JC(ジャパンカップ)予想|2020年|馬体診断まとめ


ヤフーニュースの
馬体診断をまとめています。




batais




管理人のG1成績

フェブラリーステークス

baken3



大阪杯
oosakahai2
oosakahai1


天皇賞(春)
tenharu1
tenharu2


NHKマイルC
nhkm2
nhkm1
nhkm3

ヴィクトリアマイル
viku


宝塚記念
takaraduka2


3強の馬体診断

ヤフー(引用元)
https://news.yahoo.co.jp/articles/173ca2976921662ac346644328f35280f6b371ac

 【アーモンドアイ S評価】

 激戦の疲れがどこまで回復しているか?今回はこれに尽きるだろう。結論から言えば何も心配はない。はち切れんばかりにパンパンに張った馬体には無駄な脂肪が一切なく、筋肉の鎧をまとったまま。ボリュームがある肩回りも柔らかく、トモもみなぎる力がギュッと凝縮されているかのような、全身バネのようなつくり。

 パーツ、パーツも大きくたくましさがあって、大地をしかっかりと踏みしめる爪は、以前不安を抱えていたことなどすっかりと忘れてしまう。肌を薄くしっとりと見せているのも、寒い時季でも代謝がいい証拠だ。  

 胸を張って前を向く堂々とした立ち姿は前回と同じ。これ以上の状態を望むのはもう酷。引退レースとは思えないほど、心身ともども張り詰めている。
(馬サブロー美浦・佐野裕樹)  

〈1週前追い切り診断〉
 ルメールを背に美浦Wで5F67秒8-39秒0-13秒1(馬なり)。前を走る僚馬を目標に進み、直線も無理して追わずリズム重視。フットワークは弾んでおり、いつでもつかまえられる手応えと勢いは、激戦後の疲れをみじんも感じさせない。馬体もパンパンに張った状態を維持できている。

ヤフー(引用元)
https://news.yahoo.co.jp/articles/52ee6f062d6da1ae3075a1aa94d92d5f7ea81ba6
 【アーモンドアイ 95点
 有終の輝きというべきか。8冠牝馬アーモンドアイの毛ヅヤは引退レースが近づいても光沢を失っていません。むしろ秋の天皇賞以上に輝いている。その鹿毛の被毛は女王の退位式に合わせて新調した茶色いサテンのドレスのように美しい。  

 晩秋を迎えると、牝馬は体を冷やさないように牡馬より早く冬毛を伸ばす傾向があります。出産という大仕事を受け持つ牝馬の本能が働くからです。3冠牝馬デアリングタクトのように冬毛が交じった被毛は光沢を失い、くすんだ色に変わる。ところが、8冠女王のドレスには1本の冬毛も交じっていません。気温と反比例して毛ヅヤがアップする不思議なドレス。繁殖に行かず現役を続けたい…母性本能よりも競走本能が強いせいなのか。それとも、よほど新陳代謝が活発なのか。ともあれ、抜群の体調。天皇賞・秋から中3週のローテに不安なしと毛ヅヤが雄弁に語っています。  

 ただし、2400メートルの距離は不安です。中距離体形が年齢を重ねて父ロードカナロア譲りのマイラー体形に変わった。18年のJC優勝時とは別馬のような筋肉マッチョ。特に首から肩、トモが厚みを増しています。長距離を走るには邪魔になる筋肉のボリューム。天皇賞・秋から400メートルの距離延長をいかに乗り切るか。有終の輝きを放つ女王に課された最後の試練です。
ヤフー(引用元)
https://news.yahoo.co.jp/articles/b7796b96b2c860a15bfc6405086b6411cdc3b2e7
 【デアリングタクト A評価】

 前走の秋華賞は、馬体重14キロ増の480キロ。それでも全く太め感はなく、むしろオークス時よりもすっきりと仕上がっていた。これは春よりも背丈が伸びて、馬体がひと回り大きくなったのが要因と言える。  

 今回は中5週の間隔になるが、以前に比べて体質も強化されており激戦の疲れはなさそう。むしろ約5カ月ぶりをひと叩きされて、トモの丸みが出たのはプラス材料だろう。牡馬と比べると肩やトモの筋肉の輪郭は見劣るが、しなやかさという点ではこちらが上位だ。  首がスラッとして長く、体高よりも体長が長い点からベストは芝2400メートル。いくらか脚が短いため、跳びは小さく回転の速いフットワークが切れる末脚の原動力となっている。前走時にうっすらと見えていたあばらが今回は見えにくいことから100点満点とは言えないが、高いレベルで安定している。 (馬サブロー栗東・竹原伸介)  
〈1週前追い切り診断〉
 
 松山を背に栗東CWで6F81秒2-37秒6-11秒7(馬なり)。前半から理想的なラップを刻み、楽々と好時計をマークした。秋華賞の時より力みがなく、フォームも伸びやか。22日は栗東坂路で4F57秒1-41秒1-13秒7(馬なり)。相手関係が格段に強化されるため結果は走ってみないと分からないが、少なくとも馬体や動きに関しては前回以上だ。

ヤフー(引用元)
https://news.yahoo.co.jp/articles/ac7b65ae654170f5a9d6cc5bb6fc0c6c428ab55d
 【デアリングタクト 80点評価】
 
 無敗3冠牝馬の腹周りが寂しく映るのはなぜか。菊花賞以上に腹周りが厚くなったコントレイルとは対照的に、デアリングタクトの腹は秋華賞時よりも細く見えます。

 牝馬3冠制覇時に放っていたまぶしい青鹿毛の光沢が冬毛でくすんでいるのは牝馬だけに仕方ありませんが、腹周りの変化は気になる。疲労やダメージは腹に表れやすいからです。  
 毛ヅヤと腹周りを除けば非の打ちどころがありません。厚みとしなやかさを併せ持つ筋肉。特に臀筋(でんきん=臀部の筋肉)は立派です。尾の付け根が他の馬より高い位置にあるのを感じさせないほどせり上がっている。

 顔を見れば、耳、目、鼻先をカメラマンに向けながら、気持ち良さそうに立っています。名牝のかおり漂うたたずまい。無敗3冠牝馬の凄みを感じさせる立ち姿です。
ヤフー(引用元)
https://news.yahoo.co.jp/articles/4ce1b02c6070788ceb393ceab9b4dbfd58349ca7
 【コントレイル A評価】
 
 中3、中4週続きのレース間隔、菊花賞での直線300メートル以上のたたき合い。残存する『疲れ』を心配したが、写真からは見受けられない。春の馬体に比べると肩の浅胸筋(せんきょうきん)や上腕三頭筋(じょうわんさんとうきん)の輪郭がくっきりとして、馬体の成長が感じられる。  

 まだ馬体に幼さを残しており、もう一段階成長する余地はあると思うが、デビュー以来456~462キロで出走している体重の変動が少ないタイプだけに、体つきは今後も大きくは変わらない可能性も十分に考えられる。  

 馬体からは芝2000~2400メートルがベストと思えるだけに、今回は適条件と思う。絶好の状態だった前走時に比べると完璧さはないものの、馬体の張りは失っていないし毛ヅヤの光沢も十分にある。90%以上の状態は維持できている。
(馬サブロー栗東・竹原伸介)  

〈1週前追い切り診断〉
福永を背に栗東CWで6F81秒8-38秒0-11秒7(仕掛け)。札幌2歳S3着のバスラットレオン(2歳1勝クラス)を0秒8、今年のJDダービー覇者ダノンファラオ(3歳オープン)を1秒4、それぞれ追走して0秒1遅れてのゴールだった。もっとも、遅れ自体は大きく追走した分で心配はなく、キビキビとしたフットワークは目を引くもの。追われてからの反応もシャープだった。22日は栗東CWで4F59秒6-41秒9-13秒1(馬なり)で軽快な動きを披露した。
ヤフー(引用元)
https://news.yahoo.co.jp/articles/085796d97eb961f262abc2cb2cc19ae3327a37c6
 【コントレイル 100点】
 これが菊花賞で死力を尽くして間もない馬体なのか。飛行機雲(コントレイル)と名付けられた青鹿毛がまとっているのは非凡さがひと目で分かる柔らかくてしなやかな筋肉。無敗3冠に挑んだ1カ月前と変わらない素晴らしい張りと毛ヅヤを保っています。疲れが残っていれば腹周りが多少なりとも細くなるものですが、むしろ菊花賞時よりふっくらしている。460キロ前後の体重以上に大きく見せる馬体。4冠ロードには一点の曇りもありません。   
 菊花賞では外からプレッシャーをかけてきたアリストテレスの猛追を首差しのいだ。道中掛かりながら3000メートルを何とか乗り切りました。それからわずか1カ月で反動のかけらもない普段通りの体に戻っているのはなぜか。疲労が蓄積しづらい柔軟な筋肉を備えているからです。  

 3冠制覇はコントレイルにとって通過点なのでしょう。その立ち姿は菊花賞からの新たな進化を伝えています。1カ月前には気持ちの高ぶりから少しだけ上げていた尾をごく自然に垂らしています。精かんな顔立ちでハミをゆったりと受けながら、悠然と尾を流す。3冠馬にふさわしい風格。厳しい経験は人も馬も成長させるものです。菊花賞の厳しい戦いを乗り越えて気性が成長したのでしょう。  

 中距離体形だけに3000メートルから2400メートルに替われば一層戦いやすい。別表の項目通り、筋肉の張りから腹周り、毛ヅヤ、立ち姿、体形までひと通りチェックした後、目を見て驚かされました。意志の強さと穏やかな気性を宿した光を放っています。過去2頭の無敗3冠馬にも見られなかった不思議な眼光。シンボリルドルフは菊花賞直後のジャパンCで3着、父ディープインパクトは菊花賞後に有馬記念に挑んで2着と、初めて土が付きました。目が口ほどにものを言うなら、この眼光が訴えるものは…。  

 父の蹄跡も上回る史上初の無敗4冠。もう1段進化したコントレイルなら新たな領域へ飛翔できます。晩秋の青空に真っすぐ伸びる飛行機雲のように。(NHK解説者)


今週から管理人の評価もつけておきます。
某週刊誌の写真を見た印象です。

1位 デアリングタクト
2位 コントレイル
3位 アーモンドアイ
4位 ユーキャンスマイル
5位 キセキ





「ジャパンカップの無料予想」はここをチェック
誰でもフリーメールを用意すればかんたんに予想がゲットできます。
鬼勝ち馬券情報局-管理人もチェックする予定
2020-11-26_12h20_20