競馬予想@競馬総合情報

競馬予想@競馬総合情報!、競馬予想で的中ラッシュするためにいろいろな視点からを作成しています。競馬予想データ、競馬ニュース、競馬情報など

    2017年01月

    きさらぎ賞予想|2017年|サトノアーサーが注目馬

    勝馬の栞が熱い・・・競馬ファンなら知っている
    元競馬エイトTMが監修する注目サイト


    サトノアーサーの無傷の3連勝なるか?

     2戦2勝のサトノアーサーに注目。無傷の3連勝で重賞制覇を飾り、堂々とクラシックに向かうことができるか。出走を予定している主な有力馬は次の通り。

    ■2/5(日) きさらぎ賞(3歳・GIII・京都芝1800m)

     サトノアーサー(牡3、栗東・池江泰寿厩舎)はデビューから2戦2勝。新馬戦こそ同着での勝利だったが、2戦目のシクラメン賞を上がり32.7秒という脚を使って圧勝し、その素質の高さを見せつけている。昨年の本レースは同厩・同オーナーの先輩サトノダイヤモンドの圧勝だったが、本馬もこれに続くことができるか。

     プラチナヴォイス(牡3、栗東・鮫島一歩厩舎)は未勝利戦、萩Sとこの条件で2戦2勝。前走の京都2歳Sは直線で不利を受けたこともあって6着に終わったが、2歳コースレコードをマークした舞台で一気の巻き返しが期待される。

     その他、共同通信杯との両睨みも出てくれば有力なムーヴザワールド(牡3、栗東・石坂正厩舎)、前走は出遅れが痛かったアメリカズカップ(牡3、栗東・音無秀孝厩舎)、朝日杯FS惨敗からの巻き返しを期すダンビュライト(牡3、栗東・音無秀孝厩舎)・タガノアシュラ(牡3、栗東・五十嵐忠男厩舎)なども上位争いの圏内。発走は15時35分。

    サトノアーサー無傷3連勝狙う

    「きさらぎ賞・G3」(2月5日、京都)

     昨年はサトノダイヤモンドが勝ち上がった出世レース。クラシック戦線を占う意味でも重要な一戦だ。

     そのサトノダイヤモンドに続くべく、ここに臨むのが同厩舎で無傷2連勝中のサトノアーサー。前走のシクラメン賞では上がり3F32秒7と驚異的な末脚を繰り出し、大器の片鱗をのぞかせた。栗東CWの1週前追いでは3頭併せで最先着。6F80秒9-11秒9をマークした。「ビッシリ負荷をかけた。全体時計も優秀」と池江師は手応え十分。重賞初Vを決めてクラシックへ弾みをつけたいところだ。

     3戦2勝のアメリカズカップ。前走の朝日杯FSは出遅れが響いて9着に敗れたが、素質では引けを取らない。栗東坂路で4F51秒5-13秒0と力強い動きを見せた1週前の攻め内容に、音無師は「状態はいいよ」と好感触をつかんでいる。

     サウジアラビアRC2着の実績があるダンビュライト、東スポ杯2歳S3着のムーヴザワールドも争覇圏内だ。

    【きさらぎ賞予想|2017年|サトノアーサーが注目馬】の続きを読む

    東京新聞杯予想|2017年|注目馬|エアスピネル


    競馬ファンならここの予想でお宝予想を見つける
    ギャロップジャパンが熱いwww




    マイル王を目指すエアスピネルが登場/東京新聞杯

     京都金杯を制したエアスピネルが登場。ここも制してマイル重賞連勝となるか。出走を予定している主な有力馬は次の通り。

    ■2/5(日) 東京新聞杯(4歳上・GIII・東京芝1600m)

     エアスピネル(牡4、栗東・笹田和秀厩舎)は年初の京都金杯を制覇。最後はブラックスピネルにハナ差まで詰められたが、菊花賞以来のレースで3000mからの距離短縮、道中やや掛かる面も見せたことを考えると十分に力は示したと言っていいだろう。今回も春の大目標、安田記念と同じ舞台だけに快勝を期待したい。

     ヤングマンパワー(牡5、美浦・手塚貴久厩舎)は4番人気に支持されたマイルCSで16着と惨敗。初の京都コースが合わなかったか、それとも馬体重12キロ減が影響したか、力を全く出せなかった。今回は関屋記念、富士Sと連勝した実績のある左回りのマイル戦だけに巻き返しを期待したい。3戦3勝の戸崎騎手とのコンビ復活も魅力。

     ブラックスピネル(牡4、栗東・音無秀孝厩舎)は京都金杯でエアスピネルにハナ差まで迫る2着と好走した。馬体が絞れたことと、内で上手く立ち回ったことが大きかったとはいえ、着実に力をつけている。ここで逆転しての重賞初制覇なるか。

     その他、OP特別連勝で勢いに乗るマイネルアウラート(牡6、美浦・高橋裕厩舎)、重賞の舞台に戻ってきた超良血馬ロイカバード(牡4、栗東・松永幹夫厩舎)、新馬以来のマイル戦に挑むプロディガルサン(牡4、美浦・国枝栄厩舎)、昨年1番人気で落馬の雪辱を期すダッシングブレイズ(牡5、栗東・吉村圭司厩舎)なども上位争いの圏内。発走は15時45分。

     


    エアスピネル

      日曜東京メインの東京新聞杯(G3、芝1600メートル、2月5日)でエアスピネル(牡4、笹田)がマイル重賞連勝を狙う。

     前走の京都金杯はしぶとく鼻差残しての勝利。レース後の反動もなく、翌週から坂路などでの調整を消化してきた。担当の中村助手は「1回使って、その後も順調ですね」と、明け4歳を迎えての充実に目を細めた。
     
     
     
    【東京新聞杯予想|2017年|注目馬|エアスピネル】の続きを読む

    根岸S予想|2017年|過去の動画と有力馬まとめ

    競馬ファンならここを信頼・・・くま速


     関東圏は今週から開催が替わり、今年最初の東京競馬がスタートする。開幕週の日曜メインは、根岸S(29日、GIII、ダート1400メートル)。先週の東海S同様、1着馬にはフェブラリーS(2月19日、東京、GI、ダート1600メートル)の優先出走権が与えられるステップレースだ。

     過去10年、連対馬20頭のうち19頭を関西馬が占めており、極端な“西高東低”の傾向が出ている。今年も出走可能馬の過半数が関西馬。GIを見据える大事な一戦は、今年もその傾向が続くのだろうか。いずれにしても、今年は充実した戦歴で臨む馬が多く、見応えある戦いが繰り広げられるのは間違いない。

     一昨年にエアハリファが勝ち、昨年もモーニンとタールタンがワンツーフィニッシュを決めるなど、外国産馬の活躍も目立っている。その点からも、実績上位のベストウォーリア(栗東・石坂正厩舎、牡7歳)が最右翼だろう。昨年は勝ち星こそ挙げられなかったが、5戦して4、3、2、2、2着と安定感は抜群。そのうち4戦はGIで、ハイレベルな活躍を続けた。GIIIへの参戦は一昨年のプロキオンS(1着)以来。たとえ58キロでも、ここは落とせないところだ。

     昨年末の兵庫ゴールドTを制して、3年ぶりの重賞制覇を飾ったニシケンモノノフ(栗東・庄野靖志厩舎、牡6歳)も充実ぶりが目立つ。昨年は年間を通して【3・3・0・1】という戦績。着外の一戦も4着で大崩れがなかった。東京コース(ダート)は4戦して2着が最高という成績だが、今のデキなら壁を破ることも可能だろう。

     昨秋、この東京ダート1400メートルで行われたオープン特別のグリーンチャンネルCを制したのがカフジテイク(栗東・湯窪幸雄厩舎、牡5歳)。上がり3ハロンは34秒4という芝並みの切れ味を披露して、後方2番手から豪快な追い込みを決めた。脚質的に展開の助けが欲しいところだが、前走のGIチャンピオンズCでも4着に食い込むなど地力もつけている。流れが向けば、まとめて差し切っても不思議はない。

     昨春から安定感を増しているのがエイシンバッケン(栗東・中尾秀正厩舎、牡5歳)。今回が重賞初挑戦となるが、オープン特別での3戦が2、1、2着と地力強化は目覚ましい。コンビを組んで2戦2勝の岩田康誠騎手と再びタッグを組み、初タイトル奪取を狙う。

     デビューから12戦して【5・5・1・1】と全く崩れていない戦歴を誇るブルミラコロ(栗東・大久保龍志厩舎、牡5歳)も注目される。唯一の着外も休み明けの一戦で、0秒3差の4着。全て1300~1400メートルを使われ、自在性のある脚質で着実に結果を残してきた。今回は初のオープン挑戦でいきなり強敵相手となるが、デビューからコンビを組み続けて手の内を知り尽くしている秋山真一郎騎手とのタッグで3連勝での重賞初制覇を狙う。

     やや劣勢の印象がある関東馬だが、チャンスのある馬も少なくない。オープン入り初戦の霜月Sを制して勢いに乗るラストダンサー(美浦・久保田貴士厩舎、牡6歳)は、6勝中5勝を東京で挙げているコース巧者。ダート馬にしては小柄だが、ここ2戦は田辺裕信騎手とのコンビで前々につける先行策で結果を出している。半兄ワイルドワンダーが2008年にこのレースを制しており、兄弟制覇がかかる一戦だ。

     ノボバカラ(美浦・天間昭一厩舎、牡5歳)は、前走の兵庫ゴールドTで3着。大外枠を引いてスムーズな先行策がかなわず、力を出し切れなかった印象もある。リズム良く先行できれば巻き返しのシーンもあるだろう。

     GI勝ちの実績があるコーリンベリー(美浦・小野次郎厩舎、牝6歳)も、一時期の勢いはないが大崩れはしていない。同型との兼ね合いが鍵だが、スムーズな位置取りができれば控えても競馬はできるタイプだ。

     5戦4勝の戦績でオープン入りを果たし、底を見せていないベストマッチョ(美浦・手塚貴久厩舎、牡4歳)もダークホースとして注目される。勝ち方に派手さはないものの、唯一の敗戦は1600メートルのもので、1400メートルに限れば3戦全勝。ここで勝ち負けを演じるようなら、ダート界の新星としてさらなる飛躍が確実視される。

     ほかにも、堅実な末脚が武器のキングズガード(栗東・寺島良厩舎、牡6歳)、多少の衰えは感じられるもののコース実績のあるタールタン(栗東・吉村圭司厩舎、牡9歳)などは上位争いに加わっておかしくない底力の持ち主。また、公営・岩手から参戦するラブバレット(菅原勲厩舎、牡6歳)も軽視は禁物だ。交流重賞で中央馬相手に再三、見せ場を作っている。すでに美浦トレセンに入厩して調整を進めており、トレーナーが騎手時代に騎乗していた岩手の英雄・メイセイオペラでの経験を生かす構えだ。

     

    根岸S-2016年




    1着 モーニン 戸崎圭太
    2着 タールタン ルメール
    3着 グレープブランデー ヴェロン





    【根岸S予想|2017年|過去の動画と有力馬まとめ】の続きを読む

    シルクロードS予想|2017年|過去の動画と有力馬まとめ

    競馬劇場・・・ここを信頼すべき無料予想

     ネロが京阪杯に続く重賞連勝を狙う。これを昨年の覇者ダンスディレクターや、スプリンターズSで好走したソルヴェイグなどが阻むことができるか。出走を予定している主な有力馬は次の通り。

    ■1/29(日) シルクロードS(4歳上・GIII・京都芝1200m)

     ネロ(牡6、栗東・森秀行厩舎)は昨年のアイビスサマーDとセントウルSで2着に入り、GI・スプリンターズSでも0.1秒差の6着と健闘。続く京阪杯で待望の重賞初制覇を果たした。ヨハネスブルグ産駒は早くから活躍する馬が多いが、本馬は今がまさに充実期。4馬身差で圧勝した京阪杯のように、ここでもスピードの違いを見せてほしいところだ。

     ダンスディレクター(牡7、栗東・笹田和秀厩舎)は昨年の本レース覇者。その後は脚部不安のために休養を余儀なくされたが、秋に復帰して3戦目のスワンSで4着、前走の阪神Cでも0.1秒差の4着と復調気配を見せている。ここで完全復活なるか。

     その他、スプリンターズSでタイム差なしの3着に入ったソルヴェイグ(牝4、栗東・鮫島一歩厩舎)、重賞2勝の実績があるブランボヌール(牝4、栗東・中竹和也厩舎)、京都で連勝中のセイウンコウセイ(牡4、美浦・上原博之厩舎)、コース相性良いセカンドテーブル(牡5、栗東・崎山博樹厩舎)なども上位争いの圏内。発走は15時35分。

     
     
    2016年-シルクロードS動画




    シルクロードS-結果
    1着 ダンスディレクター 浜中俊
    2着 ローレルベローチェ 中井裕二
    3着 ワキノブレイブ 小牧太


    【シルクロードS予想|2017年|過去の動画と有力馬まとめ】の続きを読む

    5
    東海S|2017年|直前情報まとめ


    ファーストの無料会員が熱い。。。こういうサイトはしっかりゲットしたいw


    【東海S(日曜=22日、中京ダート1800メートル=1着馬に2・19フェブラリーS優先出走権)得ダネ情報】一昨年秋にダート路線に転向するや、破竹の6連勝を記録するなど、一気に頂点に上り詰めたアウォーディーの大躍進は記憶に新しい。このGIで栗東得ダネ班が猛プッシュしてきたのも“松永幹ブランド”の砂転向馬ピオネロ。ドバイ遠征を予定している僚馬に代わって、上半期のダート界を席巻するのはこの馬だ。

     5歳夏にして砂路線に転じると、準オープン、オープン特別を連勝。初のダート重賞挑戦でも2着と、ピオネロは芝で勝ち切れない競馬を続けていたことがうそのような活躍を見せている。

     とりわけ前走のシリウスSは、直線で勝ち馬マスクゾロに寄られる不利がありながらも、闘争心がなえることはなく、クビ差の大接戦。3着に競り落とした相手も後に東京大賞典を制したアポロケンタッキーとなれば、すでにダート界の上位ランカーに扱える。普段は謙虚な松永幹調教師も「前走は相手も強くなっていたし、右回りでどうかというところもあったんですが、十分にメドの立つ競馬をしてくれましたね」とその走りを高く評価している。

     前走後は武蔵野SからチャンピオンズCへ駒を進めるプランも挙がったが、飛節に軟腫(コブのようなもの)ができたことで一旦はローテーションを白紙に。勢いを止めてしまったようにも見えるが、「腫れはありましたが、熱を持ったり、痛がったりすることもなかった。それほど心配するようなものではありません。今は腫れも引いて、加減することなく、しっかりと調教を積めていますよ」とトレーナーは順調な仕上がりをアピールする。

     松永幹厩舎といえば、アウォーディー、アムールブリエ、ラニと、名牝ヘヴンリーロマンスの子供たちがダート路線で活躍。ピオネロにはその強力な“砂一族”にも劣らない期待がかけられている。

    「スッと前へ行ける脚がありますし、少々砂をかぶっても大丈夫ですから、安定して力を発揮できるタイプと言えるでしょうね。もともと左回りが合う馬。次に予定しているフェブラリーSへ向けて、休み明けでもいいレースをしてほしいと思っています」

     ここで重賞初制覇を決めるようなら、一気にダート界の頂点も見えてくる。

    グレンツェントはノリで一発あるかも

    <東海S:追い切り>

     日曜の中京メインは東海S(G2、ダート1800メートル、22日)。関東馬グレンツェント(牡4、加藤征)が18日、美浦ウッドコースの3頭併せで万全の態勢を整えた。昨年暮れの師走Sを制してダートでは8戦5勝、2着2回と底を見せていない。今年はここをステップに、G1取りを狙う。

     実戦さながらの3頭併せだ。横山典騎手が手綱を取ったグレンツェントは1馬身前にランディングバース(古馬1000万)、1馬身後ろにシャドウウォリアー(3歳未勝利)を置き、スタートを切った。あえて真ん中に入れた意図を加藤征師は「今回はテン乗りだからね。追いかける時と、後ろから来られた時の感触を、ジョッキーにつかんでほしかった」と説明した。

     直線は馬なりの2頭に対して、いっぱいと手応えは見劣ったが、もともとウッドコースでは動かないタイプ。外ランディングバースに出られてからが、しぶとかった。最後はきっちり盛り返して併入。5ハロン68秒7、上がり39秒7-13秒5なら及第点だ。「しっかりと負荷をかけた。息遣いも良かったし、状態はいい」と師。仕上がりに不安はない。

     師走Sから東海Sは予定のローテ。昨夏のレパードSで初重賞制覇を飾った後も、無理せず相手を見ながら番組を選んできた。そこには陣営の「ダートは芝以上に経験が物を言う」との思いがある。オープン特別で段階を踏みながら高みへ。機は熟した。みやこSではアポロケンタッキーと接戦した実績もあり、4歳初戦で「新ダート王」候補に名乗りを上げる。【水島晴之】

    【東海S|2017年|直前情報まとめ】の続きを読む

    このページのトップヘ