競馬予想@競馬総合情報

競馬予想@競馬総合情報!、競馬予想で的中ラッシュするためにいろいろな視点からを作成しています。競馬予想データ、競馬ニュース、競馬情報など

    レパードS|2017年|予想オッズまとめ

    yosouodds

    競馬で勝ちたい・儲けたい
    そんな貴方様に・・・競馬劇場
    無料コンテンツ4つは完全オリジナル
    そんな無料コンテンツが見れる
    競馬劇場が熱い
    keibakaigi


    ヤフーニュースより

    『レパードS】レース展望
    【レパードS(日曜=6日、新潟ダート1800メートル)過去8年ワンポイント】創設から今年で9年目。過去8年の単勝1番人気は〈5・1・2・0〉で複勝率100%だ。2番人気〈3・1・1・3〉、3番人気〈0・3・0・5〉。連対馬16頭中、実に13頭を人気上位3頭が占めている。

     ステップ別ではジャパンダートダービー組が毎年1頭、馬券圏内に送り込んでいる形(4勝、2着2回、3着2回)。

     条件組では古馬1000万下相手に通用すれば、ここでも好勝負できると考えていい。

     今年のJDD組の登録は4頭。この中では一番評価されるであろう最先3着タガノディグオを中心視する。
    【レパードS|2017年|予想オッズまとめ】の続きを読む

    小倉記念|2017年|予想オッズまとめ

    yosouodds

    競馬で勝ちたい・儲けたい
    そんな貴方様に・・・競馬劇場
    無料コンテンツ4つは完全オリジナル
    そんな無料コンテンツが見れる
    競馬劇場が熱い
    keibakaigi


    ヤフーニュースより

    『小倉記念】レース展望
     1番人気が11連敗中で、昨年は11番人気のクランモンタナが勝った小倉記念。今年も混戦必至のメンバー構成となった。出走を予定している主な有力馬は次の通り。

    ■8/6(日) 小倉記念(3歳上・GIII・小倉芝2000m)

     ストロングタイタン(牡4、栗東・池江泰寿厩舎)は休み明けの降級戦となったマレーシアCをレコードV。小倉コースでは4戦3勝と相性抜群で、唯一負けた今年の小倉大賞典も3~4コーナーで詰まりながら5着という内容だった。ここで重賞初制覇なるか。

     バンドワゴン(牡6、栗東・石坂正厩舎)は2番人気に支持された鳴尾記念で7着に敗れたが、道中で若干掛かっていたのが影響したか。脚部不安で約2年もの長期休養を余儀なくされたものの、元々はクラシック候補と言われていた大器。久々となる和田竜二騎手とのコンビで巻き返しを期待したい。

     その他、JRA全場重賞制覇のかかる戸崎圭太騎手とのコンビで挑むサンマルティン(セ5、美浦・国枝栄厩舎)、1600万連勝の内容を見直したいヴォージュ(牡4、栗東・西村真幸厩舎)、本レース2年連続2着のベルーフ(牡5、栗東・池江泰寿厩舎)、宝塚記念7着のスピリッツミノル(牡5、栗東・本田優厩舎)、昨年の覇者クランモンタナ(牡8、栗東・音無秀孝厩舎)なども上位争いの圏内。発走は15時35分。
    【小倉記念|2017年|予想オッズまとめ】の続きを読む

    クイーンS予想|2017年|調教・追い切りニュースまとめ

    choukyou


    勝馬の栞で今週も無料予想GET
    クイーンS注目馬はここで無料GETw
    http://horse-win.com/
    kachiuma


    ヤフーニュースより引用

    【クイーンS】GI馬アドマイヤリード仕上がり上々
    北海道シリーズは、舞台を札幌に移して熱戦が繰り広げられる。開幕週のメインは、牝馬重賞のクイーンステークス。注目は、ヴィクトリアマイルでGI初制覇を飾ったアドマイヤリードだ。ひと息入ったが、仕上がりは上々。すっかり本格化ムードで、秋への第一歩を北の大地で踏み出す。

     札幌の開幕を告げる戦いに、豪華メンバーがそろった。主役はヴィクトリアマイルでGI初制覇を達成したアドマイヤリード。NHKマイルC勝ちの3歳馬アエロリットもいるが、年長馬の貫禄を見せる構えだ。

     「いい感じだね。ステイゴールド産駒の牝馬で、精神面にすごく気を使っているけど、調整はうまくいっているよ」

     須貝調教師が順調さをアピールする。GIを制した後は放牧を挟み、函館競馬場に入厩。19日には芝コースで1週前追い切りを行い、5ハロン66秒6-12秒2をマークした。騎乗したルメール騎手も「とてもリラックスしていた。超元気」と好感触だ。

     翌20日には札幌競馬場に移動。今週の追い切りは当地で行う。「(輸送前の)体重は430キロ台後半だった。札幌に10日ほど滞在できるのもいいし、レースも430キロ前後でいけそう」とトレーナーは続ける。

     今年は4戦3勝、2着1回。成績もすっかり安定した。2走前のGIIサンスポ杯阪神牝馬Sはミッキークイーンの2着。そして前走でGIウイナーの仲間入りを果たした。「予想以上の競馬だった。よくGI馬になってくれたよ。長距離輸送で体がそれほど減らなかった(4キロ減)のも収穫だったね」と須貝師は回顧する。

     今回は初の洋芝がポイントになるが、これまでも重馬場を苦にしておらず、力の要る馬場はむしろ歓迎だ。ルメール騎手も「(1週前の函館の)軟らかい馬場でとてもスムーズに走っていたし、馬場は合っている。秋が楽しみになるように、いいレースをしたい」と力を込めた。

     底知れない可能性を秘める4歳馬。本格化ムードを漂わせるアドマイヤリードが、さらなる飛躍の秋に向けて突き進む。 (斉藤弘樹)

    ★展望

     注目は何といっても今春のGIを制した2頭だ。ヴィクトリアマイルで古馬牝馬の頂点に立ったアドマイヤリードと、NHKマイルCで同世代の牡馬を一蹴したアエロリットが顔を合わせる。今年重賞2勝を挙げているマキシマムドパリも地力強化が目を引く一頭。他にもクインズミラーグロ、クロコスミア、トーセンビクトリー、パールコードと実力のある馬がそろい、激戦必至の顔触れだ。


    クイーンS調教動画



    いつも競馬でお世話になっています。
    なんでこれだけの情報を無料で見ることができるのか?
    本当に質が高い予想に感謝していますよ
    ベストレコード・・・
    無料でこれほど質の高い予想サイトはない。
    まずは誰でもできる無料登録から
    bestre

    このページのトップヘ