阪急杯予想|2019年|直前情報まとめ

chokuzen

ヤフーニュースより
【阪急杯】逃げ馬が高連対率、ハイペースでも流れ込める/コース解説

 24日に阪神競馬場で行われる阪急杯(4歳上・GIII・芝1400m)の舞台となる阪神芝1400m。このコースについて解説していく。

 
 阪神芝コースは内回りと外回りがあるが、芝1400mは内回りを使用する。473.6mとたっぷり最後の直線がある外回りコースとは全く性格が異なっている点は、大前提として頭に入れておこう。

  
 阪神芝1400mは向正面のポケットからスタート。初角となる3コーナーまでは450mほどで、ほぼ平坦になっている。3~4コーナーで下るレイアウトでもあり、比較的、テンのペースは速くなりやすい。残り200m地点から急坂を上ってゴール。

  
 初角まで長いので、外枠の不利は軽減されそうに思えるが、そうはいっても内回りコースで行われる短距離戦だけあって、やはりロスの少ない内枠が優勢。平坦→下り坂→直線の急坂なので、コーナーの下りで加速して流れ込む競馬が有効で、実際に過去10年で逃げ馬(=3コーナー1番手)が3-1-0-6と4割の連対率を誇っている。馬券に絡んだ4頭のテン3Fは、34秒1、33秒8、33秒8、34秒2。この点からも、ハイペースになっても流れ込める傾向が見て取れる。

  
 1回阪神はAコースを使用する。開幕週ということで、馬場状態は良好だ。この点も、逃げ・先行馬にとっては力強い後押しになっている。

【阪急杯】傾向と対策

 過去10年の結果から傾向を探る。  

☆人気 1番人気は【2・2・1・5】、2番人気は【3・1・2・4】でともに連対率40%。4番人気が【2・3・0・5】で意外に活躍。6番人気以下の優勝3頭。  

☆前走 阪神カップ組が【3・3・3・14】と活躍。シルクロードS組が【2・2・0・21】、香港スプリント組が【2・0・0・0】で続く。  

☆世代 5歳が【7・3・1・29】で圧倒的にリード。4歳が【1・4・6・21】、6歳が【1・2・1・40】で続くが、勝率は低い。  

結論 ◎ミスターメロディ ○ダイメイフジ ▲スターオブペルシャ

展開を読む【阪急杯=平均ペース】

 
 ダイアナヘイローがハナへ。ロジクライ、ラインスピリットも前には行くが、競りはなく平均的な流れ。ミスターメロディ、ダイメイフジは好位へ。

 レッツゴードンキはいつも通りに末脚勝負だが、開幕週だけに先行勢に展開の利。



競馬予想サイト レープロの無料予想が激アツなの知っているw

rep


これだけの無料コンテンツを誰でも無料・しかも匿名性の高いフリーメールで登録できます。

競馬レープロへ行く