競馬予想@競馬総合情報

競馬予想@競馬総合情報!、競馬予想で的中ラッシュするためにいろいろな視点からを作成しています。競馬予想データ、競馬ニュース、競馬情報など

    宝塚記念予想|2018年|調教・追い切りニュースまとめ

    choukyou


    高配当21では今週も無料予想GET
    馬券師が馬券的中を目指しますw
    無料予想で有馬記念予想を公開
    kouhai21s


    ヤフーニュースより
    【宝塚記念】夕刊フジ・調教チェッカーズ 厳選3頭教えます

    1番手はミッキーロケット。

     もともと坂路駆けするが、今回は強烈。3週連続の併せ馬でピークに達したか、20日は4F50秒7、ラスト1F12秒3で駆け上がり、ダンビュライトに半馬身先着した。全体の2番時計に当たる好タイムでも手応えには余裕があり、モタれる面は皆無。馬体が絞りやすい時季を迎え、素晴らしいデキに仕上がった。

     併せたダンビュライトも上々だ。海外で減った馬体が戻ったことで意欲的。さすがに一杯の手応えだったが相手が動きすぎただけで、4F51秒1ならこちらも文句なし。持ち前のしぶとさを発揮できる状態にある。

     ヴィブロスは実質的な本追い切りだった13日が上々。CWコースでラスト1F11秒3と実に鋭く反応し、格下2頭を豪快に突き放した。20日は雨の強まった時間帯の登坂。もともと調整程度の予定であり、4F58秒7でも何ら問題はない。(夕刊フジ)

    【宝塚記念予想|2018年|調教・追い切りニュースまとめ】の続きを読む

    宝塚記念予想|2018年|馬体診断(スポニチ)まとめ

    batais


    ヤフーニュースより

    【宝塚記念】ヴィブロス90点!実が爆ぜるような青毛の躍動感

     グランプリ舞台に実るのは大味な大根よりピリ辛な山椒(さんしょう)。鈴木康弘元調教師(74)がG1有力候補の馬体を診断する「達眼」。第59回宝塚記念(24日、阪神)では牝馬ヴィブロスを90点で1位指名した。有力牡馬勢に辛口採点した達眼が捉えたのは小粒でもピリッとした山椒をイメージさせる立ち姿。16年秋華賞、17年ドバイターフに続く3度目のG1獲りが見えてきた。

      
     阪神競馬場から西へ10キロ、六甲山系に自生する「青山椒」が旬を迎えました。雌株だけに付く山椒の青い実は舌先がしびれるほど辛い。独特の香りが鼻に抜けます。山椒の果皮に含まれている精油分は漢方の生薬。ウナギのかば焼きにかければ臭みを消すばかりか、胃もたれ、胸焼けも防いでくれます。この山椒、青い実が爆(は)ぜる様子から「はじかみ」とも呼ばれていました。

      
     小さくても、爆ぜるような青毛の躍動感。ヴィブロスの立ち姿は青山椒の強烈なインパクトを与えてくれます。山椒は小粒でもぴりりと…を地で行く体つき。青毛が日差しを浴びて、今が旬の青山椒の実のように輝いています。高温多湿で調整が難しい梅雨の季節でも最高の毛ヅヤ。体調の良さなら文句なしに一番です。

      
     馬体重430キロと小粒でも機能性に富んだ骨格がG1・2勝馬の原動力です。小さな体に不釣り合いなほど発達したキ甲(首と背の間にあるふくらみ)。重量負けしません。背中からトモ(後肢)にかけての絶妙な角度。爆ぜるような走りを可能にします。頑強で立派な飛節はトモのパワーを余すことなく推進力に変えてくれる。天は二物を与えずといいます。筋肉量が少ない半面、骨格には天賦の才があります。

      
     顔つきには少し気負いが見られる。きつい目つき、とがった鼻、強く立てた耳。ハミの受け方もきつい。1週前追い切りでジョッキーが騎乗した直後の撮影と聞きました。闘争心のスイッチがオフからオンに切り替わったのでしょう。心身共に戦闘態勢に入って迎える上半期の総決算。有力牡馬勢が本調子を欠く中、充実ぶりがひときわ目を引く牝馬です。

      
     大きな大根辛くなしといいます。500キロ前後の大味な牡馬勢に挑むヴィブロスは小粒でもピリ辛。6月の阪神競馬場に自生する青山椒です。

    【宝塚記念】ダイヤ“雄大”80点、飛び抜けた馬っぷりの良

     馬っぷりの良さならサトノダイヤモンドが抜けています。伸びのある骨格、素晴らしい筋肉。毛ヅヤも申し分ありません。しっかり腱が浮かんだ四肢にも狂いなし。馬体の張りは大阪杯以上です。3歳時の姿に戻ってきた。向こうを張るような立ち姿を除けば…。

      尾を不自然に上げている。耳を左右に開いている。目つきに反抗心が感じられる。ハミのくわえ方が強すぎる。いずれも3歳時の写真では一切見られなかった所作です。奇麗なフォームが崩れてしまった欧州の重馬場で連敗。その精神的なダメージがまだ抜けきっていないのかもしれません。


    【宝塚記念】クラウン“重厚”80点、欧州産らしくパワー満タン

     サトノクラウンは相変わらず重厚な体つきです。筋肉で分厚い肩とトモ。首も雄大です。欧州産馬らしいパワーに満ちた馬体。良馬場の切れ味勝負では分が悪いが、道悪なら馬力を発揮できる。優勝した昨年の宝塚記念と比べてみると…。筋肉をさらに大きく見せています。

         ただ、顔つきが妙におとなしいのはどうしたことか…。昨年のような目力が感じられず、耳の立て方も穏やか。気性の成長なのか、闘志が不足しているのか。写真から読み取ることはできませんが、昨年とは明らかに異なります。 


    宝塚記念
    はここの無料情報で万馬券GETw
    競馬ファンならここの予想を信頼して大儲けwwww
    競馬劇場
    keibageki

    宝塚記念予想|2018年|予想オッズまとめ

    yosouodds



    無料の予想で
    競馬を勝ちたい・儲けたい
    そんな貴方さまにはUMAチャンネル

    充実の無料予想・・・
    umachs

    チャンピオンズカップでコパノリッキー買えたのはこのサイトのこの
    無料コンテンツのおかげ

     
    トラックマンS(栗東担当者)

    コパノリッキーが好調キープ出来ているようです。フェブラリーSの後リフレッシュされたことで走りがスムーズになりしっかり手前を変えて走れるようになったのがここ3戦の好走の原因のようです。前走も出遅れがなければ勝てていたかという競馬で、ここもうまく立ち回れば勝ち負けに加わってくるという感触です!!


    ヤフーニュースより

    【宝塚記念展望】ファン投票1位サトノダイヤモンドが人気に応えるか


    ファン投票1位に選ばれたのがG1・2勝馬サトノダイヤモンド。大阪杯は勝負どころでゴチャついたとはいえ、いい時の脚勢が見られなかった。1週前追い切りに「ピリッとした感じは出てきた」と池江師だが、「菊花賞や有馬記念の状態にどこまで近づけるか」と完調ではない様子。最終リハに注目だ。

     昨年の菊花賞馬キセキも巻き返しを狙う。日経賞は途中からハナに立つ、今までにない形で9着に沈んだ。中間は折り合いに主眼を置いた調整を行っており、「中距離の方が競馬しやすい」と辻野助手なら、追い切りに騎乗したM・デムーロも「体が大人になっている」と成長を強調する。

     昨年の覇者サトノクラウンはドバイ遠征明け。本番までにどこまで仕上がるかだが、実績のある道悪なら大きく浮上する。ヴィブロスはドバイターフで2着。連覇こそ逃したものの地力を示した。国内外G1制覇の実績が光る。

     ワーザーは15/16年の香港年度代表馬。7歳馬でも衰えはない。鳴尾記念をレコード勝ちしたストロングタイタン、ひと叩きで前進が見込めるパフォーマプロミスといった新興勢力もG1初制覇に向けて虎視たんたんだ。

    【宝塚記念予想|2018年|予想オッズまとめ】の続きを読む

    このページのトップヘ