競馬予想@競馬総合情報

競馬予想@競馬総合情報!、競馬予想で的中ラッシュするためにいろいろな視点からを作成しています。競馬予想データ、競馬ニュース、競馬情報など

    函館2歳S

    【能力値ランキング】7月18日函館11レース(函館2歳S)


    nouryokuchi


    管理人の最近の的中報告
    7月5日
    hakodate11

    7月4日
    hakodate9


    函館2歳S

    1位 フォドラ
    2位 レディステディゴー
    3位 ラジアントエンティ
    4位 ルーチェドーロ
    5位 ラヴケリー



    最近の無料コンテンツで優秀なサイト
    ユニコーン

    yunikon2020









    「種牡馬・血統」函館2歳Sの血統評価



    chi




    血統はここのサイトチェック」-無料血統サイト(血統シックス)
    kettou61



    最近の中央重賞
    ラジオNIKKEI賞

    rajionikkei1

    CBC賞

    cbc1


    函館2歳S血統分析
    1) 過去5年の函館2歳Sの血統

    hakodate2s20201


    2回以上馬券になっているのは
    キンシャサノキセキ産駒
    17年 カシアス
    16年 モンドキャンノ

    ダイワメジャー産駒
    17年 アリア
    15年 メジャータイフーン
    15年 ヒルダ



    2)函館競馬場芝1200m登録馬別
    hakodate2s20202



    注目
    ロードカナロア産駒
    トゥザワールド産駒





    血統ファンなら一度見てみたい!!
    血統シックス

    kettou62

    函館2歳S予想|2020年|1番人気成績|予想オッズまとめ

    yosouodds


    G1成績

    フェブラリーステークス

    baken3



    大阪杯
    oosakahai2
    oosakahai1


    天皇賞(春)
    tenharu1
    tenharu2


    NHKマイルC
    nhkm2
    nhkm1
    nhkm3

    ヴィクトリアマイル
    viku


    宝塚記念
    takaraduka2


    函館2歳S1番人気結果

    2019年 レッドヴェイパー 5着

    2018年 ナンヨーイザヨイ 9着

    2017年 カシアス 1着

    2016年 モンドキャンノ 2着

    2015年 ブランボヌール 1着

    2014年 マイネルエスパス 5着

    2013年 クリスマス 1着

    2012年 アットウィル 5着

    2011年 コスモメガトロン 4着

    2010年 マイネショコラーデ 2着



    1番人気は3勝。。。


    「結果」
    3-2-0-1-3-1/10(30%-50%)



    アルケミスト
    akia

    「期間限定これ激アツだよね」まあ見逃し厳禁です。
    無料コンテンツだけで儲けられる。





    ヤフーニュースより
    【函館2歳S展望】モンファボリ一番星だ


     
     「函館2歳S・G3」(18日、函館)  

     2歳世代最初のJRA重賞。12年から函館開催のスタート時期が早まり、3週繰り上がって行われている。直近10年の連対馬20頭中19頭が、同じ函館からの臨戦過程。他場からの参戦は分が悪く、割り引きが必要だ。また、ステップ別では昨年こそ未勝利組のビアンフェが勝利したが、新馬V組が8勝、2着6回、3着8回と断然だ。  

     主役はフランケル産駒のモンファボリ。新馬戦は抜群のスタートでハナを奪い、直線ではリードを広げて5馬身差でゴール。1分8秒7の2歳コースレコードで初陣を飾った。2着馬が既に未勝利戦を勝ち上がっており、レベルも高い。412キロと体は小さいものの、速力は一枚上。世代初の重賞ウイナーの座に最も近い存在だ。  

     連闘策で挑むカイザーノヴァにも注目。新馬戦は中団追走から、直線で外へ持ち出すと、一気の加速で2着馬を並ぶ間もなくかわした。新種牡馬モーリス産駒はJRA22戦目で待望の初勝利。レース後、参戦を表明したが、勝算があっての決断だろう。母は09年覇者ステラリード。母子制覇を成し遂げるか。  

     初戦はモンファボリの2着に敗れたものの、2戦目で順当に勝利を手にしたホーキーポーキー。ロケットスタートを決めて、ハナに立つと、マイペースの逃げ。ゴール前で詰め寄られたが、遊びながら走っている感じで着差以上に余裕があった。V争いを狙える位置にいる。  父ロードカナロア譲りのスピードを見せつけて新馬Vを飾ったフォドラ。斤量増が鍵になるが、牝馬の活躍が目につくだけにマークは外せない。新馬戦を逃げ切ったディープエコロジーにも注目したい。

    函館2歳S動画【2019年】



    函館2歳Sー2019年結果 

    1着 ビアンフェ 藤岡佑介
    2着 タイセイビジョン ルメール
    3着 プリンスリターン 原田和真
     
    函館2歳S-予想(人気)

    1番人気 モノファポリ
    2番人気 ルーチェドーロ
    3番人気 カイザーノヴァ
    4番人気 ホーキーポーキー
    5番人気 ラヴケリー


    函館2歳Sの無料情報はここをチェック!!
    誰でも無料チェックできますので
    見逃し必至!!-うまスタ

    hakodate2s





    函館2歳S予想|2018年|予想オッズまとめ

    yosouodds



    無料の予想で
    競馬を勝ちたい・儲けたい
    そんな貴方さまにはUMAチャンネル

    充実の無料予想・・・
    umachs

    チャンピオンズカップでコパノリッキー買えたのはこのサイトのこの
    無料コンテンツのおかげ

     
    トラックマンS(栗東担当者)

    コパノリッキーが好調キープ出来ているようです。フェブラリーSの後リフレッシュされたことで走りがスムーズになりしっかり手前を変えて走れるようになったのがここ3戦の好走の原因のようです。前走も出遅れがなければ勝てていたかという競馬で、ここもうまく立ち回れば勝ち負けに加わってくるという感触です!!


    ヤフーニュースより
    【新馬勝ち2歳総点検・函館】アフランシール 大舞台で活躍の可能性も

    【新馬勝ち2歳総点検・函館】

    ★日曜(15日)芝1800メートル=ハーツクライ産駒の牝馬アフランシールが制した。

     1コーナーで人気馬2頭の真ん中に入ると、いったんは控えて4番手の位置。直線で競り合う2頭を外からかわすと、ゴール前は抑える余裕で2着馬に2馬身差をつける完勝。

     母ルシュクルは函館で新馬勝ち、姉ブランボヌールは函館2歳S勝利。血脈に流れる洋芝適性の高さを生かした格好だが、母姉が短距離で活躍という戦績の中、千八の距離での新馬勝ちは価値が高い。

     小回り向きの機動力に、今後父から受け継ぐ成長力が加わるようなことがあれば、大舞台での活躍が期待される。

    ★土曜(14日)芝1200メートル=2着に5馬身差をつけたジゴロの勝ちっぷりが上々だった。

    【函館2歳S予想|2018年|予想オッズまとめ】の続きを読む

    函館2歳S予想|2017年|調教・追い切りニュースまとめ

    choukyou


    勝馬の栞で今週も無料予想GET
    函館2歳注目馬はここで無料GETw
    http://horse-win.com/
    kachiuma


    ヤフーニュースより引用

    【函館2歳S】プランタン伸びた!ラスト12秒8躍動感
    ナンヨープランタンは躍動感に満ちていた。Wコース単走で前半からグイグイと加速、ラストまでその脚色が鈍ることはなく12秒8でフィニッシュ。「結構やりました。元々、反応がいいけど、今日の動きはさらに伸びていくという感じ」と額田助手は胸を張る。

     「4月のトレセン入厩時からしっかりしていました。ゲート試験もすぐ受かったし、1頭で調教してもソワソワしない」と珍しいまでの優等生に重賞Vの期待は大きい。

     新馬戦で退けた相手2頭(カシアス、リンガラポップス)が2戦目で勝ち上がり、この函館2歳Sでも注目度を高めている。そこから寸法を測るだけでもナンヨープランタンの実力は推して知るべし。「開幕週の明らかに前有利な馬場で差し切りましたからね」と振り返る通り、末脚の鋭さと完成度の高さで函館2歳首席の座を狙う。
    【函館2歳S】カシアス、浜中満足「動きよかった」
    ◆函館2歳S追い切り(7月19日、函館競馬場)

     カシアスは函館競馬場のWコースを単走。終始馬なりのまま、5ハロン70秒8―13秒3と時計的には控えめな内容だったが、感触を確かめた浜中は満足げだった。「デビューして3戦目なので反応を見る程度だったが、イライラしていないし、動きは良かったと思う。テンションと疲れを確認したかったが、元気があり、落ち着きもあった」と振り返った。

     デビュー戦はタイム差なしの2着と惜敗したが、前走を3馬身半差で快勝。いずれも函館2歳Sと同じ舞台を走り、2戦目で短縮した持ち時計は、今回のメンバーではNO1だ。「新馬戦は、まだ馬体に余裕があった。2戦目は上手に走ったし、反応が良くなっていた。どういう競馬でもできるタイプ。センスと賢いところが一番の長所」。浜中は自信を持って、重賞に臨む。
    【函館2歳S】ナンヨープランタン ウッドラスト12・8秒「追ってからの反応は良かった」
    【函館2歳S(日曜=23日、函館芝1200メートル)注目馬19日最終追い切り:函館競馬場】新馬戦はスタートしてから行き脚があまりつかず後方からの競馬になったナンヨープランタンだが、エンジンがかかってからの伸び脚は上々。次走で楽勝したカシアス、リンガラポップスを一気に捕らえて開催ナンバーワンの呼び声さえある。

     この日はウッドで単走。ラストは強めに追われて1ハロン12・8秒。実戦経験の効果は絶大で道中の行きっぷりが良くなった(5ハロン69・4―40・2秒)。

     額田助手「ある程度の負荷をかけたかったので前半から速いラップを刻んだ。追ってからの反応は良かったです。使ったことでもう少しいい位置で運べるはず」
    【函館2歳S予想|2017年|調教・追い切りニュースまとめ】の続きを読む

    このページのトップヘ