阪神牝馬S予想|2018年|直前情報まとめ

chokuzen

ヤフーニュースより

【前走後の談話】土曜阪神11R・阪神牝馬S

  ◇アドマイヤリード「この馬のリズムで位置を取りにいった。直線は勝ち馬の後ろで運べたけど、追い出すといつもの反応がなくて…。今日は久々だったし、次は良くなると思う」(藤岡康騎手)

 ◇エテルナミノル「ゲートの中で少しうるさかった。輸送があったし、テンションが高かった。できれば2着馬の位置で競馬をしたかったが…」(四位洋騎手)

 ◇クインズミラーグロ「先生からは出た位置を守ってほしいとの指示だった。そのイメージ通りにうまく走れたし、しっかりと脚を使ってくれた」(丸田恭騎手)

 ◇ジュールポレール「折り合いはついたけど、今日は距離と勝負どころで外を回ったぶんの影響かな」(幸英騎手)

 ◇ソウルスターリング「コントロールの範囲内ではあったが、道中はだいぶ力んでいた。そのぶん、直線に向いてからの手応えがなかった」(Cデムーロ騎手)

 ◇デンコウアンジュ「追い出しを待たされる形になったが、最後に(馬群の)中を突いてこられたのは収穫。牡馬相手でもいい内容だった」(蛯名正騎手)

 ◇ミエノサクシード「スタートは良かったけど、フワフワしており、後方からになってしまった。ただ、切れる脚を持っているし、道中は馬の力を信じてじっくりと運んだ。ヨレずに真っすぐ走れていたし、馬も真面目になってきている。オープンに上がっても通用していい決め手がある」(和田竜騎手)

 ◇ミスパンテール「よく頑張ってくれた。馬場が悪かったせいか、前走ほどの切れではなかったけど、じょうずに走ってくれてよかった。いい点もいっぱいあったけど、返し馬からテンションが高いところがあり、気になっていた。そのあたりが良くなってくれば」(横山典騎手)

 ◇ミリッサ「返し馬のときから口が敏感な感じがしたので、リズム重視で運んだ。追い出してからすぐに反応するという感じではなかったが、最後はよく伸びてくれた」(横山典騎手)

 ◇ラビットラン「少し力んでいたが、許容範囲。4コーナーの感じからすれば、もっと弾(はじ)けると思ったが…」(藤岡康騎手)

 ◇リスグラシュー「馬が非常に良くなっていたので、楽しみに東京へ来た。馬場はところどころ緩かったけど、しっかりと走ってくれた。3コーナー過ぎにペースが落ちたところで少し掛かりそうになったけど、我慢できたし、(抜け出すときの)反応も速かった」(武豊騎手)

 ◇レッドアヴァンセ「前半はペースが遅くタイトなレースになったが、直線で急にペースが速くなったのでスペースができた。上がりの競馬になってくれたので、瞬発力がある強みを生かせた」(ルメール騎手)

 ◇ワントゥワン「いい瞬発力があるのは分かっていた。いつも通り、後方からじっくりと運ぶ戦法。展開が向いたとはいえ、ラストは素晴らしい脚を使ってくれた」(Mデムーロ騎手)

【データで勝負】土曜阪神11R・阪神牝馬S

【データからの注目馬・中山11R】

◎(15)アンブロジオ

☆近5回の同名レースを参考。前走が重賞【5・2・3・31】→勝ち馬は全てそこで1着か、負けても0秒4差以内だった。特注はファルコンSで0秒4差以内だった馬【3・1・2・5】

 アンブロジオは当該レースと関連性が高いファルコンSで0秒2差の4着。2戦2勝のマイル戦でさらに前進が期待できる。

【ダービー卿CT】傾向と対策

過去10年の結果から傾向を探る。

 ☆人気 1番人気は【2・2・0・6】。2番人気は【0・1・3・6】、3番人気は【1・0・0・9】で不振。4番人気以下の優勝馬7頭で波乱含み。

 ☆世代 5歳が【6・3・5・25】で圧倒的に優勢。4歳が【3・4・2・33】で続く。6歳以上の優勝は1頭だけで、ベテラン不利。

 ☆ハンデ 56キロが【3・3・3・35】でややリード。55キロが【2・2・2・28】、57・5キロが【2・1・1・6】で続く。重&軽ハンデ馬よりも“中間ハンデ”が優位。

 結論 ◎ヒーズインラブ ○テオドール ▲レッドアンシェル

展開を読む【阪神牝馬S=スローペース】

  逃げ馬不在で最内枠のジュールポレールがハナ。スローになればソウルスターリングが折り合いを欠くシーンもありそうだ。リスグラシュー、ミスパンテールは中団。アドマイヤリード、ワントゥワンは後方で脚をため直線勝負。



競馬予想サイト レープロの無料予想が激アツなの知っているw

rep


これだけの無料コンテンツを誰でも無料・しかも匿名性の高いフリーメールで登録できます。

競馬レープロへ行く