぎにペースが落ちたところで少し掛かりそうになったけど、我慢できたし、(抜け出すときの)反応も速かった」(武豊騎手)

     ◇レッドアヴァンセ「前半はペースが遅くタイトなレースになったが、直線で急にペースが速くなったのでスペースができた。上がりの競馬になってくれたので、瞬発力がある強みを生かせた」(ルメール騎手)

     ◇ワントゥワン「いい瞬発力があるのは分かっていた。いつも通り、後方からじっくりと運ぶ戦法。展開が向いたとはいえ、ラストは素晴らしい脚を使ってくれた」(Mデムーロ騎手)

    【データで勝負】土曜阪神11R・阪神牝馬S

    【データからの注目馬・中山11R】

    ◎(15)アンブロジオ

    ☆近5回の同名レースを参考。前走が重賞【5・2・3・31】→勝ち馬は全てそこで1着か、負けても0秒4差以内だった。特注はファルコンSで0秒4差以内だった馬【3・1・2・5】

     アンブロジオは当該レースと関連性が高いファルコンSで0秒2差の4着。2戦2勝のマイル戦でさらに前進が期待できる。

    【ダービー卿CT】傾向と対策

    過去10年の結果から傾向を探る。

     ☆人気 1番人気は【2・2・0・6】。2番人気は【0・1・3・6】、3番人気は【1・0・0・9】で不振。4番人気以下の優勝馬7頭で波乱含み。

     ☆世代 5歳が【6・3・5・25】で圧倒的に優勢。4歳が【3・4・2・33】で続く。6歳以上の優勝は1頭だけで、ベテラン不利。

     ☆ハンデ 56キロが【3・3・3・35】でややリード。55キロが【2・2・2・28】、57・5キロが【2・1・1・6】で続く。重&軽ハンデ馬よりも“中間ハンデ”が優位。

     結論 ◎ヒーズインラブ ○テオドール ▲レッドアンシェル

    展開を読む【阪神牝馬S=スローペース】

      逃げ馬不在で最内枠のジュールポレールがハナ。スローになればソウルスターリングが折り合いを欠くシーンもありそうだ。リスグラシュー、ミスパンテールは中団。アドマイヤリード、ワントゥワンは後方で脚をため直線勝負。



    競馬予想サイト レープロの無料予想が激アツなの知っているw

    rep


    これだけの無料コンテンツを誰でも無料・しかも匿名性の高いフリーメールで登録できます。

    競馬レープロへ行く



    ニュージーランドT予想|2018年|直前情報まとめ

    chokuzen

    ヤフーニュースより

    【前走後の談話】土曜中山11R・ニュージーランドT

      ◇アイスフィヨルド「返し馬から元気だったが、レースでは落ち着いていた。最後は差し返すしぶとさを見せてくれた」(戸崎圭騎手)

     ◇アンブロジオ「スッといいところにつけて、いいレースだった。ラストもよく頑張ってくれている」(横山典騎手)

     ◇イサチルルンルン「スタート直後にぶつけられて、ひるんでしまった。道中もカラ馬の影響があって…」(国分恭騎手)

     ◇エントシャイデン「楽な感じだったが、粘れなかった。手前も替わらなかった」(武豊騎手)

     ◇カシアス「負けたけど、レースセンスがある。馬場の悪いなか、よく走っている」(浜中俊騎手)

     ◇カツジ「スタートが良く、いいリズムで運べた。ただ、手応えほど伸び切れなかった」(松山弘騎手)

     ◇ケイアイノーテック「自分のリズムでレースを進めながら、直線でも気を抜かないようにだけ気をつけていました。ここでは能力が違いますね」(川田将騎手)

     ◇ゴールドギア「なるべく前につけてほしいとの指示だったが、行き脚がつかずあのポジションになってしまった。最後はうまく外に出せていい脚を使ってくれたので、指示通りにもう少し前で運べていれば…」(武藤雅騎手)

     ◇コスモイグナーツ「注文通りにハナへ行ったが、一歩目でトモが崩れて少し慌ててしまった。そこで出していったぶん、ペースが速くなった。これからは控える競馬も経験していければ」(津村明騎手)

     ◇デルタバローズ「調教でまたがって雰囲気はつかんでいたが、パドックで乗った瞬間からテンションが高かった。レースでも何とか我慢させて運んだが、馬混みに入ったことでエネルギーを消耗してしまったみたいで、伸び切れなかった」(石橋脩騎手)

     ◇ファストアプローチ「跳びが大きいタイプなので、内枠は厳しかった。瞬発力勝負の競馬は合わないし、エンジンのかかりが遅かった。最後は伸びていたけど…」(Mデムーロ騎手)

     ◇ペイシャルアス「ジョッキーも、「道中はいい感じで進めていたけど、伸びを欠いた」と話していたし、マイナス16キロと馬体重が減っていたのがこたえたのかもしれない」(坂口則師)

     ◇ラムセスバローズ「エンジンがかかるのに時間はかかったけど、ペースがよかったから心配していなかった。4コーナーから長く脚を使ってくれた。瞬発力はあまりないけど、ストライドがパワフル。芝でもダートでもいけるし、距離はマイルがぴったりだろう」(ルメール騎手)

     ◇リョーノテソーロ「スタートの反応は一番速いぐらいだったが、前に馬を置いて競馬をしたかったのでじっとしていた。力まずに走れて仕掛けたときもスッと反応してくれた。最後は馬混みをさばいて勝ってくれたし、持っていたイメージとは少し違った。これならどんなレースでもできそう」(吉田隼騎手)

    【データで勝負】土曜中山11R・ニュージーランドT

    【データからの注目馬・中山11R】

    ◎(15)アンブロジオ

    ☆近5回の同名レースを参考。前走が重賞【5・2・3・31】→勝ち馬は全てそこで1着か、負けても0秒4差以内だった。特注はファルコンSで0秒4差以内だった馬【3・1・2・5】

     アンブロジオは当該レースと関連性が高いファルコンSで0秒2差の4着。2戦2勝のマイル戦でさらに前進が期待できる。

    【ダービー卿CT】傾向と対策

    過去10年の結果から傾向を探る。

     ☆人気 1番人気は【2・2・0・6】。2番人気は【0・1・3・6】、3番人気は【1・0・0・9】で不振。4番人気以下の優勝馬7頭で波乱含み。

     ☆世代 5歳が【6・3・5・25】で圧倒的に優勢。4歳が【3・4・2・33】で続く。6歳以上の優勝は1頭だけで、ベテラン不利。

     ☆ハンデ 56キロが【3・3・3・35】でややリード。55キロが【2・2・2・28】、57・5キロが【2・1・1・6】で続く。重&軽ハンデ馬よりも“中間ハンデ”が優位。

     結論 ◎ヒーズインラブ ○テオドール ▲レッドアンシェル

    展開を読む【ニュージーランドT=平均ペース】

       徹底先行コスモイグナーツが最内枠からハナへ。内枠勢を中心に好位のポジション取りも激しくなり、道中は締まった流れ。直線は早め先頭のカシアスに直後からカツジが迫るが、ケイアイノーテックなど差し馬の決め手が生きそう。



    競馬予想サイト レープロの無料予想が激アツなの知っているw

    rep


    これだけの無料コンテンツを誰でも無料・しかも匿名性の高いフリーメールで登録できます。

    競馬レープロへ行く



    このページのトップヘ