競馬予想@競馬総合情報

競馬予想@競馬総合情報!、競馬予想で的中ラッシュするためにいろいろな視点からを作成しています。競馬予想データ、競馬ニュース、競馬情報など

    2019年02月

    シュタルケと中山芝マイル

    keibadata






    プロフェッショナルズ
    最大で120万円にも及ぶオッズを含む特別なプランこそがファーストステージで御座います!!
    個人的には好きなのはこの馬券師

    popo



    シュタルケと中山マイル
    全成績 8-3-3-14/28 勝率28% 複勝率50%
    単回収率 472円 複回収率 155円

    文句なし成績
    しかもシュタルケの中山マイル重賞勝利

    17年 ジョーストリクトリ 12番人気1着 NZT
    16年 マジックタイム 5番人気1着 ダービー卿CT

    4戦2勝・・・。




    だって・・・
    これ凄い良い無料コンテンツなんだよねwww
    利用しないのがもったいない。
    競馬予想レープロが激アツw

    rep



    地方競馬予想【エンブレス杯-2019年】-能力指数


    chihoukeiba


    2/27に川崎競馬場でエンブレス杯が開催されます

    私の能力指数順位を公開します
    外れても責任を取れませんw

    一発狙いたいです

    1位 ビスカリア
    2位 クレイジーアクセル
    3位 ブランシュクール
    4位 ミッシングリンク
    5位 プリンシアコメータ

    こんな感じですかね。



    地方競馬やるならちょっとチェックしたい無料予想もある有料予想サイト
    有名になったと思いますが、まだまだ知らない人がいたらおすすめです

    大川慶次郎地方競馬

    ookawa


    阪急杯予想|2019年|直前情報まとめ

    chokuzen

    ヤフーニュースより
    【阪急杯】逃げ馬が高連対率、ハイペースでも流れ込める/コース解説

     24日に阪神競馬場で行われる阪急杯(4歳上・GIII・芝1400m)の舞台となる阪神芝1400m。このコースについて解説していく。

     
     阪神芝コースは内回りと外回りがあるが、芝1400mは内回りを使用する。473.6mとたっぷり最後の直線がある外回りコースとは全く性格が異なっている点は、大前提として頭に入れておこう。

      
     阪神芝1400mは向正面のポケットからスタート。初角となる3コーナーまでは450mほどで、ほぼ平坦になっている。3~4コーナーで下るレイアウトでもあり、比較的、テンのペースは速くなりやすい。残り200m地点から急坂を上ってゴール。

      
     初角まで長いので、外枠の不利は軽減されそうに思えるが、そうはいっても内回りコースで行われる短距離戦だけあって、やはりロスの少ない内枠が優勢。平坦→下り坂→直線の急坂なので、コーナーの下りで加速して流れ込む競馬が有効で、実際に過去10年で逃げ馬(=3コーナー1番手)が3-1-0-6と4割の連対率を誇っている。馬券に絡んだ4頭のテン3Fは、34秒1、33秒8、33秒8、34秒2。この点からも、ハイペースになっても流れ込める傾向が見て取れる。

      
     1回阪神はAコースを使用する。開幕週ということで、馬場状態は良好だ。この点も、逃げ・先行馬にとっては力強い後押しになっている。

    【阪急杯】傾向と対策

     過去10年の結果から傾向を探る。  

    ☆人気 1番人気は【2・2・1・5】、2番人気は【3・1・2・4】でともに連対率40%。4番人気が【2・3・0・5】で意外に活躍。6番人気以下の優勝3頭。  

    ☆前走 阪神カップ組が【3・3・3・14】と活躍。シルクロードS組が【2・2・0・21】、香港スプリント組が【2・0・0・0】で続く。  

    ☆世代 5歳が【7・3・1・29】で圧倒的にリード。4歳が【1・4・6・21】、6歳が【1・2・1・40】で続くが、勝率は低い。  

    結論 ◎ミスターメロディ ○ダイメイフジ ▲スターオブペルシャ

    展開を読む【阪急杯=平均ペース】

     
     ダイアナヘイローがハナへ。ロジクライ、ラインスピリットも前には行くが、競りはなく平均的な流れ。ミスターメロディ、ダイメイフジは好位へ。

     レッツゴードンキはいつも通りに末脚勝負だが、開幕週だけに先行勢に展開の利。



    競馬予想サイト レープロの無料予想が激アツなの知っているw

    rep


    これだけの無料コンテンツを誰でも無料・しかも匿名性の高いフリーメールで登録できます。

    競馬レープロへ行く



    中山記念予想|2019年|直前情報まとめ

    chokuzen

    ヤフーニュースより
    【中山記念】先行争いは激しくなりにくい中山芝1800m/コース解説

     16日に東京競馬場で行われるダイヤモンドS(4歳上・GIII・芝3400m)の舞台となる東京芝3400m。このコースについて解説していく。

     向正面直線の真ん中からのスタート。そこからコースを約1周半走る(Dコース使用時の一周距離は2139.6m)。初角となる3コーナーまでは約260m。道中に何度もアップダウンを繰り返し、最後に525.9mの直線が待ち構える非常にタフなコース設定だ。なお、この東京芝3400mが使用されるのは、ダイヤモンドSだけである。 

     最初のコーナーまでの距離は短いが、データ上、内枠有利という傾向は見られない。 1回東京はDコースで行われる。春競馬に向けて芝の内側を温存するための施策で、内ラチから9mも外側に柵が設けられることになり、その分、幅員も狭くなる。 

     ダイヤモンドSは開催7日目に開催されるので、内目の馬場状態が荒れてくることもあり、そうなると、一層、スタミナを問われる形になる。 

     1回東京は、速い上がりを問われる良好な馬場レベルで推移してきている。実際に先週の競馬でもその傾向は継続していた。とはいえ、野芝の生育が見込めないこの時期に、雪による延期など過酷な条件で競馬が行われたのは事実。しっかりと芝の状態は確認しておきたい。

    【中山記念】傾向と対策

     過去10年の結果から傾向を探る。  

    ☆人気 
    1番人気は【3・0・0・7】と不振だが、6番人気以下も3着内30頭で7頭のみ。上位人気が強い。  

    ☆近走成績 
    近4走で芝G1に勝利していた馬が【4・1・3・5】で勝率30・8%、連対率38・5%、3着内61・5%とほかの着順や未出走馬より好成績。  

    ☆年齢 
    4歳が4勝、2着2回、3着4回で最も好成績。

    5歳が3勝、2着3回、3着1回。6歳が2勝、2着4回、3着2回。  
    結論 ◎ステルヴィオ ○エポカドーロ ▲スワーヴリチャード

    展開を読む【中山記念=平均ペース】

     マルターズアポジーが後続を引き離して大逃げを打つ構え。エポカドーロが2番手につけ、ラッキーライラック、ステルヴィオが続く。スワーヴリチャード、ウインブライトは中団、ディアドラは後方から直線勝負へ。



    競馬予想サイト レープロの無料予想が激アツなの知っているw

    rep


    これだけの無料コンテンツを誰でも無料・しかも匿名性の高いフリーメールで登録できます。

    競馬レープロへ行く



    中山記念【2019年】無視できないこの騎手の成績

    keibadata






    プロフェッショナルズ
    最大で120万円にも及ぶオッズを含む特別なプランこそがファーストステージで御座います!!
    個人的には好きなのはこの馬券師

    popo

    中山記念…過去10年の騎手成績

    kishunaka


    18年 ペルシアンナイト 1番人気5着
    17年 ネオリアリズム 3番人気1着
    16年 ドゥラメンテ 1番人気1着
    11年 ヴィクトワールピサ 1番人気1着




    だって・・・
    これ凄い良い無料コンテンツなんだよねwww
    利用しないのがもったいない。
    競馬予想レープロが激アツw

    rep



    このページのトップヘ