競馬予想@競馬総合情報

競馬予想@競馬総合情報!、競馬予想で的中ラッシュするためにいろいろな視点からを作成しています。競馬予想データ、競馬ニュース、競馬情報など

    2018年10月

    天皇賞秋予想|2018年|直前情報まとめ

    chokuzen

    ヤフーニュースより

    【天皇賞秋】パドックのツボ

     スワーヴリチャードは常に落ち着いて周回。イライラしているようだと減点。馬体は増えている公算が大きく、10キロ程度までなら歓迎だ。

     レイデオロは気合を表に出すが、あまりうるさいと折り合いが不安で黄信号。すっきり見せる体つきで力感はなくてもOK。マカヒキは体重が微減で引き締まって見えれば理想的。

     サングレーザーは完歩が小さく硬さを感じさせるが、いつものことで割引不要。

    【天皇賞秋】出走馬の長所と短所

    天皇賞(秋)・G1」(28日、東京)

    (1)ステファノス

    長所=秋盾15年2着、16年3着の好走実績は強み
    短所=近走は不振。7歳馬で一変までは厳しいか

    (2)ブラックムーン

    長所=放牧明けでリフレッシュ。はまれば末脚強烈
    短所=初の2000メートル。専門外の距離だけに

    (3)ヴィブロス

    長所=芝10Fは〈2・1・0・0〉。距離はベスト
    短所=叩いて上向くタイプ。休み明けは疑問

    (4)レイデオロ

    長所=府中に絶対的な自信。鞍上ルメールも絶好調だ
    短所=オールカマー勝ち馬は秋盾過去未勝利で…

    (5)スワーヴリチャード

    長所=左回り〈3・2・1・0〉、2000メートル〈3・1・0・1〉
    短所=安田記念からのぶっつけローテ。発馬が不安定

    (6)マカヒキ

    長所=16年のダービー馬。前走で復調の兆し
    短所=現在7連敗中。最近は善戦止まりで…

    (7)アルアイン

    長所=昨年の皐月賞馬。2000メートルはベスト
    短所=小回りに良績。決め手勝負では分が悪い

    (8)ダンビュライト

    長所=G1でも相手なりに走れる先行力は魅力
    短所=勝ち切るまでの瞬発力なし。あって善戦まで

    (9)サングレーザー

    長所=前走で距離克服。スピード&切れ味は大きな魅力
    短所=舞台は東京2000メートル。タフさ求められる流れになると…

    (10)キセキ

    長所=昨年の菊花賞馬。2000メートルは2戦2勝
    短所=約1年未勝利。瞬発力勝負では見劣り

    (11)ミッキーロケット

    長所=宝塚記念優勝馬。4年連続Vの5歳馬
    短所=重賞の2勝は稍重でのもの。高速決着では疑問

    (12)サクラアンプルール

    長所=脚質に自在性。人気薄で激走のタイプ
    短所=G1で13、8、16着と苦戦。決め手不足で

    (13)アクションスター

    長所=断トツのキャリア45戦。久々を叩かれ出来上昇
    短所=G2以上では〈0・0・0・22〉。さすがに荷が重い

    【天皇賞秋】展開から浮上するのはこの馬だ

    天皇賞(秋)・G1」(28日、東京)

     スタートして最初のコーナーまでのポジション争いがポイント。確たる逃げ馬が不在でスローの見立てだが、好位置を取りたい面々が先を急げば、流れが一変する可能性も否定できない。

     ただ、どんなペースになっても力を発揮できるのが、スワーヴリチャードレイデオロの強み。ともに末脚はしっかりしており、仮に遅い流れになったとしても、途中から自力で動いていくことも可能。レースの主導権は常に2頭が握っていると言っても過言ではない。

     直線の切れ味勝負を望むマカヒキ、サングレーザーには、やや厳しい展開。2頭の相手には、アルアインを筆頭とする先行勢を重視したい。

    【天皇賞秋】馬場状態から浮上するのはこの馬だ

      「天皇賞(秋)・G1」(28日、東京)

     天皇賞・秋が行われる28日、東京競馬場のある東京都府中市の天気は晴れ。土曜は稍重でスタートしたが、昼過ぎには良まで回復している。芝は今週からA→Bコース(3メートル外に内柵を設置)に。前日の結果を見ると決まり手には大きな偏りはないが、3Rの2歳未勝利(芝10F戦)は2分0秒9と、クラスを考えればかなり速めの決着となった。ペースが緩んだとしても、V時計は1分58秒台に収まりそうだ。

     土曜の芝の6戦は、勝ち馬全頭が上がり3F33秒台をマーク。絶好の馬場コンディションから速い上がりを求められる状況だ。瞬発力のないジリ脚タイプの苦戦は必至。狙うなら鋭い末脚を繰り出せるタイプとみる。

     切れ者ぞろいのディープインパクト産駒が台頭する。なかでも、上がり3F33秒3の末脚で16年ダービーを制したマカヒキは、決め手比べをめっぽう得意とするタイプ。前走の札幌記念2着で久々に“らしさ”を見せた。レジェンド武豊を背に完全復活を遂げる。



    競馬予想サイト レープロの無料予想が激アツなの知っているw

    rep


    これだけの無料コンテンツを誰でも無料・しかも匿名性の高いフリーメールで登録できます。

    競馬レープロへ行く



    天皇賞秋予想|2018年|調教・追い切りニュースまとめ

    choukyou


    高配当21では今週も無料予想GET
    馬券師が馬券的中を目指しますw
    無料予想で有馬記念予想を公開
    kouhai21s


    ヤフーニュースより
    【天皇賞・秋】東西調教ウオッチャー
     
     片岡 半数以上の7頭がGI馬。“ドラ1”候補ばっかりで目移りするけど、オリックス党の山口がスカウトしてきた馬から教えてくれや。  

     山口 キセキですね。CWコースで一杯に追われ、5ハロン67秒7-11秒6とはじけました。500キロ超の馬体をさらに大きく見せる走りで、菊花賞を制したときの状態に近づいていますよ。  

     片岡 なるほど、大型の本格派投手が状態を上げてきたっちゅうわけやな。長田はどや?  長田 調教評価『S』のアルアインがイチ推しッス。シャープな伸び脚で坂路4ハロン51秒5-12秒1。先週マークした同51秒8をさらに更新する自己ベストで、24日の栗東では2番目に速い時計でした。  片岡 根尾君ばりの俊敏さが武器やな。他にもおるやろ。  

     長田 スランプを脱した大器マカヒキが面白いッス。坂路4ハロン54秒9とタイムは平凡でしたが、パワフルな脚取りが印象的。東の有力選手…じゃなくて馬の情報も教えてほしいッス。  

     片岡 やっぱりレイデオロやな。1週前追い切りでバランスを崩した影響はないし、けいこを見ていても普通にいい。歩様も気にならんで。隠し玉ならサクラアンプルール。追い切りは僚馬を3馬身ほど追いかけて、直線で外を回す負荷のかけよう。それでもラストは楽に先着しとった。指名しておいて損はないで。
    【天皇賞秋予想|2018年|調教・追い切りニュースまとめ】の続きを読む

    天皇賞秋予想|2018年|枠順に関するニュースまとめ


    waku



    天皇賞秋過去10年枠順別データ

    tenakiwa


    基本内枠が良いんだろうね。


    ヤフーニュースより

    【天皇賞秋】枠順の明暗


    <栗東トレセン>  

    スワーヴリチャードは〔4〕枠(5)番。1985年のギャロップダイナ以降、勝ち馬は出ていないが、庄野調教師は「内で包まれるのも嫌だし、外からだと脚も使う。ミルコとも『真ん中くらいがいいね』と話していた。前回くらいゲートを出てくれれば」と期待する。  

    アルアインは3勝、2着5回で連対率(・235)が最も高い〔5〕枠(7)番に決定。「真ん中だし、頭数も少ないし、そこまでゴチャつかないのかな。動きは前走よりいいし、上積みはあると思う」と川合助手はうなずいた。  

    マカヒキは〔5〕枠(6)番。1998年のオフサイドトラップ以来、勝ち星から遠ざかっているが、内めの偶数枠で悪くなさそうだ。大江助手は「周りの出方を見ながらいけそうですし、真ん中あたりでちょうどいいですね」と納得の表情。

    紅一点の僚馬ヴィブロスは〔3〕枠(3)番。2009年のカンパニー以来9年ぶりの勝利を目指す。「基本的にスタートはいい馬ですし、(3)枠は有利に働くと思う。どの位置から競馬をするかわかりませんが、はじめのコーナーに有利な体勢で入れそう」と大江助手。  

    昨年の菊花賞馬キセキは、3勝を挙げる〔7〕枠(10)番。前川助手は「大外枠じゃなければどこでも良かった。今週の動きはよかったですし、状態は良さそう」と笑みを浮かべた。  

    宝塚記念を制した僚馬ミッキーロケットは〔7〕枠(11)番。生野助手も「できればもう少し内めの偶数枠がよかったですね」と語るも、「状態はすごくよさそう」と前を向いた。  

    ダンビュライトは最多の4勝を誇る〔6〕枠(8)番。近3年でも2勝を挙げる好枠だ。生野助手は「いいところじゃないですか。前走はテンションが高かったので、当日に落ち着いていければ」と話した。  

    ブラックムーンは〔2〕枠(2)番に入った。伊藤助手は「ここならロスなく進められますね。あとはジョッキーが考えて乗ってくれると思います」と見通しを語った。  

    <美浦トレセン>  
    サクラアンプルールは〔8〕枠(12)番。金成調教師は「本当なら内の方がいいけど、この頭数ならあまり影響はないでしょう」と話した。  

    アクションスターは大外の〔8〕枠(13)番。「この頭数だから、枠はどこでもいい。具合の良さを生かしてどこまでやれるか」と小島良助手は語った

    競馬予想サイト レープロの無料予想が激アツなの知っているw

    rep


    これだけの無料コンテンツを誰でも
    無料・しかも匿名性の高いフリーメールで登録できます。

    競馬レープロへ行く



    天皇賞(秋)予想|2018年|予想オッズまとめ

    yosouodds



    無料の予想で
    競馬を勝ちたい・儲けたい
    そんな貴方さまにはUMAチャンネル

    充実の無料予想・・・
    umachs

    チャンピオンズカップでコパノリッキー買えたのはこのサイトのこの
    無料コンテンツのおかげ

     
    トラックマンS(栗東担当者)

    コパノリッキーが好調キープ出来ているようです。フェブラリーSの後リフレッシュされたことで走りがスムーズになりしっかり手前を変えて走れるようになったのがここ3戦の好走の原因のようです。前走も出遅れがなければ勝てていたかという競馬で、ここもうまく立ち回れば勝ち負けに加わってくるという感触です!!


    ヤフーニュースより
    【天皇賞・秋】豪華メンバー集結 人気はスワーヴリチャードか/JRAレースの見どころ


    今年のダービー馬ワグネリアンの回避は残念だが、昨年のダービー馬レイデオロ、大阪杯覇者スワーヴリチャードら豪華メンバーが集結。秋の盾を手にするのはどの馬か。出走を予定している主な有力馬は次の通り。


    ■10/28(日) 天皇賞・秋(3歳上・GI・東京芝2000m)


     スワーヴリチャード(牡4、栗東・庄野靖志厩舎)は今春の大阪杯で念願のGI初制覇を果たした。続く安田記念では3着に敗れたものの、キャリア初のマイル戦だったということを考えれば評価を下げる必要はないだろう。休み明けでの天皇賞参戦となるが、調整は順調。2つ目のGIタイトル獲得なるか。


     レイデオロ(牡4、美浦・藤沢和雄厩舎)は昨年のダービー馬。今年はドバイシーマクラシックに挑戦して4着だったが、復帰戦のオールカマーで同期の皐月賞馬アルアインに完勝し、さすがの貫禄を見せた。17日の調教でアクシデントがあったのは痛手だが、それを乗り越えての戴冠を期待したい。


     マカヒキ(牡5、栗東・友道康夫厩舎)は2016年のダービー馬。骨折明けだった前走の札幌記念は2着だったが、札幌の短い直線で後方から追い込んでハナ差なら十分な結果と言えるだろう。今回は武豊騎手との新コンビ。ダービーと同じ東京コースで完全復活なるか。


     その他、宝塚記念の覇者ミッキーロケット(牡5、栗東・音無秀孝厩舎)、昨年の皐月賞馬アルアイン(牡4、栗東・池江泰寿厩舎)、札幌記念を制したサングレーザー(牡4、栗東・浅見秀一厩舎)、宝塚記念4着以来のヴィブロス(牝5、栗東・友道康夫厩舎)なども戴冠を狙う。発走は15時40分。

    【天皇賞(秋)予想|2018年|予想オッズまとめ】の続きを読む

    菊花賞予想|2018年|枠順に関するニュースまとめ


    waku



    菊花賞過去10年枠順別データ

    kikuwaku

    基本内枠が良いんだろうね。


    ヤフーニュースより

    【菊花賞】枠順の明暗


     アイトーンは〔1〕枠(1)番。
    過去最多タイの8勝(18頭立てとなった1987年以降では3勝)を挙げる最内枠に五十嵐助手は「(ハナに)行くしかないですね。周りがくるまでに先手を奪い切れれば」と逃げ宣言。  

     グレイルは馬番別で2番目に多い7勝を挙げる〔1〕枠(2)番。
    野中助手は「内で気持ちよく走ってくれたら。引っかかることもないので、3000メートルも持ちそう」と期待。  
     
     皐月賞馬エポカドーロは内めの〔3〕枠(5)番。勝ち馬は1989年までさかのぼるが過去6勝の好枠だ。田代助手は「いいところを引けた。ロスなく運べる。ゲートの出自体は問題ない馬だし、奇数枠も気にならない」。  

     エタリオウは1987年Vのサクラスターオーを最後に連対馬が出ていない〔5〕枠(9)番。大江助手は「内外を見ながら行けるのでいいところ。リズムよく走れる位置で運べれば」とうなずいた。  

     ユーキャンスマイルは〔4〕枠(7)番。武豊騎手にとって2005年にディープインパクトを3冠に導いた“ラッキー7”で、大江助手は「この馬のことをよく知っている騎手が出たなりで判断してくれる」と全権委任だ。  

     夏の上り馬アフリカンゴールドは〔5〕枠(10)番。過去2勝と信頼度はやや低いが西園助手は「内に行きたい馬が入ったので展開的には一番いい枠」とトーンが高かった。  

     ステイフーリッシュは〔8〕枠(16)番。18頭立てになった1987年以降は0勝の厳しい枠だが安藤助手は「スタートは気にならないタイプ。あとは調教師とジョッキーが相談して…」と語った。  

     タイムフライヤーは〔7〕枠(13)番。昨年のキセキが栄冠を手にした枠で、松田調教師は「この馬の能力を引き出せる枠だと思って頑張ります。一回使って体調も上向いている」と力を込めた。  

     2頭出しの国枝厩舎はコズミックフォースが〔6〕枠(11)番、オウケンムーンが〔7〕枠(15)番。コズミックについて椎本助手は「(秋華賞の)アーモンドアイと一緒(の枠)で、いい枠」。オウケンについても「先行馬の多い内枠でゴチャつくよりはいい」と前向きだった。  

    <美浦トレセン>  
     ブラストワンピースは〔2〕枠(3)番。過去10年で2勝の好枠に大竹調教師は「全然、問題ないと思うし、いい枠が当たりました」と声を弾ませた。  

     フィエールマンは〔6〕枠(12)番。大村助手は「ゲートが速い馬でもないので、枠順は関係ない」と泰然自若の構えだ。  

     グロンディオーズは〔7〕枠(14)番。「あまり内は引きたくなかったし、大外も嫌だった。偶数だしここならいいでしょう」と田村調教師は歓迎。  

     グローリーヴェイズは〔8〕枠(18)番。尾関調教師は「(福永)ジョッキーに過去のレースを見てもらい、外枠をこなすプランを考えたい」と語った。

    メイショウテッコン 理想通りの「いい枠」/菊花賞

     3枠6番メイショウテッコンは運動で体をほぐした。「気配は、だいぶいい感じ。気持ちも乗っている」と中塚助手。枠順も「理想は4、6、8番だったので、一番いい枠」と笑顔を見せ、京都コースについても「下り坂で勢いをつけられる」と心配なさそうだ。

    【菊花賞】2枠3番ブラストワンピース、最後の1冠取りに陣営期待「いい枠当たった」

     新潟記念を勝ったブラストワンピースは18日、厩舎周りの引き運動でクールダウン。枠順は過去10年で2013年エピファネイア、16年サトノダイヤモンドが勝っている〔2〕枠(3)番に決まった。大竹調教師は「いいじゃない」と、喜びの第一声。近2走は出遅れ気味のスタートだが、「近走はたまたまタイミングが悪いときにゲートを切られただけ。この枠で全然問題ないと思うし、いい枠が当たりました」と、最後の1冠取りに期待が高まっていた。


    競馬予想サイト レープロの無料予想が激アツなの知っているw

    rep


    これだけの無料コンテンツを誰でも
    無料・しかも匿名性の高いフリーメールで登録できます。

    競馬レープロへ行く



    このページのトップヘ