中山記念予想|2019年|直前情報まとめ

chokuzen

ヤフーニュースより
【中山記念】先行争いは激しくなりにくい中山芝1800m/コース解説

 16日に東京競馬場で行われるダイヤモンドS(4歳上・GIII・芝3400m)の舞台となる東京芝3400m。このコースについて解説していく。

 向正面直線の真ん中からのスタート。そこからコースを約1周半走る(Dコース使用時の一周距離は2139.6m)。初角となる3コーナーまでは約260m。道中に何度もアップダウンを繰り返し、最後に525.9mの直線が待ち構える非常にタフなコース設定だ。なお、この東京芝3400mが使用されるのは、ダイヤモンドSだけである。 

 最初のコーナーまでの距離は短いが、データ上、内枠有利という傾向は見られない。 1回東京はDコースで行われる。春競馬に向けて芝の内側を温存するための施策で、内ラチから9mも外側に柵が設けられることになり、その分、幅員も狭くなる。 

 ダイヤモンドSは開催7日目に開催されるので、内目の馬場状態が荒れてくることもあり、そうなると、一層、スタミナを問われる形になる。 

 1回東京は、速い上がりを問われる良好な馬場レベルで推移してきている。実際に先週の競馬でもその傾向は継続していた。とはいえ、野芝の生育が見込めないこの時期に、雪による延期など過酷な条件で競馬が行われたのは事実。しっかりと芝の状態は確認しておきたい。

【中山記念】傾向と対策

 過去10年の結果から傾向を探る。  

☆人気 
1番人気は【3・0・0・7】と不振だが、6番人気以下も3着内30頭で7頭のみ。上位人気が強い。  

☆近走成績 
近4走で芝G1に勝利していた馬が【4・1・3・5】で勝率30・8%、連対率38・5%、3着内61・5%とほかの着順や未出走馬より好成績。  

☆年齢 
4歳が4勝、2着2回、3着4回で最も好成績。

5歳が3勝、2着3回、3着1回。6歳が2勝、2着4回、3着2回。  
結論 ◎ステルヴィオ ○エポカドーロ ▲スワーヴリチャード

展開を読む【中山記念=平均ペース】

 マルターズアポジーが後続を引き離して大逃げを打つ構え。エポカドーロが2番手につけ、ラッキーライラック、ステルヴィオが続く。スワーヴリチャード、ウインブライトは中団、ディアドラは後方から直線勝負へ。



競馬予想サイト レープロの無料予想が激アツなの知っているw

rep


これだけの無料コンテンツを誰でも無料・しかも匿名性の高いフリーメールで登録できます。

競馬レープロへ行く