競馬予想@競馬総合情報

競馬予想@競馬総合情報!、競馬予想で的中ラッシュするためにいろいろな視点からを作成しています。競馬予想データ、競馬ニュース、競馬情報など

    2018年02月

    チューリップ賞予想|2018年|予想オッズまとめ

    yosouodds



    無料の予想で
    競馬を勝ちたい・儲けたい
    そんな貴方さまにはUMAチャンネル

    充実の無料予想・・・
    umachs

    チャンピオンズカップでコパノリッキー買えたのはこのサイトのこの
    無料コンテンツのおかげ

     トラックマンS(栗東担当者)

    コパノリッキーが好調キープ出来ているようです。フェブラリーSの後リフレッシュされたことで走りがスムーズになりしっかり手前を変えて走れるようになったのがここ3戦の好走の原因のようです。前走も出遅れがなければ勝てていたかという競馬で、ここもうまく立ち回れば勝ち負けに加わってくるという感触です

    ヤフーニュースより

    【チューリップ賞展望】2歳女王ラッキーライラックVS阪神JF2着馬リリーノーブル


    ◆第25回チューリップ賞・G2(3月3日・芝1600メートル、阪神競馬場)

     第25回チューリップ賞・G2が3月3日、阪神競馬場の芝1600メートルを舞台に行われる。

     昨年暮れのG1、阪神JFを勝ち、JRA最優秀2歳牝馬に輝いたラッキーライラック(牝3歳、栗東・松永幹夫厩舎=オルフェーヴル産駒)が2018年の始動戦に挑む。過去3戦は新潟、東京、阪神。父譲りのパワーあふれる末脚で長い直線を切り裂いてきた。石橋騎手とのコンビ。道中でどこからでも動けるセンスの持ち主のうえ、500キロ近い馬体で馬群でもまれても当たり負けの心配もない。現状、死角らしい死角は見つからない。

     阪神JF2着のリリーノーブル(牝3歳、栗東・藤岡健一厩舎=ルーラーシップ産駒)もここが始動戦。好位から競馬ができる優等生。母の父もクロフネなら重馬場は苦にしないだろう。逆転は簡単ではないが、コンスタントに力を出せる安定したメンタルは信頼性が高い。

     阪神JF3着マウレア(牝3歳、美浦・手塚貴久厩舎=ディープインパクト産駒)は前走、1番人気のクイーンCで5着。直線で弾けず不完全燃焼の競馬だった。全姉のアユサンは桜花賞馬。武豊との新コンビ結成でどのようなマジックが起こるのか注目。

     アルテミスS5着、フェアリーS2着の安定株スカーレットカラー(牝3歳、栗東・高橋亮厩舎=ヴィクトワールピサ産駒)、スケールが大きいシグナライズ(牝3歳、栗東・藤原英昭厩舎=フランケル産駒)は、マイルの方が競馬をしやすそう。中京の新馬を勝ったサラキア(牝3歳、栗東・池添学厩舎=ディープインパクト産駒)は昨年のエルフィンSを勝ったサロニカの全妹。姉と同様、馬格はないが、脚力は確かだ。エルフィンS3着のレッドランディーニ(牝3歳、栗東・石坂正厩舎=ディープインパクト産駒)、アルテミスS2着のサヤカチャン(牝3歳、栗東・田所秀孝厩舎=リーチザクラウン産駒)も桜花賞切符を目指し参戦する。

    【チューリップ賞予想|2018年|予想オッズ】の続きを読む

    弥生賞予想|2018年|予想オッズまとめ

    yosouodds



    無料の予想で
    競馬を勝ちたい・儲けたい
    そんな貴方さまにはUMAチャンネル

    充実の無料予想・・・
    umachs

    チャンピオンズカップでコパノリッキー買えたのはこのサイトのこの
    無料コンテンツのおかげ

     トラックマンS(栗東担当者)

    コパノリッキーが好調キープ出来ているようです。フェブラリーSの後リフレッシュされたことで走りがスムーズになりしっかり手前を変えて走れるようになったのがここ3戦の好走の原因のようです。前走も出遅れがなければ勝てていたかという競馬で、ここもうまく立ち回れば勝ち負けに加わってくるという感触です

    ヤフーニュースより

    弥生賞展望

    「弥生賞・G2」(3月4日、中山)


     クラシックに向けて見逃せない注目の対決が、早くも実現する。皐月賞コースで行われる最重要トライアルとあって例年、有力馬が集まるが、今年は少頭数ながらも粒ぞろい


     まずは無傷3連勝で朝日杯FSを制したダノンプレミアム。サウジアラビアRCを1分33秒0のレコードで制し、G1でも後続に3馬身半差をつけて圧勝した。今回は未知となる中山芝2000メートル戦となるが、中内田師は「距離、コースは課題になるが、結果が全て。相手は強くなるものの、避けては通れない」と力を込める。


     同じくデビューから3連勝で東スポ杯2歳Sを制したワグネリアンも相当な器だ。友道師は「皐月、ダービーへ向けて中身を求めたい」と勝利への意欲を見せる。こちらも初の中山コース攻略が鍵となりそうだ。


     昨年はダービー馬レイデオロを輩出した東の名門・藤沢和厩舎が送り出すのが、2戦2勝のオブセッションだ。シクラメン賞を1分45秒6の2歳レコードでV。関西の素質馬を迎え撃つ。


     デイリー杯2歳Sの覇者ジャンダルムは、ホープフルS2着で、今回と同じ舞台を経験した強みがある。芙蓉Sを制し、ホープフルSでも4着と舞台実績のあるサンリヴァルも虎視眈々(たんたん)と上位を狙う

    【弥生賞予想|2018年|予想オッズまとめ】の続きを読む

    阪急杯予想|2018年|直前情報まとめ

    chokuzen

    ヤフーニュースより

    【前走後の談話】日曜阪神11R阪急杯

     ◇アポロノシンザン「メンバーが強化されても、楽にハナへは行けた。スピードは通用するので、来年は重賞でも楽しみ」(津村明騎手)

     
     ◇カラクレナイ「初めての1200メートルのペースにも対応できていた。いい脚を使えたし、この距離でもやれるめどは立ったと思う」(池添謙騎手)

     
     ◇コスモドーム「流れに乗ることができなかった。他馬は手綱を持ったままだったのに、こちらは途中から動ける手応えではなかった。いつもはグッと上がっていけるけど」(柴田大騎手)

     
     ◇ダイアナヘイロー「展開は悪くなかったが…。気分屋なところが出てしまったのだろうか」(武豊騎手)

     
     ◇ディバインコード「集中力を持続させるため、馬の後ろに置いて進めた。強い相手だったが頑張っている」(北村宏騎手)

     
     ◇ニシノラッシュ「ゲートをポンと出て、道中は楽に行かせてもらえた。今日は内枠だったし、ゴチャつくよりはいいと思い、行けるようならハナへ行こうと思っていた」(幸英騎手)

     
     ◇ヒルノデイバロー「ゲートを出てからぶつけられた。ゴチャついて進路もなく、スムーズな競馬ができていなかった」(昆貢師)

     
     ◇ペイシャフェリシタ「思ったよりもスタートを決められた。ペースが遅くて逃げ切られてしまったが、こういう形で運べるのなら、レースの幅が広がると思う。久しぶりに乗ったが、成長している」(大野拓騎手)

     
     ◇ミッキーラブソング「スタートは良かったが、外枠だったぶん(位置を取るのに)脚を使ってしまった」(松山弘騎手)

     
     ◇モーニン「初芝だったが、よく頑張った。これがきっかけになれば…。まだ奥がありそう」(岩田康騎手)

     
     ◇モズアスコット「今回はいいメンバーだったし、現状ではよく走っている。来年は重賞でも通用するだろう」(Cデムーロ騎手)

     
     ◇ユキノアイオロス「よく頑張っている。流れ次第だろうか」(川島信騎手)

     
    ◇レッドファルクス「いい感じで運べ、仕掛けてから反応もあったが、最後の1ハロンで止まった」(Cデムーロ騎手)

    【阪急杯】傾向と対策

     過去10年の結果から傾向を探る。

     ☆人気 1番人気は【2・2・1・5】。1~4番人気で8勝と基本的には堅いが、7番人気も2勝している。

     ☆近走 2走前と前走が同じ距離だった馬が7勝。勝率10・1%もトップ。

     ☆脚質 前走4角の位置で比較すると「2~4番手」組が【6・4・1・32】と圧倒的な数字。連対馬20頭中10頭が同組だ。だが、3着6頭は「10番手以下」の組でヒモは後方組が狙い目か。

     ☆年齢 4歳【2・3・7・20】、5歳【6・3・1・31】、6歳【1・3・1・38】、7歳【1・0・0・25】。中心は5歳。

     結論 ◎ダイアナヘイロー ○ペイシャフェリシタ ▲シュウジ


    【データで勝負】阪神11R・阪急杯

    【データからの注目馬・阪神11R】

     
     ◎(17)モズアスコット

    ☆ここ5回の阪急杯を参考。連対馬の9割が前走で重賞に出走。中でも阪神カップ組が【2・2・1・9】。連対した4頭は0秒6差以内だった

     
    上記のデータに加え、連対馬の6割は前走4着以内。同馬は好ステップの阪神カップで0秒4差の4着だった。今回は【2・0・0・0】と好相性のC.ルメール騎手を配し、前進が期待できる。

    【阪急杯】傾向と対策

     外枠でもスピード備えるアポロノシンザンがハナ。ディバインコード、ダイアナヘイローは好位で折り合いそこまで速くはならない。中団で構えるモズアスコット、レッドファルクス、カラクレナイは仕掛けどころが鍵になる。



    競馬予想サイト レープロの無料予想が激アツなの知っているw

    rep


    これだけの無料コンテンツを誰でも無料・しかも匿名性の高いフリーメールで登録できます。

    競馬レープロへ行く



    中山記念予想|2018年|直前情報まとめ

    chokuzen

    ヤフーニュースより

    【前走談話】日曜11R・中山記念

     ◇アエロリット「条件は一緒。馬場は敗因にしてはいけない。初めての経験だった。でも、大きくは負けていない」(横山典騎手)

     
     ◇ヴィブロス「リラックスできていなかった。4コーナーではミルコ(デムーロ騎手)と一緒のところにいたが…」(ルメール騎手)

     
     ◇ウインブライト「勝ったと思ったんだけどなあ…。具合は絶好調とまではいかないが、こんな正攻法の競馬がしたかったので、収穫はあった」(松岡正騎手)

     
     ◇サクラアンプルール「完璧に運べたけど、最後の一番大事なところで不利があり、競馬にならなかった」(蛯名正騎手)

     
     ◇ショウナンバッハ「(ゲートを)出ていかないと思っていたが、出てからグングン行ってしまった。この感じなら距離を詰めてみてもよさそう」(戸崎圭騎手)

     
     ◇ディサイファ「3コーナーで外から押し込められて、さらに外へ切り返したところがロスだった。あれがなければ3着はあったと思う」(蛯名正騎手)

     
     ◇ペルシアンナイト「ずっと手応えは楽だったし、最後は併せる形で頑張ってくれた。まだ3歳なので、これからが楽しみ」(Mデムーロ騎手)

     
     ◇マイネルサージュ「道中は我慢できたし、直線でも狭いところを割って伸びてくれた。いい競馬ができたと思う」(三浦皇騎手)

     
     ◇マイネルハニー「最後はかわされたと思ったが、よくしのいでくれた。道中は抑えすぎず、流しながらうまくハミを抜いて運べた。そのぶん最後のもうひと踏ん張りが利いた感じ。以前よりもメンタル面が成長して、イレ込む面が解消されてきたのが大きいし、自分のリズムで走って後続に脚を使わせる競馬ができた。今は馬が充実している」(柴田大騎手)

     
     ◇マルターズアポジー「4コーナーで(後続を)引き離すことができなかった。これがGIの壁なのかな」(武士沢友騎手)

    【データで勝負】日曜中山11R・中山記念

     【データからの注目馬・中山11R】

    ◎(3)ヴィブロス


    ☆近5回の同名レースを参考。連対馬の9頭は芝1800~2000メートルで重賞V歴。また、1着の4頭はGIで3着以内の実績があった。前走GI出走馬【5・2・2・15】→前走Vか、1着から1秒1差以内で、今回も同斤量の馬なら【5・0・0・4】


     ヴィブロスは昨年もこのレースで始動(5着)し、GIドバイターフを制覇した。確実に力をつけており、中山コースも問題ない。昨年以上を期待する。

    展開を読む【中山記念=平均ペース】
    マルターズアポジーが先手を主張。アエロリット、マイネルハニーが控えれば隊列がすんなり決まる。少頭数でペルシアンナイトなど中団組も早めの進出。直線はヴィブロス、サクラアンプルールなども加わって、先行勢との叩き合い。

    【中山記念】傾向と対策

    過去10年の結果から傾向を探る。

     ☆前走 優勝馬10頭中9頭がG1出走か重賞4着以内。それなりの実力がないと勝ち切れない。

     ☆年齢 4~6歳で8勝(4、5歳=3勝、6歳=2勝)2着9回と圧倒。高齢Vは7、8歳で連覇したカンパニーのみ。

     ☆人気 1番人気は3勝止まりで前年V馬と前走G1優勝馬2頭。それ以外は連対もなく信頼は薄い。

     ☆展開 優勝馬10頭中7頭が4角を4番手以内で通過。先行力か機動力は必須。

     結論 ◎ペルシアンナイト ○アエロリット ▲ウインブライト



    競馬予想サイト レープロの無料予想が激アツなの知っているw

    rep


    これだけの無料コンテンツを誰でも無料・しかも匿名性の高いフリーメールで登録できます。

    競馬レープロへ行く



    阪急杯予想|2018年|調教・追い切りニュースまとめ

    choukyou


    高配当21では今週も無料予想GET
    馬券師が馬券的中を目指しますw
    無料予想で有馬記念予想を公開
    kouhai21s


    ヤフーニュースより
    モズアスコット動き満足、坂路で3馬身先着/阪急杯

    <阪急杯:追い切り>

     モズアスコットがS評価獲得だ。坂路でリーゼントロック(古馬オープン)と併走。軽く1度気合をつけただけでラスト1ハロン11秒7とはじけ、3馬身先着した。やれば動く馬だが、道中は制御も利き、全体時計は4ハロン52秒9とほどよい。玉井助手も「やり過ぎでもなく、遅くもなく」と満足の表情だ。

     昨夏から4連勝。重賞初挑戦の前走・阪神Cでは、外を回りながらレコード決着の4着と健闘した。「だいぶ甘かったのが、少しずつしっかりしてきた。無事にいけば結果はついてくるかな」。今春の安田記念出走も見据えるフランケル産駒のスター候補。飛躍の一戦にしたい。

    【阪急杯予想|2018年|調教・追い切りニュースまとめ】の続きを読む

    このページのトップヘ