競馬予想@競馬総合情報

競馬予想@競馬総合情報!、競馬予想で的中ラッシュするためにいろいろな視点からを作成しています。競馬予想データ、競馬ニュース、競馬情報など

    東スポ杯2歳S予想|2017年|直前情報まとめ

    chokuzen

    ヤフーニュースより


    【東スポ杯2歳S】傾向と対策
    過去10年の結果から傾向を探る。

     ☆人気 1番人気は【4・2・1・3】と堅実。2番人気は【2・1・0・7】。4番人気も【2・2・1・5】と好走している。

     ☆前走距離 今回と同じ1800メートル組が【6・1・5・55】と活躍。1600メートル組が【4・4・4・36】。2000メートルとマイル未満の距離からの1着はない。

     ☆レース間隔 中2週が【4・1・0・27】、中3週が【3・2・4・22】と詰まっている馬の好走が多い。

     結論 ◎ワグネリアン ○コスモイグナーツ ▲ルーカス
    展開を読む【東スポ杯2歳S=スローペース】
    前走逃げ切ったコスモイグナーツがハナ候補。カフジバンガード、シャルルマーニュが続く。ルーカスは中団、ワグネリアンは後方追走。少頭数で淡々と流れて直線へ。非凡な爆発力を秘めるワグネリアンとルーカスの叩き合いに注目。 

    【前走後の談話】土曜東京11R・東スポ杯2歳S
      ◇カフジバンガード「返し馬でノメっていなかったので、道悪は大丈夫だと思っていました。外めのいいところを通れて理想的な競馬ができました」(吉田豊騎手)

     ◇ケワロス「乗りやすい馬ですね。先生からいいスタートを切って、前で運んでくれと言われていましたが、その通りにうまくいきました。最後もよくかわしてくれました」(菱田裕騎手)

     ◇ゴールドギア「テンションが上がって気持ちが安定していないけど、素質はいいものがあります」(北村宏騎手)

     ◇コスモイグナーツ「そう切れるタイプではないので、ハナに立とうと思っていました。道悪になりましたが、最内なら我慢できそうだったので、ラチ沿いを走らせました。この作戦がうまくいけばと思いましたが、メンバーが強かったですからね。それに直線で外へモタれだしたのでヒヤッとしましたが、よくしのいでくれました。偉い馬です」(柴田大騎手)

     ◇シャルルマーニュ「惜しかったね。一旦はかわしているのに、もう一度前に出られてしまった。勝ち馬がしぶとかったよ」(武豊騎手)

     ◇ルーカス「最初の競馬とは思えないくらい落ち着いていて、返し馬の感触も良かった。直線が短いし、ヨーイドンになるのも良くないと思って早めに上がる形。無理することなく反応が良かったし、直線で仕掛けてからの反応も良かった。とても能力がある」(モレイラ騎手)

     ◇ワグネリアン「緩い馬場がどうかと思っていましたが、気にするところはなく、すいすいと走ってくれました。イメージ通りの競馬でしたし、相手も2着馬だと思っていました。初戦もそうでしたが、エンジンがかかるのが遅く、すぐに反応しないところはありましたが、追ってからしっかり脚を使ってくれました。走りっぷりが良くなっていますし、この先も楽しみです」(福永祐騎手)




    いつも競馬でお世話になっています。
    なんでこれだけの情報を無料で見ることができるのか?
    本当に質が高い予想に感謝していますよ
    ベストレコード・・・
    無料でこれほど質の高い予想サイトはない。
    まずは誰でもできる無料登録から
    bestre

    マイルCS予想|2017年|調教・追い切りニュースまとめ

    choukyou


    ランキングでは今週も無料予想GET
    馬券師が馬券的中を目指しますw
    http://keiba-ranking.club

    rannking


    ヤフーニュースより引用

    クルーガー好時計に気合、幸運を生かす/マイルCS

     <マイルCS:追い切り>
    クルーガーは、坂路でしまい重点で追い切られた。

     4ハロン53秒0-11秒9をマークしS評価。高野師は「しっかりと追って、動きは良かった」と、言った。前走3着でG1出走が危ぶまれたが、他馬の回避で参戦。「もっと早くG1に出さないといけない馬だったし、幸いにも出られるから感謝したい。出るからには力を証明したい」と気合十分だった

    【マイルCS】レーヌ反応機敏!時計上々12秒4

     桜花賞馬レーヌミノルはCWコースで6ハロン81秒4、3ハロン36秒9-12秒4をマーク。少し鈍さがあった1週前から一転、機敏な反応を披露した。

     初コンビとなる和田騎手も「2週続けて追い切りに乗りましたが、調教の感じは先週よりも良かったですね。最終追い切りは反応が良かったです」と満足そう。近走は不振だが「キャリア豊富な古馬が相手だから気後れしなければいいけど乗りやすい馬」。鞍上は桜花賞と同じマイルで反撃を誓う。

    【マイルCS】アラジン最高キープ!天皇賞のダメージなし

     マイルチャンピオンシップの追い切りが15日、東西トレセンで行われた。栗東では、春の安田記念を制したサトノアラジンがCWコースの3頭併せで、切れ味鋭く最先着。美浦ではスプリンターズSを連覇したレッドファルクスが新コンビのC・デムーロ騎手を背に抜群の動き。2頭ともサンケイスポーツ調教評価で最高ランクの『S』となった。

     マイル王の座は譲らない。今春の安田記念を制したサトノアラジンが、史上7頭目の同一年春秋マイルGI制覇に向けて確かな伸びを披露。手綱を取った川田騎手は納得の表情で切り出した。

     「順調にここまでこられています。天皇賞(秋)のときは素晴らしい状態で、あの(不良)馬場の中で走った後もいい状態を維持できていますね。天皇賞の疲れを感じることはなかったです」

     午前7時の開門と同時に朝日が差し込むCWコースに登場した。僚馬2頭を追いかける流れでスタート。スムーズにスピードに乗り、4コーナーで最内に入ると大きなストライドで加速する。最後は追いすがるスプマンテ(500万下)にクビ差先着。ラスト重点だったため、全体時計は6ハロン84秒8と目立たなかったが、ラスト1ハロンは11秒8とさすがの切れ味を披露した。

     見守った池江調教師は「生涯最高のデキだった前走の状態をキープできていると思う」とうなずいた。前走の天皇賞・秋は極悪馬場に泣いて不完全燃焼の18着。川田騎手は「全く走ることができずにかわいそうでした」と振り返る。本来の走りができなかったぶん、ダメージは少なかった。

     担当の山元助手は「ジョッキーが感触を確かめた上で強めに追ったことで、ここからもう一段よくなりそう。レースではいつものアラジンをみせられますよ」と期待する。

     「土曜が雨予報なのが一番気になりますね。レースでは精いっぱい頑張ってくれるので、安田記念のような天気(晴れ)と馬場(良)でやれればと思います」

     川田騎手は好天での決戦を願う。天さえ味方をしてくれれば…。サトノアラジンが自慢の末脚でマイル界を統一する。

    【マイルCS予想|2017年|調教・追い切りニュースまとめ】の続きを読む

    マイルCS予想|2017年|予想オッズまとめ

    yosouodds

    競馬で勝ちたい・儲けたい
    そんな貴方様に・・・競馬劇場
    無料コンテンツ4つは完全オリジナル
    そんな無料コンテンツが見れる
    競馬劇場が熱い
    keibakaigi


    ヤフーニュースより

    またミルコ?ペルシアンナイト M.デムーロ騎手

     皐月賞2着のペルシアンナイト(栗東・池江泰寿厩舎、牡)が出走予定。前走の富士Sは休み明け、不良馬場とマイナス要因が重なって5着と敗れたが、マイルではその一戦を除けば【2・0・1・0】と安定している。

     ハービンジャー産駒は今秋、秋華賞(ディアドラ)、エリザベス女王杯(モズカッチャン)とGIを2勝しており、血の勢いも十分。さらにGIで9戦連続3着以内のM.デムーロ騎手の手綱さばきにも注目だ。
    【マイルCS予想|2017年|予想オッズまとめ】の続きを読む

    このページのトップヘ