天皇賞秋予想|2020年|1番人気成績|予想オッズまとめ

yosouodds


管理人のG1成績

フェブラリーステークス

baken3



大阪杯
oosakahai2
oosakahai1


天皇賞(春)
tenharu1
tenharu2


NHKマイルC
nhkm2
nhkm1
nhkm3

ヴィクトリアマイル
viku


宝塚記念
takaraduka2



直近の重賞「北九州記念」
red1

red2

red5



紫苑S
shions1


セントウルS
sentou2020s


ローズS
4


オールカマー
orukama


過去の天皇賞秋の1番人気

2019年 アーモンドアイ 1着
2018年 スワーヴリチャード 10着
2017年 キタサンブラック 1着
2016年 モーリス 1着
2015年 ラブリーデイ 1着
2014年 イスラボニータ 3着
2013年 ジェンティルドンナ 2着
2012年 フェノーメノ 2着
2011年 ブエナビスタ 4着
2010年 ブエナビスタ 1着



1番人気は5勝


「結果」
5-2-1-1-0-1/10(50%-80%)

アルケミスト
akia

「期間限定これ激アツだよね」まあ見逃し厳禁です。
無料コンテンツだけで儲けられる。





ヤフーニュースより
【天皇賞・秋展望】連覇を狙うルメール騎手騎乗のアーモンドアイが主力を担う


 
 第162回天皇賞(秋)・G1が11月1日、東京競馬場の芝2000メートルの舞台で行われる。
 
 連覇を狙うアーモンドアイ(牝5歳、美浦・国枝栄厩舎)が主力を担う。前走の安田記念(2着)では、早めに抜け出したグランアレグリアを捕えることはできなかったが、ヴィクトリアM優勝から中2週の一戦でフレッシュさを欠いていたとの陣営の弁。道中も他馬を気にして脚がうまく溜まらなかった印象だ。休養明け、2000メートルなら、その不安はなく、最高の条件で史上最多となる芝のG1・8勝目を目指す。  

 春の大阪杯2着から臨んだ宝塚記念で6馬身差の圧勝劇を演じたクロノジェネシス(牝4歳、栗東・斉藤崇史厩舎)が、急激に力をつけている。夏は栗東近郊のノーザンファームしがらきで過ごし、一段とパワーアップ。10月1日にトレセン帰厩後も単走、併せ馬を取り混ぜて充実の調整ぶり。メンタルの成長もあり、貫禄が備わってきた。オークスは3着だったが、アイビーS、クイーンCを勝った東京は得意コース。打倒アーモンドアイへ、楽しみな一戦だ。  

 天皇賞・春連覇のフィエールマン(牡5歳、美浦・手塚貴久厩舎)が、ここに矛先を向けてきた。菊花賞を含む3000メートル超のG1で3勝のステイヤーだが、操縦性の良さには定評がある。今回コンビを組む福永騎手が、1週前追い切りに騎乗してコンディションを確認。好感触を口にした。瞬発力勝負では分が悪いが、持ち前の持続系の脚でどう戦うのか。3冠ジョッキーになった鞍上の技に期待する。  

 宝塚記念2着のキセキ(牡6歳、栗東・角居勝彦厩舎)は秋の始動戦の京都大賞典も2着とまとめて、完全に復調気配。逃げた一昨年の3着馬がどんな競馬をするのか。  昨年の2着馬ダノンプレミアム(牡5歳、栗東・中内田充正厩舎)、安田記念7着からの巻き返しを期すダノンキングリー(牡4歳、美浦・萩原清厩舎)、中山記念7着以来のウインブライト(牡6歳、美浦・畠山吉宏厩舎)、毎日王冠2着のダイワキャグニー(セン6歳、美浦・菊沢隆徳厩舎)、池添騎手に手綱が戻るブラストワンピース(牡5歳、美浦・大竹正博厩舎)もエントリーした。(大上 賢一郎)


天皇賞秋動画【2019年】




天皇賞秋ー2019年結果 

1着 アーモンドアイ ルメール
2着 ダノンプレミアム 川田将雅
3着 アエロリット 戸崎圭太

 
天皇賞秋ー予想(人気)

1番人気 アーモンドアイ
2番人気 クロノジェネシス
3番人気 フィエールマン
4番人気 ダノンキングリー
5番人気 キセキ


「広告」
競馬の無料コンテンツはここ使え
天皇賞秋は参考に
無料重賞有力情報はチェック必至
gfree