競馬予想@競馬総合情報

競馬予想@競馬総合情報!、競馬予想で的中ラッシュするためにいろいろな視点からを作成しています。競馬予想データ、競馬ニュース、競馬情報など

    東海S予想|2018年|直前情報まとめ

    chokuzen

    ヤフーニュースより


    【前走後の談話】日曜中京11R・東海S

     ◇オールマンリバー「道中は促しながらだったが、ペースが流れていたし、しまいの脚はしっかりしている馬なので、それを生かそうと思っていた。いい脚を使ってくれたし、乗りやすい馬」(戸崎圭騎手)

     ◇クインズサターン「1800メートルにも対応してくれたし、最後もいい脚を使ってくれた。ゲートだけ少しうるさいけど、おとなしくて乗りやすい馬。今日は最内枠だったが、もう少し外めの枠なら違ったはず。オープンでも十分にやれる」(津村明騎手)

     ◇ゴールデンバローズ「成長は感じたけど、そのぶんか、以前より距離は長い方がいいのかもしれない。マイルは忙しかった」(ムーア騎手)

     ◇サングラス「中団で勝ち馬を目標に、じょうずな競馬ができた。こういう形に慣れてくれば、あとは展開だけだろう」(古川吉騎手)

     ◇シャイニービーム「勝負どころで苦しくなるタイプだけど、さばいてからはよく伸びた。ついていったぶん、ラストで甘くなったが、こういう競馬で結果を残せたし、脚質に幅が出ていると思う」(高倉稜騎手)

     ◇タガノエスプレッソ「4コーナーでの手応えは良かったが、最後は同じ脚いろになった。今日は休み明けのレースだったぶんもあるかな」(浜中俊騎手)

     ◇ディアデルレイ「内枠からスムーズに運ぼうとイメージしていたので、ハナを主張することも選択肢にはあった。前回乗ったときに“強いな”と思っていたし、今日も期待通りの走りをしてくれた。重賞級のメンバーでこれだけの勝ちっぷりなら、オープンでもかなりやれそう」(勝浦正騎手)

     ◇テイエムジンソク「もうひと押しだった。GI初挑戦で勝ちにいき、最後に負けたという感じ。仕方がない。これからも頑張ってくれると思う」(古川吉騎手)

     ◇モルトベーネ「これを機に、たくましくなってくれれば」(秋山真騎手)

     ◇ローズプリンスダム「大外枠でもいいところにつけられた。これから力をつけていってくれれば」(戸崎圭騎手)
    【データで勝負】日曜中京11R・東海S
    【データからの注目馬・中京11R】

    ◎(8)テイエムジンソク

    ☆ここ5回の東海Sを参考。連対馬9頭が近2走でみやこS、または東京大賞典に出走

     上記のデータに合致するのは5頭いるが、テイエムジンソク以外の4頭は前走で2桁着順。主役の座は揺るぎない。
    【東海S】傾向と対策
    1月開催となった13年以降の結果から傾向を探る。

     ☆人気 優勝馬は【3・0・2・0】の1番人気と【2・0・0・3】の4番人気からしか出ていない。だが、16年以外は8番人気以下が3着以内に入っており、伏兵をヒモで仕留めたい。

     ☆近走 全勝ち馬が近3走以内のダート重賞で4着以内に入っている。

     ☆前走 全勝ち馬が前走で5着以内を確保。前走6着以下だった馬の勝利はなく、連対率もガクッと落ちる。

     ☆年齢 4歳が1勝、5歳が3勝、7歳が1勝。中心は5歳だが、2着も2回ある7歳馬には注意。

     結論 ◎テイエムジンソク ○ディアデルレイ ▲クインズサターン

    展開を読む【東海S=平均ペース】

    サルサディオーネがハナ。テイエムジンソクは好位でじっくり構える。モルトベーネ、ディアデルレイが近い位置でジンソクをけん制。オールマンリバー、クインズサターンの末脚タイプは早めに好位勢を射程圏に入れたい。


    東海Sの予想はプロの予想で
    しかも無料で予想を公開中wwwww
    競馬ジャパンの無料コンテンツが激アツw。
    フリーメールで登録可能なだけにチェックしないのは間違い。
    keibaj




    競馬ジャパンへ行く



    東海S予想|2018年|調教・追い切りニュースまとめ

    choukyou


    高配当21では今週も無料予想GET
    馬券師が馬券的中を目指しますw
    無料予想で有馬記念予想を公開
    kouhai21s


    ヤフーニュースより引用

    五十嵐師2頭出し気配上々で1強ムード崩す/東海S

    波乱の「嵐」が吹き荒れる!? 日曜中京メイン東海S(G2、ダート1800メートル、21日、1着馬にフェブラリーS優先出走権)へ向けて、五十嵐厩舎のオールマンリバーとタガノエスプレッソ(ともに牡6)が18日、栗東トレセンで最終追い切りを行った。両馬ともに上がりの時計が良く、気配上々で調教評価A。テイエムジンソク(牡6、木原)の1強ムードを崩せるか。

          ◇       ◇

     G1チャンピオンズC2着のテイエムジンソクが人気を集めそうなダート重賞に2頭出しで波乱を狙うのが五十嵐勢だ。まずはオールマンリバーが、快調に坂路を駆け上がった。藤岡康騎手を背に4ハロン53秒4-12秒0。全身を使って、ラストは抜群の伸び。好調をアピールした。

     「動きは良かった。すごくコントロールしやすいし、やれば動く。ためればはじけると思います」。3週続けて調教にまたがった鞍上は、手応えを隠さない。見守った五十嵐師も「良かったね。雰囲気がいい。乗り役の思い通りに動けるから」と操縦性を信頼する。前走で1600万クラスを“卒業”したばかりだが、ダート左回りで【4 1 4 0】と4着以下がないのも強みだ。

     僚馬タガノエスプレッソも動きでは負けてはいない。Cウッドで6ハロン81秒3-12秒0をマーク。しまいのスピードは迫力十分で、師は「しっかり動いてくれたね。時計も動きも良かった」と目を細めた。5カ月ぶりの前走は6着も、今回は1度使った上積みを見込める。「前回伸びなかったのは休み明けの分。たたいた今回は違うと思う」と、変わり身に期待をかける。

     人気のテイエムジンソク、オープン特別を連勝中のディアデルレイはともに先行馬で、緩みのない流れになりそう。差し脚が武器の五十嵐勢2頭も、付け入る隙はある。新年の中京で、文字通りの「嵐」を吹かせたい。


    【東海S予想|2018年|調教・追い切りニュースまとめ】の続きを読む

    アメリカJCC予想|2018年|調教・追い切りニュースまとめ

    choukyou


    高配当21では今週も無料予想GET
    馬券師が馬券的中を目指しますw
    無料予想で有馬記念予想を公開
    kouhai21s


    ヤフーニュースより引用

    【アメリカJCC】ミッキースワロー、馬なりで躍動12秒6!菊花賞時より状態は上

    ◆アメリカJCC追い切り(17日・美浦トレセン)

     第59回アメリカJCC・G2(21日、中山)の追い切りが17日、東西トレセンで行われた。昨年のセントライト記念覇者ミッキースワローは、美浦・Wコースで躍動感あふれる動き。得意の舞台で年長馬相手に重賞2勝目を狙う。

     リズム重視の最終調整だった。ミッキースワローは美浦・ウッドチップコースに入ると、ゆったりとスタート。徐々にスピードに乗って迎えた直線では、騎乗した菊沢調教師は一切アクションを起こさず、最後まで馬の気に任せて走らせた。「先週併せたし、もう単走で十分。躍動感があったし、いい動きだったと思う。馬場の入りも落ち着いていて、精神状態はいいと思いますよ」。5ハロン67秒4で、ラスト1ハロンは馬なりで12秒6。上々のタイムをマークしたが、それ以上にテンションが上がることなく調整できたことが、菊沢師の自信を深めていた。

     3か月ぶりの一戦だが、菊花賞6着時と比べると、明らかに今回の方が状態は上。「(前走は)セントライト記念の反動がちょっとあったけど、今回の方がリフレッシュしている。分かりやすい馬で、苦しい時は馬場入りをごねたりしやすいので」と菊沢調教師。極悪の不良馬馬だった菊花賞のダメージはなく、むしろ「トモ(後肢)のバランスがだいぶとれてきた」と肉体面は進化している。

     重賞勝ちを含む2戦2勝の舞台での今年初戦。「(相性が)いいと思ったので、このレースからと考えた。古馬とは初対戦になるし、胸を借りるつもりで」と菊沢師は控えめに話したが、昨秋から一気に存在感が増してきた4歳世代。飛躍に向けて最高のスタートを狙っている。(西山 智昭)


    【アメリカJCC予想|2018年|調教・追い切りニュースまとめ】の続きを読む

    このページのトップヘ