金鯱賞予想|2019年|直前情報まとめ

chokuzen

ヤフーニュースより
【金鯱賞】逃げ馬の大駆けが見込めるコース/コース解説

 10日に中京競馬場で行われる金鯱賞(4歳上・GII・芝2000m)の舞台となる中京芝2000m。このコースについて解説していく。

 1枠1番ダノンプレミアム  スタンド前直線の半ばからのスタート。つまりスタートから上り坂となる。初角となる1コーナーまでの距離は300mほど。上りスタートなので、先行争いは激しくなりにくい。  

 1~2コーナーは緩やかに上っていき、そこから下りに転じる。下りのまま3~4コーナーを回り、412.5mの直線へ。残り340m地点から100mほどの間に2mほどの急坂が待ち構えている。勾配2.0%は中山競馬場に次ぐキツさで、ここを上りきるとゴールまではほぼ平坦。  坂を2回上る形になるので、タフなコースレイアウトだといえる。ただ、比較的ペースが緩みやすいので、その点で逃げ馬の大駆けが見込めるコース。  

 金鯱賞は2回中京はAコースの2日目。年明けの1回開催はBコース使用だったため、内側の綺麗な部分が開放される形となる。開催時期が3月に変更されて以来、17年ロードヴァンドール(7番人気2着)、18年サトノノブレス(8番人気2着)と、2年続けて人気薄の逃げ馬が馬券になっているのは偶然ではないだろう。

【金鯱賞】傾向と対策

 過去10年の結果から傾向を探る(09年は5月中京、10、11年は5月京都、12~16年は11、12月の中京で開催)。  

 ☆人気 1番人気は【6・1・0・3】と安定している。気を吐くのは【1・2・1・6】の6番人気。   

 ☆年齢 4歳が【5・2・2・13】と圧倒的な成績を残す。3月開催の昨年も4歳スワーヴリチャードが勝っている。  

 ☆枠 7、8枠が3勝ずつでトップ。外枠でも強気に狙いたい。逆に勝利がないのは1、6枠。  

 結論 ◎ギベオン ○リスグラシュー ▲アルアイン

展開を読む【金鯱賞=スローペース】

 タニノフランケルがハナ候補だが、出方次第ではダノンプレミアムも先手を狙う態勢。アルアイン、エアウィンザーが好位で折り合って淡々を流れる。

 ギベオン、リスグラシューは中団から末脚勝負。先行有利の流れでどこまで迫るか。



競馬予想サイト レープロの無料予想が激アツなの知っているw

rep


これだけの無料コンテンツを誰でも無料・しかも匿名性の高いフリーメールで登録できます。

競馬レープロへ行く