競馬予想@競馬総合情報

競馬予想@競馬総合情報!、競馬予想で的中ラッシュするためにいろいろな視点からを作成しています。競馬予想データ、競馬ニュース、競馬情報など

    2016年08月

    新潟記念予想|予想・オッズ|ネット評価まとめ

    競馬好きなら・・・・一発大儲けを狙いましょう2chwwwww

     勝って王者の座をつかむ――。今週の新潟メインはサマー2000シリーズの最終戦となる「第52回新潟記念」。七夕賞を制したアルバートドックはランキング2位タイの10ポイント。リフレッシュ放牧を挟んで出来は上昇しており、同ポイントで並ぶクランモンタナやマイネルミラノを退けてのチャンピオン襲名に待ったなしだ。その先には秋の大舞台が視界に入っている。

     夏のチャンピオン、そして秋の大舞台に向けて、負けられない一戦だ。七夕賞を制したアルバートドックが、サマー2000シリーズ王者の座を狙って新潟記念に参戦する。担当の野見山助手は成長著しいディープインパクト産駒に大きな期待をかけている。

     「どんどんと力を付けてますね。落ち着きがあるし、心身ともにドッシリとした感じ。サマー2000はもちろん、秋の天皇賞につながる競馬をしてほしい」

     2月末日で定年により解散した松田博厩舎から、須貝厩舎へ移籍。しかし、その後は不利やチグハグなレース運びが続き、18着→5着→7着。そんな嫌な流れを振り払って、地力を証明したのが前走の七夕賞だった。中団からジワッと進出して直線へ。1キロの重量差があったとはいえ、ダコールの追い上げをしのぎ中身の濃い重賞2勝目を飾った。しかも、当時は減り気味の体重を考慮して、加減しながらの調整。その点、今回はビシッと攻められており、出来は上昇している。

     「暑さがマシになった影響か、調教をやってもカイバをしっかり食べるから、攻めていけます。1週前の動きも良かったし、雰囲気は前走以上ですよ」

     あえて不安を挙げるなら左回り。過去2回は中日新聞杯18着、エプソムC7着。しかし野見山助手は「エプソムCも最後は伸びていた。左回りの調教でも乗りやすいし、走らないイメージはない」と断言。年内の最大目標に据える天皇賞・秋は、今回と同じ左回りの芝2000メートル。ならば、泣き言は言っていられない。きっちり勝って、サマー王者のタイトルを手土産に秋に向かう。

     
    【新潟記念予想|2016年予想・オッズ|ネット評価まとめ】の続きを読む

    5
    新潟2歳S予想|2016年|調教・追い切り

    競馬ファンならここを見逃すな・・・・・

    ◆新潟2歳S・追い切り(25日・美浦)

     日曜メインの新潟2歳S(28日、新潟)に出走するニシノオウカンが25日、美浦トレセンで最終追い切りを行った。ウッドチップコースでの3頭併せで、中ロジカロン(3歳未勝利)を4馬身、外アオイサンシャイン(3歳500万)を2馬身追走。直線で馬体を並べると、馬なりのまま5ハロン69秒2―13秒1で併入した。

     初めて騎乗した大野は、「余力がある感じで良かった。先週よりテンションも落ち着いているみたいだし、今日の雰囲気で使えれば力を出してくれそう」と好感触。新種牡馬リーチザクラウン産駒で重賞に駒を進めた古賀慎調教師は「いいものはありそう。父はダービー2着馬。距離は問題ないでしょう」と期待した。(西山 智昭)



    競馬スピリッツの予想が熱すぎwwwwww
    keibasp2






    【新潟2歳S予想|2016年|調教・追い切り】の続きを読む

    5
    キーンランドカップC予想|2016年|調教・追い切り

    競馬好きには見逃すなwwwww←くま速

     UHB賞4着のオメガヴェンデッタは、前日に函館から札幌に移動し、芝コースでオウケンビリーヴ(1000万下)と併せ馬。馬なりで5ハロン69秒7、3ハロン38秒0-12秒4をマークして、併入した。全体のタイムは平凡ながらキビキビとしたフットワークで体調は良さそうだ。

     「函館からの輸送で体も減っていなかったし、きょうは3コーナーあたりで手前を替えてから真面目に走っていました。前走は調整で難しいところがあって(前走後の)反動が怖かったけど、上積みの方に出て安心しました」と、安田翔助手は笑顔を見せていた。



    ベストレコードの予想が注目しています
    これだけの無料コンテンツ
    見逃すな


    bestre





    【キーンランドカップC予想|2016年|調教・追い切り】の続きを読む

    5
    キーンランドカップ予想|ソルヴェイグについてまとめてみました

    <キーンランドC:追い切り>

     キーンランドC(G3、芝1200メートル、28日=札幌)の追い切りが24日、札幌、函館の両競馬場で行われた。函館スプリントS覇者ソルヴェイグ(牝3、鮫島)は札幌芝コースで軽快な走りを披露。厩舎の先輩パドトロワ(12年)、リトルゲルダ(14年)に続くサマースプリントシリーズ王者へ向けて、順調な仕上がりをアピールした。

     台風一過の札幌で容赦なく降り注ぐ太陽の光を浴びながら、ソルヴェイグが躍動した。札幌芝コースで5ハロン67秒2-12秒7。栗東でも稽古に騎乗する田中博騎手(レースは丸田)が「リズムよく加速できたし、キャンターの1歩目から良かったです」と好感触を伝えると、上着を脱いでシャツの袖をまくった鮫島師が「うん、いい感じだね」とニコニコ顔で人馬を出迎えた。

     最終戦セントウルS(9月11日)を残しているが、勝てば厩舎3頭目のサマースプリント王者へ大きく近づくことになる。「夏に強い厩舎? 牝馬が強い? それはあまり意識してないよ」と鮫島師は気にするそぶりは見せないが、ソルヴェイグには底知れぬものを感じている。桜花賞は直線の不利で17着に敗れたが、「(適距離は)マイルぐらいかな」との思いが今もある。「ただ、スタートがいいから速い馬についていける。前走はシュウジにやられたと思ったけど、この子は勝負根性がある。オンとオフがはっきりしているし、改めてスタートの良さとスピードを感じました」。

     前走後は社台ファームでのリフレッシュ放牧を挟み、函館で先月末から乗り込んできた。先週金曜の札幌入り後も落ち着いた様子で調教をこなしてきた。「息もできているし、体も仕上がっている。相手も強くなって、(負担重量)2キロプラスもあるけど、スムーズなレースができれば楽しみです。毛づやもいいし、今は本当に状態がいいから。枠はどこでも。スタートさえ決めてくれれば」と、力強く話す鮫島師。この日の動きを見届け、好勝負を確信した。【木南友輔】

     

    前走函館SSでお見事勝利

     

    9番人気で勝利・・・・。外枠から見事だった。

     

    フィリーズレビューでも8番人気勝利

     

     


    ここを信頼しましょうwwwww
    競馬ファンなら無料予想でチャンスしましょう

    ホースキング

    hosukin

    【キーンランドカップ予想|ソルヴェイグについてまとめてみました】の続きを読む

    5

    新潟2歳S予想|予想オッズ|1番人気イブキ


    競馬ファンならここをチェック→だから無料で儲けようwwwww


    「新潟2歳S」イブキが3頭併せで最先着

     新種牡馬ルーラーシップの初年度産駒、イブキ(牡2歳、美浦・奥村武厩舎)が24日、新潟2歳S・G3(28日、新潟・芝1600メートル)に向け、美浦トレセンのウッドチップコースで最終追い切りを行った。

     4ハロン標識から徐々にペースを上げて、迎えた直線。内のライジングリーズン(2歳新馬)、外のショウナンアイ(4歳500万)の間に入ると、勝負根性を見せるようにグイッと2頭の半馬身前に出た。

     奥村武調教師は「順調。痛いところはないし、カイバも食べている。一度競馬を使ったことで、芯がしっかりした」と成長を感じ取った様子だった。

     

    競馬ファンなら無料予想をゲットしましょうwwww
    競馬予想コンシェルジュ

    keibaconm

    ↑↑
    これらの無料コンテンツを見るだけで馬券に繋がるwwww






    【新潟2歳S予想|予想オッズ|1番人気イブキ】の続きを読む

    このページのトップヘ