競馬予想@競馬総合情報

競馬予想@競馬総合情報!、競馬予想で的中ラッシュするためにいろいろな視点からを作成しています。競馬予想データ、競馬ニュース、競馬情報など

    5

    ラジオNIKKEI賞予想|追い切り・調教|まとめ

     


    ラジオNIKKEI賞はここに注目
    サラブレッドリサーチ-競馬情報
    sarav1






    堀厩舎無敗馬2頭が楽な手応えで

    <ラジオNIKKEI賞:追い切り>

     好調堀厩舎から参戦する2戦2勝の有力馬2頭(牡)が2日、美浦で追われた。レアリスタとキャンベルジュニアの2頭でウッドで併せ馬。強烈なバネを感じさせるフットワークのレアリスタは4ハロン55秒8-13秒4。馬体を並べてゴール板を駆け抜けた。デビューは遅れたが、5月東京の未勝利戦、古馬相手の500万条件を快勝し、中2週での重賞挑戦になる。「2回使って硬さも出たが、思った以上に回復が早かった」と橋本助手。半兄にG1馬リアルインパクトがいる良血馬。福永騎手と3戦連続のコンビ。3連勝で重賞制覇を狙う。

     キャンベルジュニアも好気配。レアリスタに1馬身先行し、直線は外を回り楽な手応えで併入した。母はオーストラリアの短距離G1馬。橋本助手は「デビューは遅くなったけど、初戦よりも前走はレースぶりが良くなっていた」と話した。

     
    ラジオNIKKEI賞-調教動画
    サンスポ予想王

     

     

    主な馬-ラジオNIKKEI賞調教

    アッシュゴールド

    7/1 栗東CW

    55.5-39.9ー12.1

    アンビシャス

    7/1 栗東坂

    53.4ー38.5-24.9ー12.5

    キャンベルジュニア

    7/2 南W重

    55.8ー41.0ー13.7

    グリュイエール

    7/1 栗東CW不

    66.2-51.9ー37.9ー12.4

    レアリスタ

    7/2 南W重

    55.8ー41.0-13.4

    ロジチャリス

    7/1 南W重

    52.1-37.8ー12.3

     

     ラジオNIKKEI賞-ツイッターより

    【ラジオNIKKEI賞予想|追い切り・調教|まとめ】の続きを読む

    5
    ラジオNIKKEI賞予想|予想オッズ1番人気アンビシャスまとめ
     
    【ラジオNIKKEI賞予想|予想オッズ1番人気アンビシャスまとめ】の続きを読む

    5

    CBC賞予想|予想オッズ1番人気ウリウリ|ネット評価まとめ


    ここの予想が激アツ
    ギャロップジャパン無料会員より
    無料会員になることをオススメします
    cbc1


    CBC賞レース展望

     今週から、関西圏の競馬は舞台を中京へ移して行われる。開幕週のメーンは、CBC賞(7月5日、中京、GIII、芝1200メートル)。計6戦の合計ポイントで王者を決めるサマースプリントシリーズの第2戦で、ハンデ戦ということもあって波乱の要素も十分だ。

     ダンスディレクター(栗東・笹田和秀厩舎、牡5歳)は、京王杯スプリングCで12着と敗れたが、直線でゴチャついてまともに追えなかった。それでいて勝ったサクラゴスペルから0秒3差。ハンデ55キロも前走から1キロ減という点でプラスになる。ツボにハマッたときの決め手は強烈なものがあるだけに、スムーズに走れば重賞初制覇の可能性は十分。折り合いがつけやすい6ハロン戦は【1・2・0・0】と安定しており、今後に向けて賞金を加算したいところだ。

     ウリウリ(藤原英昭厩舎、牝5歳)はレコード勝ちした前走(安土城S)の内容からも、速い流れは歓迎。1200メートル戦は初めてになるが、1400メートルで2、4、3、1着の安定感があり、直線の長い中京なら心配はないだろう。実質的にトップハンデといえる55.5キロを克服できるかが鍵となる。

     ベステゲシェンク(美浦・古賀慎明厩舎、牡5歳)は夕刊フジ賞オーシャンS3着以来、約4カ月ぶりの実戦。仕上がりが焦点となるが、この厩舎らしく乗り込みは入念で、力を出せる態勢にある。中京は2戦2勝と相性のいいコースで、決め手も上位。ハンデはシルクロードS(4着)より1キロ増の55キロだが、許容範囲だろう。6年ぶりの関東馬Vを狙う。

     昨年の勝ち馬トーホウアマポーラ(栗東・高橋亮厩舎、牝6歳)は当時より2キロ増のハンデ55キロ。斤量の克服がポイントになるが、時計勝負には強いタイプだけに、開幕週を良馬場で迎えることができれば連覇も十分に考えられる。

     サドンストーム(栗東・西浦勝一厩舎、牡6歳)はGI高松宮記念で4着と好走した。ハンデ56キロのシルクロードSで2着に好走した実績もあり、牡馬では最も重い57キロもやむを得ないところだろう。今回は約3カ月ぶりのレースだが、態勢は整いつつある。サマースプリントシリーズ開幕戦の函館スプリントSでは、全弟のティーハーフが大楽勝で重賞初制覇を果たした。兄も同じ国分優作騎手とのコンビで続きたいところだ。函館スプリントSに続いて帝王賞(ホッコータルマエ)も制するなど、勢いに乗る西浦厩舎という点も見逃せない。

     3歳限定ながらオープンの葵Sを快勝して挑むジャストドゥイング(栗東・中竹和也厩舎、牡)=53キロ、ミルコ・デムーロ騎手を配してきた昨年のスプリンターズS3着馬レッドオーヴァル(栗東・安田隆行厩舎、牝5歳)=54キロ、折り合えれば切れる脚を使うマコトナワラタナ(栗東・鮫島一歩厩舎、牝6歳)=53キロ、夏場に実績のある昨年の3着馬ニンジャ(栗東・宮徹厩舎、牡6歳)=54キロ=なども争覇圏内だ。

     29日現在では除外対象(繰り上がり順4位)だが、前走の安土城S(2着)で復調の兆しを見せたホウライアキコ(栗東・南井克巳厩舎、牝4歳)も出走できれば注目される。ハンデは53キロ。持ち前のスピードを生かして久々の勝利を狙う。

     
     
    ウリウリ初の1200mで適正を探る




    【CBC賞予想|予想オッズ1番人気ウリウリ|ネット評価まとめ】の続きを読む

    このページのトップヘ