競馬予想@競馬総合情報

競馬予想@競馬総合情報!、競馬予想で的中ラッシュするためにいろいろな視点からを作成しています。競馬予想データ、競馬ニュース、競馬情報など

    2016年12月

    5
    朝日杯FS予想|2016年|予想オッズまとめ

    競馬予想の神・・・ヘブンズドアの無料予想が熱い

     「朝日杯FS・G1」(18日、阪神)

     新馬-ファンタジーSを連勝したミスエルテが、無傷の3連勝&G1初制覇を目指す。父フランケルは現役時代、欧州で14戦全勝、G1・10勝を挙げた“怪物”。11日の阪神JFでは同産駒のソウルスターリングが無傷の3連勝で女王の座を射止めた。最強のDNAを受け継いだもう1頭の才女が牡馬を倒してタイトルを奪取する。

     今年の2歳戦は牝馬の活躍が目立つ。牡馬を破って重賞タイトルを手にした馬が3頭、オープン特別では7勝を挙げている。“牝高牡低”とでも言うべきこの状況で関西牝馬No.1の呼び声が高いミスエルテが、2歳王者決定戦に名乗りを挙げた。

     管理するのは06年にドリームジャーニーでこのレースを制した池江師。参戦の経緯について、師は「ローテーションは(阪神JFに比べて)こちらの方がいいと思ったので」と返答。繊細な牝馬の状態を見極めた上、今年のメンバーなら勝算ありと見て出走に踏み切った。

     新馬戦こそ、手綱を抑えたまま大楽勝したミスエルテだが、2戦目のファンタジーSでは発馬で出遅れて若さを露呈。フランケル産駒特有の気難しさがあるのも事実だ。人気馬が思わぬ大敗を喫するのも2歳戦の特徴。能力の高さは認めても、決して油断はできない。

     だが、そこはかつて“破天荒”と呼ばれたオルフェーヴルを育てたトレーナー。あの程度のやんちゃぶりなら気にならない。「出遅れは想定内。むしろ、ああいう競馬の方が合っている。出していくよりは脚をためた方がいい。ためられれば切れる脚を使える」。前走で強烈な切れ味を確認し、自信を持って牡馬の強豪に挑む。

     1週前追い切りではかなり行きたがる面を見せていたが、指揮官は「十分に負荷はかかった」と内容に及第点。乗り込みは順調。もちろん「千四は(ハミを)かまなかったが、千六でどうか」と実戦での折り合いをポイントに挙げるが「牡馬とは(斤量面で)1キロの恩恵がある。何とかそれで通用するのでは」とVへの手応えは十分。80年テンモン以来、36年ぶりの牝馬Vへ。視界は極めて良好だ。

    【朝日杯FS予想|2016年|予想オッズまとめ】の続きを読む

    ソウルスターリング|2016年|阪神ジュベナイルフィリーズ

    勝馬の栞が激アツ・・・注目予想無料予想が注目

    ソウルスターリングニュース

     11日に阪神競馬場で行われる第68回阪神ジュベナイルフィリーズ(芝1600メートル、G1)枠順が9日に決まり、デビュー3連勝を狙うソウルスターリングは(1)枠2番に決まった。

     アルテミスS優勝のリスグラシューは(8)枠18番に入った。新潟2歳S覇者のヴゼットジョリーは(8)枠17番、デイリー杯2歳Sを制したジューヌエコールは(6)枠11番からのスタート。

     
    ソウルスターリング-馬体診断

     「阪神JF・G1」(11日、阪神)

     出走馬の立ち姿の写真と馬体診断をデイリースポーツのホームページに掲載する大好評企画。馬を見る目に定評がある僚紙・馬サブロー調教班の石堂道生(美浦)、吉田順一(栗東)の両トラックマンが、阪神JFに出走を予定する各馬をA~D評価しました。週末の予想にお役立てください。

    【写真集】週末予想の参考に…阪神JF馬体診断

     【ソウルスターリング 評価=A】

     脚長で体高があり、バランスとシルエットを踏まえればやや首差しが詰まり気味。その点はまだ若駒で成長段階なのだろうが、お尻からトモにかけてのボリュームは牝馬らしからぬ幅があり、後肢の迫力は古馬顔負けだ。

     体全体は豊富な筋肉量を誇示しつつも、胴長なつくりな分、窮屈さは一切なし。皮膚が薄く見栄えするタイプとはいえ、張りのある体付きで、毛ヅヤも抜群の光沢感。文句なしの態勢だ。(馬サブロー美浦・石堂道生)

     〈1週前追い切り診断〉美浦Wで4F54秒8-40秒7-13秒1(馬なり)。弾むようなフットワークで、追えばはじけそうな雰囲気。攻め気配は申し分ない。

    【ソウルスターリング|2016年|阪神ジュベナイルフィリーズ】の続きを読む

    阪神ジュベナイルフィリーズ(阪神JF)予想|2016年|調教・追い切りまとめ

    「PR」
    一撃帝王の無料予想が注目

     レジェンドトレーナーが仕上げた天才少女だ。「第68回阪神ジュベナイルフィリーズ」の追い切りが7日に美浦、栗東トレセンで行われ、デビュー2連勝中のソウルスターリングが軽快な走りを披露した。現役最多のJRA1332勝を挙げた藤沢和雄調教師(65)が送り出す飛びっ切りの素質馬。父母のG1タイトル合わせて16を数える良血が2歳女王に輝くか。

     トップトレーナーの心も揺さぶるフットワーク。ソウルスターリングが馬なりのまま坂路の急勾配を駆け上がってくる。雄大で軽快、柔軟さまで兼ね備えた四肢の運び。青鹿毛は磨き上げられた琉球漆器のような黒い光沢を放ちながら、極上のフットワークを伸ばした。最後まで馬なりで4F55秒1~1F12秒4。時計は平凡だが、藤沢和師の慧眼(けいがん)は動きの非凡さを捉えていた。

     「気持ちの入った、いい動きだな。もともとシンコウラブリイ(93年マイルCS)みたいに気が良くて、スピードがある。完成度はスティンガー(98年阪神JF)よりも上かな」と、厩舎にG1タイトルをもたらした名牝を引き合いに出す藤沢和師。「こういう馬に速い時計はいらない。放っておいても自分で走って、いい体つきになっている。持って生まれた才能なんだね」と続けた。

     名馬には厩舎も騎手も血統さえも関係ない。持って生まれた才能が全てを超越しているから名馬なんだ…とはG1・22勝を挙げたトレーナーの持論。ソウルスターリングの美浦トレセン入厩時、藤沢和師はその姿に触れて思わずのけぞった。「ケタ違いかも…」。英G1・10戦全勝の父フランケルと仏米G1・6勝の母スタセリタから生まれた筋金入りの欧州血統。「母の父もモンズーンなのに欧州血統の重厚さがない。凄く素軽い。パッと見ただけで走ると思わせた」

     栴檀(せんだん)は双葉より芳しという。牡馬相手に札幌・新馬、東京・アイビーSをあっさり連勝。「二の脚が速いよね。前にとりつく脚も速い。レースも上手。遅い流れにもうまく対応していた」と振り返る同師。「でも、一番いいのはフットワークだな。東京の直線の坂をあんな脚色で上がってくる馬はめったにいない」。双葉から芳しく香り立つ才能は本物。アイビーS後には来春の牡馬クラシック(皐月賞、ダービー)にも登録した。

     「昔(改修前)と違って阪神のマイルはタフで、マイラーには少しつらいコース。2000メートルでも全く問題ない馬だけど、このコースなら距離短縮にも戸惑うことはないはず。広いコース向きだとルメールも言っていた」。厩舎も騎手も血統さえも超越しているからこそ名馬…。その名の通りのソウルスターリング(心揺さぶる)極上のフットワークで最初のG1に王手をかけた。



    【阪神ジュベナイルフィリーズ(阪神JF)予想|2016年|調教・追い切りまとめ】の続きを読む

    阪神JF(阪神ジュベナイルフィリーズ)予想|予想・オッズまとめ

    無料予想はホースマンクラブ(競馬ファンなら)⇒無料会員

     「阪神JF・G1」(11日、阪神)

     怪物の娘が大舞台に挑む。父は14戦無敗で引退した英国の至宝。フランケル産駒のソウルスターリングが無傷の3連勝でビッグタイトルを狙う。

     新馬戦-アイビーSを連勝。藤沢和師は「いい内容だったよね。お父さんはヨーロッパの血統だが、日本競馬向きのいい切れがある。これまで海外一流種牡馬の子どもをたくさん管理させてもらったが、違った雰囲気がある」と素質の高さを買っている。勝てばフランケル産駒として世界初となるG1制覇。その資質は十分にある。

    【阪神JF(阪神ジュベナイルフィリーズ)予想|予想・オッズまとめ】の続きを読む

    チャンピオンズカップ予想|2016年|追い切りニュースまとめ

    チャンピオンズカップはここを参考にしますwwww-競馬劇場の予想が熱い

    ノンコノユメ

     師走の砂の王者決定戦「第17回チャンピオンズカップ」の枠順が1日、確定した。木曜追いでは昨年の2着馬ノンコノユメが新コンビのムーアを背に粘り強く併入。6月帝王賞(2着)後の去勢手術で性格も従順になり、鞍上も「楽しそうに走っていた」と絶好の感触をつかんだ。昨年7月のジャパンダートダービー(大井)に続くG1・2勝目、JRA・G1初制覇の期待が膨らむ。同レースは3日から前売りされる。

     ノンコノユメらしい静に徹した最終追いだった。新コンビのムーアを背に雨をたっぷり含んだWコースへ。道中はしっかり制御を利かせ、エクストレミティー(5歳1000万)を2馬身追走。直線は内に入り、5F69秒7~1F13秒4(強め)。手応えはパートナーの方が余力十分だったが、手綱をしごく鞍上に応えて併入まで持ち込んだ。

     ムーアは「今日は(時計的に)誰が乗ってもできる調教しかしていないけどね。馬が楽しそうに走っていたので満足だ」とクールな第一声。見守った加藤征師は「離れ過ぎない程度について行き、馬がその気持ちになった時に併せてほしい…と指示。調教では手応えを感じさせるような馬ではないけど、馬が隣にいてもいつになくいい感じで走っていた」と目を細めた。

     3歳の交流G1ジャパンダートダービーで早々とG1制覇。一見するとダート界の王道を歩んできた優等生だが、裏では人間が手を焼くほど“やんちゃ”だった。鞍を置く時や周囲に馬がいると、イレ込んで立ち上がったり、人に突然飛びかかってくる。今年6月帝王賞(2着)ではついにエスカレート。指揮官は「隣りの枠に馬が入ったら、今までにないぐらいに立ち上がって」と2週間後に去勢手術に踏み切った。効果はテキ面。今では「あまりにおとなし過ぎて、別の馬になっています」と指揮官が驚くほど、素直になった。

     去勢後、初のレースとなったJBCクラシック(4着)は当日輸送が響いて15キロ減。それでも底力は示した。加藤征師は「レース分析に優れたジョッキーで十分把握してもらっているはず。(1)他馬に近づき過ぎない(2)外めをのびのび走らせてほしい…の2点は言うつもり」と、16年ワールドベストジョッキーに選ばれた巧腕に託した。短期免許によるラストウイークとなる鞍上はVTRで特徴は掌握済み。「昨年のチャンピオンズCや今年のフェブラリーS(共に2着)でもよく走っている。JRAの広いコースなら楽しみ」と期待を込めた上に「僕の最終週?馬が満足できる結果を獲れればいいさ」と仕事人の顔で静かに結んだ。メンバー屈指の鬼脚の持ち主。世界の巧腕で意のままに従順に導かれれば、JRA・G1初制覇は当確かもしれない。


    ラニ 

    【チャンピオンズカップ(日曜=4日、中京ダート1800メートル)注目馬1日最終追い切り:栗東】ラニは今春ドバイでUAEダービーを制すると、その足で渡米しクラシック3冠にオールチャレンジ。アウォーディーの半弟という血統背景だけでなく、そのタフネスがファンを魅了してやまない個性派だ。

     前走のみやこSでは13着と大敗を喫したが「ああいう競馬も、ある意味ではラニらしいんですよね」とは松永幹調教師。「日程はキツくなったものの、帰国後に2走できたことは良かったように思います。この中間は坂路にも入れて、目標としていたGIへ向けて体調は上向いていますね」

     トレーナーの言葉を裏付けるように、この日はダート(Eコース)で6ハロン72・5―12・2秒の猛爆時計を叩き出してみせた。

    「とにかく実戦でも真面目に走ってくれさえすれば」――。反撃の態勢は整っている。

     
    【チャンピオンズカップ予想|2016年|追い切りニュースまとめ】の続きを読む

    このページのトップヘ