桜花賞予想|2017年|馬体診断(スポニチ)まとめ

ヤフーニュースに出ていた、スポニチの馬体診断をまとめてみました


解説者

◆鈴木 康弘(すずき・やすひろ)1944年(昭19)4月19日、東京生まれの72歳。早大卒。69年、父・鈴木勝太郎厩舎で調教助手。70~72年、英国に厩舎留学。76年に調教師免許を取得し、東京競馬場で開業。78年の開場とともに美浦へ。93~03年には日本調教師会会長を務めた。JRA通算795勝、重賞はダイナフェアリー、ユキノサンライズ、ペインテドブラックなど27勝。

【桜花賞】ソウルスターリング120点!名画を思わせる造形美

ターフを駆る貴婦人の名画だ。
鈴木康弘元調教師がG1有力候補の馬体を診断する「達眼」。

第77回桜花賞(9日、阪神)ではデビュー4戦無敗のソウルスターリングを満点超えの120点と評価した。達眼が捉えたのは2歳の天才少女から貴婦人への鮮やかな変身。絵画のような造形美に満ちた名牝は史上7頭目の無敗桜花賞制覇を懸けて5日に追い切られる。  

ソウルスターリングの青鹿毛の体には欠点が一つだけあります。
あまりにも美しすぎる。

印象派の名画を思わせるような造形美。全ての部位がしなやかにリンクして完璧なバランスを整えている。しかも、どの部位にも非の打ちどころがない。

極上の筋肉をつけた深いトモ(後肢)、トモのパワーを受ける飛節は頑丈な上に絶妙な角度。前肢に目を向けると、流麗に抜けた首差し、滑らかに傾斜した肩、狂いのない膝、球節、管、腱。欠落一つない蹄、適度な肋(あばら)の量…。  

ジグソーパズルになぞらえるなら、飛び抜けて優れた各パーツが見事に調和し合っている。神がこしらえたとしか思えない完全無欠な造形。

サラブレッドが芸術品だとすれば、歴史に名を残す傑作です。

しかも、この作品は生きているから、時とともに色合いを変えていく。  
昨年12月の阪神JF時には一つだけ注文をつけました。キ甲(首と背の間の突起部分)の膨らみが小さい。花で言えば、つぼみの段階。成長途上だと指摘しました。

ところが、それから4カ月を経て、未発達なキ甲が盛り上がってきた。
同時にトモの筋肉も前にせり上がっている。

そのため背中が短くなったように映ります。
腹は長いままなのに…。長腹短背。名馬像の典型といわれるシルエットに進化しているのです。

写真撮影時の背景になっている厩舎の生け垣。
阪神JF時にはくすんでいたのが、春を迎えて華やかに色づいている。

生け垣の彩りまで馬の成長を比喩しているように映ります。  
立ち姿も2歳の暮れとは異なる。

阪神JF時は四肢に均等の負重をかけていましたが、今回はほんの少し前肢に体重を乗せている。よりゆとりのある立ち方。気性も4カ月の間で成長したのでしょう。

名牝の凜(りん)としたたたずまい。タテガミと尾もとても良く手入れされている。

その美しい身だしなみから扱う人の愛情も伝わってきます。
貴婦人を描いた名画の造形。神の手と呼ばれたピサロやセザンヌ、ルノワール、モリゾ、モネ、ドガ…印象派の巨匠による作品群のように触れた者の心を奪ってしまう。
美しすぎるのは欠点です。(NHK解説者)

【桜花賞】ミスエルテ90点 馬体重以上に重厚だが発展途上

ミスエルテはソウルスターリングと同じフランケルの初年度産駒ですが、全く違う体つきをしています。ソウルが隅々のパーツまで測ったように付いている好バランスの馬体なら、こちらはトモ(後肢)と肩の発達が目立ちます。大型馬のトモと肩のパーツを中型馬に当てはめたようなつくり。筋肉で発達したトモが推進力を生み出し、しっかり寝た肩が大きなストライドをつくります。その両方が際立っているため馬体重(450~460キロ)以上に重量感がある。  

ただし、立ち姿にはソウルスターリングのようなりりしさがない。顔つきがまだ子供。耳の立て方に力強さがありません。優しい目つきでおっとりと立っている。  

心身一如といいますが、気持ちが幼いために優れたトモや肩を十全に使い切れていない印象を受けます。  これから競馬を重ねるにつれて顔つきが変わってくるでしょう。

竹を割ったように耳を立て、目つきが鋭くなってくれば本物。先々は大化けする可能性を秘めていますが、現時点では発展途上。ミカンに例えれば、大きくてもまだ青い。

しばらく待てば甘い完熟ミカンになるでしょう。
【桜花賞】アドマイヤミヤビ90点 大きな欠点なくフックラ
ソウルスターリングに対峙(たいじ)できる馬体は…。
名画のような造形美と比べるのはいささか気の毒ですが、アドマイヤミヤビも素晴らしい体つきをしています。牝馬には珍しくトモが円形に映るぐらい丸みを帯びている。

どこまでも弾み続けていくような形状。しかも、筋肉量が豊富で全身をフックラと見せています。牝馬にとって、このフックラさはとても重要です。毛ヅヤもさえています。体調はかなりいい。  

立ち姿にも特に懸念すべき点は見当たりません。カメラマンに白目を向けて少し神経質そうですが、ハミは柔らかくかんでいる。利口そうな広い額。
絵画のような美しさこそありませんが、これといった欠点もありません。

3連勝中の勢いでソウルスターリングにどこまで食い下がれるか。円形に映るほど丸いトモが未知の魅力を伝えています。
【桜花賞】レーヌミノル85点 唯一の欠点は角度深すぎる飛節
牝馬にしては筋肉量が多い。特にトモは非常に発達しています。

毛ヅヤも春を迎えてさえている。立ち姿も良くなってきた。
阪神JF時は前肢を前に突き出しながら立っていましたが、今回は四肢に均等に負重をかけている。それだけリラックスしているのでしょう。

唯一の欠点は角度の深すぎる飛節。短距離馬に多く見られる曲飛です。他の部位でカバーしない限り距離が壁になります
【桜花賞】ヴゼットジョリー80点 筋肉が柔らかくて繊細
460キロの体重以上にきゃしゃ。
飛節、膝が小さい。管囲が細い。つなぎが立ち気味。  
個々の筋肉は柔らかくて繊細です。こういうタイプは切れる脚を使う。
春先まで乾燥するので蹄が硬くなります。
右前をエクイロックスで固め右後内側の蹄鉄を短くしています。


桜花賞の予想が注目ですね。
ギャンブルジャパンの予想が注目。
まず無料会員から激アツ予想
oukagj