競馬予想@競馬総合情報

競馬予想@競馬総合情報!、競馬予想で的中ラッシュするためにいろいろな視点からを作成しています。競馬予想データ、競馬ニュース、競馬情報など

    直前情報

    ダイヤモンドS予想|2019年|直前情報まとめ

    chokuzen

    ヤフーニュースより
    【ダイヤモンドS】内枠有利な傾向は見られない/コース解説

     16日に東京競馬場で行われるダイヤモンドS(4歳上・GIII・芝3400m)の舞台となる東京芝3400m。このコースについて解説していく。

     向正面直線の真ん中からのスタート。そこからコースを約1周半走る(Dコース使用時の一周距離は2139.6m)。初角となる3コーナーまでは約260m。道中に何度もアップダウンを繰り返し、最後に525.9mの直線が待ち構える非常にタフなコース設定だ。なお、この東京芝3400mが使用されるのは、ダイヤモンドSだけである。  

     最初のコーナーまでの距離は短いが、データ上、内枠有利という傾向は見られない。  1回東京はDコースで行われる。春競馬に向けて芝の内側を温存するための施策で、内ラチから9mも外側に柵が設けられることになり、その分、幅員も狭くなる。  

     ダイヤモンドSは開催7日目に開催されるので、内目の馬場状態が荒れてくることもあり、そうなると、一層、スタミナを問われる形になる。  

     1回東京は、速い上がりを問われる良好な馬場レベルで推移してきている。実際に先週の競馬でもその傾向は継続していた。とはいえ、野芝の生育が見込めないこの時期に、雪による延期など過酷な条件で競馬が行われたのは事実。しっかりと芝の状態は確認しておきたい。

    【ダイヤモンドS】傾向と対策

     過去10年で傾向を探る。  
    ☆人気 1番人気は【6・1・0・3】で連対率70%。2番人気が【2・2・2・4】で続く。5番人気以下の優勝は1頭だけで平穏。  

    ☆前走 AJC杯組が【3・0・0・13】でややリードも今年は出走なし。万葉S組が【2・3・1・33】で大敗も多いが、連対数ではリードしている。  

    ☆ハンデ 55キロが【2・1・2・14】、53キロが【2・1・0・19】、58キロが【2・0・0・2】でほとんど互角。56キロも【1・3・1・21】で続く。  

    結論 ◎ユーキャンスマイル ○グローブシアター ▲カフェブリッツ

    展開を読む【ダイヤモンドS=平均ペース】

     サンデームーティエは後続を離しての単騎逃げが理想。好位グループでソールインパクト、グローブシアターが前を追う。

     ルミナスウォリアー、ユーキャンスマイルは中団から進出。直線で叩き合うが軽量馬の残り目に注意が必要。



    競馬予想サイト レープロの無料予想が激アツなの知っているw

    rep


    これだけの無料コンテンツを誰でも無料・しかも匿名性の高いフリーメールで登録できます。

    競馬レープロへ行く



    京都牝馬S予想|2019年|直前情報まとめ

    chokuzen

    ヤフーニュースより
    坂口正師、エイシンティンクルで有終V狙う

     定年により、28日で引退する坂口正則調教師(70)=栗東=が、最後の重賞に向けて意気込みを語った。  

     思い出の一頭として挙げたのは、1番人気のアグネスフローラを直線一気の豪脚で差し切り、当時のレースレコードを記録した90年オークスのエイシンサニーだ。「(410キロ台の)小さい体だったが、(厩舎として)初めてG1を獲った馬なので。まだ生きている(32歳)のはすごい」と懐かしそうにほほ笑んだ。  

     これまでに重賞は27勝(うち障害9勝)だが、平地で挙げた全18勝中14勝は“エイシン&エーシン”の冠名がついた馬だ。「相性はいいと思っていた。紹介してもらって良かったよ」とオーナーへの感謝を口にする。  

     土曜京都11Rの京都牝馬S。その冠名がついたエイシンティンクルで、最後の重賞に挑む。香港、フランスでG1・2勝を挙げた全兄エイシンヒカリも手掛けており、まさに厩舎ゆかりの血統だ。「引き継ぎもあるので無事に走ってほしいけど、もし決めてくれたらドラマだね。休み明けでも問題はない」とキッパリ。キラリと光り輝く走りで、有終Vをもたらすか。

    【京都牝馬S】傾向と対策

     
     過去10年の結果から傾向を探る(15年まで1回京都1600メートルで開催)。  

    ☆前走 重賞出走組が連対20頭中11頭と優勢。1000万下か準オープンを勝って臨んだ馬が6連対と健闘している。  

    ☆間隔 連対20頭中19頭が前年11月以降に出走経験あり。3カ月以上の休養明けは割引が必要。  

    ☆年齢 4歳が8勝と他を圧倒。7歳以上は連対がなく苦戦必至。  

    ☆東が健闘 出走数が関西馬(110頭)に比べ少ない関東馬(47頭)が7連対と健闘。  結論 ◎リバティハイツ 〇アルーシャ ▲ミスパンテール

    展開を読む【京都牝馬S=平均ペース】

     ショウナンアンセムが飛び出してハナ。テトラドラクマ、ロジクライが追走する。道中はゆったり流れ徐々にペースアップ。

     中団タワーオブロンドン、レイエンダ、インディチャンプが末脚を伸ばすが、先行勢も余力十分で粘る。



    競馬予想サイト レープロの無料予想が激アツなの知っているw

    rep


    これだけの無料コンテンツを誰でも無料・しかも匿名性の高いフリーメールで登録できます。

    競馬レープロへ行く



    東京新聞杯予想|2019年|直前情報まとめ

    chokuzen

    ヤフーニュースより
    【東京新聞杯】夕刊フジ・調教チェッカーズ

     インディチャンプの攻め気配が際立っている。2週前の17日に坂路で自己ベストの4F50秒7を叩き出したかと思えば、今週はさらに更新する50秒3をマーク。しかも、音無厩舎でも屈指の坂路巧者レッドラウダを余力残しで2馬身突き放してみせた。決して馬体は大きくないが、強靭な脚力をアピールした。  

     サトノアレスは今週の坂路で4F51秒8、ラスト1F12秒3。ハロー整地明けでやや内めを回ったとはいえ、馬なりでこのタイムは出色だ。気合乗り、毛ヅヤとも文句なしで、前走大敗のショックは感じられない。  

    ジャンダルムは3週連続してCWコースで6Fから時計を出す意欲的な内容。総仕上げの30日はきさらぎ賞出走のダノンチェイサーに胸を貸し、ラスト1F12秒0で併入した。久々に攻めを強化してきた効果があれば、能力的にも変わり身があっていい。

    【東京新聞杯】傾向と対策

     過去10年の結果から傾向を探る。  
    ☆前走 年明けの中山出走組が6連対、前年秋G1からの直行組が5連対、暮れの阪神開催組が4連対と上位勢力を形成。近年は京都金杯組の活躍も目立つ。  

    ☆年齢 4歳が8連対とリード。6歳が6連対で続く。7歳以上は苦戦。  

    ☆内枠有利 優勝10頭中9頭が8番より内枠。2桁馬番の連対は4頭のみ。  

    ☆牝馬 14年以降、出走機会3連勝中。  

    結論 ◎インディチャンプ 〇テトラドラクマ ▲ロードクエスト


    展開を読む【東京新聞杯=スローペース】

     ショウナンアンセムが飛び出してハナ。テトラドラクマ、ロジクライが追走する。道中はゆったり流れ徐々にペースアップ。

     中団タワーオブロンドン、レイエンダ、インディチャンプが末脚を伸ばすが、先行勢も余力十分で粘る。



    競馬予想サイト レープロの無料予想が激アツなの知っているw

    rep


    これだけの無料コンテンツを誰でも無料・しかも匿名性の高いフリーメールで登録できます。

    競馬レープロへ行く



    シルクロードS予想|2019年|直前情報まとめ

    chokuzen

    ヤフーニュースより

    【シルクロードS】JRAでも屈指の内枠・先行馬の活躍が目立つ舞台/コース解説

     27日に京都競馬場で行われるシルクロードS(4歳上・GIII・芝1200m)の舞台となる京都芝1200m。このコースについて解説していく。

     京都芝1200mは内回りコースを使用して行われる。

     向正面直線なかほどからのスタート。スタートしてすぐに坂を上る形になるため、ペースは速くなりにくい。300mほど走って3コーナーに突入する。3コーナー入り口で頂上に到達すると、そこからは直線入り口までに約3mを一気に下っていく。最後の直線はほぼ平坦で、直線距離は323.4m(Bコース使用時)。

     京都芝1200mは、内回りコース使用のため、直線は平坦で短く、差し・追い込み馬には厳しい舞台設定。全場、全コースのなかでも屈指の内枠、先行馬の活躍が目立つ舞台設定だ。

     過去10年の勝ち時計の平均は1.08.1。ここ5年で4回、1分7秒台で決着しているが、今年の1回京都は重い状態で時計が掛かっているため、8秒台の決着となる可能性が高そうだ。

     1回京都はAコースを使用していたが、今週から行われる2回京都はBコースへと替わる。例年は、このBコース替わりを契機に、外差しが目立ってくるケースが少なくないのだが、今年は既に差し馬台頭の兆候が見られている。3メートルの柵移動により、内の状態が回復して前有利に働くのか、それとも差し馬台頭の流れが一層進むのか。土曜からしっかりレースを見て傾向を見極めたいところだ。

    【シルクロードS】傾向と対策

     過去10年の結果から傾向を探る。

     ☆負担重量 53キロ以下【0・0・3・23】、54~55キロ【2・3・4・55】、55・5~56・5キロ【2・3・2・26】、57キロ以上【6・4・1・26】。ハンデが重くても有力視。

     ☆脚質 G1を除く直近芝レースの4角の位置取り別で成績を分析すると、先頭【2・3・0・7】、2、3番手【4・3・2・31】、4~9番手【2・2・6・60】、10番手以下【2・2・2・32】。先頭組が圧倒的な好走率を誇る。

     ☆近走 09年を除いた全ての勝ち馬は近3走以内で芝の重賞で4着以内の好走歴があった。

     結論 ◎ラブカンプー ○セイウンコウセイ ▲サイタスリーレッド


    【覆面記者の耳よりトーク】シルクロードS

     今週の『覆面記者の耳よりトーク』は、日曜京都のGIII・シルクロードSを徹底取材。今開催の京都の芝は例年よりタフな設定で、馬場適性が問われそう。

     関係者の話からは、道悪巧者のナインテイルズが好走候補に浮上した。逆に軽い馬場を望んでいるというアンヴァル、実績上位でも陣営が泣きっぱなしの森田厩舎2頭は、危険視した方がよさそうだ。  

    記者A 先週の東海Sは堅い決着。今週はどうやろなぁ。  

    記者B 混戦模様の方が、ワシらも取材のしがいがあるからな。そういう意味では、シルクロードSはオモロイかもしれんでぇ。  

    記者C そうそう、なんといっても人気を集めそうな実績上位馬を2頭出しする森田調教師が“泣き”っぱなし。昨秋のスプリンターズS2着ラブカンプーについては「トモの張りが…。背中に疲れがあって踏み込みも悪い」。同4着ダイメイプリンセスについても、同様に状態面の不安を口にしていました。もちろん地力が上だけに克服する可能性はありますが、トレーナーがここまでいうほど微妙なデキなのなら、他馬の激走に期待したいところです。  

    記者A 馬券のヒントになるような話はないか?  

    記者D 馬場状態が、大きな影響を与えそうですよ。今開催の京都芝は、例年に比べて力のいる馬場設定になっているようです。X調教師によると「今年は洋芝の育成がよすぎて、そういう(タフな)馬場になっているみたいやな」とのこと。Q騎手も「(馬場は)重たいですね。得意でない馬とそうでない馬の差がでるんじゃないでしょうか」とポイントに挙げていました。  

    記者B それやったら、ナインテイルズの連勝もあるんとちゃうか。実際、前走は今のタフな京都芝で挙げた勝利。不良や重馬場でのV経験があるし、中村調教師も「今の京都の馬場は合っていると思うよ」と楽しみにしていたで。  

    記者C なるほど。じゃあ、アンヴァルにとっては厳しい競馬になるかもしれませんね。Z助手は「あの馬は軽い馬場で結果を出してきた馬。前走の差され方をみても、重たい馬場は歓迎できんやろなあ」と話していました。週末は雪予報も出ており、さらに馬場が重くなる可能性もありますからね。しっかり見極めたいところです。



    競馬予想サイト レープロの無料予想が激アツなの知っているw

    rep


    これだけの無料コンテンツを誰でも無料・しかも匿名性の高いフリーメールで登録できます。

    競馬レープロへ行く



    根岸S予想|2019年|直前情報まとめ

    chokuzen

    ヤフーニュースより

    【根岸S】夕刊フジ・調教チェッカーズ

     盤石の調整過程に、マテラスカイのデキの良さが表れている。1週前に坂路で4F50秒7、ラスト1F11秒9と抜群の動きを見せて、今週も加速ラップを刻んで51秒7、12秒1で楽々と半馬身先着した。冬毛も抜けてきて、馬体は迫力満点。前走以上の状態は間違いない。  

     ケイアイノーテックは今週の坂路でラスト1F12秒2。馬なりで僚馬を5馬身ちぎった。先週のCWコースでもラスト1F11秒4の切れ味。ダイナミックなフォームは初ダートの不安を感じさせない。  

     7歳でもモーニンは衰え知らずだ。坂路で2週続けて4F51秒台、ラスト1F12秒台前半を力強くマーク。パワフルなフットワークで、前走からの良化を感じさせる。(夕刊フジ)

    【根岸S】傾向と対策

     過去10年の結果から傾向を探る。  

    ☆人気 1番人気は【3・3・0・4】で、掲示板を外したのは1頭のみ。近5年は4連続連対で信頼度は高い。  

    ☆実績 3着内24頭が交流を含めたダート重賞勝利またはダート1400メートルのオープンで勝っていた。  

    ☆ステップ 前走チャンピオンズC組が15年以降で2勝、2着1回、3着2回と有力。また、前年の武蔵野S出走馬も12年以降の3着内21頭中に13頭いた。  

    ☆年齢 【4・4・2・21】の5歳が好成績。  

    結論 ◎サンライズノヴァ ○マテラスカイ ▲ユラノト


    【根岸S】JRA屈指の追い込みが利くレース/データ分析(枠順・馬番編)

     27日に東京競馬場で行われる根岸S(4歳上・GIII・ダ1400m)について馬番別に検証していく。

     最多となる3回の馬券絡みは、5番、6番、8番、9番、11番、13番、14番。内から外まで万遍なく馬券になっていることが読み取れる。過去10年で一度も馬券に絡んでいないのは、10番、12番、16番のみ(16番は9頭出走)。

     内外の差が少ないというのは、枠順別成績からも見て取れる。各枠順から馬券になった回数は、1枠=3回、2枠=4回、3枠=5回、4枠=4回、5枠=4回、6枠=3回、7枠=5回、8枠=2回となっており、どの枠からでも勝負になっている。

     内と外にグループ分けした成績は以下の通り。

    1~4枠:6-6-4-62、複勝率20.5%、複勝回収率74%
    5~8枠:4-4-6-65、複勝率17.7%、複勝回収率67%

     ほぼ互角で、外枠のロスは考えなくて良いだろう。

     このレースは、過去10年で4コーナー先頭の馬の馬券絡みがゼロ。4コーナー10番手以下の馬が14頭も馬券に絡んでいるという、JRA屈指の差し・追い込みが利くレースで、内枠からロスを抑えて乗るメリットが薄いと考えられる。あまり枠順の有利不利は考えず、とにかく速い上がりを使えそうな馬を狙うのが得策だろう。実際に過去10年の勝ち馬は全て上がり3位以内の脚を使っており、上がり1位の馬は5-2-1-2で複勝率80%を記録している。



    競馬予想サイト レープロの無料予想が激アツなの知っているw

    rep


    これだけの無料コンテンツを誰でも無料・しかも匿名性の高いフリーメールで登録できます。

    競馬レープロへ行く



    このページのトップヘ