競馬予想@競馬総合情報

競馬予想@競馬総合情報!、競馬予想で的中ラッシュするためにいろいろな視点からを作成しています。競馬予想データ、競馬ニュース、競馬情報など

    2015年06月

    5

    ゴールドシップ|宝塚記念2015年回顧|敗因を徹底的に分析してみる


     

    無料予想で40万円・・・!!
    只今無料会員募集中
    指定サイトから無料会員-的中ダイヤモンド
    teki



    ゴールドシップは何故負けた?

     「宝塚記念・G1」(28日、阪神)

     スタートでまさかの事態が発生した。JRA史上初となる同一G1の3連覇を目指し、単勝1・9倍の圧倒的な1番人気に支持されたゴールドシップがゲート内で大きく立ち上がり、まさかの大出遅れ。離れた最後方からの追走を余儀なくされ、勝負どころでも進出できず15着に敗れた。

    【写真】ゲート内で立ち上がり出遅れるゴールドシップ

     勝ったのは、ゆったりとした流れのなか、2番手で運んだラブリーデイ。今年重賞4勝目を初のG1制覇で飾った。首差の2着は後方から追い込んだデニムアンドルビーで、金子真人オーナーの所有馬がワンツーを決めた。3着はショウナンパンドラで、3連単は52万8510円の大波乱となった。

     ラブリーデイ・川田将雅騎手「力をつけて、G1の舞台まで勝ち切ってくれて良かったです。最後は同じ勝負服のデニムアンドルビーが伸びているのが見えたので“何とかしのいでくれ”と思っていました」

     
    2015年-宝塚記念
     
    【ゴールドシップ|宝塚記念2015年回顧|敗因を徹底的に分析してみる】の続きを読む

    5

    宝塚記念予想|直前情報まとめ



    宝塚記念が熱い!!注目サイトから予想をゲット
    トライキャスト-無料会員

    tora1


     

     【宝塚記念】ラブリーデイの大駆けに期待

     狙うは“ミスターGP”。池江厩舎のラブリーデイで真っ向勝負だ。

     今年も全国2位と好調な池江厩舎。3冠馬オルフェーヴルで有名だが、もうひとつ顕著な特徴がGPでの強さだ。宝塚は09年ドリームジャーニー、12年オルフェーヴルで勝ち、13年ダノンバラードで2着。有馬記念は09年のドリジャニVを皮切りに、11&13年オルフェV、12年オーシャンブルーと14年トゥザワールドで2着と4年連続連対中だ。

     お祭り大好きステーブルから今年は3頭がエントリー。驚異的な充実ぶりはラブリーだ。1月の中山金杯をレコードで飾り、2月の京都記念でキズナ&ハープスターを完封。阪神大賞典と春天は距離が合わなかったが、適距離に戻った鳴尾記念で横綱相撲を見せた。

     「素質は高いけど、去年までは馬場に泣かされることが多かった。今年は中山が路面改修で硬い馬場になったりツキがある。長い距離を2回経験させたことも良かったね。前走は別の馬みたいに折り合っていた」

     すべてうまくいくのが現状とあってトレーナーはGI奪取へ前向き。24日に素軽い動きを確認すると「まずまず動いていたし絶好調だね。これで良馬場ならかなり自信が持てる」と勝ち負けの手応えを口にした。

     気になる空模様は、土日とも降雨はない見込み。加えて先週までのように内めが悪く、外しか伸びない馬場なら、大外(16)番が思わぬ追い風になる可能性も十分にある。“持ってる”ラブリーの大駆けに期待だ。(夕刊フジ)

     
     
     最終ナマ情報
    【宝塚記念予想|直前情報まとめ】の続きを読む

    5

    宝塚記念予想|調教・追い切り|ネット評価まとめ

     


    競馬ファンならここの無料予想をチェックしたい
    指定サイト-トランセンド無料会員登録ページから
    無料会員になってチェックすることをオススメします!!

    tora1


    ラキシス本格化、ルメール自信『ゴールドより上』

    ◆宝塚記念追い切り(24日)

     絶好の動きが本格化ムードを示した。角居厩舎5歳牝馬トリオの大将格となるラキシスは、CWコースでサンビスタ(6歳オープン)を2馬身半追走し、内に併せた。2頭とも今にもはじけそうな手応えで4コーナーを回り、直線半ばでラキシスがわずかにリード。僚馬に迫られるたび、前へ、前へと脚を伸ばし、頭差先着を果たした。

     ラストは馬なりで11秒8(5ハロン68秒3)の切れ味。動きを見届けた角居調教師は納得の表情で口を開いた。「動く馬と併せましたが、先週にしっかりやっているのでオーバーワークにならない程度。ちゃんとスイッチが入っている感じですね」。1週前にはルメールが騎乗し、一杯に追って5ハロン68秒8―11秒8。時計はほぼ変わらなくても、それを上回る手応えの良さにうなずいた。

     前走の大阪杯は11番手からメンバー最速の脚(35秒9)で、キズナなど4頭の牡馬G1馬を撃破。極悪馬場をこなし、これまでにない切れ味を見せたことで一気に評価が上がった。「瞬発力があるのが一番のストロングポイント。いいメンバーだった前走を勝ち、日本で一番強い牝馬だと思う」とルメールは自信をのぞかせた。

     2連覇中のゴールドシップが断然の人気を集めるが、ルメールは強気の姿勢を崩さない。「スタミナのあるゴールドシップには長い距離が合っている。2200メートルならラキシスの方が上。日本で有名なレース。勝ちたいね」。4月のJRAデビューから早くも重賞2勝を含む32勝を挙げる“大型新人”が、史上初の快挙を阻止する。

    (橋本 樹理)

     
    宝塚記念-追い切り動画
    栗東
    【宝塚記念予想|調教・追い切り|ネット評価まとめ】の続きを読む

    5

    帝王賞予想|オッズ1番人気濃厚|予想まとめ

     

    地方競馬の予想が熱い!!無料予想ファンならチェック必至
    指定されたサイト無料会員になることをオススメします
    高配当21評価検証サイト
    kouhai1





     

     6月24日(水)に大井競馬場で行われる第38回帝王賞(4歳上・GI・ダ2000m・1着賞金6000万円)の枠順が、21日確定した。

     ドバイ遠征以来のレースとなるホッコータルマエ(牡6、栗東・西浦勝一厩舎)は1枠1番、昨年の覇者ワンダーアキュート(牡9、栗東・佐藤正雄厩舎)は5枠6番となった。発走は20時10分。枠順は以下の通り。

     なお、5月の平安Sを制したインカンテーション(牡5、栗東・羽月友彦厩舎)は、左後肢第1指骨の骨折のため、出走を回避することとなった(全治3か月程度の見込み)。

     ( )内は性齢、騎手、調教師

    1-1 ホッコータルマエ(牡6、幸英明、栗東・西浦勝一)
    2-2 トーセンアレス(牡8、今野忠成、浦和・小久保智)
    3-3 リワードレブロン(牡7、永森大智、高知・雑賀正光)
    4-4 ジョーメテオ(牡9、的場文男、浦和・小久保智)
    5-5 クリソライト(牡5、武豊、栗東・音無秀孝)
    5-6 ワンダーアキュート(牡9、和田竜二、栗東・佐藤正雄)
    6-7 ユーロビート(セ6、吉原寛人、大井・渡辺和雄)
    6-8 クリノスターオー(牡5、岩田康誠、栗東・高橋義忠)
    7-9 ハッピースプリント(牡4、宮崎光行、大井・森下淳平)
    7-10 ニホンピロアワーズ(牡8、酒井学、栗東・大橋勇樹)
    8-11 タッチデュール(牝6、佐藤友則、笠松・山中輝久)
    8-12 サイモンロード(セ7、丸野勝虎、愛知・角田輝也)

    ※出馬表・成績・オッズ等は主催者発表のものと照合してください。

     
    ホッコータルマエが1番人気濃厚…
    まあ普通になら勝ち負けですけどね
    【帝王賞予想|オッズ1番人気濃厚|予想まとめ】の続きを読む

    5
    宝塚記念予想|予想オッズ1番人気濃厚|ゴールドシップまとめ

    ◆宝塚記念1週前追い切り(17日)

     芦毛の馬体が躍動した。ゴールドシップは先週に引き続き横山典を背に、CWコースを単走。気持ちよさそうに四肢を伸ばし、スムーズにスピードに乗った。直線で鞍上のゴーサインに、沈み込むようなフォームで加速。6ハロン78秒1―12秒7と抜群の時計で駆け抜けた。

     当初は前の併せ馬を見る形で行く予定だったが「前の2歳を見て併せ馬にならないなと思った」と、鞍上の瞬時の判断で道中、あっさりパスして気分良く走らせることを優先。「気持ちを損なわない程度に頑張ってもらいました。先週はギアチェンジしなかったけど、今日はちゃんとしたのでよかったと思う。久しぶりにお利口さんだったね」と手応え十分の動きに目を細めた。

     函館競馬場で動画を確認した須貝調教師も「よかったね。1頭であれだけ動けるなら十分」と納得の表情。史上初の3連覇、JRA史上最多タイのG17勝などがかかる一戦へ着実に気配は上向き。「あとはケガがないように無事に使える事が一番」と横山典。歴史を塗り替える瞬間が近づいている。(持井 麻衣)

     


    予想オッズ

    1番人気 ゴールドシップ 1.8倍
    2番人気 ラキシス 9. 8倍
    3番人気 ラブリーディ 12.2倍
    4番人気 ワンアンドオンリー 14.3倍


    過去2年連続宝塚記念を勝利しているゴールドシップ


    2014年-宝塚記念


    2014年-宝塚記念

    1着 ゴールドシップ 横山典弘

    2着 カレンミロティック 池添謙一

    3着 ヴィルシーナ 福永祐一

     


    2013年-宝塚記念


    2013年-宝塚記念

    1着 ゴールドシップ 内田博幸

    2着 ダノンバラード 川田将雅

    3着 ジェンティルドンナ 岩田康誠

     

     

     

    ツイッターの声 

    【宝塚記念予想|予想オッズ1番人気濃厚|ゴールドシップまとめ】の続きを読む

    このページのトップヘ