競馬予想@競馬総合情報

競馬予想@競馬総合情報!、競馬予想で的中ラッシュするためにいろいろな視点からを作成しています。競馬予想データ、競馬ニュース、競馬情報など

    直前情報

    プロキオンS予想|2018年|直前情報まとめ

    chokuzen

    ヤフーニュースより

    【覆面記者の耳よりトーク】プロキオンS

    今週の『覆面記者の耳よりトーク』は、ダート重賞のプロキオンSが対象。ハイペースの厳しい流れが予想されるなか、情報からは展開、コース実績、末脚からキングズガードがイチ推し。同じくハマれば末脚強烈なダノングッドが穴候補に浮上した。逆に初の中央重賞でモマれるリスクがあるサクセスエナジー、ハナに立てないと持ち味が出ないドリームキラリには“危険信号”だ。


     記者A 好メンバーのダート重賞。雨で脚抜きのいいダートやろうし、ペースや展開もシビアになりそうやな。


     記者B Z助手は「これだけ速い馬がそろって雨馬場なら、ハイペースの前崩れになりそう」と差し、追い込み馬の出番は十分と見立てていました。


     記者C 中京で行われるようになった前6年でも差し、追い込み勢が幅を利かせています。そこでイチ推しはキングズガード。一昨年3着、昨年Vの“常連”です。


     記者D 管理する寺島調教師は「ベストは右回りの1400メートルダートですが、最近は左回りにも対応してくれています」と好感触やった。中京ダートではGI・チャンピオンズCで8着とはいえ上がり最速の末脚。それを除けば4戦【1120】とすべて馬券圏内の安定感やで。


     記者B 交流重賞を2連勝中のサクセスエナジーは「中央の激しい流れでモマれたときは結果を出せていませんね」とQ騎手が指摘。中央での重賞は初めてで、しかもメンバー最重量の斤量58キロ。戸惑いがあるかも。


     記者D もっと危ないのはドリームキラリや。今回はマテラスカイをはじめ、ダッシュ自慢がけっこう、いる。「ハナに立ってこそ粘りが増すタイプだから、立てないと苦しいのでは」とG調教師は見ていたわ。


     記者A 大穴ならダノングッドやな。鞍上は初コンビの川田騎手やけど、先週のCBC賞でテン乗りのアレスバローズを五分の発馬で中団から勝利に導いた。今回も強烈な末脚を引き出すかもしれんで。

    【プロキオンS】傾向と対策

    中京施行になった過去6年の結果から傾向を探る。


     ☆実績 1~3着馬の全18頭が中央で4勝以上。うち17頭が中央ダートで3勝以上をマークしていた。


     ☆年齢 4歳【2・1・0・11】、5歳【1・3・2・13】、6歳【3・1・0・15】、7歳以上【0・1・4・35】。7歳以上は割引か。


     ☆近走人気 2走前、前走が3番人気以内だった馬が5連勝中。


     ☆重賞実績 過去2走以内のダート重賞で連対していた馬が3勝。不出走馬も3勝だが、2戦とも3着以下に敗れていた馬のVはない。


     結論 ◎サクセスエナジー ○ドライヴナイト ▲キングズガード



    競馬予想サイト レープロの無料予想が激アツなの知っているw

    rep


    これだけの無料コンテンツを誰でも無料・しかも匿名性の高いフリーメールで登録できます。

    競馬レープロへ行く



    七夕賞予想|2018年|直前情報まとめ

    chokuzen

    ヤフーニュースより

    【七夕賞】夕刊フジ・調教チェッカーズ 厳選3頭教えます

    1番手はプラチナムバレット。4日は抑え切れないような手応えで先導馬に追いつき、強めに追われて2馬身先着。やや首の高い走法が気になるものの、瞬発力は上々だ。中間はコース&坂路でしっかり負荷をかけられており、左前跛行で最下位に終わった前走のダメージは感じられない。


     ワンブレスアウェイは古賀慎厩舎にしては珍しく、Wコース単走での最終追い。舌がハミを越して集中力を欠いたが、これは2着に好走した前走時もそうだったので気にする必要はない。身のこなしが大きく、引き続き好調だ。


     マイネルミラノはWコースで大外を回ってダイナミックな走り。タイムは前走時より遅かったが、フットワークの回転数は上がっている。4カ月半ぶりをひと叩きされて間違いなく上昇中だ。(夕刊フジ)

    【七夕賞】傾向と対策

    過去10年(11年は中山開催)の結果から傾向を探る。


     ☆人気 1番人気は【3・1・2・4】とまずまず。近5年は1、5、2、3、1番人気と上位人気馬が好走。


     ☆年齢 4歳【2・1・1・6】、5歳【5・4・3・33】、6歳【3・4・5・41】、7歳以上【0・1・2・45】。出走数が少ない4歳の健闘が光る。7歳以上は割り引き。


     ☆脚質 4角6番手以内の馬が9勝。中団より前で運べる馬が有利。


     ☆実績 重賞V経験のある馬が5連勝中。実績馬が結果を残している。


     結論 ◎プラチナムバレット ○キンショーユキヒメ ▲ワンブレスアウェイ



    競馬予想サイト レープロの無料予想が激アツなの知っているw

    rep


    これだけの無料コンテンツを誰でも無料・しかも匿名性の高いフリーメールで登録できます。

    競馬レープロへ行く



    宝塚記念予想|2018年|直前情報まとめ

    chokuzen

    ヤフーニュースより

    【宝塚記念】出走馬の長所と短所

    「宝塚記念・G1」(24日、阪神)

    (1)ステファノス

    長所=G12着3回の実績。岩田とのコンビで2戦2勝
    短所=前走のG3戦で見せ場なし。年齢的な衰えか

    (2)ノーブルマーズ

    長所=前走G2で2着と地力強化。先行力魅力
    短所=重賞未勝利でG1初挑戦。上積みも疑問

    (3)サトノダイヤモンド

    長所=ファン投票1位。実力も現役トップクラス
    短所=全盛期の勢いなし。出来も完調手前で

    (4)ミッキーロケット

    長所=ゲート難解消。春盾見せ場十分の4着
    短所=目下9連敗中。G1戦線では善戦まで

    (5)ストロングタイタン

    長所=2度のレコード勝ち。高速決着に強い
    短所=G1初挑戦。初めて背負う58キロの斤量も不安

    (6)アルバート

    長所=長距離重賞4勝。スタミナ比べはドンとこい
    短所=距離不足。G1は17年春盾5着が最高で

    (7)パフォーマプロミス

    長所=本格化ムード。ステイゴールド産駒は過去5勝
    短所=初の58キロ&G1。叩き2戦目は3着が最高

    (8)ダンビュライト

    長所=クラシック皆勤馬。重賞Vの得意距離
    短所=3勝はメンバー最少。前走も負け過ぎの印象で

    (9)サトノクラウン

    長所=2200メートル戦は全て重賞で4戦3勝。ベスト距離
    短所=2桁着順も多くモロさも。出来にも疑問残る

    (10)ヴィブロス

    長所=国内外G1を勝利。牝馬は5年連続3着内
    短所=同じ距離のエリザベス女王杯で5着。1F長いか

    (11)サイモンラムセス

    長所=逃げればしぶとい。連勝中と勢いは十分
    短所=条件戦勝ちからの即G1挑戦。家賃が高い

    (12)タツゴウゲキ

    長所=17年サマー2000王者。得意の季節だ
    短所=全5勝が2000メートル。距離1F長いか

    (13)ワーザー

    長所=15/16年の香港年度代表馬。実績は最上位
    短所=日本の高速馬場は微妙。ひと雨欲しい

    (14)スマートレイアー

    長所=阪神芝メンバー最多6勝。自在性十分
    短所=G1は国内外で12戦全敗。善戦までか

    (15)ゼーヴィント

    長所=福島で重賞2勝と内回りコースは合う
    短所=初の長距離輸送。骨折明け2戦が案外

    (16)キセキ

    長所=菊花賞馬。阪神〈1・1・2・0〉と好相性
    短所=前走で折り合い難露呈。それだけに大外枠は微妙

    【宝塚記念】馬場状態から浮上するのはこの馬だ

    「宝塚記念・G1」(24日、阪神)

     阪神競馬場のある兵庫県南部の日曜の天気予報は曇りのち晴れ。午後からは晴天が広がる予報となっている。土曜の芝は降雨の影響で、良から重馬場まで悪化した。回復スピードは当日のレースで判断する必要はあるが、いずれにせよ好時計の決着は望めそうにない。

     道悪でレースをした影響で、芝は荒れた部分も目立つように。内回りの芝2000メートルで行われた土曜阪神10R京橋特別(3歳上1000万下)の勝ち時計は、2分4秒3と過去10年で最も遅かった。決着時計は2分12秒台後半~13秒台前半が予想される。

     パンパンの良馬場にはならない状況だけに、注目が集まるのは昨年の覇者サトノクラウン。稍重で行われた1年前は2分11秒4の好時計で勝っており、他馬が苦にするような荒れた馬場でも、自らのパフォーマンスが落ちないのが大きな強みだ。

     流れを見ながら自在に運べるタイプで、道中は比較的馬場状態のいいところを選びながら、力を温存して直線に向けそう。自分のタイミングで動いて追い比べに持ち込めれば、キタサンブラックや、世界の強豪たちと戦って培ってきた経験や精神力も生きそう。連覇の可能性は十分だ。

    【宝塚記念】展開から浮上するのはこの馬だ

    「宝塚記念・G1」(24日、阪神)

     先週からBコースに変わり、高速馬場にさらに拍車がかかった。土曜の雨量次第とはいえ、今の阪神の馬場なら前が簡単に止まるようなことはない。

     サイモンラムセスが後続に脚を使わせる大逃げ。離れた2番手グループが内回りを意識して早めにスパートをかければ、ゴールまでペースは緩むことなく、最後はスタミナを問われる厳しい戦いが予想される。

     ある程度の道悪をこなし、前々で運ぶタイプが優位とみればパフォーマプロミスとワーザーが狙い目。自在に立ち回れるサトノダイヤモンドも当然有力な一頭。逆に外々を回らされる差し馬は割引が必要だ。



    競馬予想サイト レープロの無料予想が激アツなの知っているw

    rep


    これだけの無料コンテンツを誰でも無料・しかも匿名性の高いフリーメールで登録できます。

    競馬レープロへ行く



    函館SS予想|2018年|直前情報まとめ

    chokuzen

    ヤフーニュースより

    【函館スプリントS】傾向と対策

    過去10年(09年は札幌)の結果から傾向を探る。

     ☆人気 1番人気は【3・2・0・5】と5連対だが、近5年は7→11→14→6→4着と苦戦中。下位人気馬が浮上している。

     ☆性別 牡・セン馬【5・8・5・84】、牝馬【5・2・5・31】。出走数が少ない割には牝馬の健闘が目立つ。

     ☆年齢 3歳(今年出走なし)【3・2・2・17】、4歳【2・3・2・9】、5歳【3・1・2・39】、6歳【1・3・3・23】、7歳以上【1・1・1・27】。連対率は4歳馬が上回る。

     ☆枠 3枠3勝(2着3回)、2枠2勝(2着1回)。内枠が優勢。

     結論 ◎ジューヌエコール ○ナックビーナス ▲ティーハーフ 

    展開を読む【函館スプリントS=平均ペース】
      ワンスインナムーンがすんなりハナ。内枠のセイウンコウセイ、ダイアナヘイローが好位で、ライトフェアリーが外から並びかける。ペースは速すぎず平均的な流れ。ナックビーナスが先行勢の動きを見て早めに仕掛ける展開も。


    競馬予想サイト レープロの無料予想が激アツなの知っているw

    rep


    これだけの無料コンテンツを誰でも無料・しかも匿名性の高いフリーメールで登録できます。

    競馬レープロへ行く



    ユニコーンS予想|2018年|直前情報まとめ

    chokuzen

    ヤフーニュースより

    【ユニコーンS】傾向と対策

    過去10年の結果から傾向を探る。

     ☆人気 勝ち馬は全て3番人気以内と平穏。

     ☆前走 勝ち馬8頭までがオープンを走っていたが、伏竜S組は未勝利。500万Vからの連勝は1頭だけ。

     ☆血統 ゴールドアリュール産駒が近4年で3勝。

     結論 ◎グリム ○グレートタイム ▲ホウショウナウ

    展開を読む【ユニコーンS=平均ペース】
     セイウンクールガイがハナへ。グリム、ハーベストムーンが続いてその後ろにルヴァンスレーヴと、有力どころは前々で競馬。馬群は固まって直線勝負へ。先行勢の叩き合いに差して来るグレートタイムも加わり、ゴール前は激戦。


    競馬予想サイト レープロの無料予想が激アツなの知っているw

    rep


    これだけの無料コンテンツを誰でも無料・しかも匿名性の高いフリーメールで登録できます。

    競馬レープロへ行く



    このページのトップヘ