競馬予想@競馬総合情報

競馬予想@競馬総合情報!、競馬予想で的中ラッシュするためにいろいろな視点からを作成しています。競馬予想データ、競馬ニュース、競馬情報など

    ローズS予想|2017年|調教・追い切りニュースまとめ

    choukyou


    ランキングでは今週も無料予想GET
    馬券師が馬券的中を目指しますw
    http://keiba-ranking.club

    rannking


    ヤフーニュースより引用

    【ローズS】行きっぷり◎モズカッチャン好仕上げ 
     ターフライター・平松さとし氏がレースのキーマンに迫る「The Keyman」は、ローズSに出走するモズカッチャンを管理する鮫島師を直撃した。

     ――まずはローズSのモズカッチャン。前走(オークス2着)後、夏は放牧。1週前はM・デムーロで追い切り。少し右へモタれました。

     鮫島師 ジョッキーも初めて乗って反応し過ぎてしまった感じ。普段からそうなる馬ではないので心配はしていません。

     ――最終追いは坂路で半マイル53秒4~1F12秒7。

     行きっぷりが良くて予定していた以上に速い時計になってしまったけど、それだけ良い仕上がりということです。体重は10キロくらい増えています。太め感なく成長分でしょう。

     ――ハローユニコーンもローズS。阪神は忘れな草賞を勝った舞台。

     前走(オークス14着)の東京2400メートルよりは条件的に好転していると思います。膝の炎症が認められたので1カ月休ませましたが、出走態勢は整っています。

     ――セントライト記念にはプラチナヴォイス。春先は右にささっていましたが?

     右だけブリンカーをするし、調教で内田騎手に乗ってもらったら真っすぐ走っていたので今回は大丈夫でしょう。3頭とも楽しみです!
    ファンディーナ余裕残しで12秒4/ローズS
    <ローズS:追い切り>

     ファンディーナ(高野)は13日水曜に余裕残しで坂路ラスト1ハロン12秒4。上々の仕上がりを披露した。

     高野師は「追い切り後もテンションが上がらず、落ち着いているのが何よりですね。力を出せるかどうかは別として、調子はいいですよ」と話した。皐月賞7着以来の休み明けだが、牝馬には負けなしの能力を示すか。
    【ローズS】リスグラシュー、馬なり12秒3!

     オークス5着のリスグラシューは、坂路の併せ馬で確かなフットワークを披露。馬なりで4ハロン54秒0-12秒3をマークし、リーゼントシャルフ(3歳未勝利)と併入した。

     岡助手は「休み明けとしては順調にきました。馬体の成長は感じないのですが、精神面の成長を感じます。以前は坂路に入るのを嫌がることもあったのですが、今は普通に乗れるようになりましたからね」と笑顔を見せた。阪神JF、桜花賞とGIで2着が2回。秋こそ惜敗に終止符を打つか。
    【ローズS予想|2017年|調教・追い切りニュースまとめ】の続きを読む

    ローズ予想|2017年|ファンディーナまとめ




    chuumokuuma



    「広告」ランキング…これだけしっかりした馬券師がいるだけに
    無料予想も激アツw無料予想で毎週70万円?GETらしい

    rannking



    ファンディーナ、ヤフーニュースより

    【ローズS】ファンディーナ、カイバ食いが全然違う
    秋華賞トライアル、ローズSの追い切りが13日、栗東トレセンで行われた。
    無敗の3連勝でフラワーCを制し、皐月賞(7着)でも1番人気に支持されたファンディーナが、坂路の2頭併せで併入ながら軽やかに駆け上がり、好仕上がりをアピール。
    CWコースで楽々と先着した桜花賞馬レーヌミノルが、調教評価で最上級の『S』となった。  

    高い素質を示してきたファンディーナが最後の1冠へ向け、再始動だ。皐月賞7着の悪夢を、まずは前哨戦で払拭する。その準備は整った。  

    「やり過ぎないようにという指示。きっちりと体を併せて、手応えはいいように見えました。イメージ通りの追い切りができたと思います」  見届けた高野調教師が目を細めた。朝一番の坂路を4ハロン73秒6で軽く上がった後の2本目。まぶしい朝日を浴びながら、外のタイセイレガシー(3歳未勝利)と歩調を合わせ、最後は併入でフィニッシュ。

    時計は4ハロン55秒0-12秒4と速くはないが、予定通り。力強いフットワークが好仕上がりを印象づけた。  

    「ここまで一杯に追い切ったことはありませんが、本数はこなしてきました。まだ100%ではないけれど、体調は春よりも本当にいいです」  

    トレーナーは納得の表情だ。

    先に秋華賞が控えるが、能力を発揮できる態勢は整ったとみていいだろう。  
    今春のパフォーマンスは強烈だった。3連勝でGIIIフラワーCを制して、牡馬相手の皐月賞で1番人気に支持されたほど。7着とはいえ、早めに先頭に立ち見せ場はつくった。デビュー時に516キロだった馬体重は皐月賞では504キロに減っており、指揮官は「使っていた疲れなどもあったと思います。

    振り返れば、よくやっています」と悲観していない。  
    夏の休養で、馬体重は520キロ台後半まで回復した。
    トレーナーは「今は馬体の維持に全く苦労していない。
    カイバの食いが全然違うんですよ。

    多少緩いが、シルエットは問題ない。走れる体つきです」と胸を張った。  
    皐月賞で初黒星を喫したが、まだ牝馬に負けたことはない。

    春は別路線に向かったファンディーナが、秋は牝馬同士の戦いで頂点へ。
    そのスタートを切る。
    【ローズS】ファンディーナ不安一“走”高野師も絶賛12秒4
     3枚の秋華賞切符を懸けた「第35回ローズS」(17日、阪神)の追い切りが13日、栗東トレセンで行われた。秋こそG1獲りへ…と期待を背負うファンディーナは坂路で余裕の仕上げ。乗り込み量に不安はあっても、それをはね返すだけの逸材に注目だ。

    また月曜(18日)中山の菊花賞TR「第71回セントライト記念」(3着までに優先出走権)では、ミッキースワローが好気配。実戦想定の最終追いを終え、いざ台風の目に。  派手なパフォーマンスを封印してサラッと済ませた。ファンディーナはいつも通り坂路2本乗り。1本目を4F73秒6で駆け上がって13分後に再度スタート地点へ。

    タイセイレガシー(3歳未勝利)との併せ馬は最初の1Fを15秒0で入り、そこから徐々にペースを上げていく。その気になれば4F51秒を切る脚力がありながらもオーバーワークを避けて4F55秒0にとどめ、ラスト12秒4としまい重点で同入。
    高野師が納得の表情で切りだす。  

    「併せ馬で全体時計を遅くして、しまいも追わないように。イメージ通りにやれました。先週の追い切り後も順調に来ているし、今朝もいい動きでしたよ」  

    前走・皐月賞で7着に敗れ、その後はオークスを見送って放牧へ。
    一戦ごとに減っていた体はすぐに回復した。「新馬戦の体重(516キロ)をキープするのが理想。先週で520キロ台の後半だし、体重は問題ないですよ」と明るい表情。

    ただし、夏場の暑さが影響して立ち上げが遅れたこともあり、ビッシリ乗り込めてはいない。高野師は現状を包み隠さず伝える。  

    「常識的にはビシバシやるところだけど今はまだそういう状況ではありません。
    カイ食いはいいし、コンディションは100%だけど乗り込み量が不足しているんです。正直ここを使って良くなれば…という位置付けですね」  

    春に新馬、つばき賞、フラワーCとデビュー3連勝を飾り、来月15日の秋華賞出走に必要な賞金は加算済み。3枚のG1切符を懸けたトライアルとはいえ、その権利獲りとは無縁の立場にいる。良化の余地を残しながらで、割引が必要だとしても能力は一級品。

    「物見しないし、初コースであたふたするタイプではありません。
    跳びが大きくて奇麗なので道悪は分からないけど、パワーは相当ありますよ」と未経験の阪神と週末の雨予報は気にしていない。

    本番にどうつなげるか。
    そこが問われる秋初戦になる。


    フラワーカップ-2017年




    1着 ファンディーナ


    でもさ・・・これ今思うと相手しょぼすぎたw
    2着 シーズララバイ
    3着 ドロウアカード

    ・・・・

    今回はフラワーカップみたいにはならない。






    競馬ファンならここの無料予想は無視できない。
    ギャロップジャパンの無料予想が熱いz

    gjs

    セントライト記念予想|2017年|予想オッズまとめ

    yosouodds

    競馬で勝ちたい・儲けたい
    そんな貴方様に・・・競馬劇場
    無料コンテンツ4つは完全オリジナル
    そんな無料コンテンツが見れる
    競馬劇場が熱い
    keibakaigi


    ヤフーニュースより

    【【セントライト記念】ミッキースワロー、実戦想定
      セントライト記念の追い切りが13日、東西トレセンで行われた。美浦では京都新聞杯5着のミッキースワローがWコースで実戦を想定した追い切りを消化。センスの良い走りを見せ、好仕上がりをアピールした。栗東では、皐月賞4着のクリンチャーが力強い動き。菊花賞の権利取りに意欲的だった。アルアインなどは14日に追い切る予定。  

    夏が戻ってきたかのような強い日差しのもと、ミッキースワローが実戦さながらの追い切りを敢行した。  Wコースに飛び出して先行したが、追走したトーセンミッション(1000万下)と向こう正面で入れ替わった。調教スタンドの一角がざわついたが、当のミッキーは落ち着いたもの。リズムを崩すことなく僚馬を目標に進め、直線で一杯に追われると内からグイッと伸び、1馬身の先着だ。  

    「競馬だから、入れ代わり立ち代わりがあるから。その練習みたいな感じで、半マイルから相手にいかせた。思った以上にフワフワすることがある馬だけど、上手に対応できていたし優秀だよ。夏を越して、体に少し芯も入ってきた」  普段と違う調教にも、うまく立ち回った愛馬に、手綱を取った菊沢調教師が満足げにうなずく。

    タイムは6ハロン84秒3、3ハロン39秒7-12秒7。コースの外寄りを回して負荷をかけても「馬は(追い切り後も)ケロッとして、何となく走ってきた感じ。時計的にもいいんじゃないかな」。心肺機能の高さも見せつけた。  

    重賞を勝てる力があることは、近2走で感じられた。2走前の京都新聞杯は、早めに動いていく形になりながらも勝ち馬と0秒1差の5着。前走のいわき特別(1000万下)3着には「超スローになったし、道中も(外から)ふさがれて気の毒な競馬になった」とトレーナー。福島では絶望的な4コーナーほぼ最後方からタイム差なしまで追い上げたのは評価できる。  レースは台風18号の進路次第で道悪も考えられるが「雨は大丈夫」と菊沢師はキッパリ。

    「相手は違うけど、中山の2200メートルは未勝利で強い競馬をしたから」と舞台適性にも太鼓判を押す。  鞍上には名手・横山典騎手を迎えた。皐月賞馬をはじめとする春の実績馬や無敗馬を蹴散らして、菊花賞の主役に躍り出る。
    【セントライト記念予想|2017年|予想オッズまとめ】の続きを読む

    このページのトップヘ