競馬予想@競馬総合情報

競馬予想@競馬総合情報!、競馬予想で的中ラッシュするためにいろいろな視点からを作成しています。競馬予想データ、競馬ニュース、競馬情報など

    2016年05月

    ヴィクトリアマイル予想|2016年|直線情報ネット評価まとめ

    ◆お尻がビッグに〔1〕ウインプリメーラ

     最内枠の〔1〕枠(1)番となった。大久保調教師は「真ん中より内が欲しかった。詰めて使っているのでマイナス体重になるかもしれないが、お尻が大きくなっている」と、目下の充実ぶりを強調した。

    ◆内ゲットに満足〔2〕スマートレイアー

     〔1〕枠(2)番となり、大久保調教師は「真ん中よりも内がほしかった」と満足げだ。追い切り後の体重が前走より18キロ重かったが、「順調にきているし、落ち着きもある。プラス体重になるかもしれないが、輸送があるし、暑いので(当日までに)減ると思う」と、とくに気にしていなかった。

    ◆ペース対応が鍵〔3〕シャルール

     福島牝馬S2着の上り馬は、〔2〕枠(3)番となった。「内枠が欲しかった。いいところですね。使って状態も上向いているし、あとはいかにマイルのペースに対応できるかでしょう」と松永幹調教師。

    ◆内々で脚ためる〔4〕ウリウリ

     希望どおり内めの〔2〕枠(4)番になった。「内々で脚をためて、しまいは(馬群を)縫ってくるような競馬になるだろう。状態もいいよ」と藤原英調教師は実戦をシミュレートした。

    ◆精神面が整えば〔5〕レッドリヴェール

     内めの〔3〕枠(5)番に入った。須貝調教師は「今週からBコースに替わるし、良馬場なら内の方がいいからね。あとは気持ちがどうか。能力だけなら勝負になる」と力を込めた。

    ◆「元気いっぱい」〔7〕ルージュバック

     昨年のオークス2着馬は〔4〕枠(7)番に決まった。「極端なところでなくて良かった。奇数とか偶数とかは気にしていないので、いい枠ではないでしょうか」と大竹調教師。金曜朝は坂路を元気に駆け上がり(4ハロン68秒8)、順調そのもの。「追い切り後も変わりなく元気いっぱいです」と調子の良さにうなずいた。

    ◆早めの府中入り〔8〕メイショウマンボ

     〔4〕枠(8)番に入った。関西馬で唯一、13日に東京競馬場入り。飯田祐調教師は「枠の希望はなかった。もう1頭使っているので一緒に行きました。(現地で)運動する日を1日入れてみたかった」と意図を説明した。

    ◆雰囲気よく順調〔9〕カフェブリリアント

     坂路下の角馬場で軽めの調整。追い切り翌日とあって、歩様のチェックをした。硬さはなく、順調だ。枠順は〔5〕枠(9)番に決まった。「いい雰囲気でしたよ。枠順については、これからジョッキーと調教師が相談して作戦を立てるでしょう」と橋本助手。

    ◆偶数枠「理想的」〔10〕ミッキークイーン

     オークスを勝ったときと同じ〔5〕枠(10)番が当たった。兼武助手は「いいところ。理想的ですね。前走を見る限り、ゲートでも落ち着いている。今回も偶数枠なので問題ない。順調にきているので、このまま無事にいってくれれば」とうなずいた。

    ◆枠にこだわらず〔11〕レッツゴードンキ

     昨年の桜花賞馬は中ほどの〔6〕枠(11)番。「枠はどこでも良かった。けいこをつけている岩田騎手は、落ち着きがあると言っていたよ」と梅田調教師。

    ◆前めでレースを〔12〕クイーンズリング

     〔6〕枠(12)番に決まった。吉村調教師は「真ん中より内がよかったけど、大外とかじゃないからよしとしないとね。今週からBコースになるので、ある程度の位置にはつけたい。ミルコも分かっていると思うけど、当日に話をしたい」と前走のような形を思い描く。

    ◆上積みアピール〔13〕ストレイトガール

     昨年の優勝馬は、〔7〕枠(13)番となった。藤原英調教師は「外か…。作戦の組みがいがあるな」と苦笑い。「前走は急に現役続行が決まって調整が難しかった。使って良くなっているよ」と上積みをアピールした。

    ◆リラックス調整〔14〕ウキヨノカゼ

     北馬場の角馬場調整からプールへ。馬をリラックスさせることに主眼を置いた調整で、気負いはなく歩様もスムーズだ。枠順は〔7〕枠(14)番。「極端な大外というわけじゃないので、前向きにとらえていきたい」と口にした菊沢調教師は、枠順が決まったメンバー表をじっと眺めていた。

    ◆JC勝ちと同枠〔15〕ショウナンパンドラ

     昨年のジャパンC優勝馬は〔7〕枠(15)番に決まった。外めの枠になったが、高野調教師は「ジャパンCと同じ枠という意味では素晴らしいと思います。力勝負ができる馬なので、外めなら他の馬の影響を受けないのもいいですね」とどっしり構える。

    ◆能力期待〔16〕シュンドルボン

     枠順抽選会場を訪れた矢野調教師が2度、顔の前で手を合わせて拝んだ後に抽選器を回し、外めの〔8〕枠(16)番に決まった。やや残念そうな表情で「偶数なだけましかな」とぽつり。「もう少し内めの枠が良かったけど、しようがない」と続けた。それでも吉田豊騎手は「乗りやすくてどんな競馬でもできるので」と枠順はそれほど気にしていない様子だ。この日は角馬場を長めに周回して調整した。「やれることはやってきた」とトレーナーは能力に期待している。

    ◆大外も縁起よし〔18〕ショウナンアデラ

     一昨年の阪神JF以来1年5カ月ぶりとなる。枠順は〔8〕枠(18)番。大外だが、二ノ宮厩舎にとっては今年の皐月賞をディーマジェスティで勝った縁起のいい枠ともいえる。篠原助手は「内でこすられて引っ掛かったりするよりは、かえっていいのではないか。(ゲート入りが最後なので)ゲートの心配もしなくていい」と前向きだった。

     

     ヴィクトリアマイル傾向と対策

     過去10年の結果から傾向を探る。

     ☆人気 昨年の3連単2070万5810円で大荒れ印象のある当レース。1番人気は【3205】とまずまずだが、10番人気以下の3着入線が7回と伏兵をしっかり押さえたい。

     ☆年齢 3着以内の30頭中26頭が4、5歳。昨年は6歳のワンツーとなったが、過去に2着に入った6歳馬はその2頭だけ。

     ☆実績 連対馬20頭全てが、4走前までに「牝馬限定の重賞」での連対実績があった。

     結論 ◎ミッキークイーン ○クイーンズリング ▲ルージュバック

     

    2chSCの声

    1:2016/05/13(金) 23:31:59.77 ID:
    ┏━━━━━━━━━━━━━┓ ∧_∧  5/15 東京11R 芝・左 1600m
    ┃ 第11回ヴィクトリアマイル (GI) .┃(´∀` )<4歳以上(国際)牝(指定)オープン 定量 発走15:40
    ┣━┯━┯━━━━━━━━━┻○┯○┯━━━┯━━━━━┯━━━━┓
    ┃1 │1 │ウインプリメーラ  ....[牝6]│55│川  田│(西)大久龍│阪神牝 3┃
    ┃1 │2 │スマートレイアー   [牝6]│55│武  豊│(西)大久龍│阪神牝 1┃
    ┃2 │3 │シャルール       .[牝4]│55│横山典│(西)松永幹│福島牝 2┃
    ┃2 │4 │ウリウリ        [牝6]│55│三  浦│(西)藤原英│高松宮 9┃
    ┃3 │5 │Bレッドリヴェール  .[牝5]│55│石  川│(西)須貝尚│阪神牝12┃
    ┃3 │6 │マジックタイム      [牝5]│55..|H・ボウマン|..(東)中川成│D卿CT 1┃
    ┃4 │7 │ルージュバック     [牝4]│55│cルメール│(東)大竹正│中山牝 2┃
    ┃4 │8 │メイショウマンボ    .[牝6]│55│武  幸│(西)飯田祐│阪神牝13┃
    ┃5 │9 │Bカフェブリリアント......[牝6]│55│福  永│(東)堀宣行│阪神牝 4┃
    ┃5 │10│ミッキークイーン  ....[牝4]│55│浜  中│(西)池江寿│阪神牝 2┃
    ┃6 │11│レッツゴードンキ   [牝4]│55│岩  田│(西)梅田智│高松宮 8┃
    ┃6 │12│クイーンズリング  ...[牝4]│55..|M.デム-ロ|..(西)吉村圭│京都牝 1┃
    ┃7 │13│ストレイトガール    .[牝7]│55│戸  崎│(西)藤原英│阪神牝 9┃
    ┃7 │14│ウキヨノカゼ      [牝6]│55│四  位│(東)菊沢隆│高松宮13┃
    ┃7 │15│ショウナンパンドラ ...[牝5]│55│池  添│(西)高野友│大阪杯 3┃
    ┃8 │16│シュンドルボン   ....[牝5]│55│吉田豊│(東)矢野英│中山牝 1┃
    ┃8 │17│トーセンビクトリー   .[牝4]│55│内田博│(西)角居勝│難波S 1┃
    ┃8 │18│ショウナンアデラ    [牝4]│55│蛯  名│(東)二ノ宮 │14阪JF 1┃
    ┗━┷━┷━━━━━━━━━━━┷━┷━━━┷━━━━━┷━━━━┛
    出馬表:http://www.jra.go.jp/keiba/thisweek/2016/0515_1/syutsuba.html
    VIPQ2_EXTDAT: checked:vvvvv:1000:512:----: EXT was configured
    3:2016/05/13(金) 23:32:59.14 ID:
    >>1

    ヴィクトリアマイル
    過去の結果
    http://race.hotcom-web.com/data.php?p=place&id=54
    http://race.hotcom-web.com/data.php?p=sire&id=54
    過去の人気馬
    http://race.hotcom-web.com/data.php?p=favor&id=54
    データ
    http://race.hotcom-web.com/total.php?p=place&id=54
    http://race.hotcom-web.com/total.php?p=people&id=54
    http://race.hotcom-web.com/total.php?p=sire&id=54
    馬券傾向
    http://race.hotcom-web.com/favor.php?id=54
    【ヴィクトリアマイル予想|2016年|直線情報ネット評価まとめ】の続きを読む

    ヴィクトリアマイル2016年予想|調教・追い切り|ネット競馬
     

     「ヴィクトリアマイル、G1」(15日、東京)

     春の古馬女王決定戦の枠順が13日、確定した。昨年のジャパンCの覇者ショウナンパンドラは【7】枠(15)番、2冠牝馬ミッキークイーンは【5】枠(10)番になった。なお、14日に前日発売が行われる。

    日曜東京11R ヴィクトリアマイル・G1 15時40分発走

    本紙 枠番 馬番 馬名 斤量 騎手

     【1】 (1)ウインプリメーラ 55 川田

       (2)スマートレイアー 55 武豊

     【2】 (3)シャルール 55 横山典

       (4)ウリウリ 55 三浦

     【3】 (5)レッドリヴェール 55 石川

       (6)マジックタイム 55 ボウマン

     【4】 (7)ルージュバック 55 ルメール

       (8)メイショウマンボ 55 武幸

     【5】 (9)カフェブリリアント 55 福永

       (10)ミッキークイーン 55 浜中

     【6】 (11)レッツゴードンキ 55 岩田

       (12)クイーンズリング 55 M・デムーロ

     【7】 (13)ストレイトガール 55 戸崎圭

       (14)ウキヨノカゼ 55 四位

       (15)ショウナンパンドラ 55 池添

     【8】 (16)シュンドルボン 55 吉田豊

       (17)トーセンビクトリー 55 内田博

       (18)ショウナンアデラ 55 蛯名

     

    ここの無料コンテンツ最高ですね・・・・
    ベストレコード激アツwwww

    bestre




    【ヴィクトリアマイル2016年予想|調教・追い切り|ネット競馬】の続きを読む

    5
    ショウナンパンドラ|ヴィクトリアマイル2016年|マイル走るかどうか?
     
    ショウナンパンドラ、右肩上がりのラップで切れた12秒5

    ◆ヴィクトリアマイル・追い切り(11日・栗東トレセン)

     春のマイル女王決定戦、第11回ヴィクトリアマイル(15日、東京)の追い切りが11日、東西のトレセンで行われた。ショウナンパンドラは栗東の坂路で軽快な動きを披露。騎乗する池添は勝てば史上3人目の牝馬限定G1完全制覇だ。

     思い通りの上昇曲線を描いてきた。ショウナンパンドラは、いつも通り坂路の1本目(76秒5)で脚慣らしをした後、2本目で最終追い切りを行った。弾むような脚さばきで徐々に加速。余裕を残したまま54秒8―12秒5と右肩上がりの理想的なラップを刻んだ。「時計よりもフットワークを見ていた。全身を使った切れのある本来の動きになってきた。現時点でのいい状態」と高野調教師は力強くうなずいた。

     昨年のヴィクトリアマイルは8着。大阪杯(9着)での疲れが残り、立て直すのに時間がかかった昨年とは違い、今年は充実一途だ。「力がつき始めた頃と力がついた今では、レース後の疲労が違う。今年はひと叩きして上昇しかなかった。前走(大阪杯3着)は結果的に前の2頭のペースになったが、直線の追い上げを見ても前哨戦としては十分の内容だった」と、トレーナーは本格化してきた愛馬に目を細めた。

     コンビを組む池添は、武豊、蛯名に続く史上3人目の牝馬限定G1完全制覇がかかる一戦。桜花賞(シンハライト)、天皇賞・春(カレンミロティック)、NHKマイルC(ロードクエスト)と2着続きの惜しいレースが続くが、気持ちを切り替えて挑む。

     「勝てるようにしっかり乗るだけ。中距離とマイルは流れが違うので、そのペースに対応できるかがポイントだけど、力はある馬。牝馬同士のG1だし、負けられない気持ち」と池添。春の最大目標は宝塚記念(6月26日、阪神)だが、牝馬相手なら主役を譲るつもりはない。(持井 麻衣)

     

    パンドラ理想の加速ラップ

     

     「ヴィクトリアマイル・G1」(15日、東京)

     女王の座は譲れない-。ジャパンCの覇者ショウナンパンドラは11日、栗東坂路で単走。適度に負荷をかけながら理想的な最終リハを展開。上昇ムードをアピールした。また、昨年の牝馬2冠ミッキークイーンは、今週から実戦復帰を果たす主戦・浜中を背に栗東CWで併せ馬。滑らかなフォームで2馬身先着。鞍上は自らの手で快気祝いを決めるつもりだ。

     8着に敗れた1年前とは違う。脚さばきは弾力性に富み、張り付いた筋肉は力強く収縮を繰り返した。ジャパンC覇者という誇りを胸に、ショウナンパンドラが栗東坂路に深い蹄跡を刻み込んだ。

     2本目(1本目=4F76秒5)に想定通りの加速ラップを踏む。15秒5-13秒8-13秒0-12秒5(4F54秒8)。雨を十分に吸い込んだ馬場は重くなっていたが、足かせとはならなかった。「負荷を目いっぱいかけたくはなかったが、手加減もしたくなかった。絶妙なバランスと言うのでしょうか。とてもいい追い切り。前走(大阪杯3着)後の回復も早く、イメージ通りの上昇カーブを描いています」と高野師はうなずく。大阪杯からの臨戦は同じだが、疲労を取るのに時間を要した昨年とは異なり、今回は“順調”の二文字しか浮かんでこない。

     体調が整わず有馬記念は見送ったが、休養を経ての今季初戦は前残りの流れのなか、メンバー最速の上がり3F33秒3を記録して3着。女王らしさは十分に示した。主戦の池添は「いつもよりポジションを前に取りましたが、折り合いもついて上手に走ってくれた」と振り返り、「中距離とマイルでは流れが全然違う。ペースにどう対応していくかがポイントですが、しっかりと結果を出せるように頑張りたい」と決意を口にした。今春は桜花賞(シンハライト)、天皇賞・春(カレンミロティック)、NHKマイルC(ロードクエスト)と2着続き。今度こそ!という思いも強くにじませた。

     指揮官は「基本的にマイルはこの馬の距離ではない」と話し、視線の先に宝塚記念(6月26日・阪神)があるのも事実。だが、「昨年と今年では立ち位置が違う。ジャパンCを勝たせてもらったこの馬の評価を落としたくない。勝ちたいと思います」ときっぱり。実績ひと息の舞台でも、女王の座にこだわっていく。




    ヴィクトリアマイルの予想はここを信頼
    プロ予想がヴィクトリアマイル熱いwwww

    keibavi





    【ショウナンパンドラ|ヴィクトリアマイル2016年|マイル走るかどうか?】の続きを読む

    NHKマイルC回顧|やっぱり強かったルメール|ネット評価まとめ

    ◆第21回NHKマイルC・G1(8日・芝1600メートル、東京競馬場、良)

     3歳マイル王決定戦の第21回NHKマイルCは8日、東京競馬場で行われ、昨年の2歳女王で1番人気に推されたメジャーエンブレム(ルメール騎乗)が逃げ切り、阪神JFに続くG1レース2勝目を飾った。2着に外を追い込んだ2番人気のロードクエストが続き、3着には12番人気のレインボーラインが入った。

    【写真】逃げ切って優勝したメジャーエンブレム

     牡馬相手でも自分のスタイルを貫いた。長い直線を先頭で進むメジャーエンブレムを、ファンの大歓声が後押しする。最後は外から追い込むロードクエストを3/4馬身しのいでゴールイン。「いいスタートからリラックスして走れた。彼女は先頭が大好き。この馬のペースで完璧なレース。リベンジできて良かった」。07年ピンクカメオ以来9年ぶりの牝馬Vに、ルメールは愛馬の上で力強くガッツポーズをつくった。

     負けられない一戦だった。断然人気に支持された桜花賞は、発馬がひと息で逃げることができず、まさかの4着。「皆さんに迷惑をかけたのに、また1番人気に支持していただいた。“チーム”として勝てて、ホッとしています」。重圧から解放された田村調教師は目をうっすらと赤くしながら、優しい笑顔で人馬を迎えた。

     厩舎、ルメール、放牧先のノーザンファーム天栄が一体となって、阪神JFに続くG1レース2勝目をつかんだ。前走から中3週の一戦へ、デビュー以来最短となる出走11日前に美浦に帰厩。牧場と厩舎で密に連絡を取り合い、前走比6キロ減の496キロで大一番を迎えた。「牧場で3本、美浦で2本追って、短い中でもしっかり負荷をかけた。これ以上そぎ落とすものはない、究極の仕上げだった」と指揮官。2R終了後には、前走の反省を踏まえルメールと入念にプランを確認。「とにかく出して行く、出負けしても主張していく」という両者の強い思いは、もうブレなかった。

     今後は未定だが、「秋華賞路線も当然、選択肢のひとつ。もっと上を目指せる馬だと信じている」と田村師が言えば、デビューからコンビを組むルメールも「今の走りを続けていけば、まだまだ勝てる。彼女とまたG1を勝ちたいです」と力を込めた。苦しんだ末に自分の競馬を取り戻した女王が、秋もVロードを突き進む。(川上 大志)

     ◆メジャーエンブレム 父ダイワメジャー、母キャッチータイトル(父オペラハウス)。美浦・田村康仁厩舎所属の牝3歳。北海道安平町・ノーザンファームの生産。通算成績7戦5勝。総収得賞金は2億4310万7000円。主な勝ち鞍は阪神JF(15年)、クイーンC(16年)。馬主は(有)サンデーレーシング。

     
    NHKマイルC-2016年動画





    ヴィクトリアマイルはここの予想を期待します
    競馬予想コンシェルジュの予想が熱い
    keibavi





    【NHKマイルC回顧|やっぱり強かったルメール|ネット評価まとめ】の続きを読む

    メイショウマンボ、栗東CWで1番時計
     
     
    meishouma





    1
    :2016/05/07(土) 01:13:53.52 ID:
    【メイショウマンボ、栗東CWで1番時計】の続きを読む

    このページのトップヘ