競馬予想@競馬総合情報

競馬予想@競馬総合情報!、競馬予想で的中ラッシュするためにいろいろな視点からを作成しています。競馬予想データ、競馬ニュース、競馬情報など

    金鯱賞予想|2017年|直前情報



    【金鯱賞】ターゲット最多タイ34戦連続JRAは重賞出走

     ヒットザターゲットは、今回の金鯱賞で34戦連続JRA重賞出走となる。これはナイスネイチャ(91年小倉記念1着~96年アルゼンチン共和国杯15着)に並ぶJRA史上最多タイ記録。12年5月の新潟大賞典を制して以降、およそ4年10カ月もの間、一線級を相手に戦ってきた。担当の清生助手が最大限の敬意を表する。

     「今年で9歳になりますが、カイバもしっかりと食べていますし元気いっぱいです。今回は休み明けですがビシッと乗り込んで力を出せる状態。もう大ベテランですし、自分で体をつくっている感じです」。これまで重賞で馬券に絡んだ6回(4勝)は全て人気以上の激走。とりわけ強烈なインパクトを残したのが13年の京都大賞典だ。ゴールドシップ、トーセンラー、ヴィルシーナらを大外から差し切っている。

     穴党を魅了してやまない末脚について清生助手は「いい脚は一瞬」と言う。「それまで内々でいかに脚をためられるか。うまく展開が向けば」と好走を思い描いた。願わくば内枠、脚をためられる流れ…と注文は付く。しかし、注文通りなら超ド級の相手すら粉砕してきた実績があることを忘れてはならない。

     


    【金鯱賞予想|2017年|直前情報】の続きを読む

    金鯱賞予想|2017年|予想オッズまとめ

    一撃帝王で儲けたい・・・無料予想

     中京競馬場で行われるGII戦の金鯱賞(芝2000m)。美浦から出走する各馬について、最終追い切り後に各調教師に話を聞いた。

    ■ルージュバック(牝5・美浦・大竹正博)について、大竹調教師。
    「時計自体はこれまでとは変わりませんが、この中間はこれまでとは乗り込み量が違いますし、中身の濃い調整をしています。放牧先から絞り込んでいくイメージで調整を進め、こちらに戻ってきてからも同じような感じでやっています。飼い葉食いは旺盛とまではいきませんが、落ちることなくしっかりと食べられています。

     去年、一昨年はこの時期冬毛が伸びていましたが、今回は冬毛も伸びていませんし、だいぶ古馬らしくなってきました。今日(3/8)の最終追い切りは、休み明けとしては反応も良かったですね。今回はワンターンの東京2000mと違うコース形態になることと、輸送がどう出るかが鍵となりそうです」

    ■プロディガルサン(牡4・美浦・国枝栄)について、国枝調教師。
    「やればいくらでも動く馬ですし、先週までは併せ馬でやっているので、今日はウッドチップコースで単走でサラッと追い切りました。問題ない動きで、前走(東京新聞杯・GIII・2着)と状態も変わらないですね。大きく体を減らすことはないでしょうし、前走と同じくらいの馬体重で出られればと思います。輸送して環境が変わると、気持ちが少し入る面があるので、当日落ち着いていてほしいですね。中京コースは広くて競馬がしやすいでしょうし、良いレースをしてほしいですね」

    ■ヌーヴォレコルト(牝6・美浦・斎藤誠)について、斎藤調教師。
    「前走の中山記念(GII・7着)は、反応ができずにレース振りが良くなかったですね。アメリカのブリーダーズCの時も休み明けで反応が悪かったですし、年齢的なものなのか1回使わないと良くなってこない感じがありますね。今日(3/8)の追い切りは前回よりも切れは良くて、フットワークも素軽く、気持ちの面も良かったと思います。ここは予定通りの中1週ですし、やはり1度叩いて変わってくれています。

     金鯱賞は左回りですし、現状ではズブさが感じられますので、中山牝馬Sの1800mよりは2000mの方が競馬がしやすいと思います。また中山牝馬Sはハンデを背負いますし、前がゴチャつきそうなので、54キロの斤量で出られる金鯱賞を選択しました。今回は相手は強いですけど、この子も強いですからね。メンバーが揃っている分、ペースもそれなりに流れてくれるでしょう」

    ■ルミナスウォリアー(牡6・美浦・和田正一郎)について、和田調教師。
    「今日の追い切りは、前に馬を置いて最後は併入しました。前をしっかりと追いかけるという気持ちもありましたし、最後ピッタリと併せて良い追い切りができました。走りも良かったですね。以前よりだいぶ馬がしっかりしてきて、身も入りました。その分、力もつけてきたと思います。中山よりも中京の方が競馬がしやすいでしょうし、あとはどんな競馬をしてくれるかですね」

    (取材・写真:佐々木祥恵)

    【金鯱賞予想|2017年|予想オッズまとめ】の続きを読む

    中山牝馬S|2017年|予想・オッズまとめ


    競馬劇場・・・ここの予想で儲けたい・・・
    いつもお世話になっています


     牝馬によるハンデ戦、中山牝馬S(GIII・芝1800m)に美浦から出走する注目馬について、最終追い切り後の各調教師のコメント。

    マジックタイム(牝6・美浦・中川公成)について、中川調教師。
    「これまでレースを使ってきている馬ですし、今回も変わりなく順調ですね。予定通りに調整も進めていて、今日(3/8)の追い切りの動きも良かったです。今回は距離が前走より1ハロン延びて1800mになりますが、折り合いがつく馬ですし、距離延長は問題ないでしょう。毛ヅヤも良くて、体調も良いですよ」

    ビッシュ(牝4・美浦・鹿戸雄一)について、鹿戸調教師。
    「見た目は大きく変わっていませんが、いつもと同じ雰囲気で順調なのが何よりですね。今日は後ろから追いかけて、外を回して最後はキッチリ併せる形の追い切りでした。時計は予定より速かったですが、休み明けであれくらいやれれば十分だと思います。以前より少し大人になってきましたし、厳しい競馬を経験したことも勉強になったと思います。秋華賞(GI・10着)、JC(GI・16着)と続けて負けていますが、中山は相性が良いですし、良いところを見せてほしいですね」

    フロンテアクイーン(牝4・美浦・国枝栄)について、国枝調教師。
    「前走(初音S・1600万下・1着)後も変わらず来ていますし、好調を維持しています。今日の追い切りは前に行った馬が良い感じでしたから、無理に併せる必要はないという北村(宏)騎手の判断もあって、単走の形になりました。昨年はクラシックでも走っていましたし、前走くらいやれる力はあります。ビッシュとも好勝負をしていたように、ここでも力差はないでしょうし、53キロのハンデも良いですね」

    ウキヨノカゼ(牝7・美浦・菊沢隆徳)について、菊沢調教師。
    「マイルのちょうど良いレースがあればそこを使いましたが、今回は1800mですが牝馬限定戦なのでここを選択しました。55キロのハンデはさほど気にしていません。暖かくなってきて、体の動きが良くなっていますね。1800mなら中団から運ぶかもしれないですし、いつものように後ろから進んで終いを生かす競馬になるかもしれません。そのあたりはジョッキーの判断に任せたいと思います」

    サンソヴール(牝6・美浦・和田正一郎)について、和田調教師。
    「今週はまずまずの動きでした。飼い葉も良く食べていますし、体に身が入ってきました。ある程度前に行って、ひと脚使うという競馬が理想です。札幌で準オープンを勝った時のようなレースができれば良いですね。中山コースも合っていると思います」

    (取材・写真:佐々木祥恵)

    【中山牝馬S|2017年|予想・オッズまとめ】の続きを読む

    このページのトップヘ