競馬予想@競馬総合情報

競馬予想@競馬総合情報!、競馬予想で的中ラッシュするためにいろいろな視点からを作成しています。競馬予想データ、競馬ニュース、競馬情報など

    函館2歳S

    函館2歳S予想|2017年|調教・追い切りニュースまとめ

    choukyou


    勝馬の栞で今週も無料予想GET
    函館2歳注目馬はここで無料GETw
    http://horse-win.com/
    kachiuma


    ヤフーニュースより引用

    【函館2歳S】プランタン伸びた!ラスト12秒8躍動感
    ナンヨープランタンは躍動感に満ちていた。Wコース単走で前半からグイグイと加速、ラストまでその脚色が鈍ることはなく12秒8でフィニッシュ。「結構やりました。元々、反応がいいけど、今日の動きはさらに伸びていくという感じ」と額田助手は胸を張る。

     「4月のトレセン入厩時からしっかりしていました。ゲート試験もすぐ受かったし、1頭で調教してもソワソワしない」と珍しいまでの優等生に重賞Vの期待は大きい。

     新馬戦で退けた相手2頭(カシアス、リンガラポップス)が2戦目で勝ち上がり、この函館2歳Sでも注目度を高めている。そこから寸法を測るだけでもナンヨープランタンの実力は推して知るべし。「開幕週の明らかに前有利な馬場で差し切りましたからね」と振り返る通り、末脚の鋭さと完成度の高さで函館2歳首席の座を狙う。
    【函館2歳S】カシアス、浜中満足「動きよかった」
    ◆函館2歳S追い切り(7月19日、函館競馬場)

     カシアスは函館競馬場のWコースを単走。終始馬なりのまま、5ハロン70秒8―13秒3と時計的には控えめな内容だったが、感触を確かめた浜中は満足げだった。「デビューして3戦目なので反応を見る程度だったが、イライラしていないし、動きは良かったと思う。テンションと疲れを確認したかったが、元気があり、落ち着きもあった」と振り返った。

     デビュー戦はタイム差なしの2着と惜敗したが、前走を3馬身半差で快勝。いずれも函館2歳Sと同じ舞台を走り、2戦目で短縮した持ち時計は、今回のメンバーではNO1だ。「新馬戦は、まだ馬体に余裕があった。2戦目は上手に走ったし、反応が良くなっていた。どういう競馬でもできるタイプ。センスと賢いところが一番の長所」。浜中は自信を持って、重賞に臨む。
    【函館2歳S】ナンヨープランタン ウッドラスト12・8秒「追ってからの反応は良かった」
    【函館2歳S(日曜=23日、函館芝1200メートル)注目馬19日最終追い切り:函館競馬場】新馬戦はスタートしてから行き脚があまりつかず後方からの競馬になったナンヨープランタンだが、エンジンがかかってからの伸び脚は上々。次走で楽勝したカシアス、リンガラポップスを一気に捕らえて開催ナンバーワンの呼び声さえある。

     この日はウッドで単走。ラストは強めに追われて1ハロン12・8秒。実戦経験の効果は絶大で道中の行きっぷりが良くなった(5ハロン69・4―40・2秒)。

     額田助手「ある程度の負荷をかけたかったので前半から速いラップを刻んだ。追ってからの反応は良かったです。使ったことでもう少しいい位置で運べるはず」
    【函館2歳S予想|2017年|調教・追い切りニュースまとめ】の続きを読む

    函館2歳S|2017年|予想オッズまとめ

    yosouodds

    競馬で勝ちたい・儲けたい
    そんな貴方様に・・・競馬劇場
    無料コンテンツ4つは完全オリジナル
    そんな無料コンテンツが見れる
    競馬劇場が熱い
    keibakaigi


    ヤフーニュースより

    『中京記念】レース展望
    6月17日から行われてきた函館競馬は今週でフィナーレを迎える。日曜メインは現2歳世代でJRA最初の重賞レースとなる函館2歳S(23日、GIII、芝1200メートル)が行われる。この時期の2歳の6ハロンの重賞勝ち馬は早熟なイメージがあるが、過去10年の1、2着馬を見ると、2008年1着フィフスペトル(京成杯AH1着、マイルCS2着、朝日杯FS2着)、11年2着アイムユアーズ(クイーンS連覇、ファンタジーS、フィリーズレビュー1着、阪神JF2着)、14年1着アクティブミノル(セントウルS1着)、15年1着ブランボヌール(キーンランドC1着)、16年2着モンドキャンノ(京王杯2歳S1着、朝日杯FS2着)とその後も活躍している馬が多い。今年はどの馬が2歳重賞初勝利を挙げるのか、大いに注目される。

     カシアス(栗東・清水久詞厩舎、牡)は初戦(函館芝1200メートル)は逃げて2着に敗れたが、同じ舞台だった続く未勝利戦を好位から楽に抜け出して圧勝。タイム1分9秒4(良)は初戦から0秒4短縮し、今回のメンバーの中では一番速い。引き続き函館競馬場で調整され、12日のWコースでの1週前追い切りでも軽快な脚さばきを披露。いい状態で出走できそうだ。

     ナンヨープランタン(栗東・松永幹夫厩舎、牡)はデビュー戦でカシアスを頭差で退けて勝ち上がった。ルーラーシップ産駒の割に難しい面がなく、素直な気性がセールスポイントだ。同じ初戦で3着だったリンガラポップスも2戦目を逃げて快勝しており、この馬の素質の高さがレベルの高さが分かる。好勝負必至だろう。

     芝1200メートルの勝ちタイム2位となる1分9秒7をマークしているのがパッセ(美浦・蛯名利弘厩舎、牝)、アリア(栗東・沖芳夫厩舎、牝)、ダンツクレイオー(栗東・本田優厩舎、牝)の3頭で、いずれも注意が必要だ。パッセは福島からの転戦になるが、勝ち方には余裕があっただけに、注意しておきたい。また、ダンツクレイオーの池添謙一騎手はレース当日が38歳の誕生日。バースデーVも十分にありそうだ。

     モルトアレグロ(美浦・武井亮厩舎、牝)はダート1000メートル戦でV。余力残しで勝っているので、ひと叩きした上積みは十分に見込める。12日の1週前追いは函館芝で5ハロン64秒0をマーク。パワーがあるので洋芝にも不安はなく、1ハロンの距離延長も問題はない。芝デビュー組をまとめて負かすだけの能力はある。吉田隼人騎手は函館開催のリーディングがかかっているだけに、注目したい。

     芝1000メートル戦で出負けしながら巻き返して勝ち、今年の函館一番星に輝いたのがベイビーキャズ(美浦・矢野英一厩舎、牡)。今回はクリストフ・ルメール騎手とのコンビで出走するだけに、陣営の意気込みが伝わってくる。

     地元馬主(河内孝夫氏)で注目が集まるキタノユウキ(美浦・相沢郁厩舎、牡)は、芝1000メートルの新馬戦で逃げ切り勝ち。同型馬との兼ね合いが鍵になるが、今回は函館記念をルミナスウォリアーで制して勢いに乗る柴山雄一騎手とコンビを組む点が強調材料になる。

     ホッカイドウ競馬からはヤマノファイト(道営・村上正和厩舎、牡)が参戦。通算4戦2勝、2着1回、3着1回と安定している。函館2歳Sで道営馬は1999年エンゼルカロ、2005年モエレジーニアス、07年ハートオブクィーンと3勝。この3頭はいずれも芝のラベンダー賞を勝っていたのに対し、ヤマノファイトはダートしか経験がなく、血統的にもエスポワールシチー×フォーティナイナーとダート向きだが、道営馬特有の仕上がりの早さとキャリアの豊かさで一発を狙う。

     新種牡馬ストロングリターン産駒のジェッシージェニー(栗東・牧浦充徳厩舎、牝)、2戦目でレースぶりが良化したリンガラポップス(栗東・西園正都厩舎、牡)も争覇圏内だ。続々と勝ち上がっている新種牡馬ロードカナロア産駒のスズカマンサク(栗東・橋田満厩舎、牝)も出走予定。今週から短期免許で騎乗するカリス・ティータン騎手の手綱さばきに期待が集まる。
    【函館2歳S|2017年|予想オッズまとめ】の続きを読む

    5
    函館2歳S予想|調教・追い切り|ネット評価まとめ

    ◆第48回函館2歳S・G3(24日・函館、芝1200メートル)

     2歳世代最初のJRA重賞、第48回函館2歳S・G3(24日、函館)は、新馬勝ちから連闘で臨むポッドジーニーが一気の重賞Vへ意欲満々だ。

     予定通りの連闘策でポッドジーニーが、初タイトルを狙っている。16日の初戦は、8頭立ての大外枠から内を見ながら先頭へ。マイペースに持ち込み、直線で軽く仕掛けただけで後続を突き放し、最後は流す余裕を見せて2着に2馬身差をつけて初戦を飾った。

     青写真通りとはいえ、連闘での重賞挑戦。が、タッグを組む松岡に不安はない。「前回はステッキを一回も使っていないし、内容は文句なし。気が入っている部分はあるけど、使ってピリッとした印象。体も2キロくらいしか減っていないようだし、疲れもない」。馬場入りを再開した20日から2日連続で調教に乗って好感触をつかんでいる。

     初戦は逃げ切りだったが、ハナにこだわる必要はなさそうだと、松岡はいう。「馬が隣にいた方が安心して走れるので、むしろ番手とかの方が良さそう。センスがいいので位置を取るのも楽。時計も詰められそうな感じがあったし、十分やれると思う。楽しみ」。世代最初の重賞ウィナーへ気合十分だ。(上倉 健)

     

    函館2歳S-調教・追い切り動画

     




    主な馬の調教タイム


    メローブリーズ

    7/20 函館芝良

    68.1-52.2-38.2-12.1



    モンドキャンノ

    7/23 函館W良

    45.6-13.6

     

     

     


    私はいつも参考にしています。
    無料コンテンツだけで充分すぎ
    ギャロップジャパン
    ここの予想で相当お世話になっています。


    gpj


    ■女流馬券師 近藤麻衣

    (中京4R)サラ3歳未勝利
    【買い目(本線)】

    ≪3連単2頭軸マルチ≫
    10・17⇔1・2・3・5・9
    【30通り】

    ----------------------

    【買い目(おさえ)】
    ≪3連単2頭軸マルチ≫

    10・2⇔1・3・5・9
    【24通り】
    ・結果
    110.3倍 2-10-9【的中】


    7月24日(日)
    函館10R 松前特別
    鉄板 ミッキーロケット
    父 キングカメハメハ 母 マネーキャントバイミーラヴ
    ■2.2倍~2.8倍
    ミッキーロケットの前走は約3か月ぶりの実戦。

    それでも好位追走から楽々抜け出し2着馬に0.3秒差をつける快勝。

    重賞でも好勝負してきただけあり500万クラスでは力が違った印象。

    叩き2走目で1000万クラスなら順当に突破と見て問題ない。



    ↑↑
    このようなものをチェックしたい人は

    button3-4-u


    5
    函館2歳S予想|2016年バンドオンザラン|近年不振の道営馬の活躍なるな?

     地方の1番星が、中央のターフに新たな歴史を刻む。ホッカイドウ競馬の“出世レース”栄冠賞を制したバンドオンザラン(牡2、角川)が、今年最初のJRA2歳重賞、函館2歳S(G3、芝1200メートル、24日)に出走する。

     全国で最も早く行われた4月20日の新馬戦を快勝し、通算3戦2勝、2着1回。毎年、2歳戦で勝ち星を量産する角川秀樹師は「またがった時からほかの馬とは背中が違っていた。まだ、若い面はあるけどオンとオフの切り替えが上手」と笑顔を見せる。

     新種牡馬スズカコーズウェイ(種付け料20万円)の初年度血統登録頭数は7頭。うち同馬を含め3頭が角川厩舎で19日までにデビューし、すべてJRA認定競走を勝ち上がっている。スズカの生産者でもあるグランド牧場の伊藤佳幸代表は「ここ3年10頭前後だったけど、今年は61頭と交配したんです。堂々として立ち居振る舞いまで変わってきた。(昨年急死した生産馬で種牡馬の)スズカマンボの分まで頑張ってほしい」と期待を寄せる。

     グランド牧場&角川厩舎のタッグは、昨年の同レースでタイニーダンサーが4着。角川師は「血統的にもこちらの方が向いていると思う」と話し、伊藤代表は「人気はないようだけど、何とかいい競馬をして来年のクラシックにつながっていくといいよね」と夢を膨らませた。【奥村晶治】

     
     
    栄冠賞-2016年




    これは強かったwwwww


    近年不振の道営馬。
    過去10年馬券になっていたのが1頭
    ハートオブクィーンだけなので・・・
    果たしてwwwww
     




    函館2歳S2016年・・・
    難解なレースですよねwwwww
    そんなレースの予想の参考になりそうな予想が
    ギャロップジャパン
    無料会員になって予想をゲットしましょう

    ■モンドキャンノ

    新馬戦で高いポテンシャルを見せつけたモンドキャンノ。
    新馬戦前の調教では各上馬をアオる好調教を見せレースでも余裕の好位追走からステッキ一発で快勝。
    勝ち時計の1分9秒4はレコードとコンマ1秒差なら能力は相当なもの。
    能力の違いでここは押し切れる。


    ■ドゥモワゼル

    新馬戦こそモンドキャンノに力の違いを見せつけられたが続く未勝利戦では4馬身差の快勝を見せたドゥモワゼル。
    出遅れて末脚勝負に決め込むと最後は2着に0.7秒差。
    初戦はハナを奪う厳しい競馬だったがこれが本来の能力だろう。
    モンドキャンノとは再戦となるが末脚が生きる展開になれば黙ってはいないはず。
    スタート五分なら逆転も。


    ■ロイヤルメジャー

    430キロ前後と小柄牝馬のロイヤルメジャー。
    しかしデビュー戦では馬場状態が悪いながらも楽に先手を取りそのまま危なげなく押し切って見せた。
    時計こそ馬場の影響がありそこまで目立たなかったが2着に2馬身半、そこから更に3着には2馬身半だからこちらも能力では引けはとらない。
    一度使った上積みも大きく前進は必至。牡馬相手でも好勝負できるはず。


    ■ザベストエバー

    今年の新馬勝ち第一号のザベストエバー。
    1000mだったが逃げ切り0.2秒差をつけての快勝。
    トビの大きな走法だけに1F延長はプラスに出そう。
    中間も順調そのもので陣営側も「シャープな脚捌きで駆け抜けた。良いデキで挑める。」と仕上がりに関しては問題なし。
    このデキなら好勝負できてもおかしくはない。


    ■バリンジャー

    バリンジャーは福島で新馬勝ちを収めての函館転戦。
    デビュー戦では馬群にひるまない勝負根性。
    最後は抑える余裕すら見せ0.4秒差の快勝。
    レースぶりからも能力は高く、回転の速い脚捌きからも短い距離は得意なはず。
    迎え撃つ函館組から見ても危険な相手。首位争いしてきても不思議ではない。


    button3-4-u






    5

    函館2歳S予想|調教・追い切り|ネット評価まとめ

     

    今週はここに函館2歳Sに期待
    トライキャスト無料予想

    torai1


    ブランボヌール5馬身千切った 

    <函館2歳S:追い切り>



     世代最初の重賞、函館2歳S(G3、芝1200メートル、26日)に向けた追い切りが22日、函館競馬場で行われ、ディープインパクト産駒ブランボヌール(牝、中竹)が、万全をアピールした。ウッドコースでブリヤン(3歳未勝利)と併せ、馬なりのまま5馬身ぶっちぎり。産駒6世代目にしてJRA全10場重賞制覇に王手をかける父に、同レース産駒初出走で一発回答で応えてみせる。

     ブランボヌールが躍動した。追い切りはウッドコースでブリヤンを5馬身先行させスタート。小柄な牝馬だが気迫の走りで3角で馬体を併せるとじりじりとプレッシャーをかける。直線では強めに追われる相手を尻目に、軽く促しただけで一気に5馬身突き抜けた。時計は5ハロン68秒5、ラスト1ハロン13秒0だったが、数字以上に強烈デモだった。中竹和也師(50)は「馬なりだったが、満足いく動き。順調ですね」と納得の笑顔を見せた。

     競馬界の七不思議に終止符を打ち、新たな時代を告げる。父ディープインパクトは産駒6世代目にしてG1・25勝(うち障害1勝)を挙げる怪物サイアーだが、同レースに産駒を送るのは意外にもこれが初めて。トレーナーも「えっ? そうなの」と驚くが、VならJRA全10場重賞制覇となり、サンデーサイレンスと並ぶ最速での達成とまた1つ勲章が加わる。

     新馬勝ちが、父の大記録を後押しするだけの好内容だった。スタートダッシュこそつかなかったものの、好位4番手を追走し、直線では馬群を割ってメジェルダとのたたき合いを首差制した。2歳離れした強心臓に、師も「根性がある。厩舎で普段は寝ているくらい。メンタル面では注文がない」と絶賛する。

     母は同じく函館で新馬勝ちして挑戦したが、6着に敗れた。函館リーディングトップ(19勝)をひた走る岩田康誠騎手(41)を背に母の雪辱も期す。トレーナーは「母と違いどっしりしている」。孝行娘が“両親”に記録ずくめの勝利を届ける。【松末守司】

     
    サンスポ予想王
    函館2歳S

    函館2歳S

     

    主な馬の調教タイム

    ブランボヌール

    7・22 函館W良

    68.5-53.3-40.3-13.0

     

    オデュッセウス

    7・22 函館W良

    68.3-53.7ー40.0ー12.7

     

    ツイッターの声 

    【函館2歳S予想|調教・追い切り|ネット評価まとめ】の続きを読む

    このページのトップヘ