競馬予想@競馬総合情報

競馬予想@競馬総合情報!、競馬予想で的中ラッシュするためにいろいろな視点からを作成しています。競馬予想データ、競馬ニュース、競馬情報など

    2015年10月

    天皇賞(秋)予想|予想オッズ1番人気|ラブリーデイのまとめ


    天皇賞はここの予想を参考にしたい
    無料予想で8鞍見逃し厳禁
    馬券の帝王-口コミ・評価・検証
    tenaki-baken


    【天皇賞・秋】今年重賞5勝!鉄壁の強さを誇るラブリーデイをV指名

     天皇賞・秋過去10年のデータを徹底分析した結果、重賞3連勝中のラブリーデイがV候補に浮上した。

     (1)ローテーション 毎日王冠組が過去10年で6勝と圧倒。残り4頭も宝塚記念か札幌記念の連対馬と好走ステップははっきりしているが、11年前の勝ち馬ゼンノロブロイは京都大賞典2着からの参戦。31年ぶりにセントライト記念優勝馬が勝った菊花賞の例もある。毎日王冠出走か、その他の重賞で連対ならOKとする。

     (2)実績 勝ち馬7頭までがG1、G2を2勝以上していた。一方、これに当てはまらない3頭には「ダービー出走」という共通項がある。重賞実績が足りない馬でもダービーの大舞台を経験していれば一発あり。G1初挑戦のアンビシャス、エイシンヒカリは独特の雰囲気にのまれないか心配だ。

     (3)コース適性 勝ち馬9頭までが東京で勝ち星を挙げており、残る13年ジャスタウェイは重賞2着が3回あった。紅一点のショウナンパンドラは東京で3戦してカーネーションCの2着が最高。切れ味抜群の牝馬だが、東京は微妙に合わないのかも。

     (4)近況 近10年の勝ち馬で最も長く連対を外していたのは12年エイシンフラッシュの3戦(4走前に有馬記念2着)。昨年1、3着のスピルバーグとイスラボニータは目下4戦連続3着以下。昨年ほどの勢いは感じない。

     残ったのはラブリーデイ。今年だけで重賞5勝、目下3連勝中と勢い満点だ。

     
    天皇賞(秋)2014年動画

     

    1着 スピルバーグ 北村宏司

    2着 ジェンティルドンナ 戸崎圭太

    3着 イスラボニータ ルメール

     

    競馬ブック想定より
    予想オッズ


    1番人気 ラブリーデイ

    2番人気 イスラボニータ

    3番人気 エイシンヒカリ

    4番人気 ディサイファ

    5番人気 ショウナンパンドラ

     

    ネット競馬より

    予想オッズ

    1番人気 ラブリーデイ

    2番人気 エイシンヒカリ

    3番人気 イスラボニータ

    4番人気 ショウナンパンドラ

    5番人気 ディサイファ

     

     

     

    ラブリーデイについてはツイッターでも盛り上がる

    【天皇賞(秋)予想|予想オッズ1番人気|ラブリーデイのまとめ】の続きを読む

    5

    天皇賞(秋)予想|1週前追い切りのまとめ|ネット評価まとめ


    《注目サイト》 競馬はプロ予想、天皇賞(秋)が熱い
    競馬予想コンシェルジュ予想は注目・口コミ

    tenaki-kon

     

    【天皇賞秋1週前追い切り】ダービーフィズ気合乗り抜群「もうスイッチが入っていて元気が良すぎるぐらい」

    【天皇賞・秋(11月1日=日曜、東京芝2000メートル)注目馬21日1週前追い切り:美浦】GIII函館記念優勝馬ダービーフィズは南の角馬場→A(ダート)コース経由で坂路に入って単走追い。終始馬なりながら、鞍上をグイグイと引っ張る気合乗りを見せ、4ハロン55・5―40・6―13・2秒を計時した。今年に入って1000万下から重賞ウイナーにまで出世をした上がり馬に、陣営は本番が待ち切れない口ぶりだ。

     騎乗した小島良助手「いいね。もうスイッチが入っていて、元気が良すぎるくらい。(ハロー明け)2組目を考えれば、時計もこれで丁度いい。以前とは馬が変わってきた。併せ馬じゃないと動けなかった馬が、単走でも気持ちを出して走れるようになった。相手は強くなるけど、今の充実ぶりでどんな競馬ができるか」

     
    エイシンヒカリ【元気】成長アピール
     
    【天皇賞(秋)予想|1週前追い切りのまとめ|ネット評価まとめ】の続きを読む

    5

    菊花賞予想|直前生情報|ネット評価まとめ



    競馬のプロ予想を注目
    只今限定無料会員募集中!!見逃し厳禁
    競馬劇場-プロ予想を見逃し厳禁



     「菊花賞」リアファル出来に不安なし

     「菊花賞・G1」(25日、京都)

     立ちはだかる試練に打ち勝ち、クラシック最終関門を突き破れるか。神戸新聞杯を制して、菊に名乗りを上げたリアファルは金曜朝、栗東坂路を1本という調整メニュー。音無師は「追い切り後もどうもないね。状態はいいよ」と出来に不安がないことを強調した。

     ただ、22日に決まった枠順の話になると表情が一気に険しくなる。「基本的に(京都の)3000メートルは内枠が有利。6回もコーナーを回るんだから」と外枠に嘆き節。過去に88年スーパークリーク、96年ダンスインザダークが勝っている馬番だが、00年以降では3冠に挑戦したネオユニヴァースの3着(03年)があるだけで、あとは全て4着以下と結果は振るわない。特に近年は内枠有利の傾向が強くなっている。

     さらに音無師の頭を悩ませるのが、外に逃げ宣言をしているスピリッツミノルが入ったこと。「ハナにはこだわらないので、行くならスッと行ってほしい。こすられるようだと…。まあなるようにしかならない。ルメールさんに一任するしかないよ」。頼みの綱は、やはりルメール・マジック。菊花賞は初騎乗(天皇賞・春は今年ラブリーデイで初参戦して8着)となるフランスの名手が、いかに淀の長丁場を乗り切るかが注目される。

     
    【菊花賞】最新ナマ情報
     
    【菊花賞予想|直前生情報|ネット評価まとめ】の続きを読む

    5
    菊花賞予想|調教・追い切り|ネット評価まとめ


    タンタアレグリア、毛艶抜群

     栗東で調整中の関東馬タンタアレグリアに大駆けムードが漂う。23日は同じ菊花賞に出走するマッサビエルと一緒に馬場入り。Eコース(ダート)を軽めに流した。毛ヅヤも抜群で上々の雰囲気だ。騎乗した中村助手は「追い切りも動いたがその後も元気いっぱい。出来は良すぎるぐらい。道中でフワッとしたり、決して真面目な馬ではない分、3000メートルは合うと思う」と穏やかに切り出した。

     デビュー時から陣営は長距離向きと評価してきた。出遅れたダービー(7着)でもしぶとく伸び、見せ場はつくった。「枠(3番)は絶好。京都の長距離GIに強い蛯名さんに全て任せます」と同助手は笑顔で結んだ。

     関東が誇る巧腕は菊花賞1勝、天皇賞・春3勝の実績。同馬が勝てば、くしくも蛯名が騎乗した01年マンハッタンカフェ以来、14年ぶりの関東馬優勝となる。スタミナ自慢の大仕事の舞台は整っている。

     

    菊花賞予想ー調教動画

    サンスポ予想王

    栗東

     

    栗東

     

    栗東

     

     

    競馬ブックー調教タイム

    サトノラーゼン

    10/21 栗東CW良

    54.7ー39.9ー12.4

    タンタアレグリア

    10/21 栗東CW良

    80.4ー64.6ー50.3ー37.7ー12.2

    キタサンブラック

    10/21 栗東CW良

    84.9ー67.8ー52.2-38.0-11.8

    ベルーフ 

    10/24 栗東坂良

    62.7-45.9-28.8-13.6

    スティーグリッツ

    10/21 栗東坂良

    53.6-39.3-26.0-13.0

    リアルスティール

    10/21 栗東坂良

    53.6-39.0-25.2ー12.6

    リアファル

    51.6-38.1-25.2-12.9

     

    【菊花賞予想|調教・追い切り|ネット評価まとめ】の続きを読む

    5
    富士S予想|調教・追い切り|ネット評価まとめ
    【富士S】アラジン存在感十分、マイル王に弾みをつける

     「富士S・G3」(24日、東京)

     新マイル王候補のサトノアラジンが21日、秋初戦となる富士Sに向け栗東CWで存在感を示した。いつも通りダイナミックなアクションで加速。5F68秒2-38秒1-12秒1を計時した走りには、重さを感じなかった。

     「放牧先でもしっかりと乗ってきましたが、大型馬ですからマックスという感じではまだありません。1回使って良くなってくれればと思いますが、距離的にはやはりここしかないですし、東京も悪くありませんからね」。520キロを超す大きな馬体には、まだ若干の余裕がうかがえる、と池江師は話す。だが、1着馬に与えられるマイルCS(11月22日・京都)の優先出走権は、是が非でも確保しておきたいところだろう。

     主戦のルメールは「1800メートル(前走エプソムC=2着)は、ギリギリの距離。やはり1600メートルの方がいいですからね」と距離適性の高さに大きな期待を寄せた。タイトルをつかんでマイルの頂上決戦へ。まずは府中で豪脚を放つ。

     

    富士ステークスー主な馬の調教タイム


    ダノンプラチナ

    10/21 南W良

    68.7ー53.5-39.2ー13.1



    クラリティスカイ

    10/21 栗東坂良

    53.9-39.5-25.9-12.9



    ヤマカツエース

    10/21 栗東CW良

    82.0-66.3-51.9-38.2-12.2



    サトノアラジン

    10/21 栗東CW良

    86.6-69.8-54.0-38.9-12.5



    アルバタックス

    10/21 栗東坂良

    52.9-38.4-25.2-12.9



    ワールドエース

    10/21 栗東坂良

    53.7-39.7-25.5-12.3



    ロゴタイプ

    10/21 南W良

    67.6-52.9-38.8-13.0



    グランシルク

    10/21 南W良

    66.6-51.7-38.6-14.0



    フルーキー

    10/21 栗東CW良

    85.2-68.6-52.4-37.7-12.0

     

     

    【富士S予想|調教・追い切り|ネット評価まとめ】の続きを読む

    このページのトップヘ