競馬予想@競馬総合情報

競馬予想@競馬総合情報!、競馬予想で的中ラッシュするためにいろいろな視点からを作成しています。競馬予想データ、競馬ニュース、競馬情報など

    2018年11月

    チャンピオンズカップ予想|2018年|馬体診断(スポニチ)まとめ

    batais


    ヤフーニュースより

    【チャンピオンズC】ブレイブ95点 輝く栗毛は半端ないって

     ケイティブレイブを今年の流行語になぞらえると…。「半端ないって」。
    2018FIFAワールドカップ初戦のコロンビア戦で決勝ゴールを決め、日本を歴史的勝利に導いた大迫勇也選手。W杯の勇者(ブレイブ)に対する称賛のフレーズを2連勝中の栗毛馬に贈呈したい。半端ない点が馬体の随所に見て取れます。  

     (1)顔つきが半端ないって 昨年のチャンピオンズC(4着)、今年のフェブラリーS(11着)とも頭を低くして耳を左右に開き、目には警戒心を宿していました。ところが、今回は耳を正面に向けて、目も穏やか。引き手に促されることもなく、自ら頭の位置を正常に起こしている。「姿勢は心の代弁者」と言います。周りの目を気にして取り繕う必要がない馬は人間よりも端的に感情を姿勢に込める。ケイティブレイブの姿勢の変化は自信の表れでしょう。  

     (2)体つきが半端ないって 体重が500キロを超えているのに重さを感じさせない馬体。前肢と後肢、上半身と下半身のバランスが取れているので重く映らないのです。岩のように盛り上がった肩と厚手のヒ腹、太い尾がダートの一流馬だと伝えてくれる。大型馬の割に飛節が小さいのが唯一の欠点ですが、体の張りは過去のJRA・G1を上回っています。  

     (3)毛ヅヤが半端ないって 毛ヅヤが映える栗毛とはいえ、まぶしい光沢を放っています。冬毛が伸びてくる今の季節にはあり得ない栗色の輝き。よほど体調がいいのでしょう。  

     流行語大賞発表の前日にG1タイトルを手にするのは…。半端ないW杯の勇者ならぬ、砂の勇者かもしれません。

    【チャンピオンズC】ルヴァンスレーヴ95点 ひいきなしV判定 

     ルヴァンスレーヴの馬体を見ていると、目に入れても痛くない孫に再会したような気分になってきます。私が調教師時代に管理していたマエストラーレの息子。欲目と言われるかもしれませんが、砂の才能に満ちあふれた体つきです。  

     立派なキ甲(首と背中の間の膨らみ)が目立たないほど首にボリュームがある。首差しを受ける肩の筋肉も凄い。腹袋や尾の姿もたくましい。ネオユニヴァース(母の父)譲りのゴツさ。優秀な繁殖牝馬は自らの父の長所も産駒に伝えるといいます。マエストラーレがネオユニヴァースのパワーをルヴァンスレーヴに伝えてくれたのでしょう。  

     ダート馬の多くは前肢が硬いつくりですが、この馬は柔らかく映る。つなぎにとっても余裕があるからです。毛ヅヤも輝いている。顔に視線を移すと、澄んだ目、しっかり立てた耳。集中力もあります。何か気に入らないことでもあるのか、鼻をとがらせていますが、ハミはゆったりと取っているので問題ありません。  

     南部杯で歴戦の古馬を一蹴したとはいえ、まだ完成途上の3歳馬。伸びしろはあります。前肢に体重を乗せた立ち姿が示すようにトモが少し緩め。背中とトモが滑らかにリンクしているのでこの緩さは古馬になれば解消するでしょう。

    【チャンピオンズC】アポロケンタッキー75点 パワフル「なおみ節」

     米国産アポロケンタッキーは…。
     米国育ちの大坂なおみが口にする天然キャラ丸出しの「なおみ節」。570キロ前後のパワーむき出しの巨体です。全ての部位がビッグな輓馬(ばんば)みたいな馬力型だけにパサパサの砂向き。撮影中もくつろいで首を投げ出す天然キャラ丸出しの立ち姿です。


    チャンピオンズカップ
    はここの無料情報で万馬券GETw
    競馬ファンならここの予想を信頼して大儲けwwww
    競馬劇場
    keibageki

    チャンピオンズカップ【2018年】ではこの種牡馬買え!


    keibadata






    プロフェッショナルズ
    最大で120万円にも及ぶオッズを含む特別なプランこそがファーストステージで御座います!!
    個人的には好きなのはこの馬券師

    popo


    過去3年の中京競馬場ダート1800m

    cho

    やっぱり気になるのはアグネスデジタル
    ・・・・・アスカノロマン



    だって・・・
    これ凄い良い無料コンテンツなんだよねwww
    利用しないのがもったいない。
    競馬予想レープロが激アツw

    rep



    チャンピオンズカップ予想|2018年|予想オッズまとめ

    yosouodds



    無料の予想で
    競馬を勝ちたい・儲けたい
    そんな貴方さまにはUMAチャンネル

    充実の無料予想・・・
    umachs

    チャンピオンズカップでコパノリッキー買えたのはこのサイトのこの
    無料コンテンツのおかげ

     
    トラックマンS(栗東担当者)

    コパノリッキーが好調キープ出来ているようです。フェブラリーSの後リフレッシュされたことで走りがスムーズになりしっかり手前を変えて走れるようになったのがここ3戦の好走の原因のようです。前走も出遅れがなければ勝てていたかという競馬で、ここもうまく立ち回れば勝ち負けに加わってくるという感触です!!


    ヤフーニュースより

    【チャンピオンズC】過去10年3歳馬の優勝はなし、最多は5歳馬の4勝/データ分析(年齢編)


     12月2日に中京競馬場で行われるチャンピオンズカップ(3歳上・GI・ダ1800m)。ダート界の強豪が集結し、大注目のメンバー構成となった一戦を過去10年のデータで見ていく。なお、集計期間のうち2008~13年の期間は「ジャパンカップダート」として阪神競馬場のダート1800mで行われていた。  

     最上位人気が予想されるのはマイルCS南部杯でゴールドドリームを撃破した3歳のルヴァンスレーヴ。JBCクラシックで2着のオメガパフュームも3歳馬。2006年アロンダイト以来3歳馬の勝利はなく、過去10年では2着と3着が2回ずつ。上位人気の着外も目立つが、18頭とやや少ないサンプルながら複勝回収率は104%と悪くはない。  

     最多勝利年齢は4勝の5歳馬。今年はルヴァンスレーヴに次ぐ人気となるであろうゴールドドリーム・ケイティブレイブの世代。トランセンドのように1番人気でしっかり勝ち切るケースも、アスカノロマン・ナムラビクターのように人気薄での馬券絡みもあり、全体的にこのレースにおいては優秀な成績を残している印象だ。  残りはそれぞれ3勝ずつの4歳と6歳。6歳は6番人気サウンドトゥルー、12番人気サンビスタ、4番人気カネヒキリが勝利しており、こちらも馬券的には高配当の使者となったケースが多い。一方の4歳馬は3勝しているが、8番人気1着のゴールドドリームや8番人気2着のグロリアスノアがいるにもかかわらず複勝回収率が46%と7歳以下では最低の数字、同様に複勝率も14.7%と低い数字になっている。

    【チャンピオンズカップ予想|2018年|予想オッズまとめ】の続きを読む

    JC(ジャパンカップ)予想|2018年|調教・追い切りニュースまとめ

    choukyou


    高配当21では今週も無料予想GET
    馬券師が馬券的中を目指しますw
    無料予想で有馬記念予想を公開
    kouhai21s


    ヤフーニュースより
    【ズバッと!言いたい放題】ジャパンカップ

     しの 東京開催も今週でラスト。頭数は少なくなってしまいましたが、外国馬だけでなく地方馬の参戦もあって盛り上がりそうです。  
     
     大王 3冠牝馬アーモンドアイの相手探しだね。古牡馬と4キロ差の53キロで戦えるのも有利だ。  東京サンスポ・漆山 ため息が出るほど素晴らしい動きで、ルメール騎手も、「この馬は自分がすべき仕事を分かっている。直線だけフルパワー。スタートからリラックスして運べれば、2400メートルは絶対にいける」と自信たっぷり。今週は大好きな赤ワインを断ってまで、万全の体調で臨むそう。  しの 睡眠さえちゃんと取れば多少飲んでも問題ないと思うけど…。  

     漆山 それはあなたでしょ。ゲン担ぎの一種だよ。ただ追い切りには、「オーバーワークだけは避けたい」と語っていた国枝調教師がちょっぴり渋い表情。当日のテンションはよく見たほうがいいね。  

     大王 サトノダイヤモンドは京都大賞典で復活V。落鉄があったダービーでも2着に踏ん張ったように、東京2400メートルの適性は高い。鞍上も“マジックマン”モレイラだ。  

     しの 池江調教師の「8割方」という言葉が気にかかるわ。  

     水谷 せやけど、「1週前にモレイラ騎手に乗ってもらい、『バランスがいい』と言ってくれたのは心強かった」と言っとったで。  

     しの アーモンドの相手はスワーヴリチャードね。出遅れたうえにスローだった天皇賞では何もできなかったけど、ミルコもさすがに同じ轍は踏まないでしょ。  

     大王 馬も人もメンタル的なダメージが心配だよ。名うてのサウスポーでアッサリ勝つ可能性はあるけど、逆もありそうで…。  

     水谷 庄野さんは「JCはあまり疲れていなかったから回復も早かった。距離や舞台は問題ないので、やる気、走る気持ちを全面に出してほしい」と。ミルコに期待といったとこやな。  

     大王 昨年の覇者シュヴァルグランは京都大賞典をひと叩きされて上昇ムード。昨年と同じローテーションだし、クリスチャンのリード次第で連覇もあるか。  
     
     水谷 「舞台は一番合っているので、昨年のボウマン騎手のように積極的にポジションを取りにいって、長くいい脚を使える長所を生かしてほしい」と友道さん。  

     漆山 個人的に気になるのはウインテンダネス。Cコース替わりの先週の馬場はインを通った先行馬に有利だった。緑風Sのようなハイペースの逃げなら一発もありそうだ。  

     しの それならキセキも。近2戦とも、前めの競馬で好結果を出しています。  

     大王 外国馬はどう? アイルランドのカプリは愛ダービー&英セントレジャー馬で凱旋門賞5着、英チャンピオンS4着。エネイブルやクラックスマンに比べれば、怖くないメンバーでしょ。  

     しの ただ外国馬はここ10年馬券圏内なしで…。  

     水谷 そんなこと言うてもムーアやで。  

     森田 英国のサンダリングブルーも3着争いなら。GIは未勝利だけど、強豪相手に3着に踏ん張った英インターナショナルSが光る。  

     しの そういえば水谷さん、マイルCSは◎◯でドンピシャでしたね。  

     水谷 久々に気持ちのええ当たりやったなあ。この勢いのまま師走競馬に向けて、もう一発長打を狙ったるわ。  

     しの バットを長く持ちすぎて空振りしないことを祈ってます…。

    【JC(ジャパンカップ)予想|2018年|調教・追い切りニュースまとめ】の続きを読む

    京都2歳S予想|2018年|直前情報まとめ

    chokuzen

    ヤフーニュースより
    調教ズームイン

     時計も動きも、決して際立つものではなかった。それでも坂路の併せ馬で追い切られたワールドプレミアは、デビュー前より明らかに走る気と力強さが増している。  

     同じ2歳の1勝馬ランブリングアレー(500万下)を3馬身ほど追いかけてスタートし、4ハロン54秒3-12秒9。クビ差遅れたが、柔らかいフォームで前に追いつこうとする闘争心を見せ、詰め寄ったことは評価できる。まだパワーが付ききっておらず、坂路でもCWでも重いウッドチップでの調教は苦手だが、品のある好馬体の良血馬。走りのバランスそのものはデビュー前より一段と良くなっているのは間違いない。  

     前走の新馬戦(芝1800メートル)はエンジンのかかりが遅く、直線だけで差し切った。今回の調教と、芝での軽い走りを覚えた2走目なら、強力馬相手の重賞でも期待してみたい素材だ。 

    土曜京都の危険な人気馬

     【京都11R・クラージュゲリエ】
     
     前走はイレ込みが目立ち、折り合い重視の競馬に。小回りで後方からの競馬では差し届かなかった。広いコースになるのは歓迎だが、うるさいのは相変わらず。

     追い切りでも掛かり気味で、なだめるのに苦労していた。当日輸送の今回はさらにイレ込まないかが心配だ。



    競馬予想サイト レープロの無料予想が激アツなの知っているw

    rep


    これだけの無料コンテンツを誰でも無料・しかも匿名性の高いフリーメールで登録できます。

    競馬レープロへ行く



    このページのトップヘ