競馬予想@競馬総合情報

競馬予想@競馬総合情報!、競馬予想で的中ラッシュするためにいろいろな視点からを作成しています。競馬予想データ、競馬ニュース、競馬情報など

    2015年06月

    5

    エプソムカップ予想|直前情報まとめ|有名人予想まとめ

     

    管理人的には超絶オススメ
    無料コンテンツで充分
    アクティブー無料会員へ
    aku1






     エプソムカップー調教診断

     濃いモヤのなかで調教をこなすなんて、素人目にはそれだけですごいと思ってしまうが、ある調教助手が言っていた。「ひどいときは、直線なのかコーナーなのか、自分で不安になることさえある。そういうときには、周りに馬がいたほうが良かったりしてね」。ベールの向こうには職人芸ありだ。

     1番手はエイシンヒカリ。

     前走時も動きは良かったが、叩き2戦目の今回はさらに上昇している。10日のCWコースは単走の予定が他厩舎の馬と4コーナーでニアミスして、一瞬ハミを取る場面も見られたが、即座に落ち着いてラストもきっちり1F11秒9と弾けていた。滑らかな脚さばきもベリーGOOD!

     フルーキーは安田記念の予定をオーナーの意向で1週スライドさせたが、調整に狂いなく、今週も“角居流”3頭併せの最内から、躍動感あふれる走りで併入した。1週前には北村宏騎手とのコンビネーションも確認済みだ。

     ディサイファは坂路だと地味なクチだが、Pコース主体の中間は抜群のフットワークを誇示。モヤのなかを走り抜けてきたが、ゴール前、前をかわす際の集中力が素晴らしく、充実一途だ。(夕刊フジ)

     
     
    エプソムカップーツイッターの声
    【エプソムカップ予想|直前情報まとめ|有名人予想まとめ】の続きを読む

    5

    マーメイドステークス予想|追い切り・調教|ネットまとめ

     


    管理人はここの無料情報を必ずチェックしています!!
    指定サイトから誰でも無料会員になれます!!
    → フリーメールなども可能
    アクティブ無料会員へ

    aku1






    【マーメイドステークス】蛯名ぞっこん!マリアライトぞっこん

     7日のGI安田記念に続いて、今週も“勢い”に注目だ。日曜阪神の牝馬限定のハンデGIIIマーメイドステークス(14日、芝2000メートル)で重賞に初挑戦するマリアライトは、メンバー唯一の連勝馬。4歳を迎えて心身ともに成長して軌道に乗った良血のディープインパクト産駒が、3連勝での重賞初Vを狙う。

     小さなつぼみが大きく花開くときが来た。条件戦を連勝してきたディープインパクト産駒のマリアライトが、勢いそのままに初めての重賞へ。久保田調教師が愛馬の充実ぶりを口にする。

     「レース後の回復が早くなってきた。だいぶ馬がしっかりしてきたね。この中間もさらに良化している感じ」

     半兄にGI馬クリソライト(2013年ジャパンダートダービー)を持つ期待馬。馬格に恵まれた兄弟に比べて420キロ弱と小さく、素質に体力が追いつくのに時間がかかったが、今年2月の復帰戦(1000万下3着)で体が10キロ増えて力強さが出てきた。

     続く潮来特別(1000万下)を3馬身差で快勝。そして、前走の緑風S(1600万下)が圧巻だった。直線で1番人気馬に外からブロックされ、進路がなくなる厳しい競馬を強いられたが、一旦下げて、外へ出してからの差し切り。18頭中ただ1頭の牝馬が牡馬を手玉にとった。「たいしたもの。牧場、厩舎スタッフが大事に育ててくれたから、モノになってきた」。蛯名騎手も本格化の兆しを感じ取った。

     8日にハンデが53キロに決まった。前走と同じだ。マーメイドSは53キロ以下の軽量馬が活躍するレースで、過去10年で53キロの馬が最多の5勝をマーク。さらにディープインパクト産駒は過去3頭が出走し、12年グルヴェイグ、13年マルセリーナが優勝と、データがマリアライトを後押しする。

     久保田師が「秋に向けてどんな競馬ができるか」と期待を込めるマリアライト。メンバーを見渡しても連勝馬は1頭のみ。モーリスが勝った7日の安田記念と同様、勢いで実績馬を圧倒する。

    ★レース展望

     実績ではメンバー唯一の重賞馬バウンスシャッセが断然だ。フラワーC、中山牝馬SのGIII2勝に加え、GIオークスで3着。ハンデは他馬より最少でも2キロ重い56キロに設定された。一番軽い馬とは7キロ差ある。リラヴァティは前走のGIII福島牝馬Sで2着とメキメキ力を付けている。据え置きのハンデ53キロならば好勝負必至。過去にチューリップ賞2着があるウインプリメーラ(54キロ)、ただ1頭の連勝馬マリアライト(53キロ)も上位争いだ。過去10年で馬単万馬券が6回と難解なレースだけに、軽量馬にも注目。中でも最軽量49キロの3歳馬アースライズはフラワーC2着、オークス4着の実力馬。初の古馬相手でも十分に通用する。

    ★今週の馬券作戦

     先週の東京、阪神で牡馬と牝馬がともに出走したレースは36あり、牝馬は12勝、2着9回。特に特別戦では13レース中、牝馬が6勝、2着2回と活躍が目立った。そのうち3歳牝馬が3勝をマーク。世代のレベルの高さを物語っている。一般的に、気温が上昇するにつれて夏バテしやすくなる牡馬に対し、牝馬は暑さに強いといわれている。マーメイドSは牝馬限定戦だが、特別レースを中心に牝馬を狙ってみるのも馬券戦術の一つだ。

     
     
    マーメイドステークス調教動画
    【マーメイドステークス予想|追い切り・調教|ネットまとめ】の続きを読む

    5

    エプソムカップ予想|調教・追い切り|ネット評価



    ここの無料予想を絶対に見逃すな
    指定サイトから無料会員になることが可能です
    eps1




    【エプソムカップ】サトノアラジンキレキレ差し

     東京で、怒濤の5週連続GIは安田記念でピリオドが打たれたが、今週の日曜メーン、エプソムカップ(14日、GIII、芝1800メートル)も精鋭がそろった。1600万下から連勝中と素質が開花したサトノアラジンや、7戦6勝を誇るエイシンヒカリの大物2頭を中心に、17頭がスタンバイ。近年の連対馬では2007年の勝ち馬エイシンデピュティ、12年2着ダノンシャーク、13年2着ジャスタウェイがGIホースになっている出世レースだ。

     全休日で人影もまばらな8日朝の栗東トレセンは、雨も小休止。心地よい風が吹く中で、洗い場で手入れされていたサトノアラジンは落ち着いた様子だった。張りのある体を磨く担当の山元助手は、満足げな表情で好調維持をアピールした。

     「順調ですよ。前走を使って中2週の競馬なので、もう(強い調教は)やらなくてもいいでしょうね。前走と同じくらいの体重で出走できそう」

     昨秋、3000メートルの菊花賞で6着に敗れてから1800メートル以下の路線に変更して真価を発揮した。2戦を経て臨んだ2走前の芝1600メートル・春興Sと前走の芝1800メートル・モンゴル大統領賞で、それぞれ上がり3ハロン32秒7、33秒5の豪脚を披露。連勝を飾った。

     「これくらいの距離が合っていると思います」と山元助手。速いペースで力まずに走れるようになったことに加え、背中、トモ(後肢)などのひ弱さが改善されつつあることも好調の要因だ。「まだまだ良くなりそうですよ」。期待に胸を膨らませる。

     山元助手のもう1頭の担当馬、ラブリーデイは6日のGIII鳴尾記念で今年の重賞3勝目。「調子が良すぎますね」。所属する池江厩舎は今年の重賞6勝で、安田記念をモーリスで勝った堀厩舎と並んでトップ。アラジンで挑むエプソムCは、単独トップに立つチャンスだ。

     「直線が長い東京はいいと思います。輸送は問題ないですし、右、左(回り)も関係ない。あとは良馬場で競馬がしたいですね」

     山元助手は気合十分だ。2歳時から期待が高かったディープインパクト産駒が、3連勝を決めて輝く未来へ羽ばたく。 (宇恵英志)

    ★レース展望

     ダービー馬キズナや桜花賞馬アユサンと同じ、父ディープインパクト×母の父ストームキャットという配合のサトノアラジンとエイシンヒカリが中心。サトノアラジンは2、3歳時の重賞でのちのクラシック馬と好勝負を演じ、菊花賞にも駒を進めた素質馬。ここ2戦は連勝と軌道に乗った。特に前走は後方一気の差し切り勝ちで、末脚の鋭さは東京向きだ。一方、エイシンヒカリは逃げ馬で、デビューから7戦6勝。重賞経験は1戦のみでも勢いがある。両頭と同じ配合のヒラボクディープは復調の兆しを見せ、侮れない。連覇がかかるディサイファは前走快勝後も好調をキープし、安田記念をオーナーの意向で回避したフルーキーとともに争覇圏だ。

     
    エプソムカップー調教動画
    美浦
    【エプソムカップ予想|調教・追い切り|ネット評価】の続きを読む

    マーメイドステークス予想|予想オッズ|1番人気濃厚バウンスシャッセ|ネット評価



    無料予想が3連複ゲット!! 
    taf1

     

    【マーメイドS】-49キロのアースライズ色気あり

     7日のGI安田記念に続いて、今週も“勢い”に注目だ。日曜阪神の牝馬限定のハンデGIIIマーメイドステークス(14日、芝2000メートル)で重賞に初挑戦するマリアライトは、メンバー唯一の連勝馬。4歳を迎えて心身ともに成長して軌道に乗った良血のディープインパクト産駒が、3連勝での重賞初Vを狙う。

     小さなつぼみが大きく花開くときが来た。条件戦を連勝してきたディープインパクト産駒のマリアライトが、勢いそのままに初めての重賞へ。久保田調教師が愛馬の充実ぶりを口にする。

     「レース後の回復が早くなってきた。だいぶ馬がしっかりしてきたね。この中間もさらに良化している感じ」

     半兄にGI馬クリソライト(2013年ジャパンダートダービー)を持つ期待馬。馬格に恵まれた兄弟に比べて420キロ弱と小さく、素質に体力が追いつくのに時間がかかったが、今年2月の復帰戦(1000万下3着)で体が10キロ増えて力強さが出てきた。

     続く潮来特別(1000万下)を3馬身差で快勝。そして、前走の緑風S(1600万下)が圧巻だった。直線で1番人気馬に外からブロックされ、進路がなくなる厳しい競馬を強いられたが、一旦下げて、外へ出してからの差し切り。18頭中ただ1頭の牝馬が牡馬を手玉にとった。「たいしたもの。牧場、厩舎スタッフが大事に育ててくれたから、モノになってきた」。蛯名騎手も本格化の兆しを感じ取った。

     8日にハンデが53キロに決まった。前走と同じだ。マーメイドSは53キロ以下の軽量馬が活躍するレースで、過去10年で53キロの馬が最多の5勝をマーク。さらにディープインパクト産駒は過去3頭が出走し、12年グルヴェイグ、13年マルセリーナが優勝と、データがマリアライトを後押しする。

     久保田師が「秋に向けてどんな競馬ができるか」と期待を込めるマリアライト。メンバーを見渡しても連勝馬は1頭のみ。モーリスが勝った7日の安田記念と同様、勢いで実績馬を圧倒する。

    ★レース展望

     実績ではメンバー唯一の重賞馬バウンスシャッセが断然だ。フラワーC、中山牝馬SのGIII2勝に加え、GIオークスで3着。ハンデは他馬より最少でも2キロ重い56キロに設定された。一番軽い馬とは7キロ差ある。リラヴァティは前走のGIII福島牝馬Sで2着とメキメキ力を付けている。据え置きのハンデ53キロならば好勝負必至。過去にチューリップ賞2着があるウインプリメーラ(54キロ)、ただ1頭の連勝馬マリアライト(53キロ)も上位争いだ。過去10年で馬単万馬券が6回と難解なレースだけに、軽量馬にも注目。中でも最軽量49キロの3歳馬アースライズはフラワーC2着、オークス4着の実力馬。初の古馬相手でも十分に通用する。

    ★今週の馬券作戦

     先週の東京、阪神で牡馬と牝馬がともに出走したレースは36あり、牝馬は12勝、2着9回。特に特別戦では13レース中、牝馬が6勝、2着2回と活躍が目立った。そのうち3歳牝馬が3勝をマーク。世代のレベルの高さを物語っている。一般的に、気温が上昇するにつれて夏バテしやすくなる牡馬に対し、牝馬は暑さに強いといわれている。マーメイドSは牝馬限定戦だが、特別レースを中心に牝馬を狙ってみるのも馬券戦術の一つだ。

    【マーメイドステークス予想|予想オッズ|1番人気濃厚バウンスシャッセ|ネット評価】の続きを読む

    5

    エプソムカップ予想|予想オッズ|1番人気濃厚サトノアラジン|ネット評価



    競馬予想ファンならチェック必至!!
    ターフビジョン

    taf1




    【エプソムカップ予想|予想オッズ|1番人気濃厚サトノアラジン|ネット評価】の続きを読む

    このページのトップヘ