七夕賞予想|2018年|直前情報まとめ

chokuzen

ヤフーニュースより

【七夕賞】夕刊フジ・調教チェッカーズ 厳選3頭教えます

1番手はプラチナムバレット。4日は抑え切れないような手応えで先導馬に追いつき、強めに追われて2馬身先着。やや首の高い走法が気になるものの、瞬発力は上々だ。中間はコース&坂路でしっかり負荷をかけられており、左前跛行で最下位に終わった前走のダメージは感じられない。


 ワンブレスアウェイは古賀慎厩舎にしては珍しく、Wコース単走での最終追い。舌がハミを越して集中力を欠いたが、これは2着に好走した前走時もそうだったので気にする必要はない。身のこなしが大きく、引き続き好調だ。


 マイネルミラノはWコースで大外を回ってダイナミックな走り。タイムは前走時より遅かったが、フットワークの回転数は上がっている。4カ月半ぶりをひと叩きされて間違いなく上昇中だ。(夕刊フジ)

【七夕賞】傾向と対策

過去10年(11年は中山開催)の結果から傾向を探る。


 ☆人気 1番人気は【3・1・2・4】とまずまず。近5年は1、5、2、3、1番人気と上位人気馬が好走。


 ☆年齢 4歳【2・1・1・6】、5歳【5・4・3・33】、6歳【3・4・5・41】、7歳以上【0・1・2・45】。出走数が少ない4歳の健闘が光る。7歳以上は割り引き。


 ☆脚質 4角6番手以内の馬が9勝。中団より前で運べる馬が有利。


 ☆実績 重賞V経験のある馬が5連勝中。実績馬が結果を残している。


 結論 ◎プラチナムバレット ○キンショーユキヒメ ▲ワンブレスアウェイ



競馬予想サイト レープロの無料予想が激アツなの知っているw

rep


これだけの無料コンテンツを誰でも無料・しかも匿名性の高いフリーメールで登録できます。

競馬レープロへ行く