競馬予想@競馬総合情報

競馬予想@競馬総合情報!、競馬予想で的中ラッシュするためにいろいろな視点からを作成しています。競馬予想データ、競馬ニュース、競馬情報など

    新潟2歳S

    新潟2歳予想|2019年|直前情報まとめ

    chokuzen

    ヤフーニュースより
    【札幌記念】夕刊フジ・調教チェッカーズ 厳選3頭教えます


     21日の美浦Pコースで俊敏な動きを見せたのがタイムマシン。5歳1勝クラスの胸を借り、2馬身追走から4角で内から併せると、直線追われてラスト1F11秒8(5F68秒3)と鋭く伸びた。脚さばき、気合乗りともに申し分なく、夏場でも元気いっぱいだ。  
     
     シコウは同日の美浦坂路で抜群の動きを披露。激しく追われる内の5歳1勝クラスを尻目に馬なりで1馬身先着した。残り2Fを11秒7-12秒8でまとめつつ、4F51秒4はこの日の2歳馬で2番目に速いもの。スピードの質は非常に高い。  

     ペールエールは21日の栗東坂路で4F54秒9。時計は目立たないが、躍動感のある動きが目を引いた。1週前にCW6F83秒2をマークしており、調整過程に狂いはない。(夕刊フジ)

    展開を読む【新潟2歳S=平均ペース】

     ビッククインバイオがマイペースの逃げ。競りかける馬はおらず、ゆったりとした流れになる。4角で馬群がグッと一団に凝縮。

     後方待機ウーマンズハート、モーベットは大外へ。余力十分の先行勢も粘るがゴール前で大勢が一変する

    【新潟2歳S】傾向と対策

     過去10年の結果から傾向を探る。  

    ☆前走条件 連対20頭の内訳は新馬V13頭、未勝利V5頭、ダリア賞2頭。新馬勝ちが優勢も、最近は4年連続で未勝利組が連対。  

    ☆前走場所 新潟組が6勝2着4回で優勢。中京組が3勝2着1回、東京組が4連対で続く。左回りで結果を出してきた馬が有利。  ☆前走距離 7Fと8Fが5勝ずつで互角。6、9Fからの転戦は苦戦傾向。  

    ☆性別 牡馬が14連対とリード。牝馬は4勝を挙げているが、全て牡馬相手に勝利していた。  

    結論 ◎タイムマシン 〇ペールエール ▲エレナアヴァンティ


    競馬予想サイト レープロの無料予想が激アツなの知っているw

    rep


    これだけの無料コンテンツを誰でも無料・しかも匿名性の高いフリーメールで登録できます。

    競馬レープロへ行く



    新潟2歳S・・・このデータ見て何買う?



    プロフェッショナルズ

    最大で120万円にも及ぶオッズを含む特別なプランこそがファーストステージで御座います!!
    個人的には好きなのはこの馬券師

    popo



    新潟重賞騎手成績(過去10年)

    niigataj



    新潟競馬場芝1600m種牡馬成績

    mn


    北村宏司騎手・・・
    ロードカナロア産駒・・・







    だって・・・
    これ凄い良い無料コンテンツなんだよねwww
    利用しないのがもったいない。
    競馬予想レープロが激アツw

    rep



    新潟2歳S予想|2018年|予想オッズまとめ

    yosouodds



    無料の予想で
    競馬を勝ちたい・儲けたい
    そんな貴方さまにはUMAチャンネル

    充実の無料予想・・・
    umachs

    チャンピオンズカップでコパノリッキー買えたのはこのサイトのこの
    無料コンテンツのおかげ

     
    トラックマンS(栗東担当者)

    コパノリッキーが好調キープ出来ているようです。フェブラリーSの後リフレッシュされたことで走りがスムーズになりしっかり手前を変えて走れるようになったのがここ3戦の好走の原因のようです。前走も出遅れがなければ勝てていたかという競馬で、ここもうまく立ち回れば勝ち負けに加わってくるという感触です!!


    ヤフーニュースより
    【新潟2歳S】ジョディー「放牧を挟んで成長を感じる」


     【新潟2歳S(日曜=26日、新潟芝外1600メートル)注目馬最新情報:美浦】
     
     ジョディーの1週前追い切りは手応え劣勢も南ウッド6ハロン80・1―37・2―13・3秒で追走併入。負荷十分の内容で最後まで粘り強く走れていた。このひと追いで確実に上向きそう。

     
     戸田調教師「初戦はスピードの違いでハナを切ったが、余裕のある勝ち方。今は馬の後ろで我慢して直線で抜け出すイメージの調教をしている。放牧を挟んで体が10キロくらい増えたように成長を感じるね」

    【新潟2歳S予想|2018年|予想オッズまとめ】の続きを読む

    新潟2歳S予想|2017年|直前情報まとめ

    chokuzen

    ヤフーニュースより

    【新潟2歳S】傾向と対策

    過去10年の結果から傾向を探る。

     ☆人気 1番人気4勝。2番人気は3着2回のみで苦戦も、3、4番人気で5勝と1着は堅め。ただし2桁人気が2着6回とヒモ荒れに注意が必要だ。

     ☆実績 3着内24頭が新馬V。中でも東京で新馬Vの馬が3着内率57.1%と高い確率を誇る。距離も同22頭が1400メートル以上で勝利実績があった。

     ☆デビュー月 6月の新馬で3着内だった馬が09、11年を除いて8連対。

     結論 ◎ムスコローソ ○マイネルサイルーン ▲プレトリア


    展開を読む【新潟2歳S=スローペース】

    大外から出脚速くコーディエライトがハナへ。後続は脚をためながら淡々とした流れで続く。直線粘るコーディエ、ダンツセイケイ、抜け出しを図るフロンティアを追ってテンクウ、ムスコローソなどが一斉に伸びて大混戦の力勝負。



    いつも競馬でお世話になっています。
    なんでこれだけの情報を無料で見ることができるのか?
    本当に質が高い予想に感謝していますよ
    ベストレコード・・・
    無料でこれほど質の高い予想サイトはない。
    まずは誰でもできる無料登録から
    bestre

    新潟2歳S予想|2017年|調教・追い切りニュースまとめ

    choukyou


    勝馬の栞で今週も無料予想GET
    新潟2歳S注目馬はここで無料GETw
    http://horse-win.com/
    kachiuma


    ヤフーニュースより引用

    【新潟2歳S】手塚師自慢のムスコローソに不安なし!
      新潟2歳ステークスの追い切りが23日、東西のトレセンで行われた。美浦では、6月の東京の新馬戦を5馬身差で圧勝したムスコローソが力強い動きで好仕上がりをアピール。2カ月半ぶりとなるが、万全の態勢を整えた。同じく東京で勝ち上がったプレトリアは軽快なフットワークを披露。この2頭がサンケイスポーツ調教評価で最高ランクの『S』となった。

     夏らしい暑さが戻った美浦で熱のこもった3頭併せ。6月の東京新馬戦(芝1400メートル)で5馬身差の圧勝を飾ったムスコローソが、馬なりでWコース5ハロン66秒8、3ハロン38秒1-13秒0の好時計をマークして内、外の僚馬と併入。重賞取りへ万全の状態をアピールだ。

     「調教の感じは初戦を使う前より楽に動けるようになっている。はじめから大人びている馬だし、何も不安はないよ」

     手塚調教師の歯切れのいい言葉に、確かな手応えと自信が感じられる。

     3頭縦列の2頭目を折り合いよく進み、4コーナーで真ん中に進路を取って直線へ。内スターフィールド(2歳未勝利)、外アルタイル(古馬OP)とラスト1ハロンあたりで横並びになり、余力を十分に残したままフィニッシュした。2カ月半ぶりでも仕上げに抜かりはない。

     デビュー戦は戸崎騎手と臨み、5番手から力強い末脚で後続を突き放すワンサイドゲーム。「距離が1ハロン延びるけど、1600メートルももつだろうし、現時点でマイナスになると思わない。楽しみが多いですよ」とトレーナーは愛馬に信頼を寄せる。

     今回コンビを組む大野騎手も好感触を伝える。1週前追い切りで初コンタクト、今週も併せ馬の相手を務め、「素直で操縦性がいいし、スピードもパワーも脚力もある。総合点が高いですね。ストライドに窮屈さもないのでマイルでも大丈夫だと思います。いい馬が回ってきました」。自身のJRA400勝にあと1勝で、「早めに決めて気持ち良く重賞を迎えたい」と今週はメモリアルと重賞勝ちを決めるつもりだ。

     ムスコローソとはイタリア語で「マッチョな」の意味だ。490キロ台の馬体は馬名通りのたくましさ。さらに、父は同じ手塚厩舎の2歳王者アジアエクスプレスを出したヘニーヒューズで、母系はドゥラメンテやエアグルーヴと同じ一族。血統にも素質にも恵まれた逸材が、まずは新潟2歳王者のタイトルをいただく。
    【新潟2歳S】軽快プレトリア!余裕の半馬身先着12秒9

     東京の新馬戦(芝1400メートル)で大外一気の差し切りを決めたプレトリアが、Wコースで軽快な動きを披露。5ハロン67秒2、3ハロン37秒8-12秒9で、併せたランボシ(3歳未勝利)に馬なりで余裕の半馬身先着を果たした。

     「動きはまずまず良かったですね。テンションが高くなるところがあるので、落ち着いてレースに臨めれば」と騎乗した吉田隼騎手は課題を挙げつつも好感触を口にする。中川調教師は「新潟の外回りは条件が向きそうだし、距離も大丈夫」と胸を張った。

    【新潟2歳S】オーデットエール伸びて12秒5

     今回と同じ舞台で初陣を飾ったオーデットエールは、坂路でアドマイヤランディ(1600万下)と併せ馬。ゴール前で強めに追われて、4ハロン54秒5-12秒5で併入した。野見山助手は「しまいは伸びているし、思い通りの動き。体も前走と同じくらいで出られそう。乗りやすい馬で、エンジンがかかってからの脚がしっかりしていますね」と前向きに話した。
    【新潟2歳S予想|2017年|調教・追い切りニュースまとめ】の続きを読む

    このページのトップヘ