中山金杯予想|2018年|調教・追い切りニュースまとめ

choukyou


高配当21では今週も無料予想GET
馬券師が馬券的中を目指しますw
無料予想で有馬記念予想を公開
kouhai21s


ヤフーニュースより引用

【中山金杯 追い切り】3頭併せで快走~ブラックバゴ

11月のアンドロメダS(オープン)を快勝したブラックバゴ(牡6歳、美浦・斎藤誠厩舎)は美浦のWコースで3頭併せ。6ハロン81秒2、3ハロン39秒1-13秒1をマークし、中のストーミーシー(オープン)に半馬身先着、外のミッシングリンク(1000万下)と併入。

 「中間は本当にいい状態。自分の競馬ができてきたので、馬の気分に任せて前半は無理させない形で。こういう競馬に岩田騎手も合っていますからね。今のデキなら楽しみです」と斎藤誠調教師。

【中山金杯】ダイワキャグニー重賞初制覇へ「太め感なく、いい感じに仕上がった」

◆中山金杯追い切り(3日、美浦トレセン)

 6日に開幕する2018年の中央競馬。年初恒例の東西金杯の追い切りが3日、美浦、栗東の両トレセンで行われた。

 重賞初制覇を狙うダイワキャグニーは、美浦・Wコースの6ハロンから内ダイワリベラル(7歳オープン)を3馬身半先行。馬なりでリズムよく駆け2馬身先着した。87秒1―13秒2に菊沢調教師は「太め感なく、いい感じに仕上がった」とうなずいた。

 明け4歳だが、前走・キャピタルSで4勝目。うち2勝がオープンと能力はここでもひけを取らない。2月に48歳を迎える“年男”トレーナーは「注目もされるし、スタッフと力を合わせて管理馬を活躍させていきたい」と意気込んだ

【中山金杯】ストレンジ50秒8!小島太師「かなりいい」

 
 昇級初戦になるストレンジクォークのムードがいい。追い切りは坂路で単走。水分が残る走りづらい馬場状態ながら、序盤から躍動感たっぷりに4ハロン50秒8の好時計を叩き出した。動きの良さに小島太調教師は、「前走後はひと息入れたが、ここを目標にしっかり乗り込んできた。
 
 重め感なく仕上がっており、状態はかなりいい」と満足の様子。さらに「この相手でもそう差はないと思っている」とヤル気をにじませる。ハンデ(54キロ)も魅力で、目が離せない存在だ。

【中山金杯】4歳馬セダブリランテス、戸崎と初笑いへ「十分な追い切りができた」

◆中山金杯追い切り(3日、美浦トレセン)

 6日に開幕する2018年の中央競馬。年初恒例の東西金杯の追い切りが3日、美浦、栗東の両トレセンで行われた。中山金杯で重賞2勝目を狙う4歳馬、セダブリランテスは美浦のWコースで力強い動きを披露。年間リーディング奪回を狙う戸崎とのコンビで初笑いを目指す。

 セダブリランテスは、戸崎を背にWコースへ。5ハロンから、外アルタイル(6歳オープン)を4馬身追走。呼吸を合わせながら徐々にピッチを上げると、馬なりのまま、力強く脚を伸ばしていく。ラスト1ハロンで内から馬体を併せ、最後は1馬身先着。67秒2―13秒6に、「馬場が悪くて脚を取られるところもあったけど、十分な追い切りができた」と鞍上は納得の表情だ。

 今年飛躍を狙う4歳馬は、年長馬と初対戦となった前走のアルゼンチン共和国杯で3着。無傷の3連勝でラジオNIKKEI賞制覇のあと、秋は菊花賞を大目標にしていたが、右前脚のザ石で路線変更を余儀なくされた。4か月ぶりの復帰戦となった前走との比較から、手塚調教師は手応えを隠さない。「今回は強め強めの調整ができている。(初の)2000メートルも問題ない」と自信の表情だ。

 戸崎にとっても、気持ちが入る2018年だ。4年連続リーディングを狙った17年は171勝でルメール(199勝)に次ぐ2位。「18年は200勝が基準になるかもしれない。それくらい、ボーダーは上がっている。勝利を重ねて、重賞やG1の大きなレースも勝てるように。今年は特にリーディングを強く意識してやっていきたい」。普段はクールな37歳の言葉は自然と熱を帯びた。

 充実した一年へ。頂点を目指す人馬がJRA最初の重賞で最高のスタートを切る。

【中山金杯 追い切り】軽快に3馬身先着~ウインブライト

福島記念で重賞2勝目を挙げたウインブライト(牡4歳、美浦・畠山吉厩舎)は美浦のWコースで6ハロン83秒1、3ハロン38秒3-13秒1を馬なりでマーク。内の古馬ディスカバー(1000万下)に3馬身先着した。

 「ふだん長めから乗り込んでいるし、しまい重点で問題ない。例年この時期は状態が良くない中でも、うまく仕上がっている」と松岡騎手。



中山金杯の予想はプロの予想で
しかも無料で予想を公開中wwwww
競馬ジャパンの無料コンテンツが激アツw。
フリーメールで登録可能なだけにチェックしないのは間違い。

arima


競馬ジャパンへ行く