競馬予想@競馬総合情報

競馬予想@競馬総合情報!、競馬予想で的中ラッシュするためにいろいろな視点からを作成しています。競馬予想データ、競馬ニュース、競馬情報など

    プロキオンS

    プロキオンS予想|2017年|直前情報まとめ


    chokuzen

    ヤフーニュースより

    【プロキオンS】傾向と対策
    中京施行での過去5年の結果から傾向を探る。

     ☆人気 1番人気は【2・0・2・1】とほぼ馬券に絡んでいるが、12年は12番人気トシキャンディの激走があり伏兵にも注意。

     ☆前走 連対馬10頭は全て4月以降にレースを使っていた。3着以内の15頭中12頭は前走オープンで1~3着に好走(地方重賞含む)。

     ☆負担重量 15年は59キロのベストウォーリアが優勝したが、2勝、2着3回、3着5回と安定している56キロが怖い。

     結論 ◎キングズガード ○アキトクレッセント ▲カフジテイク
    展開を読む【七夕賞=平均ペース】
    快速マルターズアポジーの単騎逃げ。2番手以下を離し、ペースはそこまで落ち着かない。ヴォージュ、マイネルフロストが好位、中団~後方にゼーヴィント、スズカデヴィアス。直線は粘り強い前方組と瞬発力を備える後方勢の激戦に。

    日曜福島の危険な人気馬

    【中京11R・カフジテイク】フェブラリーS3着が示すように実績はナンバー1。ただ、中京はチャンピオンC4着があるとはいえ、4戦して(0112)と勝ち鞍のないのが不満だ。なかでも7着と掲示板を外したのが昨年のこのプロキオンS。その前後を勝っており、出来が悪いわけではなかった。コースが合わないと判断したい。



    いつも競馬でお世話になっています。
    なんでこれだけの情報を無料で見ることができるのか?
    本当に質が高い予想に感謝していますよ
    ベストレコード・・・
    無料でこれほど質の高い予想サイトはない。
    まずは誰でもできる無料登録から
    bestre

    プロキオンS予想|2017年|調教・追い切りニュースまとめ

    choukyou


    勝馬の栞で今週も無料予想GET
    プロキオンS注目馬はここで無料GETw
    http://horse-win.com/
    kachiuma


    ヤフーニュースより引用

    【プロキオンS】ミノル激変!抜群の動き11秒6
    兵庫No・1馬トウケイタイガーが「第22回プロキオンS」でJRA勢へ襲いかかる。中央在籍時は1000万クラスの条件馬だったが、昨秋に園田の住吉朝厩舎へと移籍。センスの良さと、陣営の懸命な調整によりぐんぐん力を付けた。今年5月には交流重賞の名古屋・かきつばた記念で快速を発揮し、4馬身差をつけての逃げ切りV。前走後はここを目標に調整された。今週の火曜日に最終追い切りを消化し、その後もすこぶる順調。好気配を漂わせ、管理する住吉朝師も満足顔を浮かべる。

     「追い切りは時計的にも満足していますし、動きも悪くなかったですね。いい仕上がりになっています。追い切った後も順調です」

     今回は重量の57キロに加えて、強力なメンバーがそろった。「この馬らしいレースをして、どこまでやれるかですね。楽しみ」と同師。やれることは全てやってきた。JRAの強豪馬相手に逃走劇でアッと言わせる。
    ウォータールルド乗り込んで楽しみ/プロキオンS
    9歳馬ウォータールルド(牡、岡田)が元気だ。出走馬で唯一、木曜に追い切られ、坂路4ハロン54秒6-12秒4でリリックドラマ(3歳未勝利)に首差先着。

     岡田師は「乗り込めているので、これで十分。年のせいか、使った後の戻りが遅くなっているので、間隔が空いた方がいいのかも。まだ気も若い」とひそかな期待を寄せる。
    【プロキオンS】カフジテイク、2つ目重賞へテイクOFF!
    プロキオンSの追い切りが5日、東西トレセンで行われた。栗東では、ドバイ遠征帰りのカフジテイクが坂路でパワフルな走り。3カ月半ぶりでも態勢が整っていることをアピールした。アキトクレッセントはCWコースで、6ハロン78秒6の一番時計を出し、サンケイスポーツ調教評価の『S』となった。

     ドバイ遠征帰りでも不安はない。3カ月半ぶりの実戦を迎えるカフジテイクが、ハードな併せ馬で好気配をアピール。1月の根岸Sに次ぐ、重賞制覇が見えてきた。

     「予定よりも時計が速くなったけど、無理したわけじゃないから。息遣いはいいし、元気もいいからね」

     背中の感触は休養前と変わらない。福永騎手が気配のよさに自信の表情を見せた。

     サカジロテンオー(500万下)を6、7馬身ぐらい追走。序盤は差が大きかったが、直線に入った時点では2馬身ほど。その後、ゴーサインにきっちりと反応して馬体を併せてゴール。ラスト1ハロンは13秒1と時計を要したが、全体のタイムが4ハロン51秒5なら合格点といえる。

     海外遠征帰りは調整が難しいとされるが、しっかりと放牧で休養。「余裕のあるなかでの動きだったからね。疲れている感じはないよ」とジョッキーに不安はない。

     デビュー以来、最高となる490キロ台での出走になるかもしれないが、湯窪調教師は「体がちょっと大きくなって成長している感じがしますね」と説明。疲れどころか、たくましさを増している感じだ。

     “芝並み”の切れが自慢で、2月のフェブラリーSでは、メンバー最速の上がり(3ハロン34秒9)を駆使して3着。5着に敗れたドバイのゴドルフィンマイルでも、前残りの流れのなかでゴールまで脚を使っていた。

     「体調はいいですよ。あとは展開だけ」とトレーナーがいえば、ジョッキーも「ペースが流れてほしいけど、決め手が違うからスローペースになったとしても間に合うんじゃないかな」と、末脚に絶対の自信を抱く。次の目標はマイルCS南部杯(10月9日、盛岡、交流GI、ダ1600メートル)。好結果を残して夏を越したいところだ。
    【プロキオンS予想|2017年|調教・追い切りニュースまとめ】の続きを読む

    プロキオンS|2017年|予想オッズまとめ

    yosouodds

    競馬で勝ちたい・儲けたい
    そんな貴方様に・・・競馬劇場
    無料コンテンツ4つは完全オリジナル
    そんな無料コンテンツが見れる
    競馬劇場が熱い
    keibakaigi


    ヤフーニュースより

    『プロキオンS】レース展望
      夏の中京2週目のメインは、ダートの実力馬が集結したプロキオンステークス(9日、GIII、ダ1400メートル)。実績上位馬は差し、追い込み脚質が多く、先行脚質の関東馬ベストマッチョが展開面から注目される。再昇級の形となるが、左回りのダート7ハロンはベストの条件。手塚厩舎もラジオNIKKEI賞に続く2週連続重賞Vを狙う。

     確かな成長を遂げ、再び重賞の舞台へ。オープン再昇級を果たしたベストマッチョが、尾張のダート重賞を取りにいく。

     火曜朝は南Aコース2周の調整。仕上がりの良さに、大村助手は笑みを浮かべた。

     「とにかく順調にきています。状態はいいですよ」

     重賞初挑戦となった根岸Sは12着に大敗。強豪相手で、外枠(15)番から外を回らされる厳しい展開も響いたが、レース直後に手塚調教師は「きょうは力負け。仕切り直します」とすぐさま前を向いた。その後はオープン特別2戦で2、7着に敗れたが、降級初戦の前走、麦秋Sを快勝。先手を奪うと、直線は後続を待って追い出される余裕たっぷりの逃げ切りだった。

     敗戦を糧に、成長は著しい。「3走前の後にリフレッシュ放牧をして、すごく良くなった」と同助手。両前脚に蹄鉄を打てず、接着装蹄で対応しているが、そのぶん以前から調整に苦労していた。それも「最近は蹄の問題もなくなって、調教の動きも良くなっている」。経験値と馬自身の良化がかみ合ってきた。

     中京コースは初めてだが、左回りの東京ダ1400メートルで【4・1・0・1】だけに条件は合う。また、これまで逃げた2戦は1勝2着1回。4コーナー4番手以内なら【5・2・0・0】と、先行すればめっぽう強い。先週、9レース中5レースで逃げ切りが決まった中京ダートは、持ち前のスピードが生きる舞台だ。しかも、今回はカフジテイクなど有力馬の多くが差し馬。「展開は向きそう。軽い走りをするので、脚抜きが良くなればなおいい」と色気を持つ。

     「精神的に弱いところがあるので、一線級相手だとどうかだけど、たくましくなっていると信じている。能力は高い。どれだけやってくれるか楽しみ」と大村助手は期待を込める。手塚厩舎としては、セダブリランテスが先週のラジオNIKKEI賞を制し、3歳世代の新星に躍り出た。進化を遂げたベストマッチョも、ここで飛躍への足がかりをつかむ。
    【プロキオンS|2017年|予想オッズまとめ】の続きを読む

    5
    プロキオンS|2016年回顧|やっぱりデムーロ

    プロキオンS|1着ノボバカラ。「本当に良い馬」

    ◆第21回プロキオンS・G3(10日・ダート1400メートル、中京競馬場、稍重)

     1番人気のノボバカラ(Mデムーロ)が、4角2番手から直線で抜け出した。重賞勝ちは、5月のかきつばた記念・交流G3(名古屋)以来で、JRA重賞は初勝利。2着は3番人気のニシケンモノノフ(岩田)。3着は2番人気のキングズガード(川田)だった。

     Mデムーロ騎手(ノボバカラ=1着)「いいスタートを決めて、最後までよく伸びた。(ゴール前は)少し危なかったけど、よく頑張ってくれた。本当にいい馬」

    プロキオンS|2着ニシケンモノノフ。「重賞を勝つまで」

    ◆第21回プロキオンS・G3(10日・ダート1400メートル、中京競馬場、稍重)

     1番人気のノボバカラ(Mデムーロ)が、4角2番手から直線で抜け出した。重賞勝ちは、5月のかきつばた記念・交流G3(名古屋)以来で、JRA重賞は初勝利。2着は3番人気のニシケンモノノフ(岩田)。3着は2番人気のキングズガード(川田)だった。

     岩田騎手(ニシケンモノノフ=2着)「もう一列前で運びたかった。最後までしっかり伸びているだけに残念。でも、重賞を勝つまでの力を蓄えてきたし、うまくかみ合えば」

    プロキオンS|2着キングスガード。「最後はいい脚」

    ◆第21回プロキオンS・G3(10日・ダート1400メートル、中京競馬場、稍重)

     1番人気のノボバカラ(Mデムーロ)が、4角2番手から直線で抜け出した。重賞勝ちは、5月のかきつばた記念・交流G3(名古屋)以来で、JRA重賞は初勝利。2着は3番人気のニシケンモノノフ(岩田)。3着は2番人気のキングズガード(川田)だった。

     川田騎手(キングズガード=3着)「初重賞でしたが、よくここまで頑張ってくれました。最後はいい脚を使ってくれましたよ」

    プロキオンS|4着ブライトライン。「左のもたれて」


    ◆第21回プロキオンS・G3(10日・ダート1400メートル、中京競馬場、稍重)

     1番人気のノボバカラ(Mデムーロ)が、4角2番手から直線で抜け出した。重賞勝ちは、5月のかきつばた記念・交流G3(名古屋)以来で、JRA重賞は初勝利。2着は3番人気のニシケンモノノフ(岩田)。3着は2番人気のキングズガード(川田)だった。

     石橋騎手(ブライトライン=4着)「イメージ通りのポジションから。ただ、追ってから軸脚を替えてくれず、左にもたれてしまいました」






    2016年 プロキオンS動画


    1着 ノボバカラ Mデムーロ
    2着 ニシケンモノノフ 岩田康誠
    3着 キングスガード 川田将雅


    前半とか平場とかあまり良い感じではなかったMデムーロ
    流石・メインでの勝利。






    ターフビジョンの無料予想が熱い
    まだまだ予想が熱いwwww

    ぐりぐりん君が熱い


    専門紙を見ればグリグリと印が並ぶ人気馬、 発行元は違えど各紙横並びで同じ馬にグリグリ印が付いております。だがしかし、全てが全て馬券対象圏(3着以内)に入る事はまずあり得ません。
    そして人気馬から流す馬券購入法だと基本的に的中しても低配当。例えば3レースに参加し2レース当てたところで利益とならない場合があるほどです。

    ですので、「人気馬の中からの絞り込みもまた必須」なのです。

    勿論1番人気ともなると連帯率50%以上、複勝圏まで広げると60%以上の高確率を誇ります。ですが、逆に考えると「2頭に1頭は連に絡まず、4割近くは馬券対象圏外へと沈んでしまう」という事です。

    一般メディアからの情報では絶対に判断出来ない人気馬の取捨選択には、やはり高度なスクリーニングが必要です。
    「こんな人気馬を推奨したところで来て当然、当たり前じゃないか」、当コンテンツの推奨馬をご覧になられてそう感じられる方もいらっしゃるかと思います。ですが、それは本当に当たり前のことなのでしょうか。

    連を外す5割、馬券対象圏外となる4割の人気馬を排除出来れば、間違いなくあなた様の馬券回収率は飛躍的に向上する筈です。

    当コンテンツからは的中率最重視、今週鉄板視の軸馬を毎週4頭ご紹介致します。
    当コンテンツがあなた様にとって大きなアドバンテージとなれれば幸いです。

    2016年07月10日(日)

    [中京2R] 3歳未勝利
    ◎⑦フランドル
    推奨度:★★☆
    休み明けでも十分に乗り込まれ態勢は万全。メンバー手薄な今の未勝利戦であればあっさりも。
    [福島10R] 天の川賞
    ◎⑬イダクァイマ
    推奨度:★★☆
    今まで調教で余り動かなかった馬が、ここにきて動くようになっており本格化ムード。今回も単騎逃げ濃厚な組み合わせで展開利あり。昇級戦も好調戸崎騎乗で好戦可能。



    button3-4-u




    その他の馬

    【プロキオンS|2016年回顧|やっぱりデムーロ】の続きを読む

    5

    プロキオンS予想|調教・追い切り|ネット評価まとめ


    競馬ファンならここの無料予想をゲットせよ!!
    競馬予想コンシェルジュー評価サイト


    puroki1

     2週連続のJRA重賞奪取、そしてV量産の気配が漂う。今週は中京のステージで、クリストフ・ルメール騎手(36)=栗・フリー=が鮮やかな手綱さばきを見せてくれそうだ。12日のメーン・プロキオンSのグレープブランデーをはじめ、楽しみな馬がそろった。フランスの名手から今週末も目が離せない。

     2週連続のJRA重賞制覇へ。絶好調のルメール騎手が、今週末も活躍の予感だ。先週4、5日は初めて福島競馬場で騎乗し、6勝の固め勝ち。名手は初のコースにも戸惑うことなく、好結果を出した。

     「先週は6つも勝たせてもらった。人気を集める強い馬に乗せてもらったおかげ。馬が強かったよ」

     控えめに語るが、5日のGIIIラジオNIKKEI賞のアンビシャスは道中でしっかりと折り合い、3~4コーナーから馬群を縫うように進出してV。そのレースぶりに、トップジョッキーの確かな技術が集約されていた。8日には大井の交流GIジャパンダートダービーをノンコノユメで快勝。最高のムードで中京の舞台を迎える。

     日曜のプロキオンSはグレープブランデーとコンビを組む。2013年1月にGII東海Sを勝って以来、2年半ぶりの騎乗にも「しばらく乗っていないし、今の状態がどうかだけど、力はある馬。ストライドが大きいのに瞬発力も持っている。乗りやすい馬だよ」と好感触を口にする。

     中京は日本で初めて騎乗(2002年12月)した思い出の競馬場。「競馬場が新しくなってからは直線が長くなったし、乗りやすくなったね。ヨーロッパの競馬場に比べれば、コーナーも緩やかだから」といいイメージを持っている。

     11日の9R・スティーグリッツは「いい追い切りができたし、いい動きだった。高いポテンシャルを秘めている」と手応え十分。他にも勝利を意識できるラインアップがそろった。みちのくから東京、そして尾張へ。名手があらゆる場所で、さえわたる手綱さばきを披露する。 (宇恵英志)

     
    プロキオンSー追い切り・調教動画
    サンスポ予想王
    【プロキオンS予想|調教・追い切り|ネット評価まとめ】の続きを読む

    このページのトップヘ