競馬予想@競馬総合情報

競馬予想@競馬総合情報!、競馬予想で的中ラッシュするためにいろいろな視点からを作成しています。競馬予想データ、競馬ニュース、競馬情報など

    直前情報

    フローラS予想|2019年|直前情報まとめ

    chokuzen

    ヤフーニュースより
    【フローラS】夕刊フジ・調教チェッカーズ

     
     トップ評価はパッシングスルー。2週連続でWコース5F67秒4の好時計を叩き出し、休み明けでも動きは活発だ。17日は追いついてきた古馬OPを再度突き放し2馬身先着した。跳びが大きく、いかにもバネのありそうな走り。広々とした東京の開幕週はうってつけだろう。 

     フォークテイルは17日のWコースで5F67秒3、ラスト1F12秒5。残り100メートルで一気に加速して、先導役に半馬身先着した。鞍上のGOサインにスッと反応できず、馬体も完成途上だが、瞬発力には非凡なものがある。 
     
     シャドウディーヴァは岩田康騎手が跨がった11日のWコースで4F50秒4、ラスト1F12秒5の好タイム。今週も手応え優勢に併入した。前進気勢に富み、胸前の張り、前駆のかき込みとも文句なしだ。

    【フローラS】ミスターX 開幕週の馬場が味方するジョディー本命


     東京11R・フローラSはジョディーを本命に指名する。5着に敗れた前走・フラワーCは好スタートを切った勝ち馬コントラチェックに先手を譲る形に。2番手から4コーナー手前で1度は詰め寄ったが突き放された。ハナを奪えば崩れないタイプだけに、同型の強豪がいた前走はこの馬にとっては厳しいメンバー構成だったといえる。 

     今回は絶好の条件だ。東京コースは【2・0・1・0】、武藤騎乗は【2・0・1・0】。これまでの全7戦で馬券に絡んだ3回の舞台設定にぴたりと当てはまる。出負けしなければ、先手を奪えそうなメンバーで、開幕週の馬場も味方しそう。馬単(9)から(2)(4)(5)(10)(12)。 

     京都11R・マイラーズCは新星・インディチャンプが本命。逃げ馬不在で超スローペースが予想される一戦。先行するダノンプレミアムを有力各馬がマークする形になりそう。切れ味勝負になれば、末脚自慢のこの馬が台頭する。 

    3連勝を決めた前走・東京新聞杯は出遅れて後方からの競馬。コーナーで内を通ってポジションを上げると、直線では馬群を割って力強く伸びてきた。一団での競馬となりそうな今回はその経験も生きる。メンバーは強化されるが、モズアスコット、ケイアイノーテックが58キロ、ダノンプレミアムが57キロの重量を背負う中、この馬は56キロで出走可能。コンビ【3・1・0・0】と好相性の福永とともに重賞連勝を決める。馬単(3)から(1)(2)(4)(6)。

    【フローラS】傾向と対策


     過去10年の結果から傾向を探る。 

    ☆人気 1番人気は【4・1・0・5】で連対率50%。2番人気は【2・3・2・3】。5番人気以下の優勝馬は2頭だけで、伏兵馬の激走は案外少ない。 

    ☆枠順 8枠が【3・1・2・22】で外枠不利といわれる東京2000メートルにしては活躍。3枠が【2・3・4・10】、1枠が【2・1・1・16】で内枠も健闘。 

    ☆前走 フラワーC組が【2・2・2・18】、君子蘭賞組が【2・2・1・10】と活躍。未勝利戦V直後の優勝も2頭で軽視できない。 結論 ◎フェアリーポルカ ○シャドウディーヴァ ▲セラピア

    【展開を読む【フローラS=平均ペース】

     ウィクトーリアとジョディーの先手争いは枠順の差でウィクトーリアか。セラピア、エアジーン、フェアリーポルカ、シャドウディーヴァが続き、フォークテイルは中団追走。パッシングスルーは後方で折り合いに専念して直線勝負へ。


    競馬予想サイト レープロの無料予想が激アツなの知っているw

    rep


    これだけの無料コンテンツを誰でも無料・しかも匿名性の高いフリーメールで登録できます。

    競馬レープロへ行く



    桜花賞予想|2019年|直前情報まとめ

    chokuzen

    ヤフーニュースより
    【桜花賞】とにかく切れ味重視が賢明/コース解説

     7日に阪神競馬場で行われる桜花賞(3歳・牝・GI・芝1600m)の舞台となる阪神芝1600m外。このコースについて解説していく。  

     阪神コースは2005年から2006年にかけて改修工事が行われ、新装オープンは2006年末の開催。このコース改修に伴い、阪神芝コースは外回りが新たに設けられ、外回りの一周距離は2089mと、右回りで最も大きな競馬場へと生まれ変わった。外回りコースの直線距離は473.6mで、ゴール前には高低差1.9mの急坂が待ち構えている。  

     阪神芝1600m外は向正面からのスタート。444m走って3コーナーへ突入する。4コーナー手前からゆっくりと下っていき、残り200m地点から急坂となっている。  

     コース改修によって、パワー重視から直線での瞬発力重視のコースへと変貌を遂げた。また、旧コースでは外枠の不利が取り沙汰されることが多かったが、新コースではむしろ内枠がふるわない傾向にある。  

     昨年は4コーナー16番手から上がり33秒2の脚を使いアーモンドアイが、16年は4コーナー17番手から上がり33秒0の脚を使いジュエラーが差し切っていることが示す通り、良馬場であれば速い上がりで後方からでも差せる傾向が強い。実際、過去5年で上がり6位以下で馬券に絡んだのは昨年のラッキーライラックだけ。とにかく切れ味重視が賢明だ。  

     2回阪神は、前2日はAコース、後6日目はBコースを使用するため、桜花賞はBコース替わり4日目ということになる。前述の通り、基本的には後方から外を回しても差してこれるレースだけに、あまり馬場状態を気にする必要はなさそうだ。

    【桜花賞】夕刊フジ・調教チェッカーズ 厳選3頭教えます

     ダノンファンタジーが万全の調整過程だ。最終追いは芝コースで5F62秒5、ラスト1F11秒4。1週前にCW6F78秒4でガス抜きした効果が出たか、リキむ面も我慢が利いて、鋭く伸びた。回転の速いフットワークはさすが。折り合えば間違いなく弾けそう。  
     
     休み明けでも、グランアレグリアが好仕上がりに映る。Wコース5F68秒8で、内の年長馬を従えたまま1馬身先着。柔らかいフットワークが目を引き、2歳時より掛かる面も解消してきた。体つきも緩さがなく、能力全開が望める。  

     メイショウケイメイは坂路でラスト2F11秒7-12秒2。11秒7は水・木曜の2日間で最速タイのラップだ。休みなく使われているが、上昇ムードを感じさせる。(夕刊フジ)

    【阪神牝馬】展開から浮上する馬

     
     内枠を引いて陣営ががぜんやる気のエールヴォアが先制。

     ただ、あまり流れは速くならずにスローに近い平均ペースを想定。2番手以降は馬群が固まり、決め手の優劣が勝敗を分けそうだ。   

     ごちゃつく心配のない外めの枠を引いたダノンファンタジー。TRでは先行策を取ったものの、今回はポジションを下げて末脚勝負を選択。父譲りの瞬発力を存分に発揮できる舞台で輝きを放つ。  

     同じく外の差し馬ではアクアミラビリス、ビーチサンバ、シゲルピンクダイヤが有力。逆に内に入ったクロノジェネシス、シェーングランツは、外を回すにしてもロスの多い競馬を覚悟しなければならない。それなら先行するエールやグランアレグリアの粘り込みを警戒。


    競馬予想サイト レープロの無料予想が激アツなの知っているw

    rep


    これだけの無料コンテンツを誰でも無料・しかも匿名性の高いフリーメールで登録できます。

    競馬レープロへ行く



    阪神牝馬S予想|2019年|直前情報まとめ

    chokuzen

    ヤフーニュースより
    【阪神牝馬S】厩舎の話


     ◆アマルフィコースト・牧田師 
     「いい状態です。距離がポイントですが、どこまでやれるか」

     ◆カンタービレ・辻野助手 
     「追い切るごとに本来の動きに近づいてきている。休み明けから力を出せる」

     ◆クロコスミア・西浦助手 
     「前回で差す競馬ができたし、内からでも外からでも突っ込んでこられる」

     ◆サトノワルキューレ・辻野助手 
     「テンションを上げないように調整してきた。マイルで脚をためられるかどうか」

     ◆サラキア・池添学師 
     「状態はいい。今回は差す競馬をしてくれると思うので展開がかみ合うようなら楽しみ」

     ◆ダイアナヘイロー・大根田師 
     「順調。マイルは若い頃にこなしているが、重賞のメンバーでどこまで…」

     ◆ベルーガ・猿橋助手 
     「調教は動きますし、うまくかみ合えばやれると思う」

     ◆ミエノサクシード・高橋亮師 
     「間隔はあいたが調子はいい。今の阪神の馬場は合いそうだし、うまく脚がたまれば」

     ◆ミッキーチャーム・猿橋助手 
     「前走は輸送のせいか、テンションが高く度外視。力を考えればもっとやれると思う」

     ◆メイショウオワラ・岡田師 
     「阪神で成績を残しているし、この相手にどこまで」

     ◆ラッキーライラック・松永幹師 
     「実績があるコースなので、力を出してくれれば」

     ◆リバティハイツ・高野師 
     「具合は変わらずいいし、ゲートは確認して大丈夫。ちゃんと出ると思います」

     ◆レッドオルガ・藤原英師 
     「順調。右回りもクリアしてくれると思うし、うまく立ち回れれば」

     ◆ワントゥワン・仲田助手 
     「大きな状態の変動はありませんが、調整は順調。差しの生きる流れなら」

    【阪神牝馬S】傾向と対策

      
     過去10年の結果から傾向を探る(15年まで1400メートル、16年から1600メートルで施行)。

     ☆前走 千四時代はマイル以下からの臨戦馬が好走したが、千六となってからはマイル以上で牡馬相手に善戦してきた馬が活躍。

     ☆実績 連対20頭中19頭が3勝以上で絶対条件。

     ☆年齢 4歳馬が9年連続で計13連対と圧倒。5歳馬が5連対で続く。高齢馬は苦戦傾向。

     ☆外枠優勢 6枠から外が9連対。一方、1、2枠はそれぞれ1勝ずつと振るわず。

     結論 ◎レッドオルガ 〇ラッキーライラック ▲カンタービレ

    【阪神牝馬】展開を読む

     クロコスミアミッキーチャームを内に見ながらダイアナヘイローがスピードの違いでハナへ。3頭から離れた位置のラッキーライラックに展開が向きそう。直線では後方から襲い掛かるカンタービレ、レッドオルガを迎え撃つ。


    競馬予想サイト レープロの無料予想が激アツなの知っているw

    rep


    これだけの無料コンテンツを誰でも無料・しかも匿名性の高いフリーメールで登録できます。

    競馬レープロへ行く



    ニュージーランドT予想|2019年|直前情報まとめ

    chokuzen

    ヤフーニュースより
    【ニュージーランドT】追って一言


     アガラス(古賀慎師)
    長めからやっていい動き。前走はスタートで接触して後手。中間、いい感じで来ている。  

     アンクルテイオウ(高橋亮師)
    しっかり伸びたし反応も良かった。  

     エリーバラード(菊沢師)
    前走は長距離輸送でもよく頑張った。芝になるが東京よりは中山の方がいいと思う。  

     グラナタス(鹿戸師)
    気分良く走らせた。体調も良さそう。距離をこなしてくれれば。  

     ココフィーユ(斎藤誠師)
    体調はいい。前走は久々の右回りを気にしていた。良馬場でやりたい。  

     コスモカレンドゥラ(丹内)
    仕掛けてからの反応が良かった。前回より気持ちも前向き。  

     ショーヒデキラ(鈴木伸師)
    動きはだいぶしっかりしてきた。前走は時計も速いし強い競馬。  

     ダイシンインディー(武藤)
    馬なりでいい動き。久々の芝がどうかも楽しみ。  

     ミッキーブラック(音無師)
    追い切りの時計に関しては不満。マイルが合うかどうか。  

     メイショウショウブ(池添兼師)
    しまい重点でいい動きだった。一度使って体が締まってきた。  

     ワイドファラオ(辻野助手)
    休み明けだが体調はいい。レースセンスもいいし力は出せそう。

    【ニュージーランドT】傾向と対策

      
     ☆人気 1番人気は【4・2・1・3】、2番人気は【3・2・1・4】とまずまず。3~5番人気は優勝がなく、6番人気以下の優勝馬3頭と伏兵台頭もある。  

     ☆前走距離 1800メートル組が【4・1・1・21】とややリード。1400メートルが【3・4・3・41】、1600メートルが【3・3・3・47】で続く。  

     ☆関西馬優勢 関西馬が【8・6・6・52】、関東馬が【2・4・4・78】。出走頭数が少ない関西馬が関東馬を圧倒している。  結論 ◎メイショウショウブ ○アガラス ▲コスモカレンドゥラ 

    【ニュージーランドT】展開を読む

      ダイシンインディー、コスモカレンドゥラに、前走出遅れたメイショウショウブやグラナタスも前へ。先行争いをアガラスミッキーブラックが見る形。末脚勝負のヴィッテルスバッハは内をさばければ後方一気も。


    競馬予想サイト レープロの無料予想が激アツなの知っているw

    rep


    これだけの無料コンテンツを誰でも無料・しかも匿名性の高いフリーメールで登録できます。

    競馬レープロへ行く



    大阪杯予想|2019年|直前情報まとめ

    chokuzen

    ヤフーニュースより
    パドックのつぼ

     ブラストワンピースは大柄で幅もあり、非常にパワフルな体つき。十分に稽古を積まれているだけに、馬体増でも張りがあれば問題ない。

     キセキは大きな完歩でキビキビと周回して良く見せるタイプ。気合も適度に乗る。

     ワグネリアンも気合を表に出すが、久々で極端にイレ込むようだと黄信号。馬体の張りも要チェック。

     エアウィンザーは少し馬体が絞れて、動きにも躍動感が出れば上積み大だ。

    【大阪杯】ミスターX 間隔空いてもブラスト信頼の◎

     
     阪神11R・大阪杯は人気でもブラストワンピースを信頼する。

     3歳で制した有馬記念はレイデオロ、キセキといった年長馬の一線級を退け、能力の高さを証明した。ここはその有馬記念以来の出走だが、間隔が空いても走るタイプ。異例のローテを選択した昨年9月の新潟記念Vを見ればいきなりでも十分に狙える。  

     2週連続で栗東から調教に駆けつけた池添は「準備運動の段階からフットワークも凄く柔らかかった。本当に良い形で来てくれている」と状態面を絶賛。1800メートルで2戦2勝、2000メートルで1戦1勝。筋肉質で胴の詰まった体形をしており、前走2500メートルからの距離短縮は追い風になる。

    不動の軸馬だ。馬連(7)から(2)(6)(9)へ。

    【大阪杯】馬場状態から浮上するのはこの馬だ

     「大阪杯・G1」(31日、阪神)  

     阪神競馬場のある兵庫県南部の日曜の天気予報は曇り時々晴れ。土曜は昼過ぎから雨が降り、芝は良から稍重まで悪化した。レース当日はある程度回復しそうだが、パンパンの良馬場での高速決着は望めそうにない。  

     悪天候の中でレースをした影響もあり、芝は内側を中心に荒れた部分が目立つようになってきた。良まで回復しても1分59秒台、道悪が残れば2分0秒から1秒台の決着となりそうだ。  稍重か、比較的時計のかかる良馬場なら、エポカドーロにチャンス到来だ。

     芝10F戦の持ち時計こそ目立たないが、稍重だった昨年の皐月賞を制したように、タフな馬場への適性が高い。先行力があり進路を選びながら運べる点も、今の馬場状態を考えれば有利に働きそうだ。切れ味勝負の馬が勝負どころで荒れた馬場を苦にして伸びあぐねるようなら、好位からの押し切りがあっても驚けないだろう。


    競馬予想サイト レープロの無料予想が激アツなの知っているw

    rep


    これだけの無料コンテンツを誰でも無料・しかも匿名性の高いフリーメールで登録できます。

    競馬レープロへ行く



    このページのトップヘ