ラジオNIKKEI賞、重賞初挑戦で初Vゼーヴィント!!

◆第65回ラジオNIKKEI賞・G3(3日・芝1800メートル、福島競馬場、良)

 福島競馬場で行われた3歳のハンデ重賞、第65回ラジオNIKKEI賞・G3は1番人気のゼーヴィントが直線抜け出し、重賞初制覇。リーディング快走中の戸崎圭太騎手(35)は今年99勝目で、通算重賞30勝目となった。

 また戸崎だ、新星だ! 直線入り口。ここぞ、とばかりにゼーヴィントが動いた。先に抜け出しを図ったダイワドレッサーが作ったわずかな空間を名手が見逃すはずもない。インからアウトへ。視界が開くと、自慢の切れ味がさく裂。アッという間にライバルを突き放し、重賞初挑戦Vを決めた。

 「課題を克服。いいスタートが切れた。4コーナーを手応え十分に回れたし、隙間を縫う感じでうまく立ち回れた。ハンデ(54キロ)も恵まれた。素質を感じていた馬で、勝たなければいけないと思っていた」。この日、4勝の固め打ち。今年99勝目で区切りの通算重賞30勝を決め、リーディング首位を突っ走る35歳は「いい馬にたくさん乗せてもらっている。でも、まだまだ増やさないと」と勝利に貪欲だ。

 木村調教師の心配も取り越し苦労に。「テンションが高くて心配だったけど、そんなの関係ない」と、表彰式のプレゼンターを務めたお笑いタレント・小島よしお(35)の“おはこギャグ”を引き合いに笑いを誘った。「ゲートをしっかり出たのにはびっくり。取り組んできたことが結果に結びついた」と気性面の成長に目を細めた。

 トレーナーが「デビュー前のゲート試験での出方を見てすごいと思った。体の沈み方、フットワークが違う」とほれ込んだ逸材だ。「能力は確か。これでもう少し、体(482キロ)が大きくなれば、秋が楽しみ。距離は延びても大丈夫だけど、路線はまだ決めつけない」とじっくり見守るつもり。早速、福島のノーザンファーム天栄へ放牧に。種牡馬界を先導するディープインパクトの産駒からまた1頭、大物が現れた。(小宮 栄一)

 ◆ゼーヴィント 父ディープインパクト、母シルキーラグーン(父ブライアンズタイム)。美浦・木村哲也厩舎所属の牡3歳。北海安平町・ノーザンファームの生産。通算6戦3勝。総収得賞金は5865万6000円。重賞は初勝利。馬主は(有)シルクレーシング。

 
ラジオNIKKEI賞動画-2016年


1着 ゼーヴィント 戸崎圭太
2着 ダイワドレッサー 石川 裕紀人
3着 アーバンキッド 福永祐一




競馬タウンが激アツですwwww
無料コンテンツのコラムが大好きなので、いつも無料コンテンツをチェック
とても無料会員が熱い!!
実際に無料公開されたコンテンツwwww

3歳クラシック戦線はどのレースもハイレベルなメンバー、内容だっただけに、ラジオNIKKEI賞もどんなメンバーになるのか楽しみにしていたが、思っていたほどハイクラスな顔ぶれにはならなかった。おかげで混戦模様で、ハンデ戦でもあり、馬券的妙味は倍増している。 実績でアタマ一つ抜けているのはブラックスピネルだろう。ここまでオープン特別を2勝。萩Sでは5頭立てながら、後の重賞ウイナーのスマートオーディン、レインボーライン、プロフェットを破っている。折り合い難に苦しみ、決め手も欠けていたが、1800mに距離短縮した前走の白百合Sではきっちり折り合い、差し切りを決めている。今回もベストの1800m。ハンデが他馬との比較で重く成り過ぎなければ、待望の重賞勝ちは近くなる。 開幕週のため、マークしておかねばらないのは逃げ馬ロードヴァンドール。デビューから6戦全てで先手を取っており、今回もハナは譲らない構え。マイペースに持ち込めればチャンスも出てくる。 関東馬では、早くからこのレースに狙いを定めていたアーバンキッドの名が挙がっている。NHKマイルCこそ大敗したが、毎日杯はスマートオーディンの2着、アーリントンCは5着も勝ち馬からタイム差無しの好勝負をしており、GⅢレベルの重賞なら目前の位置にいる。脚質から、小回りも合う。 末脚勝負になれば台頭するのがストーミーシー。ニュージーランドTは、あと少しで差し切れたほどの脚で2着。NHKマイルCも9着ながら勝ち馬から0・5秒差まで詰めている。各馬が開幕週と小回りを意識し過ぎ前が速くなるようなら、この馬の大逆転の目も出てくる。 ゼーヴィントは未勝利、山藤賞と2連勝。プリンシパルSでダービー出走切符を目指したが、内枠の先行勢が粘る展開に泣き、中団から伸びるも3着。ただ内容は勝ち馬に劣らないほど見事なものだった。2連勝時のように好位につけるレースなら、上位は狙える。 他にも2連勝で皐月賞にも出走したミライヘノツバサ、オープン特別勝ちの経験があるジョルジュサンク、牝馬だが重賞2着の実績があるダイワドレッサーなど、上位を狙える馬は複数おり、良く見れば結構なメンバー。激戦になることは間違いない
button3-4-u

2着馬ダイワドレッサー

ダイワドレッサー

 前々で立ち回った牝馬のダイワドレッサーが最後まで粘り強く伸び、2着争いを制した。初騎乗の石川は「勝ち馬が強かったが、思い通りの競馬ができた」と納得の表情。

 ドレッサーはフェアリーSに続いて2度目の重賞2着となったが「乗りやすい馬。まだ成長の余地があるし、どこかでチャンスがあると思う」と能力を高く評価していた。

 



▼3着アーバンキッド(福永)折り合いはスムーズだったが、外枠で内に入れられなかった。それでもいい脚を使ってくれたし、直線の長いコースが合いそう。

 ▼4着アップクォーク(柴山)ゲートが速くなくて後ろからに。自分から動いていきたかったが…。

 ▼6着ジョルジュサンク(田辺)途中から他馬に来られても惑わされずに行けた。重量差もあるのかも。

 ▼7着ナイトオブナイツ(松山)うまく折り合いがついたが、そんなに器用なタイプでないので小回りより広いコースの方が合っているのでは。

 ▼8着ミライヘノツバサ(内田)もう少し時計がかかった方が良かった。

 ▼9着ロードヴァンドール(四位)ハナに行きたかったが、内の馬が速かった。

 ▼10着ストーミーシー(江田照)ポジションを取りに行かず、じっくり構えた方がいいのかも。

 ▼11着ピックミータッチ(杉原)スタートが全て。しまいはしっかり伸びた。

 ▼12着キングハート(嘉藤)最後は止まったが力を付けている。

 ▼13着トモトモリバー(丸田)うまくさばけたが最後は止まってしまった。

 ▼14着カネノイロ(田中勝)張り切って走っていたし、距離が長かった。

 ▼15着ミエノドリーマー(蛯名)マイル以下の馬。ただ力を付けているし、これから良くなると思う。

 ▼16着カープストリーマー(中谷)周りに馬がいる競馬が得意でないのかも。


ブラックスピネルは外枠が影響した感じ、
ゼーヴィントは唯一のディープインパクト産駒
この辺でしっかり的中させたかったですね。

競馬スピリッツ

もう有名になりすぎていますがwwwww
まだ無料会員になっていない人がいるとはw
まずは無料会員から

sprits2


button3-4-u