東京新聞杯予想|2018年|直前情報まとめ

chokuzen

ヤフーニュースより


【東京新聞杯】傾向と対策

 過去10年の結果から傾向を探っていく。

 ☆人気 1番人気は【0・1・2・7】で不振。2番人気と3番人気が各2勝。5番人気が【3・2・1・4】と活躍し、波乱傾向。

 ☆前走 ニューイヤーS組が【2・3・2・15】と活躍。阪神カップ組とエリザベス女王杯組が各2勝(2着なし)。スポニチ賞京都金杯組も【1・3・3・28】と馬券圏内に入っている。

 ☆世代 4歳が【4・3・3・23】、6歳が【4・2・0・26】。5歳が【2・3・6・32】で続く。7歳以上の優勝はなく、ベテラン不振。

 結論 ◎ダノンプラチナ ○クルーガー ▲リスグラシュー
展開を読む【東京新聞杯=平均ペース】
トウショウピストがハナ候補。競りかける馬がいなければ隊列はすんなり決まる。流れが落ち着けばダイワキャグニーは早めの進出も可能。中団からリスグラシューなども伸びて最後の直線。追い込み勢も加わってゴール前は激しい争いに。
【前走後の談話】日曜東京11R・東京新聞杯

◇アドマイヤリード「スローペースだった。もう少し前で運べればよかったが、後ろからになってしまった。ラストの脚は素晴らしかった」(戸崎圭騎手)

 ◇カデナ「コンディションは悪くなかったが、ひと脚使っただけで、坂で止まってしまった。流れが向かなかったこともあるが、体が成長してきて距離適性が変わった可能性があるのかも」(福永祐騎手)

 ◇ガリバルディ「直線ではジワジワと差を詰めている」(岩田康騎手)

 ◇クルーガー「4コーナーで動けない場面があったが、そこからよく頑張って伸びてくれた」(浜中俊騎手)

 ◇グレーターロンドン「今の中山の馬場で流れが落ち着いてしまうと、後ろから追い込む馬にはきつかった。最後はよく追い上げているが、ここまでだった」(田辺裕騎手)

 ◇サトノアレス「直線はよく伸びていたが、併せにいって少しブレーキをかけていた。知らなかったけど、そういう馬みたい。それでも完璧なレースができたし、残り150メートルでは絶対勝ったと思ったけど…」(ルメール騎手)

 ◇ストーミーシー「ラストで確実に脚を使えるタイプ。初のオープンだったけど、展開がはまれば十分にやれる」(大野拓騎手)

 ◇ダイワキャグニー「テンションが高く、(道中も)苦しいポジションだったが、直線は脚を使えた」(菊沢徳師)

 ◇ダノンプラチナ「まだいい頃に比べると60%ぐらいの状態。以前ほどシュッとギアも上がらない感じだが、さすがにこの相手では負けられない」(蛯名正騎手)

 ◇ディバインコード「1600メートルはぎりぎり。この馬には1400メートルの方がいい。でも、よく頑張っていると思う」(ルメール騎手)

 ◇デンコウアンジュ「これ以上ない、いい形でレースを運べた。2000メートルだとペースが遅いが、(今日は)マイルで流れにうまく乗れた」(蛯名正騎手)

 ◇トウショウピスト「速い馬もおり、今日は相手が強かった。これがいい経験になれば」(古川吉騎手)

 ◇ハクサンルドルフ「馬場を気にしていたのか、直線の入り口では進んでいかなくなった。でも、外に出すとラストはすごい脚を使ってくれた」(大野拓騎手)

 ◇ベルキャニオン「以前乗ったときは僕がコントロールできなかったが、またチャンスを頂いたので折り合いに気をつけて乗った。勝ち馬の後ろで折り合いがついたし、3、4コーナーの手応えも良くもう少しだったが…。内容は悪くないし、ここを使って次はさらに良くなるだろう」(石橋脩騎手)

 ◇マイネルアウラート「位置取りは指示通り。ただ、向こう正面からプレッシャーがきつくて…」(丹内祐騎手)

 ◇リスグラシュー「スローになるのは分かっていたし、ゲートを出せなかったのがすべて」(福永祐騎手)

【データで勝負】日曜東京11R・東京新聞杯

【データからの注目馬・東京11R】

◎(15)ダイワキャグニー

☆近5回の同名レースを参考。前走が重賞【4・4・5・32】→Vか0秒5差以内なら【4・3・4・13】。また、連対馬の8頭は東京芝で1勝以上&連対率50%以上か、GIで3着以内歴があった

 ダイワキャグニーは東京芝で4勝のコース巧者。同舞台では1戦1勝で、そのキャピタルSのV時計は優に重賞級だった。ベストの条件で重賞奪取は目前だ。


東京新聞杯の予想はプロの予想で
しかも無料で予想を公開中wwwww
競馬ジャパンの無料コンテンツが激アツw。
フリーメールで登録可能なだけにチェックしないのは間違い。
keibaj




競馬ジャパンへ行く