アメリカJCC予想|2017年|直前情報まとめ

ここは無料予想で今週儲けましょうw

◆アメリカJCC追い切り(19日・栗東)

 週末の2重賞の出走馬が19日、確定した。アメリカJCC・G2(22日、中山)で復活を目指す5歳馬、リアファルは栗東・坂路で追い切り、自己ベストを0秒3上回る4ハロン50秒5をマーク。脚元のケアをしつつの木曜追いで見せた絶好の動きを、山本武志記者がジャッジした。

 栗東・坂路で自己ベストの50秒5。「ちょっとやり過ぎじゃないか」。リアファルの動きを確認して、そうつぶやいた音無調教師だが、表情に悲壮感はない。併走相手は調教駆けするアルティマブラッド(5歳1600万)で、併入でも手応えでは見劣った。しかし、走る馬を相手に攻めの調教を行うという、陣営の狙い通りの走りといったところだろう。

 一昨年の有馬記念のレース中に左前脚の腱鞘炎を発症。11か月ぶりだった前走の金鯱賞は「使った後が心配だった」と音無調教師が振り返るほど、慎重な調整過程だった。最終追い切りで51秒3と時計は出たが、併せたのはオープン馬とはいえ、攻め馬では地味なレコンダイト(7歳オープン)。まずは無事に、という気持ちが伝わってきた。

 短期放牧を挟んだ復帰2戦目。帰厩後の初時計だった7日は坂路で54秒0と予定より時計が遅くなった。「気持ちが乗ってなかったんです。それで、びっしりと併せ馬を2本。今日は自分からグイグイ行ってました。いい傾向だと思います」と生野助手。もちろん、脚元のケアにも気をつかっている。今回は強い調教を行う前後の日に負担の少ないプール調整を行うために木曜追いに。さらに、馬場が凍結する可能性が低い後半の時間帯に追い切りを行った。

 一昨年の菊花賞は先行馬に厳しい競馬ながら、キタサンブラックに0秒1差の3着。あの強さは忘れられない。「マイナス体重で出せると思う。ここまで何の心配もしていない」と音無調教師。力強い表情に完全復活の瞬間は近いと感じた。(山本 武志)

 
 
ワンアンドオンリー復活あるか?

【平松さとしの重賞サロン】横山典弘騎手が初めてダービーを勝ったのは2009年。ロジユニヴァースによるものだった。デビュー24年目、15回目の騎乗による念願の勝利だったが、レース直後、同騎手は思わぬ人と握手をした。

 橋口弘次郎調教師。

 同師はそのダービーにリーチザクラウンを送り込んだが、2着に惜敗していた。橋口師自身、この時点で開業28年目、ダービーは未勝利。これが実に3度目の2着だった。

 相当に悔しかったはずだが、自分を負かした相手を握手で迎える。人間の器の大きさは負けた時に出るものだが、まさにそれを知らしめる態度だった。

 当時、「自分には、まねできない」と語った横山騎手だが、5年後の14年、橋口師が管理するワンアンドオンリーに騎乗してダービーを優勝してみせたのは格好が良かった。定年までダービーへの出走機会はわずか2回となった橋口師は、ついにダービートレーナーになったのだ。しかし、これも考えてみれば橋口師自身の態度がもたらした栄冠だったのかもしれない。

 5年前の握手に、男気のある横山騎手が「次はこの人にダービーを勝ってもらいたい」と少なからず思ったはずだから…。

 現在は子息である橋口慎介厩舎に移ったワンアンドオンリーが今週末のアメリカJCC(日曜=22日、中山芝外2200メートル)に出走する。近走は不振が続いているが、何とか復活してほしいものだ。


アメリカJCC-注目馬
 

 アメリカJCC(GII・芝2200m)に美浦から出走予定の注目馬について、管理する各調教師のコメント。

■ゼーヴィント(牡4・美浦・木村哲也)について、木村調教師。
「昨年秋は相手関係を考え菊花賞ではなく、実績のあるコースで行われる福島記念(GIII・2着)に向かいました。勝ち馬が逃げ切る展開で、力負けではないと思います。気持の面でも難しい面があって、中間の調教を満足に攻められない部分があったのですが、能力の高さでそこを補ってくれました。いずれGIを狙えるくらいの能力があると思っていますし、もう一段上のレベルに持っていきたいです。そのためにもしっかりと脚をためて走らせて、終いしっかり脚を使えるようにすることをテーマに調整してきました。

 毎週末に坂路でしっかりと時計を出してきましたし、放牧先から帰厩後の乗り込みは順調です。今週(1/18)は3頭併せの真ん中に入れての追い切りでした。レースでは大丈夫なのですが、調教では左に少しモタれる面を見せるので、外側に壁を作って真っすぐ走らせるのが狙いです。その狙いはクリアできたと思います。何とか今年は大きな舞台で走らせたいですし、そこに向けて良いスタートを切りたいです」

■タンタアレグリア(牡5・美浦・国枝栄)について、国枝調教師。
「前走の春の天皇賞(GI・4着)は、善戦してくれましたし、成長を感じました。放牧先で体調が整わず間はあきましたが、今は問題ないですし、順調に来ています。これまで長い距離を使ってきましたが、今回は距離が短くなって、中山も乗り方に注文がつきます。ただジョッキーがわかっていると思いますし、うまく乗ってくれるでしょう。心身ともにひと回り大きくなってしっかりしてきて、体付きも古馬らしくなってきました。春シーズンの目標は天皇賞(春)ですし、先につながる競馬をしたいですね」

■クラリティスカイ(牡5・美浦・斎藤誠)について、斎藤調教師。
「前走の中山金杯(GIII・2着)後も順調で、好調を維持しています。競馬が上手な馬で、最近は安定していますね。前走を見ても2000mがだいぶ板についてきましたね。更に距離が延びても、この感じなら問題ないでしょう。あとはうまく流れに乗ってレースを運べればと思います」

■ナスノセイカン(牡5・美浦・矢野英一)について、矢野調教師。
「いつも半マイルからやっていますが、今週(1/18)は5ハロンから追い切りました。思った以上に前半から速くなって、終いは少しフワッとしてややモタついた感がありましたが、アクセルを入れる調教をしていい感じに負荷がかかったと思います。お母さんのナスノフィオナは助手時代に調教をつけていて、思い入れのある血統です。

 ナスノセイカンには、3週前に自分が乗りました。この時が1000万クラスの時以来の騎乗でしたが、トモがしっかりしてきました。以前はすぐに気合いが入りませんでしたが、今回は1回の合図でズバッと伸びました。すごく良くなっています。直線が長い方が良いので、これまでは左回りコースで好走してきました。今回は右回りの中山になりますが、外差しが決まる流れになればと思います」

■ルミナスウォリアー(牡6・美浦・和田正一郎)について、和田調教師。
「前走(ディセンバーS・OP・2着)は3、4コーナーあたりから上がっていって、終いも良い脚を使って頑張ってくれました。惜しい競馬でしたが、馬もしっかりしてきましたし、自分の競馬ができればオープンでも通用すると思っていました。前走後はノーザンファーム天栄に放牧に出て、帰厩後も予定通り順調です。今週(1/18)は前に馬を置いてしっかり走らせ、最後は併せる形で追い切りました。手応え良くスムーズに加速して前向きに走っていましたし、活気があって体にも張りがあって状態は良いですね。中山の2200mも競馬をしやすいでしょう」

■ミライヘノツバサ(牡4・美浦・伊藤大士)について、伊藤調教師。
「前走(迎春S・1600万下)は減っていた体も戻り、終いは良い脚を使って勝ってくれました。休み明けで1600万下をいきなり勝ったように、能力は高いですね。中1週での競馬になりますが、馬にも硬さが見られませんし、追い切りの動きも良かったです。今回は重賞になりますが、これまでも強い相手と走りながら力をつけてきましたし、どこまでやれるか楽しみですね」

■クリールカイザー(牡8・美浦・相沢郁)について、相沢調教師。
「東京の前走(アルゼンチン共和国杯・GII・7着)は、少しペースが遅かったこともあり、早めに捕まってしまいました。前走後は短期放牧を挟んで、戻ってきてからはここを目標に調整しました。先週もしっかりやりましたが、今週もしっかりとやって時計も良かったです。先週はまだ少し重かったですが、今週は動きが良かったですね。中山の2200mはこの馬にはベストの条件ですし、叩き台ではなく、ここを目標に調整してきました。他馬に早めに来られてしまうと厳しいですが、この馬の競馬ができればやれると思います」

■ホッコーブレーヴ(牡9・美浦・松永康利)について、松永調教師。
「暮れに使う予定で昨年秋に入厩しましたが、馬が硬くなっていましたので、再放牧で再度調整しました。今度は牧場での調整もうまくいって、ここまで順調に来ています。年齢的なこともあってコースでビッシリ追うと疲れが残るので、最近は坂路で追い切っていますが、能力を発揮できる状態までは来ています。前走の札幌日経OP(7着)は、小回りでも最後は追い上げてきていますし、走れる状態にさえなればあの脚は使えると思います。中山も問題ないですし、あとは大野騎手にお任せします」

(取材・写真:佐々木祥恵)


調教はサンスポ予想王
【追い切りCheck】AJCCなど(柴田&板津)  



TM追い切り診断 2017AJCC(美浦)  






競馬の予想のプロはここを期待します
ギャロップジャパンの予想は注目

gpj