競馬予想@競馬総合情報

競馬予想@競馬総合情報!、競馬予想で的中ラッシュするためにいろいろな視点からを作成しています。競馬予想データ、競馬ニュース、競馬情報など

    CBC賞

    CBC賞予想|2018年|調教・追い切りニュースまとめ

    choukyou


    高配当21では今週も無料予想GET
    馬券師が馬券的中を目指しますw
    無料予想で有馬記念予想を公開
    kouhai21s


    ヤフーニュースより
    【ラジオNIKKEI賞】東西調教ウオッチャー

    川端 関西記者には一番縁がない競馬場ですからね。CBC賞のアクティブミノルは坂路で4ハロン50秒9の猛時計。しかも馬なりです。もともと調教は走るけど、放牧でリフレッシュしたのは明らか。3着だった昨年以上のデキですわ。

     山口 他ではダイメイフジ。僚馬で姉のダイメイプリンセスと坂路で併せて2馬身遅れましたが、4ハロン53秒8で時計は文句なし。力は出せる態勢です。

     柴田 遅れたのに?

     山口 大丈夫です。あと、穴ならナガラフラワーですね。CWコースで5ハロン66秒4。馬なりでも外ラチ沿いを体を大きく使って走っていましたよ。

     柴田 美浦のペイシャフェリシタも坂路4ハロン51秒9で絶好だぞ。それと福島にも興味持ってね。いいところだから

    【CBC賞予想|2018年|調教・追い切りニュースまとめ】の続きを読む

    CBC賞予想|2018年|予想オッズまとめ

    yosouodds



    無料の予想で
    競馬を勝ちたい・儲けたい
    そんな貴方さまにはUMAチャンネル

    充実の無料予想・・・
    umachs

    チャンピオンズカップでコパノリッキー買えたのはこのサイトのこの
    無料コンテンツのおかげ

     
    トラックマンS(栗東担当者)

    コパノリッキーが好調キープ出来ているようです。フェブラリーSの後リフレッシュされたことで走りがスムーズになりしっかり手前を変えて走れるようになったのがここ3戦の好走の原因のようです。前走も出遅れがなければ勝てていたかという競馬で、ここもうまく立ち回れば勝ち負けに加わってくるという感触です!!


    ヤフーニュースより

    【CBC賞】昨年2着セカンドテーブル、コンビ16戦目の水口騎手は重賞初V狙う


    今週開幕する夏の中京開催、1週目のメインは全6戦で構成されるサマースプリントシリーズの第2戦、CBC賞(7月1日、GIII、芝1200メートル)。

     昨年のこのレースでハナ差2着と惜敗したのがセカンドテーブル(栗東・崎山博樹厩舎、牡6歳)=56キロ。その後は7カ月の休養を挟んで、ここ2戦はオープンで2、4着とまずまずの内容を見せている。コンビを組んで16戦目。馬の癖を知り尽くす水口優也騎手にとっては、デビュー9年目で重賞初Vがかかる一戦だ。

    【CBC賞予想|2018年|予想オッズまとめ】の続きを読む

    CBC賞予想|2017年|調教・追い切りニュースまとめ

    choukyou


    勝馬の栞で今週も無料予想GET
    宝塚記念注目馬はここで無料GETw
    http://horse-win.com/
    kachiuma


    ヤフーニュースより引用

    【CBC賞】ミノル激変!抜群の動き11秒6
    鞍馬S9着のアクティブミノルが抜群の動きを披露し、激変ムードだ。酒井騎手を背に坂路でテンからスピード感十分。4ハロン50秒4の一番時計で、ラスト1ハロンも11秒6の鋭さ。まさにテンよし、中よし、しまいよしと理想的な追い切り。「デキはいいけど、攻めと実戦は違うから」。北出調教師は控えめだが、先週はEコースのゲートから長めを飛ばして今週もこの好調教。「実戦では行かすつもりでブリンカーを着ける。この馬はヤル気の問題だから」と一変に期待する。
    【CBC賞】メラグラーナ馬なり12秒3
    高松宮記念10着から巻き返しを図るメラグラーナは、坂路を単走で4ハロン53秒5-12秒3をマーク。池添学調教師がまたがり、馬なりで感触を確かめた。

     「前から乗りたかったんですけど、追い切りに乗るのは2年ぶりぐらいですかね。良かったですよ。しっかりした走りだったし、弾むように走っていました」とトレーナー。前走の大敗は稍重馬場が影響。今週末の天気予報は微妙だが、「開幕週ですし、馬場がぼこぼこじゃなければ大丈夫でしょう」と前向きに話した。
    【CBC賞・宮崎が見た】シャイニングレイ、坂路で軽快な動き!陣営の勝算は?
    ◆CBC賞・追い切り(28日・栗東トレセン)

     CBC賞(7月2日、中京)の出走予定馬の追い切りが28日、行われた。屈腱(けん)炎を乗り越え、前走で2年5か月ぶりの勝利を挙げたシャイニングレイは栗東・坂路で軽快な動きを披露。ただ、管理する高野友和調教師(41)は慎重なコメントが並ぶばかり。さて、その実際の勝算は? 宮崎尚行記者がコラム「見た」で迫った。

     夏の中京開幕を告げるハンデG3。3歳と年長馬の力関係に、最大8キロの斤量差が難解さを深める。ただ改修後の過去5年で3歳は未勝利。今年の年長馬組で最も気になるのは、シャイニングレイだ。屈腱炎による2年の休養から、復帰3走目の安土城Sを快勝。7ハロンへの一気の距離短縮で、新境地を開いた。

     28日の追い切りは栗東・坂路の単走。1ハロン目から15秒4、14秒1でゆったり進めた後に加速。気合十分の走りで、脚さばきも力強い。右肩上がりのラップで、ラスト12秒2(全体54秒5)。前向きさ、パワフルな走りはスプリンターの資質を感じるもの。高野調教師に感触を尋ねた。

     「動きは良かったです」。トレーナーの『は』が引っかかった。続ける言葉に耳を傾けた。「状態は高いレベルで安定しています。ただアクシデントのあった馬で、ブランクも長かった。一番いい時に休んでいたのも事実。前走はメンバーや枠、ペースに恵まれた面もあります。今回は重賞だし、1200メートルにもなるので簡単ではありません」

     普段から慎重なタイプにしても、控えめ。ただ冷静に内容を考えれば、納得できた。前走の快勝を額面通りに受け止めるわけにはいかない。デビュー2走目でホープフルSを勝った素質の高さを認めても、まだ未知数というわけだ。

     ただ高野調教師が締めた言葉も、しっかりメモした。「タフさを問われる方がいいし、中京は合っていると思います。まだ確信を持てないけど、ここで走れば、強いと思えます」。期待は十分ある。浮足立ってないだけだ。短距離界の新星となり得るか。ここが、試金石だ。
    【CBC賞予想|2017年|調教・追い切りニュースまとめ】の続きを読む

    5
    CBC賞、レッドファンクス、高速Vで分かった【中京攻略法】ヒントは二刀流

    ◆第52回CBC賞・G3(3日・芝1200メートル、中京競馬場、良)

     サマースプリントシリーズ第2弾の第52回CBC賞・G3は3日、中京競馬場で行われ、Mデムーロ騎手(37)がレッドファルクスを重賞初Vに導き、自身重賞50勝目を飾った。

     直線の追い比べ。Mデムーロの右ステッキに応えたレッドファルクスが、大外を豪快に突き抜けた。桜花賞(ジュエラー)以来となる重賞制覇で、記念すべきJRA重賞50勝目を飾った鞍上は「久しぶりですね。よかった。うれしい!」と喜びを爆発させた。

     3歳の未勝利1着以来、2年4か月ぶり2度目のコンビ。「映像で頑張っている姿は見ていた。1400メートルを(中心に)走っていたので、最初のコーナーまではムチを使っていった」。中団馬群の後ろで脚をためると、直線では想像を超える反応が返ってきた。「びっくりした。最後まで伸びたし、時計もメチャ速いし」。中京の芝で無敗のコース巧者が、5戦ぶりの芝で叩き出した上がり3ハロン32秒7は、12年の改修後のコース史上最速記録となった。

     これまで芝、ダートの“二刀流”で着実に力をつけてきた。5歳夏にして突然のスプリント能力開花に、尾関調教師も「馬にゴメンナサイと言いたいくらい」と脱帽。今後はスプリンターズS(10月2日、中山)を見据えてのシリーズ転戦や、JBCスプリント(11月3日、川崎)挑戦など、選択肢が広がった。「いったん休ませますが、賞金もありますし、次をどうするか悩みますね」とトレーナーはうれしい誤算に頭を抱えた。

     昨春の牡馬クラシックで騎乗し、2冠を制したドゥラメンテが先週、電撃引退。「残念だったけど、皆さんがいつもたくさん応援してくれるので頑張れます」。大きな悲しみを乗り越えたミルコが、夏の訪れとともに完全復活を果たした。(吉村 達)

     ◆レッドファルクス 父スウェプトオーヴァーボード、母ベルモット(父サンデーサイレンス)。美浦・尾関知人厩舎所属の牡5歳。北海道千歳市・社台ファームの生産。通算17戦7勝。総収得賞金は1億4435万8000円。重賞は初勝利。馬主は(株)東京ホースレーシング。

     

    CBC賞-2016年
     



    1着 レッドファンクス デムーロ
    2着 ラヴァーズポイント 松若風馬
    3着 ベルカント 藤岡康太


    高配当21の無料予想が注目

    無料予想だけで馬連が熱いwwww
    誰でも無料で的中馬券をゲットできますので!!是非チェック!!!
    七夕賞の予想は注目

    zzkidn



    こんな口コミもありますね!!
    【本文】 去年に続いて今年も夏競馬で軍資金貯める予定です!高配当SPLASHにも参加しましたし、週末楽しみに待ってます!

    【本文】 宝塚も終わったし、競馬を楽しむシーズンはしばらく小休止だな。こっから秋まではただひたすらに、機械的に軍資金を稼ぐ期間だわ。
    button3-4-u
    【CBC賞2016年|回顧&ネット評価】の続きを読む

    CBC賞予想|2016年|調教・追い切り評価まとめ
     

    【平松さとしの重賞サロン】大野拓弥騎手は左利きだ。もっとも、若い時から鞭(むち)は両手で使えるようにしてきたので、右でも叩くことができる。

     右回りの競馬では、多くの騎手は左手に鞭を持ってスタートを切る。逆に左回りでは右に持ってゲートに収まることが多い。コーナーで真っすぐ突進しないように、外側に持つことが多いのだ。

     しかし、大野騎手は左回りの競馬にもかかわらず、終始左手に鞭を持っていたことがあった。彼がサウスポーだから、ではない。

     2014年10月5日。この年のGIスプリンターズSは新潟競馬場で行われた。大野騎手が乗ったのはスノードラゴン。

    「大外枠だけはイヤ」と言っていたら見事に大外18番枠となった。先述した通り、通常は右に鞭を持ってスタートすることが多いこのシチュエーションで、彼はスタートからゴールまで左に鞭を持った。

    「返し馬の時に、左に行きたがったから」というのが、その理由。デビュー10年目の経験を生かして冷静な判断を下したわけだが、レース後は「興奮して自然とガッツポーズが出ました」。

     そのスノードラゴンと大野騎手のコンビが今週末、CBC賞(日曜=7月3日、中京芝1200メートル)に挑む。

    「前走(北海道スプリントカップ=3着)は小回りで前残りの競馬。中間にまたがったところ、状態は明らかに良くなっていると感じました」

     そう語る大野騎手。左回りの中京で鞭は、どちらの手にあるかも注目してみたい。


    TM追い切り診断 2016CBC賞 栗東

     


    サンスポ追い切りCheck 2016CBC賞 栗東

     

     

     

    主な馬の調教タイム


    スノードラゴン

    6/29 南坂やや

    51.8-38.2-25.1-12.2


    ベルカント

    6/29 栗東坂

    49.9-35.9ー23.7ー12.3


    サドンストーム

    6/29 栗東坂

    51.4-37.5-24.4-12.3

     

     

     

    追い切り情報っていろいろ競馬情報会社公開しています。
    ここもおすすめですね
    勝馬の栞
    有名な元TMとかが監修しています

    実際の無料公開

    7月3日(日)ラジオNIKKEI賞(GⅢ)


    【ロードヴァンドール】
    調教のパターンは前走と同じだが、前走までの内容よりも確実にいい動きを見せており、最終追い切りは、栗東のCWで終いを確かめる動きでラスト1Fが”11.8秒”と好感が持てる内容だった。 
    しかし、一番注目したい点は1週前追い切りの栗東CWで行われた内容で、”6F78.9秒”と破格の時計を叩き出していたこと。 
    好調馬の1頭と判断できることで、初重賞挑戦でも得意の逃げから十分な粘りこみに期待ができ、斤量の軽さも生かし逃げ切り体勢は万全だろう!
    【ストーミーシー】
    6/22(水)の1週前追い切りでは、美浦坂路で”ブラックバゴ(1000万クラス)”と併せ馬を行った。 
    キビキビした動きで一杯に追われ、【52.6秒-38.0秒-24.4秒-11.8秒】と好タイムを叩き出し、0.5秒先着といい感触でレースに出走できる印象を持った内容だった。 
    最終追い切りも美浦坂路で【54.0秒-39.6秒-25.7秒-12.1秒】の馬なり調教で流す内容で仕上がりは良好と判断。 
    小回りコースでも得意の末脚を発揮できる状態にあるだろう。
    button3-4-u

     

     

    このページのトップヘ