競馬予想@競馬総合情報

競馬予想@競馬総合情報!、競馬予想で的中ラッシュするためにいろいろな視点からを作成しています。競馬予想データ、競馬ニュース、競馬情報など

    地方競馬

    5
    帝王賞予想|予想・ネット評価まとめ

     帝王賞と優駿スプリントの2つの重賞が行われる豪華開催。イベントも盛りだくさんで、ビール片手に観戦するのも心地良い季節になってきた。これぞトゥインクル競馬の醍醐味。

     6月30日(木)大井11レースは3歳以上のオープン戦・武蔵野オープン(1600m)が行われる。昨年の南関東生え抜きの東京ダービー馬ラッキープリンス(浦和・小久保厩舎)も出走予定。最近の傾向で、中央卒業生たちの名前もズラリと並ぶ。

     南関東最年長12歳のコアレスピューマに次いで、ナンバー2のベテランホースは11歳のフォーティファイド(大井・渡邊厩舎)。女傑ファストフレンドの愛息。最近の成績は今一つだが、ここまで重賞レースを使ってきただけに地力の高さを見せつけたい。

     7月1日(金)の大井11レースには、シーサイドカップトライアル・パール賞(1200m)が実施される。重賞アフター5スター賞トライアルレースの準重賞シーサイドカップに向けて、1着馬は優先出走権を獲得。

     ここはB1以下の選定馬及び選抜馬によって行われるが、最近は中央からの移籍馬が多く、下級クラスの馬たちが重賞に挑戦する機会が少なくなってきた。しかし、トライアルレースを勝っていけば、勢いのある下級条件の馬たちにもチャンスが広がる。中央卒業生のウチデノコヅチ(大井・堀厩舎<小林>)もここから始動予定だ。

    (文・写真:高橋華代子)

     
    地方競馬の予想はここが激アツ…
    注目しないともったいない
    高配当21
    大井の無料予想を見逃すなwwww
    button3-4-u
    【帝王賞予想|予想・ネット評価まとめ】の続きを読む

    5
    かしわ記念回顧|デムーロ…4つのコーナーにって

     5日、船橋競馬場で行われた春のダートマイル王決定戦「かしわ記念」は武豊騎乗の3番人気JRAコパノリッキー(牡6、村山)が直線抜け出して3馬身差の完勝。一昨年の覇者が、6つ目のGI(JpnI)タイトルを手に入れた。勝ち時計は1分39秒2(稍重)。1番人気の今年のフェブラリーS覇者モーニンは8着に終わった。

     1日の天皇賞・春に続き、絶妙な手綱さばきを見せた武豊は「僕が乗った中で一番落ち着いていた。スタートが悪かったのでもまれるポジションが心配だったが、うまく外につけられたのが大きかった。本来の走りができてうれしい」と4戦ぶりの復活Vに終始笑顔を見せた。

    ★2着=ソルテ・吉原寛騎手「スタートは決める馬だから、リッキーの出方次第で(ハナも)と思っていた。からんでくる馬もなくいいペースで行けたが、4コーナーでセーフティーリードが欲しかった。GIで通用するレベルにきていますね」

    ★3着=ベストウォーリア・戸崎圭騎手「いい感じだったが、前残りの馬場で(1、2着馬に)気持ちよく行かれてしまった」

    ★4着=ノンコノユメ・ルメール騎手「コーナーがきつかった。直線はよく頑張っているが…」

    ★5着=サウンドトゥルー・大野騎手「久々のマイルでも道中はいい感じで行けたが、時計のかかる馬場が合わない」

    ★7着=ハッピースプリント・宮崎光騎手「馬混みを避けて外に出したかったが、砂をかぶりっぱなしで戦意喪失」

    ★8着=モーニン・Mデムーロ騎手「砂をかぶったのは問題ないが、初めてのコーナー4つにビックリしていた」

     
    1:2016/05/05(木) 17:50:36.75 ID:
    8着=モーニン・Mデムーロ騎手「砂をかぶったのは問題ないが、初めてのコーナー4つにビックリしていた」
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160505-00000017-tospoweb-horse
    【かしわ記念回顧|デムーロ…4つのコーナーにって】の続きを読む

    5
    モダンウーマン|ユングフラウ賞圧勝まとめ
     
    モダンウーマンが断然人気に応え重賞3連勝/ユングフラウ賞・浦和

     3日、浦和競馬場で第8回ユングフラウ賞(3歳・牝・ダ1400m・1着賞金1200万円)が行われ、4番手でレースを進め、3~4コーナーで先頭に立った山崎誠士騎手騎乗の1番人気モダンウーマン(牝3、川崎・佐々木仁厩舎)が、直線で後続を突き放し、2着の6番人気ポッドガゼール(牝3、川崎・八木正喜厩舎)に3馬身差をつけ優勝した。勝ちタイムは1分28秒6(稍重)。

     さらに3/4馬身差の3着に2番人気リンダリンダ(牝3、大井・荒山勝徳厩舎)が入った。なお、3番人気ラッキーバトル(牝3、大井・宗形竹見厩舎)は6着に終わった。

     勝ったモダンウーマンは、父サウスヴィグラス、母スマートダズル、その父スマートボーイという血統。ローレル賞(川崎)、東京2歳優駿牝馬(大井)に続く重賞3連勝となった。また、本馬及び2着のポッドガゼール、3着のリンダリンダは、3月23日に行われる桜花賞(浦和)の優先出走権を獲得した。

    【勝ち馬プロフィール】
    ◆モダンウーマン(牝3)
    騎手:山崎誠士
    厩舎:川崎・佐々木仁
    父:サウスヴィグラス
    母:スマートダズル
    母父:スマートボーイ
    馬主:(有)グランド牧場
    生産者:グランド牧場
    通算成績:9戦6勝(重賞5勝)

     

    強かった、ユングフラウ賞

     


    完璧だったwww

    fd1




     

     ツイッターの声

    【モダンウーマン|ユングフラウ賞圧勝まとめ】の続きを読む

    5

    東京大賞典予想|予想・データ|ネット評価

     
    地方競馬の予想が熱い注目サイト
    池江道場・・・明日の無料予想は見逃し厳禁www
    ikee



     ダート競馬の総決算「東京大賞典」、競馬評論家の予想は?

     競馬ファンの気持ちは今週末の日曜日、12月27日の有馬記念に向かっている今日この頃。だが、有馬記念で中央競馬の全日程が終わっても、今年の競馬はまだ終らない。地方競馬の一大イベント「東京大賞典」が、12月29日に東京・大井競馬場で開催されるのだ。地方競馬に詳しい競馬評論家の古谷剛彦氏の予想を尋ねた。

    「特徴としては、地方競馬で行われれますが、中央競馬の馬も出走するダートグレード戦なんです。16頭立てのうち中央の馬が5頭ほどで、あとは地元馬と他地区の馬。芝のGⅠに比べて有力馬が限られるので、馬券予想を組み立てやすいんです」

     なにしろ東京大賞典で地方馬が勝ったのは’05年が最後。中央の馬狙いが原則なのだ。しかし、古谷氏の今年の本命はハッピースプリント。大井競馬場所属である。

    「2歳ダート王決定戦である全日本2歳優駿で勝利し、その年の年度代表馬に選出されています。’14年に大井に移籍して東京大賞典では4着でしたが、今年は状態がいいです。12月2日の浦和記念で勝ちましたが、森下調教師によればその後も順調で、調子は上昇傾向にあるとのことです」

     浦和記念はおよそ1年半ぶりの勝利だが、それまでのレースは中央との交流GⅠばかり。そこで好位につけているのだから、実力のほどは窺えるだろう。

    「対抗は、2年連続で東京大賞典を勝っているホッコータルマエ。前々走のJBCクラシック3着、前走のチャンピオンズカップ5着ですが、使いながら調子を上げていくタイプ。コンビを組む幸英明騎手は、たたき3走目の大賞典の頃に本来の力を出せるのでは、とコメントを残しています」

     3番手に推すのは、コパノリッキー。前走のチャンピオンズカップは7着に敗れたが……。

    「ハイペースに巻き込まれた形で厳しいレースでした。同じ大井の2000mを走った前々走のJBCクラシックでは、非常に強い逃げ切り勝ち。昨年の東京大賞典ではホッコータルマエに最後に逆転されましたが、今年は頑張れるでしょう」

     そして最後が、JBCクラシック2着、チャンピオンズカップ3着のサウンドトゥルー。

    「逃げるコパノリッキーをホッコータルマエが早めにつぶしにかかるような流れになると、後ろから追い込んでくるサウンドトゥルーのような馬は不気味な存在です」

     地方馬の意地が勝るのだろうか。

    ※12/22発売の週刊SPA!では「年末年始[ギャンブルで100万円]ゲットする方法」という特集を掲載中。

    【古谷剛彦氏】

    ホッカイドウ競馬の解説者や内外タイムスの競馬担当記者を経て、楽天競馬スペシャルアドバイザー。競馬専門テレビ「グリーンチャンネル」にレギュラー出演中

    ※正確な出走馬の情報は公式発表を参照してください

    <取材・文/週刊SPA!編集部>

     
    【地方競馬】東京大賞典(29日・大井)へハッピースプリントが追い切り
     
    【東京大賞典予想|予想・データ|ネット評価】の続きを読む

    5
    JBCレディスクラシック予想|予想・動画|ネット評価まとめ


    トロワボヌールなどレディスプレリュード出走馬厩舎情報/美浦トレセンニュース

     10月1日(木)に大井競馬場で行われる第12回レディスプレリュード(JpnII・ダ1800m)に、美浦からはトロワボヌールとホワイトフーガの2頭が出走を予定している。両馬について、陣営に話を聞いた。

    トロワボヌール(牝5・美浦・畠山吉宏)について、畠山調教師。
    「前走のスパーキングLC(JpnIII)を良い形で勝ち上がりましたので、その後は山元トレセンで夏休みを過ごしました。このレースが目標と決まっていましたし、牧場の方でもそれに合わせてうまく調整をしてもらい、余裕を持って約1か月前にこちらに戻ってきました。フックラして帰って来ましたので、少しずつ体を絞りながらここまで順調に何の問題もなく調整できています。
     最大目標の11月3日のJBCレディスクラシック(JpnI・ダ1800m・大井競馬場)の出走メンバーは、今回のレースに何頭かプラスされるような顔ぶれになりそうで、完全な前哨戦となるでしょうから勝ちを狙っていきたいですし、それだけの状態になっていると思います。4走前の大井競馬でのTCK女王盃(JpnIII)の時はサンビスタ以外の馬にも先着を許していますが、出張馬房に着いてからものすごくイレ込んでしまったのが敗因の1つと考えています。右回りが原因とは思っていません。その後はイレ込みに対する対策を講じ、それ以降の浦和(さきたま杯・JpnII・2着)、川崎ではイレ込みはなくなり、それなりに力を発揮できているので問題ないと思います。前走で初のナイターを無難にこなしていますし、1800mも守備範囲ですので、そのあたりも大丈夫でしょう。サンビスタ以外の中央の馬とは今回が初対戦となるので、そのあたりがどうかですが、JBCに向けて良いスタートを切りたいですね」

    ホワイトフーガ(牝3・美浦・高木登)について、高木調教師。
    「前走のブリーダーズGC(JpnIII・牝馬OP・3着)後は放牧に出さずに在厩で調整してきました。古馬相手に2000mは少し長いという気はしましたが、牝馬同士ならこなせるのではないかとも思いました。4コーナーではこれはと思うところもありましたが、上位の古馬とは斤量差もありましたからね。適性距離がまだ掴み切れないところもありますが、1800mの距離に短縮された方が良いと思いますし、ここでも良い競馬をしてこの先の活躍を期待したいですね」

    (取材・写真:佐々木祥恵)

    【JBCレディスクラシック予想|予想・動画|ネット評価まとめ】の続きを読む

    このページのトップヘ