競馬予想@競馬総合情報

競馬予想@競馬総合情報!、競馬予想で的中ラッシュするためにいろいろな視点からを作成しています。競馬予想データ、競馬ニュース、競馬情報など

    5
    高松宮記念予想|香港馬が怖い|エアロヴェロシティについて|ネット評価まとめ
     
    的中ダイヤモンド
    管理人お勧めコンテンツが豊富!!
    まず無料会員へ

    teki


    香港スプリントの勝ち馬|エアロヴェロシティ
     

     今年の高松宮記念には香港のエアロヴェロシティが参戦。昨年の香港スプリントの覇者で、今年の日本馬のラインナップを考えると実績は上位。それを安定性抜群のストレイトガール、昨年の覇者コパノリチャード、逃げ馬として完成してきたアンバルブライベンなどが迎え撃つ。出走を予定している主な有力馬は以下の通り。

    ■3/29(日) 高松宮記念(4歳上・GI・中京芝1200m)

     エアロヴェロシティ(セ7、香港・P.オサリバン厩舎)は昨年末の香港スプリントの覇者。問題は日本の馬場への適性だろうが、時計の掛かる中京なら問題は無さそう。これまでの香港のスプリンターたちの活躍を考えると、ここは圧勝されても不思議ではない。

     ストレイトガール(牝6、栗東・藤原英昭厩舎)は昨年の3着馬。秋のスプリンターズSでは2着に入線し、香港スプリントでも3着と健闘。着実に力を付けており、実績はここでも上位。道悪も得意ではないがこなせるタイプで、ここも勝ち負けに持ち込んでくるだろう。

     コパノリチャード(牡5、栗東・宮徹厩舎)は昨年のこのレースの覇者。前走の阪急杯は抜群の手応えで直線に向きながらも伸び切れず6着に終わった。昨年の京王杯スプリングCでも7着に敗れているように、58キロの斤量がこたえるタイプなのかもしれない。惨敗から一変できるタイプなだけに、今回は巻き返しが期待されるところ。

     アンバルブライベン(牝6、栗東・福島信晴厩舎)は逃げ馬として完成してきた。テンのスピードが速く、隊列をきっちりと決めきる事ができる。これによりそれほどペースが上がる逃げを打たなくて済むのが大きな武器。コース形状的にそれほどペースが上がらない中京なら逃げ切りも十分に考えられるだろう。

     その他、オーシャンSを制して復調ムードのサクラゴスペル(牡7、美浦・尾関知人厩舎)、初スプリント戦も前走の末脚に完全復活を感じさせたダイワマッジョーレ(牡6、栗東・矢作芳人厩舎)、同じく距離が鍵も折り合いに進境を見せたミッキーアイル(牡4、栗東・音無秀孝厩舎)、控える競馬でも結果が出せるようになったハクサンムーン(牡6、栗東・西園正都厩舎)、能力に差がないレッドオーヴァル(牝5、栗東・安田隆行厩舎)辺りも好走圏内。発走は15時40分。

    高松宮記念【2014年】-動画

    1着 コパノリチャード Mデムーロ

    2着 スノードラゴン 大野拓弥

    3着 ストレイトガール 岩田康誠

     

    エアロヴェロシティ-前々走

     

    ストレイトガールに先着して勝利している、香港スプリント


    父-ピンズは名馬バックパサーの父として知られるトムフール系

    自身の芝1200mは7-2-1-1と文句なし

    騎手はZバートン


    日本では

    9-0-5-2-2-27/45(20%-31%)


    芝コース

    6-0-5-1-0-15/27(22%-40%)

     

    これだけ見ると

     

     ツイッターの声

    【高松宮記念予想|香港馬が怖い|エアロヴェロシティについて|ネット評価まとめ】の続きを読む

    5

    スプリングS予想|調教・追い切り|インターネット評価

     
    的中ダイヤモンド
    管理人お勧めコンテンツが豊富!!
    まず無料会員へ

    teki



    リアルスティール、さらに成長する西の秘密兵器

     今週末22日には中山競馬場で4・19皐月賞の最終トライアル、GIIスプリングS(芝内1800メートル=3着まで優先出走権)が行われる。東のエース・最優秀2歳牡馬ダノンプラチナの現況についてはすでにお届けしたが、今年は花形役者が目白押し。西からは新馬→GIII共同通信杯を連勝した超大物リアルスティールが東上してくる。その強烈なV内容からレース直後“1強”の声も上がったディープインパクト産駒のその後をお届けする。

     関東馬の大攻勢が続く今年のクラシックロードだが、関西馬のエースは底どころか、まだ真の実力を見せていない。

     その超大物の名はスプリングSに出走するリアルスティール。クラシックの登竜門・共同通信杯をキャリア1戦で制した初めての馬。当時強気の挑戦を決断した矢作調教師でさえも「期待と同時に不安もあった」と後述していた高いハードルを、いとも簡単にクリアしてしまった。それも「初戦より芯が入った程度。完成度はまだ六~七分」という状況でだ。

     その言葉に偽りがなかったことは急激な上昇カーブを描いている中間の追い切りの動きが証明している。特に圧巻だったのが栗東ウッドで行われた1週前追い切り。併走パートナーに指名されたのは交流GIのJBCスプリントなど重賞3勝のタイセイレジェンド。だが、リアルスティールはダート短距離界の古豪をまるで寄せつけない走りを見せた。6ハロン81・6秒、軽く仕掛けた程度でラスト1ハロン11・4秒(3馬身先着)。まさにモノが違った。

    「一緒に追い出したら勝負にならないから、先にこちら(タイセイレジェンド)がアクセルを踏む形の追い切り。なのにゴーサインが出たらアッサリと突き放されてしまったからね。とにかく反応の速さがケタ違い。普段は寡黙な福永騎手もこの馬の追い切り後は冗舌になってしまうみたい。よほど手応えを感じているんじゃないかな」と渋田助手。

     どよめきが起きた調教スタンドと同様にタイセイレジェンドの背中から見たリアルスティールの姿もまた格別だったようだ。

    「普段はどっしりとしているが、最近は闘争心を見せる瞬間が出てきた。ディープブリランテ(12年ダービー優勝)の時のようにこれからは精神面のほうをケアしていきたい。今回は皐月賞のための予行演習のようなもの。輸送は問題ないけど、コーナー4つの競馬は初めてだから。まずはこれを経験させたい」(渋田助手)のコメントから“是が非でも”の勝負気配は感じない。

     だが、それでもアッサリと通過してしまいそうな雰囲気が周囲には漂っている。2歳王者ダノンプラチナを抑えての重賞連勝なら本番の1番人気もほぼ確定。今年のクラシックを“東高西低”と評価するのは今回のレースが終わってからでも遅くはない。

     
    スプリングS-2015年追い切り

     

    スプリングS

    ③ ベルーフ

    3/20-栗東坂重

    59.7-44.4-29.6-14.3

    ⑤ ブラックバゴ

    3/18-美浦南坂良

    54.5-39.1-25.2-12.7

    ⑥ リアルスティール

    3/18-栗東坂良

    53.1-38.9-25.3-12.5

    ⑦ ミュゼスルタン

    3/18-美浦南W良

    68.2-53.7-39.3-13.1

    ⑧ ダノンプラチナ

    3/18-美浦南W良

    86.1-70.0-54.2-40.1-12.6

     

     ツイッターの声

    【スプリングS予想|調教・追い切り|インターネット評価】の続きを読む

    5

    阪神大賞典予想|追い切り・調教|ネット評価まとめ



    的中ダイヤモンド
    管理人お勧めコンテンツが豊富!!
    まず無料会員へ

    teki





    【阪神大賞典】ラブリーディ止まらぬ快進撃

     ラブリーデイは中山金杯で皐月賞馬ロゴタイプ、京都記念でダービー馬キズナ、桜花賞馬ハープスターとクラシックホースを撃破してきた。「折り合い面に進境を見せて、想像以上に走れるようになってきた。距離延長を考え、追い切りは単走で上がりだけサッとやったが、いい感じ。良馬場でやりたいね」と兼武助手。ここでゴールドシップも破れば、天皇賞・春の主役に躍り出る。(夕刊フジ)

     
    阪神大賞典-追い切り情報
    サンスポ予想王-動画
    【阪神大賞典予想|追い切り・調教|ネット評価まとめ】の続きを読む

    このページのトップヘ