競馬予想@競馬総合情報

競馬予想@競馬総合情報!、競馬予想で的中ラッシュするためにいろいろな視点からを作成しています。競馬予想データ、競馬ニュース、競馬情報など

    地方競馬

    佐賀記念予想|2018年|佐賀記念関連ニュースまとめ

    chokuzen

    ヤフーニュースより


    【佐賀記念】トップディーヴォ重賞でも通用する

     初の交流重賞挑戦となった前走の名古屋グランプリで、見せ場十分の2着に善戦したトップディーヴォ(牡6歳、栗東・昆貢厩舎)も、このメンバーなら通用していい力の持ち主。

     前走は、みやこSを競走除外になった直後で仕切り直しの一戦だったことを思えば、今回の方が状態は良いはずで、2000mへの距離短縮もこれまでの実績を考えるとプラスに働く可能性は高そうだ。

     なお、JRAからは他に、8着に敗れた白山大賞典からの巻き返しが期待されるコパノチャーリー(牡6歳、栗東・村山明厩舎)、15年アンタレスS以来となる2年10カ月ぶりの勝利を目指すクリノスターオー(牡8歳、栗東・高橋義忠厩舎)も出走を予定している。
    【佐賀記念】デリッツァリモーネ佐賀に移籍で黄金期到来
     地元の佐賀所属馬の中では、移籍後に快進撃が続いているデリッツァリモーネ(セン7歳、佐賀・真島元徳厩舎)が大将格といえる存在。

     JRA所属時は、デビュー3戦目で初勝利を挙げ、次走で2歳オープン特別・萩Sを制覇したものの、その後は思うような結果が出ずに浦和へ移籍。南関東で2戦を消化したのちに今度は佐賀へ移籍したが、そこからは快進撃が続いている。

     ここまで佐賀で15戦12勝2着3回とパーフェクト連対を継続しており、まさに“佐賀に敵なし”といった印象。今回は相手が一気に強くなるが、地元の意地を見せてもらいたいところだ。

     地元の佐賀からは他に、佐賀で31勝の実績を誇る古豪のキョウワカイザー(牡8歳、佐賀・大垣敏夫厩舎)、鮫島克也騎手が騎乗するコウザンゴールド(牡6歳、佐賀・手島勝利厩舎)、さらにアクロマティック(セン8歳、佐賀・山田義人厩舎)も出走予定となっている。
    【佐賀記念】明け6歳の“今が旬”ルールソヴァール
    明け6歳になるルールソヴァール(セン6歳、美浦・高木登厩舎)は、3走前のみやこSではテイエムジンソクの2着に好走しており、前走のベテルギウスSで初オープン勝ちを果たしたように“今が旬”と言っていい一頭。

     マイネルバサラは前走で同斤量を背負いながら負かしているだけに、2キロの斤量差があるのはいかにも有利で、最内枠からスムーズなスタートを切ることができさえすれば、上位争いに加われる可能性は高そう。

     GI3勝の実績を誇るサウンドトゥルーを管理する高木登厩舎から、新たなダート路線の主役が誕生するかもしれない。
    【佐賀記念】交流重賞2勝目を狙うマイネルバサラ

     6日(火)に佐賀競馬場で、第45回佐賀記念(交流GIII、4歳以上オープン、別定、ダート・右2000メートル)が行われる。昨年の覇者ロンドンタウンは、ここでの重賞初勝利をきっかけに飛躍を遂げており、今年も新たなスター候補が現れるのか注目される。

     昨年末の浦和記念で初重賞制覇を果たしたマイネルバサラ(牡5歳、美浦・松山将樹厩舎)は、ヒガシウィルウィンやオールブラッシュといったGIホースに大きな差をつけて圧勝した同レースの内容から、地方の水が合っている印象を受ける。

     佐賀までの長距離輸送や、自身初となる58キロの斤量など、いくつか克服すべき課題もあるが、自分の走りができれば上位争い必至といえそうだ。


    地方競馬の無料予想がここまで熱いサイトがあったとはね
    あの偉大な大川慶次郎の遺伝子。
    まあここの無料予想は毎日ゲットできるw

    button3-4-u

    川崎記念予想|2018年|直前情報まとめ

    chokuzen

    ヤフーニュースより


    【川崎記念】調教捜査官・井内利彰が有力馬4頭を斬る!

     川崎ダート2100mで行われた16年JBCクラシック以来、勝ち星から遠ざかっている

    アウォーディー(栗東・松永幹夫厩舎)。そんなこともあり、同じ舞台のここへ向けて照準を絞ってきた。冬場は調子を上げるタイプらしく、その動きはなかなか機敏だが、気になるのは最終追い切り。JBCクラシックを勝ったときはCWでラスト1Fが12秒前半だったのに対し、今回は13秒要した。全体時計が速いぶん、終いが止まったという見方もできるが、客観的には気になる数字。

     アポロケンタッキー(栗東・山内研二厩舎)は、好走時の最終追い切りに該当したと思われる前走が4着。このパフォーマンスをどう評価するかだが、好走の目安は2F時計。それが25秒を切る数字だが、今回は2F25.3秒という時計。中間の追い切りも含め、この時計が出ていないことが客観的には気になるところ。

     昨秋、好走時の調教パターンが最終追い切りで速い4F時計か4F目最速ラップというのがひとつの目安だったケイティブレイブ(栗東・目野哲也厩舎)。今回は全体時計こそ遅いものの、終いはしっかりと最速ラップを踏んでいる。なかなか勝ち切れないレースが続いているが、状態自体は引き続き良好だと判断したい。

     チャンピオンズCは14着と惨敗も、名古屋グランプリではきっちり巻き返したメイショウスミトモ(栗東・南井克巳厩舎)。前走はレース間隔が詰まったので、その疲れを心配したが、調教量を見れば、それはなさそう。1月17日のCWでは見た目に遅れたが、時計自体は速くて評価できる。最終追い切りの動きも問題ない。
    【川崎記念】地方馬だからと侮るなかれディアドムス
     今年の川崎記念は他地区からの参戦がなく、中央勢6頭+南関東勢4頭という組み合わせ。近年の交流重賞戦線を見ると中央勢が有利なのは疑いようがないが、南関東勢の中にも侮れない馬がいる。

     大井競馬のディアドムス(大井・森下淳平厩舎、牡6歳)は元々は中央競馬に所属していた馬で、2歳の暮れには交流GIの全日本2歳優駿を制した実績を持つ。その時に騎乗した三浦皇成騎手にとって、これがGI初勝利だったことで覚えている方も多いのではないか。

     晴れてGIホースとなったディアドムスだったが、明け3歳以降は苦戦が続き、準オープンに降級後にアレキサンドライトSを勝利したものの、それが唯一の勝利。5歳秋に、復活を目指して南関東に移籍した。

     移籍当初こそ環境の変化に戸惑ったのか連敗してしまったが、さすがにそこは交流GI勝ちの実績がある実力馬。移籍3戦目の勝島王冠、続く報知オールスターCとともに圧巻の走りで連勝し、2歳時の輝きを取り戻した。勢いに乗って迎える大一番には“古巣”の中央から今を輝く実力馬が大挙出走してくるが、地方競馬の代表として見せ場を作ることが出来るだろうか。

     なお、南関東からは他に地元川崎のイッシンドウタイ(川崎・内田勝義厩舎、牡9歳)、昨年末の東京大賞典に続いての交流GI参戦となるコスモカット(大井・宗形竹見厩舎、牡5歳)、出走メンバー唯一の4歳馬となるキャッスルクラウン(船橋・渋谷信博厩舎、牡4歳)の3頭が出走を予定している。
    【川崎記念】南関の名手で復活なるかグレンツェント
    昨年の東海Sで2度目の重賞制覇を果たして以降、1年以上勝利から遠ざかっているグレンツェント(美浦・加藤征弘厩舎、牡5歳)は、昨秋のJBCクラシック以来2度目となる南関東の名手・森泰斗騎手とのコンビで復活を図る。

     デビュー当初のグレンツェントは、世代トップクラスの評価を受けていた。芝の新馬戦こそ5着止まりだったものの、ダートに路線変更してからはオール3着以内という成績を維持しながらレパードS、東海Sと重賞を2勝。GIの舞台での活躍を期待されていたが、近4走は9、10、5、10着と大敗が続いてしまった。

     そんな中で今回の鞍上に選ばれたのが、船橋競馬所属の森泰斗騎手。初コンビとなったJBCクラシックでも5着とそれなりの形にはなったが、半年ぶりの復帰戦だったことや、2度目で馬の感触をわかっている上積みも考えれば、当時以上の走りを見せてくれる可能性は高そうだ。
    【川崎記念】6歳秋にして素質が開花メイショウスミトモ

     明け7歳になるメイショウスミトモ(栗東・南井克巳厩舎、牡7歳)は、昨秋のシリウスSで重賞初制覇。それまでオープン特別2勝の実績こそあったものの、7度挑戦していた重賞では最高6着と結果が出ておらず、11番人気という低評価の中での激走だった。

     初重賞制覇の勢いで挑戦したチャンピオンズCは大敗したものの、昨年暮れの名古屋グランプリは着差以上の力差を見せて勝利。ここにきて、一番の充実期を迎えたといえるのではないか。

     また、騎乗する古川吉洋騎手にとっては、アインブライドとのコンビで制した97年阪神3歳牝馬S以来、20年ぶりとなるGI制覇のチャンス。フェブラリーSに出走予定のテイエムジンソクにも騎乗予定で、今年のダート戦線で古川吉洋騎手がブレイクするシーンを見ることができるかもしれない。


    地方競馬の無料予想がここまで熱いサイトがあったとはね
    あの偉大な大川慶次郎の遺伝子。
    まあここの無料予想は毎日ゲットできるw

    button3-4-u

    川崎記念予想|2018年|予想オッズまとめ

    yosouodds



    無料の予想で
    競馬を勝ちたい・儲けたい
    そんな貴方さまにはUMAチャンネル

    充実の無料予想・・・
    umachs

    チャンピオンズカップでコパノリッキー買えたのはこのサイトのこの
    無料コンテンツのおかげ

    トラックマンS(栗東担当者)

    コパノリッキーが好調キープ出来ているようです。フェブラリーSの後リフレッシュされたことで走りがスムーズになりしっかり手前を変えて走れるようになったのがここ3戦の好走の原因のようです。前走も出遅れがなければ勝てていたかという競馬で、ここもうまく立ち回れば勝ち負けに加わってくるという感触です


    ヤフーニュースより

    ケイティブレイブは6枠6番、サウンドトゥルーは4枠4番/川崎記念枠順

     1月31日(水)に川崎競馬場で行われる、第67回川崎記念(GI・4歳上・ダ2100m・1着賞金6000万円)の枠順が28日確定した。

     昨年の帝王賞の勝ち馬ケイティブレイブ(牡5、栗東・目野哲也厩舎)は6枠6番、昨秋のJBCクラシックを制したサウンドトゥルー(セ8、美浦・高木登厩舎)は4枠4番に入った。発走は16時10分。枠順は以下の通り。

     ( )内は性齢、騎手・調教師

    1-1 イッシンドウタイ(牡9、赤岡修次・川崎・内田勝義)
    2-2 コスモカット(牡5、丹内祐次・大井・宗形竹見)
    3-3 アウォーディー(牡8、武豊・栗東・松永幹夫)
    4-4 サウンドトゥルー(セ8、大野拓弥・美浦・高木登)
    5-5 キャッスルクラウン(牡4、中野省吾・船橋・渋谷信博)
    6-6 ケイティブレイブ(牡5、福永祐一・栗東・目野哲也)
    7-7 アポロケンタッキー(牡6、内田博幸・栗東・山内研二)
    7-8 グレンツェント(牡5、森泰斗・美浦・加藤征弘)
    8-9 メイショウスミトモ(牡7、古川吉洋・栗東・南井克巳)
    8-10 ディアドムス(牡6、岡部誠・大井・森下淳平)

    ※出馬表・成績・オッズ等は主催者発表のものと照合してください。
    【川崎記念予想|2018年|予想オッズまとめ】の続きを読む

    東京大賞典予想|2017年|調教・追い切りニュースまとめ


    「PR」 東京大賞典予想もある・・・地方競馬の予想はここを見ろw
    高配当21の無料予想が激アツz

    kouhai21s



    ヤフーニュースより引用

    【東京大賞典・月曜追い】ミツバ順調も「まだ気難しいところが」


    前走・チャンピオンズCで差して6着のミツバ(牡5=加用)は
    25日、栗東坂路で追い切って4F55秒2~12秒9としまいを伸ばした。

     「順調に来ているし、状態は変わらない」と加用師。「前走を見ても、もう少し前に行ければいいんだけど、まだ気難しいところがある。

    うまく走る方に気持ちが向けば」と好走へのポイントを挙げた。

    【東京大賞典・月曜追い】コパノリッキー 有終ラストへ好調キープ

     チャンピオンズC3着をステップに参戦するコパノリッキー(牡7=村山)は引退、種牡馬入り前のラストランで日本競馬史上初のG1・11勝を狙う。最終追い切りは25日、栗東CWコースで5F69秒7~11秒8としまい重点で鋭く伸びてきた。

     村山師は「きちんと反応して、いい動き。前走後は連戦の疲れがあるかなと思ったけど、いい状態をキープしています」と好調をアピール。「大井の二千は去年、帝王賞を勝っている舞台。最後にリッキーらしい走りを期待したい」と力を込めた。

    【東京大賞典・月曜追い】ロンドンタウン巻き返しへ 力強くラスト11秒7


     韓国遠征明けの前走・チャンピオンズCで15着に終わったロンドンタウン(牡4=牧田)が叩き2走目で巻き返しを図る。25日、栗東CWコースで追い切って直線しっかり反応。6F83秒3、ラスト11秒7と力強く伸びてきた。

     宇田助手は「いい動きでしたよ。前走も仕上がりは悪くなかったけど休み明けでG1となると、きつかったのかも。1回使って良くなっています」と上積みを強調している。

    【東京大賞典・月曜追い】アポロケンタッキーに太鼓判「いい動き」


     昨年の覇者アポロケンタッキー(牡5=山内)は25日、栗東坂路で2本乗り。2本目はテンから行きっぷり良くラップを刻み、4F53秒3~12秒6で駆け上がった。

     富岡助手は「いい動き。おそらく当日プラス体重になると思うけど時期的なものもあるし、しっかり乗っているから気にしなくていいと思う」と納得の表情。3日のチャンピオンズCは右前ハ行で出走取消。幸い症状は軽かった。仕切り直しの一戦で連覇を狙う。

    【東京大賞典・月曜追い】ケイティブレイブ 目野師「しっかり動けている」


    6月の帝王賞に続くG1獲りを狙うケイティブレイブ(牡4=目野)は25日、栗東坂路で最終追い切りに臨み、スムーズに加速して4F53秒4~12秒1で駆け上がった。

     前走・チャンピオンズCは4着。目野師は「しっかり動けている。もともと調子の波はなく、この中間も変わらない。テンから行く脚があるし、他馬が行けば控える競馬でも問題ない」と自在に立ち回る構えだ。

    うまく走る方に気持ちが向けば」と好走へのポイントを挙げた。



    「PR」 地方競馬の無料予想ありサイトは注目

    「PR」 東京大賞典予想もある・・・地方競馬の予想はここを見ろw
    高配当21の無料予想が激アツz

    kouhai21s

    JBCスプリント予想|2017年|直前情報まとめ

    chokuzen

    ヤフーニュースより


    【前売・JBCスプリント】陣営の思惑
    〔1〕アウォーディー・松永幹師「前走はドバイ遠征の疲れが抜けていなかった。立て直した効果は大きく、今は背腰の具合が良くなり、息遣いも変わってきた。連覇を狙える気配です」

    〔2〕フェスティヴイェル・加藤誠師「状態はいいけれど、メンバーがそろっている。ひとつでも上を目指したい」

    〔3〕オールブラッシュ・村山明師「久々のぶん、割引は必要かもしれないが、いい感じに仕上がった。マイペースで行けるといいが…」

    〔4〕タマモネイヴィー・小久保智師「縦長の展開なら力を発揮できるので、交流の速いペースは合っている。末脚を発揮できれば」

    〔5〕ミツバ・加用正師「前走は気の悪さが出た感じ。デキは変わらず順調だし、コースや距離も心配はしていない。気分良く走って持ち味を出せれば」

    〔6〕サブノクロヒョウ・阪本一師「前走のようにスタートさえ決まれば、あれくらいは走れる馬。ただ、今回は相手も強い」

    〔7〕グレンツェント・加藤征師「心身ともにフレッシュな状態で戻ってきた。当日輸送で臨めるのはいいし、大井のダートも合うタイプで楽しみ」

    〔8〕サウンドトゥルー・高木登師「調教は動かないけれど、いい状態をキープしている。前走は久々のせいか、直線で手前を替えなかった。大井は実績があるので、スムーズに運べれば違うよ」

    〔9〕バルダッサーレ・中道啓師「デキは悪くないけど、前走が案外で…。気持ちが途切れないように走らせられるかが鍵だね」

    〔10〕アポロケンタッキー・山内研師「デキも良くなっていたが、前走は外枠で競馬がしやすかった。状態は安定。今回もいい枠が引けたし、スピードを乗せて直線に向くことができれば、好勝負になると思う」

    〔11〕ハーキュリーズ・山越光師「前走のデキにあるけれど、さすがに相手が強い」

    〔12〕ケイティブレイブ・目野哲師「具合はいいよ。乗り難しい面はあるけど、能力はあるし、コースも合う。本来の積極策になると思う」

    〔13〕スパイア・宗形竹師「順調だが、相手が強い。1頭でも多く負かせるよう頑張ってほしい」


    いつも競馬でお世話になっています。
    なんでこれだけの情報を無料で見ることができるのか?
    本当に質が高い予想に感謝していますよ
    ベストレコード・・・
    無料でこれほど質の高い予想サイトはない。
    まずは誰でもできる無料登録から
    bestre

    このページのトップヘ