競馬予想@競馬総合情報

競馬予想@競馬総合情報!、競馬予想で的中ラッシュするためにいろいろな視点からを作成しています。競馬予想データ、競馬ニュース、競馬情報など

    阪神JF(阪神ジュベナイルフィリーズ)予想|2017年|予想オッズまとめ

    yosouodds

    競馬で勝ちたい・儲けたい
    そんな貴方様に・・・競馬劇場
    無料コンテンツ4つは完全オリジナル
    そんな無料コンテンツが見れる
    競馬劇場が熱い
    keibakaigi


    ヤフーニュースより

    【阪神JF】混戦か? 2年ぶりに3勝以上馬不在の戦い

      今年の阪神ジュベナイルフィリーズは、2年ぶりに3勝以上馬不在の戦いとなる。阪神JFが牝馬限定戦となった1991年以降、3勝以上馬不在の年は10回あったが、そのうち1番人気馬の勝利した年は、1999、2010、2015年の3回。現在、阪神JFでは1番人気馬が連勝中だが、今年はどのような結果となるのだろうか。

    また、3勝以上馬不在の年は、前走GIIIアルテミスSで2着となった馬が2回連続で連対しており、2015年は“前走アルテミスS組”がワンツーを決めた。今年の“前走アルテミスS組”は、勝ち馬ラッキーライラック(栗東・松永幹夫厩舎)や2着サヤカチャン(栗東・田所秀孝厩舎)など4頭が登録しているが、“前走アルテミスS組”は4年連続で連対を決めることができるだろうか。

    【阪神JF(阪神ジュベナイルフィリーズ)予想|2017年|予想オッズまとめ】の続きを読む

    チャンピオンズカップ予想|2017年|直前情報まとめ

    chokuzen

    ヤフーニュースより


    【チャンピオンズC】1枠馬番が圧倒的有利
    JCダートを引き継ぐ形で14年に中京で新設された「チャンピオンズC」は1桁馬番が有利。14年の1~3着は8番枠、4番枠、12番枠。15年が4、1、2番。昨年が8、2、4番。2桁馬番で3着以内は14年3着ローマンレジェンドだけ。昨年優勝サウンドトゥルー(8番枠)は早めに内に潜り、直線だけ外に出して差し切った。東京や京都に比べコーナーがきつく外を回っての差しが厳しいのも原因。

     15年以降の中京ダート1800メートルの枠番別成績=別表(2)=も白帽の1枠が連対率15.6%とトップ。ブレイブには幸運の白帽(2番枠)となるか?
    展開を読む【チャンピオンズC=平均ペース】
     スタート五分ならコパノリッキーが先手の構えだが、テイエムジンソク、ロンドンタウン、アウォーディーと先行脚質がそろった。出方次第では激流の可能性も。前がやり合えばサウンドトゥルー、ノンコノユメなど差し馬にチャンス到来。
    【データで勝負】日曜中京11R・チャンピオンズC
    【データからの注目馬・中京11R】

    ◎(3)ミツバ

    ☆2012年以降、同名レース5戦(前身のジャパンカップダートを含む)では、前走JBCクラシック組が【2・3・2・

    16】。継続騎乗の5、6歳に限れば【2・2・1・4】

     前記条件を満たすのはミツバとアポロケンタッキー。前走5着以下が【0・0・1・25】と不振だけに、アポロケンタッキーは微妙。本命はJBCクラシックで小差の3着に健闘したミツバ。めきめきと力をつけている5歳馬がアッといわせる。

    【前走後の談話】日曜中京11R・チャンピオンズC


     ◇アウォーディー「状態は良かったけど…。大井が合わないのか、原因は分からない。本来は左回りがいい」(武豊騎手)

     ◇アポロケンタッキー「具合は良かったし、敗因が分からない。砂をかぶったせいもあるかもしれないけど負けすぎ」(内田博騎手)

     ◇カフジテイク「(最後は)脚を使っているが、ペースが遅くて届かなかった」(福永祐騎手)

     ◇キングズガード「距離にも対応してくれた。力をつけていることもあり、最後もよく伸びてくれた」(藤岡佑騎手)

     ◇グレンツェント「休み明けで少し息苦しそうだった。1度使ったら良くなると思うし、このメンバーでもやれる」(森泰斗騎手)

     ◇ケイティブレイブ「1、2コーナーで“行けるな”という手応えがあった。どんな流れでも対応できるようになってきた」(福永祐騎手)

     ◇ゴールドドリーム「スタートがどうにもならない」(川田将騎手)

     ◇コパノリッキー「流れが違うから戸惑ったかもしれない。じっと構えた方がよかったかも」(森泰斗騎手)

     ◇サウンドトゥルー「状態がすごく良かった。今日は腹をくくって、あわてずマイペース。最後の直線は気持ちよかった」(大野拓騎手)

     ◇テイエムジンソク「スタートが速いので、何も心配することがなかった。直線でも自分からハミを取ってくれた」(古川吉騎手)

     ◇ノンコノユメ「久々で、最後の1ハロンで止まったが、本番(チャンピオンズC)に向けていいレースはできた」(Cデムーロ騎手)

     ◇ミツバ「気難しい面はあるが、真面目に走ってくれた。最後も差し返そうとしていた」(松山弘騎手)

     ◇メイショウスミトモ「道中は本当に手応えが良く、いい位置で運べた。馬が若いときはもう少し(ハミを)かむようなところがあったけど、だいぶ落ち着いてきた。道中は極力、内めを通って走らせたので、直線で弾(はじ)けてくれた。2000メートルでも何とか我慢をしてくれた」(古川吉騎手)

     ◇モルトベーネ「気持ちの強くないところがあり、スタート後にひるむ面を見せていた。展開は向いたかなと思ったけど…」(秋山真騎手)

     ◇ローズプリンスダム「スタートを失敗した。しまいはいい脚を使ってくれたけど…。中団ぐらいにつけられれば、いい競馬ができたと思う」(木幡巧騎手)

     ◇ロンドンタウン「スタートが良かったので、そのまま行かせた。思ったより楽に勝てた」(岩田康騎手)





    いつも競馬でお世話になっています。
    なんでこれだけの情報を無料で見ることができるのか?
    本当に質が高い予想に感謝していますよ
    ベストレコード・・・
    無料でこれほど質の高い予想サイトはない。
    まずは誰でもできる無料登録から
    bestre



    チャンピオンズカップ予想|2017年|調教・追い切りニュースまとめ

    choukyou


    ランキングでは今週も無料予想GET
    馬券師が馬券的中を目指しますw
    http://keiba-ranking.club

    rannking


    ヤフーニュースより引用

    【チャンピオンズC】ノンコノユメ「単走で伸び伸び走らせた」

    【チャンピオンズカップ(日曜=12月3日、中京ダート1800メートル)注目馬29日最終追い切り:美浦】ノンコノユメは南ウッドで5ハロンから単走追い。最後まで気分良く走り切った(69・1―40・1―13・8秒)。

     加藤征調教師「中2週なので疲れを取り体調の維持に努めた。追い切りは今週の1本。併せると馬を気にして時計が出ないことがあるので、単走で伸び伸び走らせた」

    【チャンピオンズC】グレンツェント 追走併入「促さなくても自分から走ってくれた」

    【チャンピオンズカップ(日曜=12月3日、中京ダート1800メートル)注目馬29日最終追い切り:美浦】グレンツェント(写真手前)はボウマンを背に南ウッド5ハロンから3頭併せ。追走から直線で内へ併せると、しっかりとした脚取りで併入した(67・8―38・6―13・3秒)。

     ボウマン騎手「乗ってみて馬の状態は安定していました。促さなくても自分から走ってくれたし、最後の200メートルの反応も良かったです」

    チャンピオンズC】アウォーディー 武豊を背に併入「得意の左回りで見直したい」

    【チャンピオンズカップ(日曜=12月3日、中京ダート1800メートル)注目馬29日最終追い切り:栗東】昨年はクビ差2着と力を見せたアウォーディー。3月のドバイ遠征から始動の今年は、ここまで3戦で勝ち星を挙げられずにいるが、芝からダートに転じて6連勝を記録したこともある実力馬だ。

     この日は主戦の武豊が自ら手綱を取り、ウッドでフェルメッツァ(古馬オープン)と併せ馬。追走から直線は内に併せて6ハロン83・1―12・3秒のタイムで併入。攻め馬駆けしないタイプで手応えでは見劣ったものの、順調な仕上がりをみせている。

     松永幹調教師「得意の左回りで見直したいですね」

    【チャンピオンズC】カフジテイク ルメールを背に追走先着「使いつつ調子を上げるタイプ」
    【チャンピオンズカップ(日曜=12月3日、中京ダート1800メートル)注目馬29日最終追い切り:栗東】カフジテイクはルメールを背に坂路で僚馬に追走先着。4ハロン52・3―12・7秒をマーク。しっかりと負荷をかけた内容で態勢は整った。

     湯窪助手「ジョッキーに状態を確認してもらった。使いつつ調子を上げるタイプで、昨年(4着)よりも馬がしっかりしている」
    【チャンピオンズC】サウンドトゥルー 坂路でキビキビした動き「持ち味を生かして連覇を狙いたい」
    【チャンピオンズカップ(日曜=12月3日、中京ダート1800メートル)注目馬29日最終追い切り:美浦】昨年覇者サウンドトゥルーは主戦・大野を背に坂路1本目4ハロン73・1秒の後、インターバルを置いて再登坂。全身を使った柔らかみのあるフットワークで外ラチ沿いを進んだ。ゴールまで鞍上は手綱を持ったまま。キビキビとした身のこなしで、かつ本番に余力を残すよう4ハロン54・7秒、ラスト1ハロン13・1秒で駆け上がった。

     むろん、数字自体にすごみはない。それでも余力十分に4ハロン53・7秒で駆け上がった1週前、そして何らブレのないこの日の走りを見れば、JBCクラシックの勝利からさらにギアを上げているのは歴然だ。

     高木調教師「他馬もさらに調子を上げてくるでしょうが、GIを勝った後も反動なく調整できたのが何より。追い切りの感触も良かったし、いい状態をキープしているのかな。今年もハイペースになってくれれば…。そしてスムーズにさばければ。持ち味を生かして連覇を狙いたい」
    【チャンピオンズカップ予想|2017年|調教・追い切りニュースまとめ】の続きを読む

    このページのトップヘ