東京新聞杯予想|2017年|調教・追い切り|ネット評価まとめ


ここ菊花賞で90%・・・・くま速



「東京新聞杯」エアスピネル、重賞連勝モード

 東京新聞杯の追い切りが1日、東西トレセンで行われた。栗東では京都金杯を勝ったエアスピネルが、俊敏な反応を見せて万全の状態を示した。重賞連勝に向けて視界良好だ。美浦ではヤングマンパワーがシャープな伸びで3頭併せで最先着。サンケイスポーツ調教評価で最高ランクの『S』をゲットした。

 マイルの頂点を目指してエアスピネルが、ぶれない走りで重賞連勝を見据えた。坂路で全身をうまく使った柔軟なアクションで、万全の態勢をアピール。騎乗した笹田助手も具合のよさに自信の表情を見せる。

 「前走を使って馬はよくなっています。素軽くなりましたし、前走のときよりも状態はよさそうですよ」

 25日に(坂路4ハロン51秒8の)強い負荷をかけていることから、最終追いは前半をセーブしてラストを強調する形。リズムを守りながら運び、直線でゴーサインが飛ぶと俊敏に反応。4ハロン54秒1-12秒5の時計以上の迫力でフィニッシュした。見届けた笹田調教師も「けさは息を整える程度。予定通りです。前回よりも素軽さが出てきている感じがしますね」と好気配に満足げだ。

 3歳時はクラシック3戦を含め2000メートル以上の舞台で走っていたが、前走からはマイル路線。大幅な距離短縮だったが、かつて1600メートルのデイリー杯2歳Sを制した経験もあり、戸惑うことなく、きっちりと押し切った。

 「まだ子供っぽいところはありますが、装鞍所ではおとなしくなっていましたね」と師は収穫を口にする。この血統特有の“抜け出して気を抜く面”に関しても「ジョッキーも考慮していると思いますから」と武豊騎手の手綱に全幅の信頼だ。

 先週のシルクロードSをダンスディレクターで制した“笹田&武豊”のタッグ。ジョッキーも「東京のマイルの方が合っていると思う」と2週連続Vに意欲を見せた。

 この後はマイラーズC(4月23日、京都、GII、芝1600メートル)から安田記念(6月4日、東京、GI、芝1600メートル)の青写真。GIII連勝を果たして、春のマイル王の座へ力強い一歩を踏み出したい。 (宇恵英志)

追い切りCheck 2017東京新聞杯(美浦)



TM追い切り診断 2017東京新聞杯(美浦)  





「PR」
追い切りチェックはプロ予想が熱い
先週この無料予想で儲けさせてもらいましたw
勝馬の栞

1月29日(日)根岸ステークス(GⅢ)

【ベストウォーリア】
通常通り栗東坂路での調整を行っていた”ベストウォーリア”だが、重たい馬場も苦にせず順調に仕上がっていると判断できる。 
最終追い切りでは、一杯に追われる”クラウディオス(1600万)”を相手に、”ベストウォーリア”も一杯に追われ【52.6秒-38.0秒-25.1秒-12.7秒】と、0.7秒先着と久々の実戦も仕上がり良好に映る内容だった。
本番は間違いなく”フェブラリーS(GⅠ)”だが、前哨戦となる今回のレースで安定感ある走りを見せてほしい。 
重賞5度制覇の実績からも、しっかりと結果を残す走りに期待したい。