競馬予想@競馬総合情報

競馬予想@競馬総合情報!、競馬予想で的中ラッシュするためにいろいろな視点からを作成しています。競馬予想データ、競馬ニュース、競馬情報など

    2017年01月

    愛知杯予想|2017年|データ・ニュースまとめ

    競馬のプロが愛用する注目サイトwwww
    大川慶次郎の遺伝子の信頼度が高すぎる


    愛知杯関連ニュース

     土曜日に中京競馬場で行われる愛知杯(GIII・牝馬限定・ハンデ・芝2000m)に美浦から出走する注目馬2頭について、管理する各調教師のコメント。

    ■クインズミラーグロ(牝5・美浦・和田正道)について、和田調教師。
    「前走(カウントダウンS・1600万下・1着)はこちらの指示通り、前めで競馬ができました。スムーズなレースができれば、あのくらいやれる能力はありますね。中間も順調ですし、今週(1/11)の追い切りも良い動きで、好調を維持しています。今回は重賞になりますが、ハンデ戦ですし、前走同様スムーズにレースを運べれば、やれるのではないかと思います」

    ■ダイワドレッサー(牝4・美浦・鹿戸雄一)について、鹿戸調教師。
    「前走(ターコイズS・16着)はハイペースに巻き込まれたこともあり、馬も途中で嫌気がさしてやめてしまった感じです。レースであまり走っていないので、ダメージもないですね。長めの距離を使っていたこともありますが、前走のマイルは少し短かったので、今回は距離を延ばしました。

     明け4歳ですし、もう少し斤量(54キロ)は軽いと考えていましたが、見込まれた感もありますね。ただじっくりとためていければ、前走のようなことはないでしょう」

    (取材・文:佐々木祥恵)

     
    主な馬の追い切りニュース
    (ヒルノマデーラ)

    <愛知杯:追い切り>

     今週開幕の土曜中京メインは牝馬限定の愛知杯(G3、芝2000メートル、14日)。オープン特別1勝、重賞2着1回で実績上位のヒルノマテーラ(牝6、昆)が坂路、馬なりで4ハロン53秒5-12秒6をマークし、好調キープをアピールした。

     全馬が重賞未勝利という混戦ならマテーラの末脚が上位だ。手綱をとった四位騎手は「使ってきている馬なので、これで十分。いい感じだったよ。坂があった方がいいと思える馬だし、ブチ抜けられるように頑張ります」と好勝負を誓う。

     直線の全長が412・5メートル、西日本最大の高低差3・5メートルの急坂が待ち構える中京は、牝馬が好位から押し切るのは難しいコース。実際、最近2回は差し、追い込みが上位を独占している。「先週しっかりやっているので今日は馬なりで。前走(チャレンジC10着)も内が伸びる特殊な馬場で0秒4差なら悲観する必要はない」と昆師。トップハンデタイの55キロでも期待は大だ。【中西典章】

     


    【愛知杯予想|2017年|データ・ニュースまとめ】の続きを読む

    シンザン記念予想|2017年|調教・追い切り


    いつもお世話になっております…無料で一発wwww


    ペルシアンナイトは注目

    <日刊スポーツ賞シンザン記念:追い切り>

     3戦2勝のペルシアンナイト(牡3、池江)が4日、日刊スポーツ賞シンザン記念(G3、芝1600メートル、8日=京都)に向けて追い切られた。

     Cウッドでダイナミックな走りを見せ4ハロン54秒4-12秒2。池江師は「ハミをとらずフワフワしていたけど、使ってきているし、あれでよかった」と合格点をつけた。同じ池江厩舎の大先輩オルフェーヴル(11年2着)も通った登竜門に挑む。

    【シンザン記念予想|2017年|調教・追い切り】の続きを読む

    フェアリーS予想|調教・追い切りまとめ


    ここの予想の期待度大・・・まずは無料登録から

     1月8日は、中山競馬場で第33回フェアリーS・G3(芝1600メートル)が行われる。

     16頭中13頭が1勝馬という低調な組み合わせ。3戦2勝コーラルプリンセス(牝3歳、美浦・高橋裕厩舎)が一応の中心か。唯一の敗戦が2戦目のアルテミスS。勝ったリスグラシュー(阪神JF2着)、2着のフローレスマジックからは離されたが、3着とは0秒4差。上がり3ハロンは1、2着馬に次ぐ3位だった。勝負強さを見せた前走、赤松賞のレース内容も濃かった。

     新潟2歳S5着のあと、オープン、500万を3戦使われ、2、2、2着のキャスパリーグ(牝3歳、栗東・浅見秀一厩舎)の安定性はこのメンバーなら上位。正直もうひと押し欲しいが、立ち回りは巧みだ。

     前走のサフラン賞は鼻差2着のアエロリット(牝3歳、美浦・菊沢隆徳厩舎)。早めに抜け出し、楽勝ムードだったが、勝ち馬の鬼脚に屈した。先行力が生きる中山マイルは絶好の舞台で、重賞Vは十分あり得る。

     札幌2歳S2着のブラックオニキス(牝3歳、美浦・加藤和宏厩舎)は、ファンタジーS(8着)、阪神JF(12着)と強いメンバーと戦い、敗れてはいるが、この相手なら実績上位。

     父スクリーンヒーロー、母の父エルコンドルパサーとパワーあふれる配合のメローブリーズ(牝3歳、美浦・石毛善彦厩舎)。馬場が渋れば台頭も。(大上 賢一郎)

    【フェアリーS予想|調教・追い切りまとめ】の続きを読む

    京都金杯予想|予想・オッズ|ネット評価まとめ


    競馬好きならここを信頼…まずは無料会員から-ウイニングチケット


     京都金杯(1月5日・京都芝1600m)が朝日杯FS2着以来のマイル戦となるエアスピネル(栗東・笹田和秀厩舎)。前走菊花賞からゆったりと間隔をとり、ここへ向けては12月に入ってから時計を出し始めて順調そのもの。今朝3日はレースに向けた最終追い切りを行っている。

     角馬場でじっくりと運動した後、2回目のハローが終了した坂路馬場へ移動。単走での追い切りだったが、重心がブレることのないフットワークでまっすぐと登坂。時計は4F56.2~3F40.9~2F26.5~1F12.9秒。

     数字としては遅いが、やる必要がないからこその時計。ゴールに向かって、しっかりと加速している点から軽すぎるという印象もなく、休み明けでもきっちりと力を発揮できそうな印象を受ける。

    (取材・写真:井内利彰)

    【京都金杯予想|予想・オッズ|ネット評価まとめ】の続きを読む

    中山金杯予想|2016年|予想・オッズ

    くま速・・・・VIP
     

     「中山金杯・G3」(5日、中山)

     美浦Wで2日、しまいを軽く伸ばし、6F84秒5-39秒0-13秒6をマークしたマイネルフロスト。「状態はいい。前走で馬体重がプラス14キロだったけど、これは減っていた分が戻ったもの」と高木師は仕上がりに合格点を与えながらも、勝負に関してはやや懐疑的だ。

     「最近は競馬を途中でやめている。後ろから早めに来られると厳しいかな」と展開面に注文をつけた。

     

     
    中山金杯ー2016年

     




    1着 ヤマカツエース 池添謙一
    2着 マイネルフロスト 松岡正海
    3着 フルーキー デムーロ




    【中山金杯予想|2016年|予想・オッズ】の続きを読む

    このページのトップヘ