ハープスターの後継はナヴィオンなるか?|新潟2歳S予想
 

 【馬じぃの継続は非力なり】ハープスターとゴールドシップの凱旋門賞壮行レースは上々の結果、これにジャスタウェイを加えた日本馬トリオ、今年こそやってくれそうだと、例によって持ち上げムードが目立ちだしたが、う~ん。

 競馬には触れていないが、『フランス人の不思議な頭の中』(山口昌子、角川学芸出版)という本の中に、興味をひく一章があった。

 山口さんは夕刊フジ報道部を経て産経新聞パリ支局長を21年務め、昨年、仏政府から最高章のレジオン・ドヌール勲章を贈られたほどの親仏家だが、彼女でもフランス人には謎が多い。そんな国に悪口を言ってはいけない「三偉人」がいる。ジャンヌ・ダルク、ナポレオン、ドゴールで、共通しているのは「戦う救国の英雄」。もともとフランス人は、日本人が抱く文化国家のイメージとは裏腹に、きわめて好戦的な国民性だと山口さんはいう。

 凱旋門はパリ市内に数カ所あるが、普通、エトワール凱旋門を指す。19世紀初頭、戦勝を記念してナポレオンが建設させたもので、所在地がシャルル・ドゴール公園と、ここで二偉人が登場する。それじゃあもう一人は? うん、前2年、最強の敵、日本馬オルフェーヴルを阻んだソレミアとトレヴの仏牝馬。あれは、21世紀のジャンヌ・ダルクだったのかも。

 でも、今年のハープスターは3歳牝馬。日本のジャンヌ・ダルクかも。などと、夏の夜の妄想は続く。しかし、迎え撃つ欧州勢は例年以上にハイレベルだそうだから、壁を越えるのは容易ではない。ひたすら健闘を祈る。

 で、1年前、そのハープスターが衝撃的なパフォーマンスを見せた新潟2歳Sがやってきた。GIIIだが、彼女がレースの格を引き上げたといってもいいくらい注目される2歳重賞になったが、果たして今年、後継馬はいるのかどうか。

 馬じぃは、今年は牡馬とみて、新潟デビューのマイル戦をスローペースだったとはいえ、上がり3F32秒7の鬼脚で差し切ったハーツクライ産駒(17)ナヴィオンに注目している。今夏の新潟でこの馬での1勝しか勝ち鞍がないが、橋口調教師が再度起用した、的場勇人騎手に初重賞プレゼントというドラマ性も込めて。

 ■品川達夫(しながわ・たつお) 昭和44(1969)年、夕刊フジ創刊と同時に競馬欄を手掛け、デスク兼記者・予想家として約20年間紙面を汚す。その後、別のジャンルで新聞記者を務めながら競馬は続け、気がつけば「馬じぃ」に。

 
ハープスターの後継はナヴィオンなるか?|新潟2歳S予想
 
やっぱり衝撃的だった新馬戦
 
追い切り動画
 
 
 
衝撃的だった、ハープスター
 
 
 
ナヴィオン評価
ツイッター
 

 

ナヴィオン評価
2ch
 
 
851:2014/08/31(日) 00:53:32.00 ID:
ミュゼは最終追い切りが芝かよ、悲惨だな。
ナヴィは最終追い切りもいいな
850:2014/08/31(日) 00:52:32.83 ID:
上がり3Fのラップで10秒台を挟んでるのが良いんだろ?
そしたら
ミュゼとナヴィオンだけしかいないんだよな
どっちかっつうとナヴィオンかな
新潟マイルを後方から差し切るのはなかなかできない芸当
ただ、馬が馬鹿っぽいのが気になるな
847:2014/08/31(日) 00:39:49.48 ID:
ワイ的場ファン
ここで勝てなかったら的場の騎手生活の終わりだと悟る。
825:2014/08/30(土) 23:38:41.54 ID:
ナヴィオンw

ハーツ産お得意の新馬詐欺だぞw

 

 

お勧め競馬情報サイト

↑↑

競馬情報会社格付け