競馬予想@競馬総合情報

競馬予想@競馬総合情報!、競馬予想で的中ラッシュするためにいろいろな視点からを作成しています。競馬予想データ、競馬ニュース、競馬情報など

    函館スプリントステークス

    函館SS予想|2018年|直前情報まとめ

    chokuzen

    ヤフーニュースより

    【函館スプリントS】傾向と対策

    過去10年(09年は札幌)の結果から傾向を探る。

     ☆人気 1番人気は【3・2・0・5】と5連対だが、近5年は7→11→14→6→4着と苦戦中。下位人気馬が浮上している。

     ☆性別 牡・セン馬【5・8・5・84】、牝馬【5・2・5・31】。出走数が少ない割には牝馬の健闘が目立つ。

     ☆年齢 3歳(今年出走なし)【3・2・2・17】、4歳【2・3・2・9】、5歳【3・1・2・39】、6歳【1・3・3・23】、7歳以上【1・1・1・27】。連対率は4歳馬が上回る。

     ☆枠 3枠3勝(2着3回)、2枠2勝(2着1回)。内枠が優勢。

     結論 ◎ジューヌエコール ○ナックビーナス ▲ティーハーフ 

    展開を読む【函館スプリントS=平均ペース】
      ワンスインナムーンがすんなりハナ。内枠のセイウンコウセイ、ダイアナヘイローが好位で、ライトフェアリーが外から並びかける。ペースは速すぎず平均的な流れ。ナックビーナスが先行勢の動きを見て早めに仕掛ける展開も。


    競馬予想サイト レープロの無料予想が激アツなの知っているw

    rep


    これだけの無料コンテンツを誰でも無料・しかも匿名性の高いフリーメールで登録できます。

    競馬レープロへ行く



    函館SS予想|2018年|調教・追い切りニュースまとめ

    choukyou


    高配当21では今週も無料予想GET
    馬券師が馬券的中を目指しますw
    無料予想で有馬記念予想を公開
    kouhai21s


    ヤフーニュースより
    【覆面記者の耳よりトーク】函館SS

    しの 東京メーンは3歳のダートGIIIね。

     東京サンスポ・山川 絶対に外せないのはルヴァンスレーヴ。東京ダートマイルはプラタナス賞で楽々と2歳レコード。中心は揺るぎません。

     東京サンスポ・千葉 でも、最終追いは馬なりの相手に劣勢の手応えで追いつけなかった。このひと追いでどこまで…。

     大王 グリムも同じ舞台の青竜SでV。

     大阪サンスポ・長田 けいこの脚さばきは軽快。野中調教師は「前回は距離に不安があったけど、いい内容だった。輸送も大人しいから」と。

     しの 今週の栗東の坂路4F51秒6は自己最速。持ち時計も上位ですし、私はこの馬から。

     水谷 ハーベストムーンも日曜に51秒6や。「府中マイルはいかに自分のリズムで行けるかがポイント」と西谷助手。

     長田 力強いストライドでウッドチップを蹴り上げる姿が印象的で。

     千葉 5戦【3110】と安定していて、戸崎騎手もこのレース4戦2勝。しかも前走、京都1800メートルOP戦の1着馬は【3300】です。

     大王 鳳雛Sでハーベストのクビ差2着がグレートタイム。母はダート重賞馬のミラクルレジェンド。先行馬がそろって流れが向きそうだし抽選を突破してほしい。

     千葉 ちなみに前走、京都9FのOP戦で1番人気、かつ4着以内の馬も【3100】。となると鳳雛S3着のコマビショウも有力候補だ。

     しの データどおりなら鳳雛S組ですね。

     千葉 おまけで、中9週以上は過去15年で未勝利というデータも。

     山川 ドバイ帰りのルッジェーロは中10週か。ただ、追い切った柴田善騎手は「疲れとか何もない、完璧」と絶賛。

     しの 北は函館が開幕ね。出張中の漆山くん、お願いします。

     東京サンスポ・漆山 メッチャ寒いし、大雨は降るし、カラ馬にぶつかりそうになるし…。

     大王 ふ~ん。◎候補はナックビーナス。昨年のキーンランドCで0秒1差3着なら初の函館でも大丈夫。三浦騎手が続けて騎乗するのもいい。

     漆山 昨夏からダートの東京盃以外はすべて掲示板内だ。「抜け出すとソラを使うが、逆に馬ごみを苦にせず立ち回りがうまい」と永井厩務員。

     大王 函館巧者で前走から1F短縮のアドマイヤゴッドも面白い。

     漆山 GI馬セイウンコウセイは先週のけいこからチークピーシズを装着。それでも池添騎手は「直線でフワッとするところがあった」って。

     水谷 ワシの馬プレは函館。恐ろしいくらい相性のいいレースなんや。

     しの その勢いで昨年はハズしてました。

     水谷 ふん。今年は10万円超をプレゼントや。

    【函館SS予想|2018年|調教・追い切りニュースまとめ】の続きを読む


    函館SS予想|2018年|予想オッズまとめ

    yosouodds



    無料の予想で
    競馬を勝ちたい・儲けたい
    そんな貴方さまにはUMAチャンネル

    充実の無料予想・・・
    umachs

    チャンピオンズカップでコパノリッキー買えたのはこのサイトのこの
    無料コンテンツのおかげ

     
    トラックマンS(栗東担当者)

    コパノリッキーが好調キープ出来ているようです。フェブラリーSの後リフレッシュされたことで走りがスムーズになりしっかり手前を変えて走れるようになったのがここ3戦の好走の原因のようです。前走も出遅れがなければ勝てていたかという競馬で、ここもうまく立ち回れば勝ち負けに加わってくるという感触です!!


    ヤフーニュースより

    【函館SS】北海道シリーズ開幕 高松宮記念3着ビーナス期待


    今週から夏の北海道シリーズが開幕。函館&札幌ともに各6週(計12週)にわたり、熱戦が繰り広げられる。

     函館開幕週を飾る「第25回函館スプリントS(サマースプリントシリーズ第1戦)」は実力伯仲の混戦。G1高松宮記念で3着奮闘のナックビーナスが一歩リード。昨年高松宮記念覇者セイウンコウセイ、2走前の阪急杯快勝ダイアナヘイロー、函館SS連覇を狙うジューヌエコールも上位候補。

    【函館SS予想|2018年|予想オッズまとめ】の続きを読む

    函館スプリントS予想|2017年|追い切り・調教ニュースまとめ

    choukyou


    勝馬の栞で今週も無料予想GET
    ダービー注目馬はここで無料GETw
    http://horse-win.com/
    kachiuma


    ヤフーニュースより引用

    【函館SS】クリスマス、函館で弾んだ11秒4!
    函館スプリントSの追い切りが15日、函館競馬場で行われた。当地で3勝を挙げているクリスマスは、芝コースで馬なりながら鋭い伸びを披露。GI高松宮記念では14着と大敗したが、得意の舞台で2013年の函館2歳S以来の重賞勝利を狙っている。ブランボヌール、キングハートも順調に態勢を整えた。

     まさに函館の女だ。函館の芝1200メートルでメンバー最多の3勝を挙げる6歳牝馬クリスマスが、芝コースを単走で爽快に駆け抜けた。

     コーナーを大きく回って、直線は外ラチ沿いを伸びる。終始馬なりだったが、しっかり負荷がかかっている。スピード感にあふれ、4ハロン49秒0の好時計を軽々とマーク。ラスト1ハロンは11秒4と極上の切れ味をアピールした。

     「時計は速くなったけど、指示通りで動きは良かったと思う。汗をかく時季が合うので、先々週からグーンと状態が上がってきた」と順調な仕上がりに伊藤大調教師の声が弾む。

     前走の高松宮記念は14着だったが「押っつけ押っつけで行っても行けなかったね。緩い馬場はトモ(後肢)が流れるのでダメだね」と分析。続けて「(2走前の)中山は坂で止まってしまった。こちらの環境もぴったりだし、一瞬の脚を生かせる小回りの平坦コースは合う。母になる前に、もうひとつ重賞を」と気合を込めた。

     今回は松岡騎手と初めてコンビを組む。この日の追い切りには騎乗しなかったが、1週前に美浦で感触を確かめた鞍上も「先週、乗った感じは躍動感があってよかった。行く馬も分かっているし、頭数も少ないので競馬はしやすい。セイウンコウセイは強いけど、函館は走るからね」と腕をぶす。

     週末は晴れ予報で、苦手な道悪競馬になる心配もなさそうだ。昨年も函館で勝利を挙げているクリスマスが、待ちに待った1年ぶりの晴れ舞台で、4年前の函館2歳S以来となるタイトルを狙っている。  (花田隆)
    【函館スプリントS】ラインハート 四肢の運び滑らか「勝ち鞍がある洋芝でキッカケを」
     【函館スプリントS(日曜=18日、函館芝1200メートル)注目馬15日最終追い切り:函館競馬場】ラインハートは丸山を背にウッドで単走。馬場の内めを回って馬なりのまま5ハロン68・1―37・9―12・5秒をマークした。四肢の運びは滑らかで力を出せる状態だ。

     平田助手「前走(安土城S=13着)はスタートで後手に回って、流れに乗れなかった。勝ち鞍がある洋芝でキッカケをつかみたい」
    【函館SS】セイウンコウセイ、豪快伸び!
    サマースプリントシリーズの初戦、函館スプリントSの追い切りが14日、函館競馬場で行われた。高松宮記念でGI初制覇を飾ったセイウンコウセイは、Wコースで豪快な伸び。約2カ月半ぶりとなるが、万全の仕上がりをアピールした。昨年2着のシュウジは、好タイムをたたき出して3頭併せで最先着。サンケイスポーツ調教評価『S』となった。

     GI馬の名に懸けて勝利は譲れない。高松宮記念を制した春のスプリント王セイウンコウセイが、貫禄たっぷりの動きを披露。一点の曇りもない仕上がりだ。

     午前7時過ぎ、津軽海峡から吹く冷たい海風を受けながらWコースに登場した。スタンドから見える標高334メートルの函館山をバックにスムーズに加速し、ゴール前で気合をつけられると、豪快な脚さばきでフィニッシュ。タイムは単走で、5ハロン66秒3、3ハロン38秒0-12秒3としっかり負荷をかけられた。

     「覇気を出させる調整をしました。動きに関しては言うことなしですね」

     騎乗した平田助手が満足げな表情を浮かべる。今回はデビュー16戦目で初めて経験する滞在競馬だが「若い頃はうるさい面がありましたが、今はオンとオフ(の切り替え)がしっかりしています。思い通りの調整ができていますね。環境にも慣れて落ち着いていますし、カイバもペロリと食べています」と不安なしを強調する。

     さらに「GI馬として負けられないですが、楽な仕上げでは勝てないので、きっちりとやりました。北海道で休ませるついでに、ここに連れてきたわけではありません」と言い切った。

     初勝利からわずか1年でGI馬となった日の出の勢いと万全の最終調整。加えて、ダービー翌週のクラス再編成で収得賞金が半分になり、斤量56キロでの出走だ。セイウンコウセイが、開幕を待ちわびた函館の競馬ファンを前に、これぞGI馬という走りを見せてくれるに違いない。
    【函館スプリントS予想|2017年|追い切り・調教ニュースまとめ】の続きを読む

    函館スプリントS予想|2017年|予想オッズまとめ

    yosouodds

    競馬で勝ちたい・儲けたい
    そんな貴方様に・・・競馬劇場
    無料コンテンツ4つは完全オリジナル
    そんな無料コンテンツが見れる
    競馬劇場が熱い
    keibakaigi


    ヤフーニュースより
    【函館スプリントS】レース展望
     ◆第24回函館スプリントS・G3(18日・芝1200メートル、函館競馬場)

     第24回函館スプリントステークス・G3が6月18日、函館競馬場の芝1200メートルの舞台で行われる。

     前走、やや重の高松宮記念でG1制覇を飾ったセイウンコウセイ(牡4歳、美浦・上原博之厩舎)は、パワーを要する馬場が得意で、初めての洋芝もフィットしそうなイメージ。早くからここを照準に定めており、G1馬として取りこぼせない一戦だ。

     武豊が騎乗予定の昨年2着馬シュウジ(牡4歳、栗東・須貝尚介厩舎)は高松宮記念で思わぬ惨敗(15着)を喫したが、やや重の馬場を気にしていたのが敗因。昨年、キーンランドC(札幌)でも2着にきたように北海道の洋芝はぴったりの条件。いきなり巻き返して不思議はない。

     キングハート(牡4歳、美浦・星野忍厩舎)は前走の鞍馬Sでオープン初勝利。地力アップは顕著で、勢いを武器に重賞に立ち向かう。

     前走のシルクロードSは、しんがり13着に敗れたブランボヌール(牝4歳、栗東・中竹和也厩舎)。道中ハミを取らず走る気が全く感じられなかった。昨年のキーンランドC覇者で、函館も2戦2勝と好相性だ。

     昨年5着のエポワス(セン9歳、美浦・藤沢和雄厩舎)は前走の大阪―ハンブルクCを勝ち、老いてなお盛ん。函館は【1301】と得意とするコースだけに注意が必要だ。

     高松宮記念14着のクリスマス(牝6歳、美浦・伊藤大士厩舎)は、札幌、函館で【4011】と好相性を誇る。最も力を発揮できる条件だけに軽視は禁物。

     昨年のオーシャンS以来勝ち星がないエイシンブルズアイ(牡6歳、栗東・野中賢二厩舎)。ここ2戦はダートに投入されているが、能力自体は落ちているとは思えない。0秒1差5着だった14年キーンランドC(札幌)以来の洋芝で変身があれば。(大上 賢一郎)
    【函館スプリントS予想|2017年|予想オッズまとめ】の続きを読む

    このページのトップヘ