競馬予想@競馬総合情報

競馬予想@競馬総合情報!、競馬予想で的中ラッシュするためにいろいろな視点からを作成しています。競馬予想データ、競馬ニュース、競馬情報など

    2016年06月

    5
    帝王賞予想|予想・ネット評価まとめ

     帝王賞と優駿スプリントの2つの重賞が行われる豪華開催。イベントも盛りだくさんで、ビール片手に観戦するのも心地良い季節になってきた。これぞトゥインクル競馬の醍醐味。

     6月30日(木)大井11レースは3歳以上のオープン戦・武蔵野オープン(1600m)が行われる。昨年の南関東生え抜きの東京ダービー馬ラッキープリンス(浦和・小久保厩舎)も出走予定。最近の傾向で、中央卒業生たちの名前もズラリと並ぶ。

     南関東最年長12歳のコアレスピューマに次いで、ナンバー2のベテランホースは11歳のフォーティファイド(大井・渡邊厩舎)。女傑ファストフレンドの愛息。最近の成績は今一つだが、ここまで重賞レースを使ってきただけに地力の高さを見せつけたい。

     7月1日(金)の大井11レースには、シーサイドカップトライアル・パール賞(1200m)が実施される。重賞アフター5スター賞トライアルレースの準重賞シーサイドカップに向けて、1着馬は優先出走権を獲得。

     ここはB1以下の選定馬及び選抜馬によって行われるが、最近は中央からの移籍馬が多く、下級クラスの馬たちが重賞に挑戦する機会が少なくなってきた。しかし、トライアルレースを勝っていけば、勢いのある下級条件の馬たちにもチャンスが広がる。中央卒業生のウチデノコヅチ(大井・堀厩舎<小林>)もここから始動予定だ。

    (文・写真:高橋華代子)

     
    地方競馬の予想はここが激アツ…
    注目しないともったいない
    高配当21
    大井の無料予想を見逃すなwwww
    button3-4-u
    【帝王賞予想|予想・ネット評価まとめ】の続きを読む

    5
    ラジオNIKKEI賞予想|予想オッズまとめ
     

     東京&阪神での開催が終わり、今週から東西主場の舞台は福島&中京へ移る。中央競馬もいよいよ夏競馬本番だ。

     福島開幕週のメインは、3歳限定のハンデGIIIラジオNIKKEI賞(7月3日、芝1800メートル)。昨年の勝ち馬アンビシャスは26日の宝塚記念で16着に終わったが、3番人気と高い支持を受けるまで成長した。以前は、“残念ダービー”などといわれたが、過去10年を見てもソングオブウインド(2006年2着)、スクリーンヒーロー(07年2着)、ストロングリターン(09年3着)などがGI馬へと飛躍。今年も出世を見込まれる3歳馬が集結した。秋を占うという点でも見逃せないが、ハンデ戦でもあり、馬券的な観点からも妙味あふれる一戦だ。

     過去10年で1番人気の勝利は昨年のアンビシャスだけで、トップハンデでの優勝も同馬のみだが、今年はトップハンデ57キロで上位人気も間違いないブラックスピネル(栗東・音無秀孝厩舎、牡)にまずは注目したい。ダービー馬マカヒキや、重賞3勝のスマートオーディン、NHKマイルC2着のロードクエストなど、強豪と差のない競馬を演じてきた。デビューから8戦してすべて4着以内の安定感は世代でも上位。この距離でも【2・1・0・0】と完璧な成績で、管理する音無厩舎もこのレースで【1・3・0・0】とパーフェクト連対を誇る。先行する脚もあり、福島が初コースでもまったく気にならない。鞍上・武豊騎手が4年ぶりに福島へ参戦するのも大きな話題のひとつで、過去福島の芝では勝率27.8%という驚異的なハイアベレージ。円熟味を増した手綱さばきが見ものだ。

     美浦・斎藤誠厩舎が有力馬の2頭出しで迎撃の構えを見せている。アーバンキッド(牡)は、前走のNHKマイルCは16着とGIの壁にはね返された形だが、オープン特別のジュニアCでハナ差2着、GIIIアーリントンCでタイム差なしの5着、GIII毎日杯で1馬身1/4差の2着と、重賞に手が届く実力の持ち主。ハンデは56キロで、毎日杯の勝ち馬スマートオーディンを物差しにすれば、前記ブラックスピネルと互角に戦える算段だ。

     もう1頭のストーミーシー(牡)もハンデ56キロ。GIIニュージーランドTでは直線でヨレながらもハナ差の2着に食い込んだ。GI・NHKマイルCは9着だったが、着差は0秒5と着順のイメージほどには負けていない。中間の調教でも活発な動きを披露。巻き返しがあってもおかしくない。

     ロードヴァンドール(栗東・昆貢厩舎、牡)は500万下のメルボルンTを快勝しての挑戦で、ハンデも53キロにとどまった。過去6戦すべてでハナを切っており、メンバー的に単騎逃げが見込める今回も要注意だ。夏場は北海道を主戦場にする四位洋文騎手が、デビュー26年目にして初めて夏の福島で騎乗(秋は3度騎乗)することも興味深い。

     伸びしろという点では、ディープインパクト産駒ゼーヴィント(美浦・木村哲也厩舎、牡)=54キロ=も魅力的な存在。未勝利→山藤賞を連勝して臨んだダービートライアルのプリンシパルSは3着だったが、4戦連続で上がり最速をマークしているように、末脚勝負になれば間違いなく台頭してくるはずだ。

     休養を挟んで未勝利→早苗賞を連勝中のアップクォーク(美浦・中川公成厩舎、牡)も侮れない。前走の上がり3ハロンは33秒2。まだ粗削りながら、スケールは大きい。完成するのはまだ先と思えるものの、デビューから一貫して1800メートルを使ってきたローテーションには好感が持てる。53キロのハンデも魅力だ。

     皐月賞では16着と大敗したジョルジュサンク(栗東・鮫島一歩厩舎、牡)=56キロ=は、すみれSでブラックスピネルを破ってV。使い詰めで大きな上積みは見込めないものの、自在性があるだけに福島コースは向きそうだ。

     派手さはないが勝負強いタイプのミライヘノツバサ(美浦・伊藤大士厩舎、牡)=53キロ、GIIIフェアリーS・2着でGIオークスでも小差8着のダイワドレッサー(美浦・鹿戸雄一厩舎、牝)=53キロ、前走の500万下を勝負強い内容で勝ったピックミータッチ(美浦・藤沢和雄厩舎、牡)=53キロ=なども上位を狙える。



    ラジオNIKKEI賞ー予想オッズ

    ネット競馬-予想オッズ
    1番人気 ブラックスピネル 2.2
    2番人気 アーバンキッド 5.1
    3番人気 ジョルジュサンク 6.1
    4番人気 ゼーヴィント 8.0
    5番人気 ミライヘノツバサ 11.0


    競馬ブック-予想オッズ
    1番人気 ブラックスピネル
    2番人気 アーバンキッド
    3番人気 アップクォーク
    4番人気 ゼーヴィント
    5番人気 ミライヘノツバサ


    ここもう有名になすぎていて知らない人は居ない。
    無料予想ファンならここチェックしましょうwwww
    競馬予想コンシェルジュ
    ラジオNIKKEI賞の3連複無料公開予定
    rajiokon
    button3-4-u

    CBC賞予想|予想・予想オッズ|ネット評価まとめ

     注目は高松宮記念5着のエイシンブルズアイ。同馬が重賞2勝目を挙げるか、GI馬スノードラゴンやドバイ遠征帰りのベルカントなどがこれを阻むか。出走を予定している主な有力馬は次の通り。

    ■7/3(日) CBC賞(3歳上・GIII・中京芝1200m)

     エイシンブルズアイ(牡5、栗東・野中賢二厩舎)はオーシャンSで重賞初制覇を果たし、続く高松宮記念でも後方から上がり2位の脚を使って5着まで追い上げた。このメンバーに入れば力上位で、後方一辺倒というタイプでもないので開幕馬場にも対応できるだろう。重賞2勝目が期待される。

     スノードラゴン(牡8、美浦・高木登厩舎)は高松宮記念7着の後、ダートの交流重賞で2戦していたが、ここで再び芝に戻る。長期休養明けのオーシャンSや、59キロを背負った前走の北海道スプリントCで3着に入っているように、まだまだ力はある馬。今回も楽な斤量にはならないだろうが、好走を期待したい。

     その他、昨年のサマースプリント覇者ベルカント(牝5、栗東・角田晃一厩舎)、前走ダートで勝利だが中京芝も2戦2勝のレッドファルクス(牡5、美浦・尾関知人厩舎)、13・15年の本レースで3着のサドンストーム(牡7、栗東・西浦勝一厩舎)、左回り得意なシンデレラボーイ(牡6、栗東・矢作芳人厩舎)なども上位争いの圏内。発走は15時35分。

     
    ネット競馬
    1番人気 エイシンブルズアイ 2.1
    2番人気 ベルカント 4.2
    3番人気 スノードラゴン 4.3
    4番人気 サドンストーム 9.5
    5番人気 レッドファルクス 11.6

    競馬ブック
    1番人気 エイシンブルズアイ
    2番人気 サドンストーム
    3番人気 ベルカント
    4番人気 スノードラゴン
    5番人気 ワキノブレイブ



    競馬ファンならチェック必至
    ここの有名サイトもうチェックは必至
    競馬予想スピリッツの予想を見逃すなwwww

    keibaspi

    button3-4-u




    【CBC賞予想|予想・予想オッズ|ネット評価まとめ】の続きを読む

    宝塚記念予想|2016年直前情報まとめ



    2戦2敗のドゥラメンテに雪辱を。宝塚記念、キタサン&武の戦略は?

     上半期の中央競馬を締めくくる「春のグランプリ」第57回宝塚記念(6月26日、阪神芝内回り2200m、3歳以上GI)。昨年の二冠馬らGI馬6頭を含む豪華メンバーが、仁川のターフで覇を競う。

     ファン投票で上位に入った馬では、3位のショウナンパンドラ、4位のゴールドアクター、5位のミッキークイーンといった馬たちが各々の理由で回避したが、現在の古馬中距離戦線の勢力図で頂点付近にいると思われる馬のほとんどが揃った。

     それにしても、なぜ、昨年の皐月賞とダービーを圧倒的な強さで制し、前走のドバイシーマクラシックで右前脚を落鉄しながら2着を確保したドゥラメンテ(牡4歳、父キングカメハメハ、美浦・堀宣行厩舎)が、ファン投票で6位にとどまったのだろう。1位のキタサンブラックが8万2121票を獲得したのに対し、半数にも満たない4万652票しか集められなかった。宝塚に出てくる可能性は低い、とみなされていたのだろうか。

    人気投票は今一つも、実力的にはやはりこの馬。

     宝塚記念のファン投票は、「どれが一番強いと思うか」ではなく「どの馬の走りを見たいか」が投票基準となる。「爆発力」というのはこの馬のためにあると思わせられるほど強烈な末脚を「見たい」という人が案外少ないのは、やはり、寂しく感じる。多くの人が、レースが始まる前から競馬の醍醐味を享受する機会を放棄しているというか、見どころに目を塞いでしまっているように思われて、なんとも、もったいない。

     それでも、単勝では、この馬がシッカリ1番人気になるのではないか。

     ダービーも完勝だったが、堀調教師が「得意の左手前」とコメントしているように、カーブを右手前、直線を左手前で走る右回りコースのほうが、より安定している。現に、とりこぼしている新馬、共同通信杯、ドバイシーマクラシックはみな左回りだ。その点、今回は右回りなので心配ない。

     安田記念では、僚馬のモーリスが2着に敗れ、海外遠征からの帰国初戦の難しさを示す形になった。ドゥラメンテも帰国初戦だが、モーリスのときは前走からひと月ほどしか間隔がなく、東京競馬場での調整というイレギュラーな中間を過ごしたのに対し、3カ月の間隔がある今回のドゥラメンテは、いつもどおりの調整ができている。

     国内での長距離輸送は初めてになるが、それが堪えるような馬ではない。

     また、宝塚記念が梅雨時に施行されるようになってから、ほぼ毎年、たとえ良や稍重の発表でも、騎手たちが「道悪」と表現するように、馬場の重さが取り沙汰される。そうした馬場状態になったとしても、ドゥラメンテの走法は軽い感じではないだけに、パフォーマンス低下にはつながらないだろう。

     
     
    【宝塚記念予想|2016年直前情報まとめ】の続きを読む

    宝塚記念予想|調教・追い切り|ネット評価まとめ
     

     昨年の覇者ラブリーデイ(牡6、池江)は枠順(7番)にはこだわらない。

     川合助手は「真ん中ぐらいで不満はないですね。先生(池江師)も『どこでもいい』と言ってましたし、与えられた枠で勝負するだけ。携わる人みんなが自信満々な感じです」と好気配を伝えた。

     この日は厩舎周りで約1時間の引き運動をこなした。

     

    宝塚記念-調教・追い切り(サンスポ追い切り動画)


    サンスポ追い切りCheck 2016宝塚記念 栗東
     


    【紹介馬】
    ・ラブリーデイ・カレンミロティック・ステファノス・タッチングスピーチ

     


    サンスポ追い切りCheck 2016宝塚記念 美浦



    【紹介馬】
    ドゥラメンテ・サトノクラウン・フェイムゲーム・マリアライト
    (ドゥラメンテの最大のライバルはサトノクラウンby堀調教師)

    TM追い切り診断 2016宝塚記念 栗東

     
    【紹介馬】
    アンビシャス・トーホウジャッカル・ワンアンドオンリー・ヤマカツエース
    ラストインパクト・ラブリーデイ・キタサンブラック


    TM追い切り診断 2016宝塚記念 美浦

     


    【紹介馬】
    (人気馬)
    キタサンブラック・ドゥラメンテ・アンビシャス

    (良かった馬)
    ステファノス・トーホウジャッカル・ワンアンドオンリー・シュヴァルグラン・フェイムゲーム

    (悪かった馬)
    ラストインパクト・ラブリーデイ・サトノクラウン・マリアライト


    主な馬の調教タイム


    アンビシャス

    6/22 栗東坂重

    51.2-37.4-24.7-12.6
     

    キタサンブラック

    6/22 栗東CW重

    97.8-66.7-52.7-38.4-12.2


    ラブリーデイ 

    6/22 栗東CW重

    83.2-67.5-52.6-38.9-12.0


    ドゥラメンテ

    6/22 南Wやや

    68.9-53.7-39.2-12.5



    もう有名過ぎて知らない人が居ない?
    ここの無料会員コンテンツ文句なく使えますwwww
    ベストレコード
    これだけ無料で見れれば充分過ぎ。
    誰でも無料・フリーメール(ヤフーやグーグル)でチェックできますw
    bestre
    button3-4-u

    このページのトップヘ