競馬予想@競馬総合情報

競馬予想@競馬総合情報!、競馬予想で的中ラッシュするためにいろいろな視点からを作成しています。競馬予想データ、競馬ニュース、競馬情報など

    クイーンS

    5

    クイーンS回顧|2016年|内枠を上手く活かした

     31日、札幌競馬場で行われたクイーンS(3歳上・牝・GIII・芝1800m)は、4番手でレースを進めた四位洋文騎手騎乗の9番人気マコトブリジャール(牝6、栗東・鮫島一歩厩舎)が、直線で脚を伸ばして、2番手追走から一旦は抜け出していた1番人気シャルール(牝4、栗東・松永幹夫厩舎)をゴール前で捕らえ、これにアタマ差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分47秒7(良)。

     さらに2.1/2馬身差の3着に11番人気ダンツキャンサー(牝5、栗東・谷潔厩舎)が入った。なお、2番人気ウインプリメーラ(牝6、栗東・大久保龍志厩舎)は8着、3番人気ロッテンマイヤー(牝3、栗東・池添学厩舎)は10着に終わった。

     勝ったマコトブリジャールは、父ストーミングホーム、母マコトコーラン、その父ブライアンズタイムという血統。15番人気で勝った前走の福島牝馬Sに続く重賞連勝となった。

    【勝ち馬プロフィール】
    ◆マコトブリジャール(牝6)
    騎手:四位洋文
    厩舎:栗東・鮫島一歩
    父:ストーミングホーム
    母:マコトコーラン
    母父:ブライアンズタイム
    馬主:ディアマント
    生産者:出口繁夫
    通算成績:28戦7勝(重賞2勝)
    主な勝ち鞍:2016年福島牝馬S(GIII)

     
    重賞2勝はともに人気薄。まあ覚えておいて良い馬。
    人気薄なら買いましょwwww


    毎週、競馬ファンならチェックしたほうが良いですね
    だって、美味しいかな…無料でチェックするのは
    だからここチェックしましょうwwww
    ギャロップジャパン


    【クイーンS回顧|2016年|内枠を上手く活かした】の続きを読む

    クイーンS予想|予想・追い切り|ネット評価まとめ

     クイーンS連覇を狙うメイショウスザンナは、札幌芝コースで5ハロン63秒7、3ハロン36秒4-12秒6をマーク。馬なりでペースを徐々に上げて最後まで集中力を保った走り。体調面に不安はなさそうだ。「火曜、水曜は少し硬さがあったが、けさは歩様もだいぶよくなっていた。(調教では)程よい負荷がかかっていて、集中できていた。7歳でクイーンSを勝った馬はいないので、いいところを見せてくれれば…」と矢野助手は期待を寄せる。

     
    クイーンS追い切り動画

     

     

    主な馬の調教タイム

    ウインプリメーラ
    7/27 札幌芝
    65.3-50.7-36.1-11.6

    シャルール
    7/27 函館Wやや
    66.5-52.6-39.4-13.0



    ここに注目
    無料コンテンツが熱い
    ベストレコードに期待

    bestre

    button3-4-u



     

     

     

    女に強い騎手とは?

     今年のオークス2着馬チェッキーノが登場。ここで古馬を下して秋に臨むことができるか。出走を予定している主な有力馬は以下の通り。

    ■7/31(日) クイーンS(3歳上・牝・GIII・札幌芝1800m)

     チェッキーノ(牝3、美浦・藤沢和雄厩舎)は今年のオークスで2着。シンハライトにクビ差敗れはしたが、大外から素晴らしい脚を見せた。今回は古馬との初対戦だが、このメンバーなら力は上と見てよく、52キロで出走できるのも圧倒的有利。ここをキッチリと制して、秋のGI制覇に向け弾みをつけたいところだ。

     リラヴァティ(牝5、栗東・石坂正厩舎)は1600万からの連勝でマーメイドSを制覇。早め先頭から粘りに粘って押し切っており、その先行力は今回の札幌でも十分に生きそう。半妹シンハライトのライバルを下しての重賞連勝なるか。

     その他、ヴィクトリアマイルでは惨敗もGII・GIIIでは崩れていないウインプリメーラ(牝6、栗東・大久保龍志厩舎)、51キロで出走できるロッテンマイヤー(牝3、栗東・池添学厩舎)、昨年の覇者メイショウスザンナ(牝7、栗東・高橋義忠厩舎)、福島牝馬Sを勝ったマコトブリジャール(牝6、栗東・鮫島一歩厩舎)、昨年2着のGI馬レッドリヴェール(牝5、栗東・須貝尚介厩舎)なども上位争いの圏内。発走は15時25分。

     
     

    競馬好きにはたまらない
    ここの無料コンテンツ読む応えマックス
    ギャロップジャパン


    【女に強い騎手とは?】の続きを読む

    5
    クイーンS予想|予想オッズ1番人気レッドリヴェール|ネット評価まとめ
     
    【クイーンS】レッドリヴェール、1年8ヶ月ぶりVへ臨戦態勢

     今週開幕する札幌競馬のメーンは「第63回クイーンS」。13年の2歳女王レッドリヴェールが久々の重賞Vを目指し、北の地に帰ってきた。

     調教場所の函館競馬場は札幌2歳S(札幌の改装工事で函館施行)を制した思い出の地。22日の1週前追いではその芝コースを5F65秒2~1F11秒9(いっぱい)で軽快に駆け抜けた。北村助手は「久しぶりに洋芝で乗ったが、肩ムチ程度で反応も良かった。札幌への輸送も見据え、当週はサラッとやれば大丈夫」と既に臨戦態勢は整っている。

     阪神JF以来、白星から見離されているが、常に第一線を歩んできた。3歳時は桜花賞2着。前走・ヴィクトリアマイル(4着)もも見せ場はつくり、存在感は示した。「前走も仕上がりは良かったが、展開が向かなかった。札幌2歳Sを勝った時は特殊な馬場(不良)だったけど、洋芝はこなしている。頑張ってほしい」と同助手。1年8カ月ぶりの白星で完全復活を見据えている。

     

    レッドリヴェールは

    阪神JFを勝利

    1着 レッドリヴェール 戸崎圭太

    2着 ハープスター 川田将雅

     

    札幌でも勝利ー札幌2歳S

    1着 レッドリヴェール 岩田康誠

     

    クイーンS予想オッズ

    1番人気 レッドリヴェール 3.6
    2番人気 ブランネージュ 4.8
    3番人気 フーラブライド 5.2
    4番人気 イリュミナンス 5.5
    5番人気 ノットフォーマル 9.5

     

    ツイッターの声

    【クイーンS予想|予想オッズ1番人気レッドリヴェール|ネット評価まとめ】の続きを読む

    このページのトップヘ