競馬予想@競馬総合情報

競馬予想@競馬総合情報!、競馬予想で的中ラッシュするためにいろいろな視点からを作成しています。競馬予想データ、競馬ニュース、競馬情報など

    函館スプリントステークス

    函館スプリントS予想|2017年|追い切り・調教ニュースまとめ

    choukyou


    勝馬の栞で今週も無料予想GET
    ダービー注目馬はここで無料GETw
    http://horse-win.com/
    kachiuma


    ヤフーニュースより引用

    【函館SS】クリスマス、函館で弾んだ11秒4!
    函館スプリントSの追い切りが15日、函館競馬場で行われた。当地で3勝を挙げているクリスマスは、芝コースで馬なりながら鋭い伸びを披露。GI高松宮記念では14着と大敗したが、得意の舞台で2013年の函館2歳S以来の重賞勝利を狙っている。ブランボヌール、キングハートも順調に態勢を整えた。

     まさに函館の女だ。函館の芝1200メートルでメンバー最多の3勝を挙げる6歳牝馬クリスマスが、芝コースを単走で爽快に駆け抜けた。

     コーナーを大きく回って、直線は外ラチ沿いを伸びる。終始馬なりだったが、しっかり負荷がかかっている。スピード感にあふれ、4ハロン49秒0の好時計を軽々とマーク。ラスト1ハロンは11秒4と極上の切れ味をアピールした。

     「時計は速くなったけど、指示通りで動きは良かったと思う。汗をかく時季が合うので、先々週からグーンと状態が上がってきた」と順調な仕上がりに伊藤大調教師の声が弾む。

     前走の高松宮記念は14着だったが「押っつけ押っつけで行っても行けなかったね。緩い馬場はトモ(後肢)が流れるのでダメだね」と分析。続けて「(2走前の)中山は坂で止まってしまった。こちらの環境もぴったりだし、一瞬の脚を生かせる小回りの平坦コースは合う。母になる前に、もうひとつ重賞を」と気合を込めた。

     今回は松岡騎手と初めてコンビを組む。この日の追い切りには騎乗しなかったが、1週前に美浦で感触を確かめた鞍上も「先週、乗った感じは躍動感があってよかった。行く馬も分かっているし、頭数も少ないので競馬はしやすい。セイウンコウセイは強いけど、函館は走るからね」と腕をぶす。

     週末は晴れ予報で、苦手な道悪競馬になる心配もなさそうだ。昨年も函館で勝利を挙げているクリスマスが、待ちに待った1年ぶりの晴れ舞台で、4年前の函館2歳S以来となるタイトルを狙っている。  (花田隆)
    【函館スプリントS】ラインハート 四肢の運び滑らか「勝ち鞍がある洋芝でキッカケを」
     【函館スプリントS(日曜=18日、函館芝1200メートル)注目馬15日最終追い切り:函館競馬場】ラインハートは丸山を背にウッドで単走。馬場の内めを回って馬なりのまま5ハロン68・1―37・9―12・5秒をマークした。四肢の運びは滑らかで力を出せる状態だ。

     平田助手「前走(安土城S=13着)はスタートで後手に回って、流れに乗れなかった。勝ち鞍がある洋芝でキッカケをつかみたい」
    【函館SS】セイウンコウセイ、豪快伸び!
    サマースプリントシリーズの初戦、函館スプリントSの追い切りが14日、函館競馬場で行われた。高松宮記念でGI初制覇を飾ったセイウンコウセイは、Wコースで豪快な伸び。約2カ月半ぶりとなるが、万全の仕上がりをアピールした。昨年2着のシュウジは、好タイムをたたき出して3頭併せで最先着。サンケイスポーツ調教評価『S』となった。

     GI馬の名に懸けて勝利は譲れない。高松宮記念を制した春のスプリント王セイウンコウセイが、貫禄たっぷりの動きを披露。一点の曇りもない仕上がりだ。

     午前7時過ぎ、津軽海峡から吹く冷たい海風を受けながらWコースに登場した。スタンドから見える標高334メートルの函館山をバックにスムーズに加速し、ゴール前で気合をつけられると、豪快な脚さばきでフィニッシュ。タイムは単走で、5ハロン66秒3、3ハロン38秒0-12秒3としっかり負荷をかけられた。

     「覇気を出させる調整をしました。動きに関しては言うことなしですね」

     騎乗した平田助手が満足げな表情を浮かべる。今回はデビュー16戦目で初めて経験する滞在競馬だが「若い頃はうるさい面がありましたが、今はオンとオフ(の切り替え)がしっかりしています。思い通りの調整ができていますね。環境にも慣れて落ち着いていますし、カイバもペロリと食べています」と不安なしを強調する。

     さらに「GI馬として負けられないですが、楽な仕上げでは勝てないので、きっちりとやりました。北海道で休ませるついでに、ここに連れてきたわけではありません」と言い切った。

     初勝利からわずか1年でGI馬となった日の出の勢いと万全の最終調整。加えて、ダービー翌週のクラス再編成で収得賞金が半分になり、斤量56キロでの出走だ。セイウンコウセイが、開幕を待ちわびた函館の競馬ファンを前に、これぞGI馬という走りを見せてくれるに違いない。
    【函館スプリントS予想|2017年|追い切り・調教ニュースまとめ】の続きを読む

    函館スプリントS予想|2017年|予想オッズまとめ

    yosouodds

    競馬で勝ちたい・儲けたい
    そんな貴方様に・・・競馬劇場
    無料コンテンツ4つは完全オリジナル
    そんな無料コンテンツが見れる
    競馬劇場が熱い
    keibakaigi


    ヤフーニュースより
    【函館スプリントS】レース展望
     ◆第24回函館スプリントS・G3(18日・芝1200メートル、函館競馬場)

     第24回函館スプリントステークス・G3が6月18日、函館競馬場の芝1200メートルの舞台で行われる。

     前走、やや重の高松宮記念でG1制覇を飾ったセイウンコウセイ(牡4歳、美浦・上原博之厩舎)は、パワーを要する馬場が得意で、初めての洋芝もフィットしそうなイメージ。早くからここを照準に定めており、G1馬として取りこぼせない一戦だ。

     武豊が騎乗予定の昨年2着馬シュウジ(牡4歳、栗東・須貝尚介厩舎)は高松宮記念で思わぬ惨敗(15着)を喫したが、やや重の馬場を気にしていたのが敗因。昨年、キーンランドC(札幌)でも2着にきたように北海道の洋芝はぴったりの条件。いきなり巻き返して不思議はない。

     キングハート(牡4歳、美浦・星野忍厩舎)は前走の鞍馬Sでオープン初勝利。地力アップは顕著で、勢いを武器に重賞に立ち向かう。

     前走のシルクロードSは、しんがり13着に敗れたブランボヌール(牝4歳、栗東・中竹和也厩舎)。道中ハミを取らず走る気が全く感じられなかった。昨年のキーンランドC覇者で、函館も2戦2勝と好相性だ。

     昨年5着のエポワス(セン9歳、美浦・藤沢和雄厩舎)は前走の大阪―ハンブルクCを勝ち、老いてなお盛ん。函館は【1301】と得意とするコースだけに注意が必要だ。

     高松宮記念14着のクリスマス(牝6歳、美浦・伊藤大士厩舎)は、札幌、函館で【4011】と好相性を誇る。最も力を発揮できる条件だけに軽視は禁物。

     昨年のオーシャンS以来勝ち星がないエイシンブルズアイ(牡6歳、栗東・野中賢二厩舎)。ここ2戦はダートに投入されているが、能力自体は落ちているとは思えない。0秒1差5着だった14年キーンランドC(札幌)以来の洋芝で変身があれば。(大上 賢一郎)
    【函館スプリントS予想|2017年|予想オッズまとめ】の続きを読む

    5
    函館スプリントステークス予想|調教・追い切り|ネット評価まとめ
     

    【函館スプリントS(日曜=19日、函館芝1200メートル)注目馬16日最終追い切り:函館競馬場】エポワスは杉原を背にティソーナと芝で併せ馬。5ハロン67・9―37・9―11・8秒の時計で軽快に併入。前走(京王杯SC=16着)からの上積みを感じさせる。

     藤沢和調教師「ファルブラヴ産駒の典型で洋芝しか走らない。昨夏に使った後はスパッと休ませたし、前走を使って状態も上がってきた」

     

    TM追い切り診断 2016函館SS 函館

     

     

    主な馬の調教タイム

    オデュッセウス

    6/15 函館Wやや

    68.7-53.6ー39.7-12.6


    エポワス

    6/16  函館芝やや

    68.1-51.1-37.9ー12.5


    ティーハーフ

    6/16 函館W重

    69.8-54.2-39.9ー12.5




     

     

     

    【函館スプリントステークス予想|調教・追い切り|ネット評価まとめ】の続きを読む

    5
    函館スプリントステークス予想|注目馬ティソーナ|ネット評価まとめ

    【函館スプリントS(日曜=19日、函館芝1200メートル)注目馬16日最終追い切り:函館競馬場】ティソーナは開門(午前5時30分)と同時にエポワスとともに本馬場(芝)入り。道中は3馬身ほど先導する形で進み、直線で僚馬が内から馬体を併せにきても、前に出すことを許さなかった(5ハロン68・6―38・3―11・8秒)。

     追い切り直前に自らの足で芝の状態を確かめた藤沢和調教師「(エポワスを含め)2頭とも広いコースで追いたかったので芝で。馬場が湿っていた分、時計は遅いけど、いい動きだったね。前走(NHKマイルC=17着)は隣の馬がゲートで暴れ、頭を下げた時にスタートを切られてタイミングが合わなかった。洋芝は合いそうだし、斤量(52キロ)も軽い。仕切り直しのここで(古馬相手に)どこまでやれるか楽しみ」

     
    【函館スプリントステークス予想|注目馬ティソーナ|ネット評価まとめ】の続きを読む

    5

    函館スプリントS予想|調教・追い切り|ネット評価

     


    競馬ファンならチェック必至
    無料会員が熱い!!
    指定サイトから無料会員へ-ターフビジョン無料会員
    3f1


     

     夏は実績馬より上がり馬! サトノデプロマットが3連勝で重賞初Vだ。

     ダートから芝6Fに転じて連勝。前走・船橋Sの勝ち時計1分7秒4は優にGIIIレベルだ。「体質面に弱いところがあったのでダートを使っていたが、だいぶしっかりしたので芝へ。馬体も大きくなったし、デキはいい」と唐津助手。園田からの転入初戦で490キロだった馬体は前走で506キロまで成長。5歳夏にして充実一途と言っていい。

     北海道は初参戦も、「黒い馬で暑さは得意じゃなさそうだから、涼しい函館はいい。時計のかかる洋芝も合う」と高橋亮調教師。今の勢いなら並みいる実績馬も恐るるに足らずだ。(夕刊フジ)

     
    函館スプリントS-調教・追い切り
    函館 
    【函館スプリントS予想|調教・追い切り|ネット評価】の続きを読む

    このページのトップヘ