アルデバランS予想|2018年|直前情報まとめ

chokuzen

ヤフーニュースより


【データで勝負】土曜京都11R・アルデバランS

◎(14)タガノディグオ

☆近5回(全てハンデ戦)のアルデバランSを参考。連対率では27%の4歳が優勢。また、勝ち馬は全て先行タイプ

 4歳の同馬は当地で勝ち星こそないものの、【0・4・0・1】と連対率80%。唯一の着外は出遅れた2走前のみやこS。重賞勝ちの実績もあり、本来は前へ行く脚も備えている。見直したい。
【前走後の談話】土曜京都11R・アルデバランS
◇アングライフェン「道悪は上手な馬なので、あえて内に入れてロスなく運ぼうと思った。コーナーでうまく差を詰めていけたが、直線では決め手の差が出てしまった感じ」(古川吉騎手)

 ◇カフェリュウジン「気が少し悪くて結構、難しいタイプ。それでもスタートはいつも通りだったし、今日はペースも良く、外を回ってスムーズに運べた。直線では年齢を感じさせない、すごい脚を使ってくれた」(Mデムーロ騎手)

 ◇サンマルデューク「一番後ろと決めつけず、ある程度仕掛けていった。最後は内でも気にすることなく、ジリジリと頑張ってくれた」(岡田祥騎手)

 ◇サンライズホーム「飛びは上手だけど、少し慎重なところがある。直線に入っていい伸びを見せてくれたが…」(白浜雄騎手)

 ◇シャイニービーム「1コーナーでリズムを崩したのが全て」(中谷雄騎手)

 ◇ストロングサウザー「前走より斤量が3キロ軽かったこともあり、頑張ってくれた」(蛯名正騎手)

 ◇タムロミラクル「全力を出して、よく頑張ってくれた」(川田将騎手)

 ◇ドラゴンバローズ「乗った感じは良かったが、追走に余裕がなかった。止まった感じもないけど、気が乗らないのか、冬場が良くないのか…」(和田竜騎手)

 ◇マイネルオフィール「スムーズに競馬ができたのが大きかった。道中もいい感じだった。手前を替えてからはグッと伸びてくれたし、いいレースをすることができた」(丹内祐騎手)

 ◇メイショウイチオシ「行きっぷりが戻ってきている」(秋山真騎手)

 ◇メイプルブラザー「ゲートでつまずいたときはヒヤッとしたけど、うまいことペースが流れてくれた。とてもいい末脚を持っている馬。きっちり差し切ってくれた」(戸崎圭騎手)

 ◇モンドアルジェンテ「ゲートで遅れてポジションが後ろからになってしまった。流れに乗ることができず、動きたいところで動けなかった。本来はもっと早く動きたかったが…」(松山弘騎手)

 ◇ラインルーフ「前々で強気の競馬をするつもりだった。調教に乗って、前回より具合が良くなっていると感じていたが、レースでもその通りだった。ヨーイドンの競馬が得意ではないので他の馬が来る前に動いていったが、勝ち馬の決め手が少し上だった。でも、昇級してこれだけやれたので、これからが楽しみ。長いブランクがあった馬だけど、厩舎がうまくケアしてくれたおかげで、本格化してきた」(森一騎手)


しかも無料で予想を公開中wwwww
競馬ジャパンの無料コンテンツが激アツw。
フリーメールで登録可能なだけにチェックしないのは間違い。
keibaj




競馬ジャパンへ行く