競馬予想@競馬総合情報

競馬予想@競馬総合情報!、競馬予想で的中ラッシュするためにいろいろな視点からを作成しています。競馬予想データ、競馬ニュース、競馬情報など

    5
    京都金杯予想【2015年】|調教・追い切り|まとめ

     中山金杯と同様に2015年のスタートとなる京都金杯で重賞初勝利がかかるフルーキーが2日、栗東トレセンの坂路で調整を行った。降雪の影響で予定していた追い切りを見送ったため、サンケイスポーツ調教評価は『C』にとどまったが、一番乗りで馬場に登場して活気ある動きを披露。また、僚馬で昨年の覇者エキストラエンドも坂路で軽く脚を伸ばした。

     馬場開きとなった2日の栗東トレセンは、銀世界。他馬が馬房で様子をうかがう中、フルーキーがコース脇に雪が残る坂路に一番乗りし、力強く登坂した。角居調教師は白い息を弾ませる。

     「乗らないわけにはいかない。馬場は悪くても馬はどこも悪くない。年末から作ってきて気持ちはできているけど攻め切れていなかったからね」

     序盤は感触を確かめるような脚取りで、1ハロン過ぎから徐々にペースアップ。最後まで集中力を切らさず、馬なりで4ハロン61秒7-14秒8でフィニッシュした。

     昨年末の調教中に外傷を負ったため、大事を取って追い切りを年明けに延ばした。だが、この日朝は前日からの降雪の影響で一部の馬場が閉鎖されるなどの影響が出た。時計が4ハロン57秒~58秒の予定より遅くなったのは誤算だが、1週前の12月28日には坂路で4ハロン53秒6-12秒4とびっしりと追っている。トレーナーは「外傷は問題ない。あした(3日)の馬場次第だけど、やりたい」と、直前調教で微調整を行う構えだ。

     昇級初戦だった前走のGIIIチャレンジCは、勝ったトーセンスターダムからクビ差の2着同着。重賞級のポテンシャルを示した。高田助手は「雰囲気がすごくいい。さらに上積みが見込めそう。動きに軽さが出てきた」と、年をまたいでの好調ぶりを証言する。

     角居調教師も「前回は勝ちきれなかったけど、展開とかもある。力はつけている」と締めくくった。西の名門から送り込まれるフルーキーが、僚馬で昨年の覇者エキストラエンドに続いて初笑いを届ける。 (川端亮平)

     
    京都金杯-調教参考動画

     

     

    【京都金杯予想【2015年】|調教・追い切り|まとめ】の続きを読む

    5
    中山金杯予想|調教・追い切り|まとめ

     1月4日(日)に中山競馬場で行われる中山金杯(GIII・芝2000m)に出走を予定している美浦所属の4頭について、陣営に取材した。

     1000万、準OPと2連勝中のマイネルミラノ(牡5・美浦・相沢郁)について相沢調教師のコメント。
    「前走は1800mだったので、あれだけ暴走気味のレースでも勝てましたが、2000mでは厳しいでしょうね。今回は逃げ馬が多くいるので、乗り方が難しそうですね。体は絞れていると思っていたのですが、体重を計ったら予想よりも絞れていませんでした。ただ追い切りの動きは良かったですよ。レースでは前走同様、ブリンカー着用予定です。展開次第だと思いますので、あとはジョッキーに任せます」

     担当の荒木健太郎助手は、「普段はミーちゃんと呼んでいます(笑)。脚元も内蔵も丈夫な馬ですね。ただ馬が嫌いなのか怖がりの面があって、他の馬が近くに来たら怒っています。厩舎に来た時から大人しくて、手がかからない馬です」と同馬について教えてくれたが、その言葉通り、写真撮影中も微動だにせずポーズを取っていた姿が印象的だった。

     同厩舎のアイスフォーリス(牝6)について、相沢調教師のコメント。
    「能力的にも状態的にも、一発があってもおかしくないです。こちらはマイネルミラノとは逆の脚質なので、前がやりあってくれて差して来ることのできる展開になってくれればと思います。雨がダメなので、天気が鍵ですね」

     マイネルフロスト(牡4・美浦・高木登)について、高木調教師のコメント。
    「追い切りは、先週よりも反応が良くなっていますね。ここに向けて間に合ってくれましたし、力は出せるでしょう。今後につながる競馬を期待したいですね」

     ケイアイエレガント(牝6・美浦・尾形充弘)について、尾形調教師のコメント。
    「前走のクイーンS(7着)は、速いペースで逃げた馬につられた形になってしまいましたね。挫石の影響もあったのかもしれませんけど、それも良くなりました。順調に来ていますし、追い切りは少し重いかなと思いましたが、このひと追いで変わってきてくれればと思います。京都牝馬S(1/24)につながる競馬をしてほしいですね」(取材・写真:佐々木祥恵)

     
    中山金杯-調教参考動画
     サンスポ予想王

     

     

     ツイッターの声

    【中山金杯予想|調教・追い切り|まとめ】の続きを読む

    5
    中山金杯予想|ツイッター・2ch|的中のためのまとめ

     年明け、1月4日(日)に中山競馬場で行われる中山金杯(GIII・芝2000m)で復活を期す美浦所属の3頭について、陣営に取材した。

     皐月賞馬・ロゴタイプ(牡4・美浦・田中剛)が、ウッドチップコースで田中剛調教師を背にGI馬らしい豪快な動きを披露した。田中調教師のコメント。
    「追い切りは馬場の内々を回りましたから、時計は速かったですね。前走のマイルCS(7着)は、最後の直線でこれからというところで伸びなかったですからね。追い切りでは終い反応して伸びるところを見たかったので、ゴール前は気合いをつけました。調教である程度、馬にインパクトを与えておきたかったですし、この感じなら競馬でも伸びてくれるのではないかと思います。58キロの斤量は仕方ないですね。普段の57キロにプラス1キロですし、大丈夫だと思います。今回は得意のコースと距離でこの馬らしさを見せてほしいですね」

     ナカヤマナイト(牡6・美浦・二ノ宮)は、ウッドチップコースで柴田善臣騎手を背に追い切り、復調気配を感じさせる動きを見せた。柴田騎手のコメント。
    「北海道で使った時は、あまり良くなかったですね。その時に比べてだいぶ良くなりましたよ。以前は背中が硬かったですが、背中が使えるようになりましたし、調子が戻りつつありますね。東京は悪いというイメージはないですが、やはり中山の方が良いみたいですね。体もまだ若いですし、徐々に復調してきているので、このあたりで復活してほしいですね。あとは当日の気配次第だと思います」

     重賞2勝のユールシンギング(牡4・美浦・勢司)は、ポリトラックコースで北村宏騎手を背に気迫のこもった併せ馬を行った。勢司調教師のコメント。
    「前走の金鯱賞(9着)はまだ重かったですし、大型馬ですから休み明けを使った方が良いですからね。1度使って、心肺が良くなってきています。以前はトレセンであまり追い込まずにリラックスさせる調教でも、競馬に行けば変わってくれました。最近は年齢的なものや慣れもあるのでしょうけど、レースで気持ちが入らなくて、エネルギーが出ていない感じがします。それでここのところ、前進気勢をつける形に調教を変えてきています。これからまだ良くなる余地はある馬ですが、現在の状態は良いですし、調教を変えたことが良い結果に結びついてほしいです」(取材・写真:佐々木祥恵)

     
    中山金杯-2014年動画
     
    1着 オーシャンブルー ベリー
    2着 カルドブレッサ 藤岡佑介
    3着 ディサイファ 四位洋文
     
     
     中山金杯-ツイッター
    【中山金杯予想|ツイッター・2ch|的中のためのまとめ】の続きを読む

    このページのトップヘ