競馬予想@競馬総合情報

競馬予想@競馬総合情報!、競馬予想で的中ラッシュするためにいろいろな視点からを作成しています。競馬予想データ、競馬ニュース、競馬情報など

    ヴィクトリアマイル予想|2017年|馬体診断(スポニチ)まとめ

    ヤフーニュースより

    【ヴィクトリアM】ミッキークイーン100点!ゆとりあり穏やか

    風薫る5月、まぶしい新緑に包まれた東京競馬場を歩いていると、名馬像に出合います。正門を入ってすぐ右手には「幻のダービー馬」と呼ばれたトキノミノル像。左手のローズガーデンには牝馬のダービー制覇を成し遂げ、8年前のヴィクトリアマイルも制したウオッカ像。いずれも周囲に穏やかな目を向けながら、多摩丘陵に根を下ろすように四肢を堂々と踏みしめています。澄み切った青空には、時折美しい音色で春をおう歌する雲雀(ひばり)。♪地に根を下ろし、風と共に生きよう…鳥と共に春を歌おう…。ゴンドアの谷の歌(天空の城ラピュタ)まで薫風に乗って聞こえてきそうな名馬像の凜(りん)としたたたずまい。しばし足を止め、今週のヒロイン像と重ね合わせてみました。

     ミッキークイーン。その立ち姿は思わず息をのむほどたおやか。四肢に均等の負重をかけながら、ゆとりをもって立っています。穏やかな目つきと耳の立て方。リングバミも余裕をもってくわえている。尾は力みひとつなく、ごく自然に垂らしている。立ち姿は精神状態を投影するもの。よほど気持ちが充実しているのでしょう。馬名にふさわしい女王の姿です。

     過去の立ち姿はどうだったのか。昨年のヴィクトリアマイル、前回のG1有馬記念時の写真と比較してみると…。別の馬を撮影したのかと疑いたくなるような格好です。いずれも後肢を必要以上に前へ踏み込むようにして立っている。そのため体が詰まって映ります。飛節の深い馬によく見られる立ち方ですが、ミッキークイーンの飛節は深くない。気持ちが不安定だったからでしょう。昨秋は顔立ちにも落ち着きがなかった。鋭すぎる目、周囲を警戒するように左右に開いた耳。今回は真っすぐに立てている。耳を見ただけでも、違いは歴然としています。

     体つきは肩の筋肉が少し発達した程度。ほとんど変化はありません。それでも、昨年よりもはるかにバランス良く映るのはゆとりのある立ち方をしているからです。体調の不安がなくなったのか、競馬の怖さが吹っ切れたのか。立ち姿を一変させた心境までは分かりませんが、今の姿は新緑の多摩丘陵に根を下ろすウオッカ像にも見劣りしない。風薫る5月にふさわしいヒロインです。


    ヴィクトリアM】クイーンズリング90点 蹄除けば申し分なし

    クイーンズリングのトモは優勝した昨年のエリザベス女王杯時よりも厚くなりました。筋肉量が明らかに増している。立ち姿も良くなりました。当時は前肢を投げ出すように立っていましたが、今度はその前肢にしっかり負重をかけています。そのため立ち気味の前肢のつなぎも目立たなくなりました。昨秋同様、ハミを着けずにモグシ(ハミよりも制御力が弱い簡易頭絡)で撮影に臨んでいます。従順なのでしょう。

     顔を見れば顎っぱりがいい。食欲が旺盛なのです。写真を撮影した時点(1週前)では腹周りが太く映りますが、繊細な牝馬なので絞りやすい。今週の追い切りと、栗東から東京への長距離輸送で引き締まってくるはず。スマートレイアーのスマートすぎる腹周りに比べれば、はるかに頼もしい。

     腹よりも気になるのは蹄。昨秋は砂に隠れて判別できませんでしたが、今回は右前の内側にエクイロックス(欠損部分を補修する接着装蹄)が見えます。爪が伸びる季節だけにどうしたことか…。ともあれ、蹄を除けば申し分のない馬体。ボリュームアップしたトモが成長を雄弁に伝えています。


    【ヴィクトリアM】フロンテアクイーン80点 だいぶ大人びた
    昨年のオークス時からキ甲(首と背中の間の膨らみ)が発達してきました。子供っぽかった目つきもだいぶ大人びてきました。

     心身共に成長している。両前のバンテージを外してきたことにも好感が持てます。筋肉量も多い。ただ、少し硬く映ります。

    【ヴィクトリアM】レッツゴードンキ80点 張りもうひとつ

    マイラーを思わせる少し枯れ気味の飛節。スプリンターだと感じさせる鋭い顔立ち。競走成績と同様に馬体からも距離適性を見極めづらい。実は体調も見極めづらい馬です。

     相変わらず立派な筋肉をつけているのに、全体の張りがもうひとつ物足りなく映ります

    ヴィクトリアマイルはここの無料情報で万馬券GETw
    競馬ファンならここの予想を信頼して大儲けwwww
    競馬劇場
    keibageki

    NHKマイルC予想|2017年|調教ニュースまとめ


    chokuzen


    ヤフーニュースより

    【NHKマイルC】展開から浮上するのはこの馬だ

    「NHKマイルC・G1」(7日、東京)

    (1)逃げ馬不在で緩めのペース(2)展開が混戦に拍車をかける(3)イン強襲が理想型

     マイルG1としては珍しく逃げ馬が不在。(6)ボンセルヴィーソ(11)オールザゴー(13)トラストがハナ候補だが、いずれにしてもスローに近い平均ペース。この緩い流れが、もともと大きくない力量差をさらに縮めそうだ。

     絶好馬場&混戦メンバーを考えると理想はロスなくさばく形。馬群が密集するだけに機敏にさばける脚回りの良さが重要になる。(1)モンドキャンノは小回りで重賞2着&直線の進路取りにたけたルメールの手綱。壁をつくれる枠なら折り合い面の不安も軽減でき、イン強襲から抜け出すシーンも十分。

     瞬発力勝負を好む(8)タイムトリップ(12)ミスエルテ(15)レッドアンシェルもはまる可能性がある。
    【NHKマイルC】馬場状態から浮上するのはこの馬だ
    「NHKマイルC・G1」(7日、東京)

     週末は好天に恵まれ、レース当日も気温は26度まで上昇する見込み。今年のNHKマイルCはパンパンの良馬場と考えて良さそうだ。土曜はやや速めの時計で推移。4R・3歳未勝利(芝1600メートル)では、1分34秒1の好時計が記録されている。このレースでは4角1、2番手の馬がワンツーフィニッシュ。スタミナも必要な中距離戦では差し馬の台頭も見られたが、基本は前が有利だろう。

     今年は逃げ争いが激しくなる可能性はほとんどなく、平均ペースが濃厚。そうなればやはり先行勢に利がある。立ち回りのうまさと時計勝負への対応力が問われそうだ。以上の観点から、最も信頼度が高いのはボンセルヴィーソ。勝ち切れるタイプではないが、馬券の軸には最適とみる。

     前走のニュージーランドTは稍重で3着に好走。ただ陣営は「道悪はどちらかと言えば下手」とジャッジしている。苦手な状況での3着は、地力の表れだろう。高速馬場でパフォーマンスを上げるのは必然。安定した先行力があり、今の芝状態なら大崩れはない。
    【NHKマイルC】出走馬の長所と短所
     「NHKマイルC・G1」(7日、東京)

    (1)モンドキャンノ

    長所=G2勝ち、朝日杯FS2着と実績上位

    短所=復帰戦で10着と大敗。折り合いが鍵に

    (2)キョウヘイ

    長所=シンザン記念で皐月賞1、2着馬撃破

    短所=脚質的に展開待ち。小柄で輸送も心配

    (3)アウトライアーズ

    長所=末脚に破壊力あり。マイル舞台も歓迎

    短所=前走が負け過ぎの感。体調もひと息か

    (4)カラクレナイ

    長所=手の合う鞍上。脚質的に長い直線も◎

    短所=5戦全てが関西圏。長距離輸送は初で

    (5)プラチナヴォイス

    長所=初勝利がレコード決着。自在性も強み

    短所=もたれる悪癖あり。左回りも初めてで

    (6)ボンセルヴィーソ

    長所=G1の3着を含め、重賞全てで3着以内

    短所=未勝利戦以降V逸。堅実も詰めが甘い

    (7)ジョーストリクトリ

    長所=前哨戦の覇者。鞍上&厩舎も勢い十分

    短所=切れる脚がなく、瞬発力勝負は厳しい

    (8)タイムトリップ

    長所=近2走は上がり最速。決め手は最上位

    短所=折り合い面に課題。適性は7F以下か

    (9)タイセイスターリー

    長所=異父兄は14年勝ち馬。東京も経験済み

    短所=気性が幼く、集中力を欠く場面も多々

    (10)ディバインコード

    長所=全7戦で〈3220〉。安定感が光る

    短所=中1週の臨戦。関西遠征の疲れが心配

    (11)オールザゴー

    長所=異なる距離で3勝できるセンスの良さ

    短所=マーガレットS組は過去10年で大不振

    (12)ミスエルテ

    長所=ファンタジーSの覇者。決め手は強烈

    短所=事前発表で既に馬体減。イレ込み心配

    (13)トラスト

    長所=スピード豊かな先行力と息の長い末脚

    短所=スローの瞬発力勝負では、見劣る面も

    (14)リエノテソーロ

    長所=全日本2歳優駿の覇者。芝もこなせる

    短所=時計面に限界が。切れ味も見劣る印象

    (15)レッドアンシェル

    長所=前走で重賞級の力を証明。末脚は魅力

    短所=気の勝った性格。初の長距離輸送が鍵

    (16)アエロリット

    長所=持ち時計メンバートップ。脚質も自在

    短所=最近は出脚悪く、流れに乗れぬ恐れも

    (17)ナイトバナレット

    長所=馬場不問で放つ破壊力満点の末脚魅力

    短所=ゲートが不安定で、展開の助けが必要

    (18)ガンサリュート

    長所=父も母父も当レースV。血統が後押し

    短所=前走内容に不満。マイルの経験もなく


    いつも競馬でお世話になっています。
    なんでこれだけの情報を無料で見ることができるのか?
    本当に質が高い予想に感謝していますよ
    ベストレコード・・・
    無料でこれほど質の高い予想サイトはない。
    まずは誰でもできる無料登録から
    bestre

    NHKマイルC予想|2017年|調教ニュースまとめ

    choukyou


    ヤフーニュースより

    【NHKマイルC】アウトライアーズ、田辺を背に坂路50秒8の好時計

    ◆NHKマイルC追い切り(3日、美浦トレセン)

     NHKマイルC・G1(7日、東京・芝1600メートル)に出走する関東馬のアウトライアーズ(牡3歳、美浦・小島茂之厩舎)が3日、美浦の坂路で追い切られた。

     主戦の田辺騎手を背に、外スレッジハンマー(5歳1000万)、中マサノグリンベレー(6歳1000万)を追走し、3頭併せの形。最後まででシャープに脚を伸ばして、50秒8―12秒7で外のスレッジハンマーと併入した。

     皐月賞(12着)から中2週での参戦は当初のプラン通り。田辺騎手は「もともと調教で動く馬なので、雰囲気や息遣いを見ながら追った。落ち着いているし、状態面も平行線なのはいいと思う。距離短縮はプラスだと思うし、ここは頑張りたい」と反撃へ力を込めていた。
    【NHKマイルC】ジョーストリクトリ、CWコースで軽快な伸び脚
    NHKマイルC・G1(7日、東京・芝1600メートル)に向けて、前哨戦のニュージーランドTを勝ったジョーストリクトリ(牡3歳、栗東・清水久詞厩舎)が3日、栗東のCWコースで追い切りを行った。

    黒岩悠騎手(レースは武豊騎手)がまたがり、序盤を1ハロン15秒程度のラップでゆったり進めた。単走だったが、直線では他厩舎の馬と併せるような形になって、しまいをサッと伸ばして軽快な伸びを見せて、フィニッシュした。

     清水久調教師は「使い込んできているので、1週前もそれほどビシッとやる必要はなかったです。今日も、いい動き。他厩舎と併せる形になりましたが、しまいの伸びも、時計もいい感じでした。操縦性が良く、性格もいいので期待していた馬。いい状態で臨めるし、いい流れもあるので、楽しみにしています」と、先週の天皇賞・春を勝ったキタサンブラックに続く武豊騎手とのコンビで、2週連続のG1制覇を期待した。
    【NHKマイルC】カラクレナイ、必勝仕上げ!牝馬が混戦断つ

    ◆NHKマイルC追い切り(3日、栗東トレセン)

     第22回NHKマイルC・G1の出走予定馬の追い切りが3日、東西のトレセンで行われた。4頭が出走する牝馬の筆頭格、桜花賞4着のカラクレナイは栗東・CWコースを単走でラスト11秒8と抜群の切れを披露。桜花賞11着から反撃を狙うミスエルテなど、いずれもが史上5頭目の牝馬Vを狙えるムードを漂わせた。

     カラクレナイの最終追い切りは栗東・CWコース。単走で向こう正面から引っ張り切りの手応えで加速を続けると、外ラチ沿いを回って直線へ。残り1ハロンで軽く促される程度だったが、ぐいぐいと加速を続け、6ハロン83秒0―11秒8と脚を伸ばした。

     気迫に満ちた走りを見届けた松下調教師は「いっぱいに追った先週も力強かったですが、輸送を考慮してサッとやった今朝もいい動き。春はここを使って休ませる予定。“お釣りなし”の仕上げです」と満足そうにほほ笑んだ。

     初めてのマイル、道悪と不安要素がそろっていた桜花賞で4着。消耗戦のなか、直線で上位3頭より外を通って0秒2差まで詰め寄った。「後方の位置取りは距離を考えてのものでしたし、悪い馬場をこなせるパワーも見せてくれました」と松下師は収穫を強調する。今回も東京は初めて。長距離輸送が控えているが「普段はおとなしいですし、問題ないと思っています」と自然体で臨む。

     Mデムーロとのコンビ復活も心強い。報知杯フィリーズレビューで重賞ウィナーに導いた鞍上は「横山典さんの馬(アエロリット)や田辺君の馬(アウトライアーズ)が強敵だと思うけど、この馬もどんどん良くなっている。いつもすごい瞬発力を見せてくれるし、中団くらいにつけられれば」とVロードを思い描いた。2走前、のちの桜花賞馬を差し切った末脚が府中でもうなりを上げる。(吉村 達)
    【NHKマイルC予想|2017年|調教ニュースまとめ】の続きを読む

    このページのトップヘ