競馬予想@競馬総合情報

競馬予想@競馬総合情報!、競馬予想で的中ラッシュするためにいろいろな視点からを作成しています。競馬予想データ、競馬ニュース、競馬情報など

    福島牝馬S予想|2018年|直前情報まとめ

    chokuzen

    ヤフーニュースより

    【前走後の談話】土曜福島11R・福島牝馬S

     ◇カワキタエンカ「前走を使ってガス抜きができていた。まだまだこれからの馬。ひとつひとつ段階を踏んでいってほしい」(池添謙騎手)

     ◇キンショーユキヒメ「いい感じで競馬ができたが、もうひと伸びがあればいい。これを使って少しずつ状態が上がっていくと思う」(蛯名正騎手)

     ◇ゲッカコウ「最後はもう少し伸びると思っていただけに、案外だった」(柴田大騎手)

     ◇デンコウアンジュ「ペースが遅すぎた。伸びてはいるが、前も止まらなかった」(蛯名正騎手)

     ◇トーセンビクトリー「最後に踏ん張れなかったのは、ポジションを取りにいったぶんもあるだろう。ハンデも影響したかもしれない」(田辺裕騎手)

     ◇ブラックオニキス「イレ込む面など自分との戦いになるが、今日は落ち着いていた。いつか重賞を勝てる馬」(松岡正騎手)

     ◇ベアインマインド「斤量が2キロ軽くなったので楽しみにしていた。道中は決してスムーズな競馬ではなかったから、勝ててよかった」(ミナリク騎手)

     ◇レイホーロマンス「今回は中山なので、残り400メートルまでにエンジンをかけた。ハンデ重賞なら上位争いができる」(岩崎翼騎手)

     ◇ワンブレスアウェイ「最近はスタートで出ない。最後は外を回ったぶんがあったかも」(戸崎圭騎手)

    【データで勝負】土曜福島11R・福島牝馬S

    【データからの注目馬・福島11R】

    ◎(3)レイホーロマンス

    ☆2013年以降の同名レース5戦を参考にすると、前走中山牝馬Sの5歳馬で、前走3着以内に好走していると【3・2・1・0】と抜群

    展開を読む【福島牝馬S=平均ペース】

    カワキタエンカがハナ。サルサディオーネ、トーセンビクトリーと続き序盤は淡々と流れる。3角からブラックオニキス、ワンブレスアウェイ、デンコウアンジュが進出を始めてペースがアップ。差しも決まる今の馬場なら後方組にも勝機。

    【福島牝馬S】傾向と対策

     過去10年(11年は新潟)の結果から傾向を探る。

     ☆人気 1番人気は【2・1・2・5】。3番人気が最多3勝。

     ☆前走 中山牝馬S組が8勝と断然だが、同勝ち馬は4、2着と未勝利。

     ☆年齢 5歳が最多5勝、勝率&連対率も年齢別トップ。

     ☆馬番 勝ち馬は全て1桁馬番で6番が4勝、8番が3勝。

     結論 ◎ゲッカコウ ○レイホーロマンス ▲トーセンビクトリー



    競馬予想サイト レープロの無料予想が激アツなの知っているw

    rep


    これだけの無料コンテンツを誰でも無料・しかも匿名性の高いフリーメールで登録できます。

    競馬レープロへ行く



    マイラーズC予想|2018年|予想オッズまとめ

    yosouodds



    無料の予想で
    競馬を勝ちたい・儲けたい
    そんな貴方さまにはUMAチャンネル

    充実の無料予想・・・
    umachs

    チャンピオンズカップでコパノリッキー買えたのはこのサイトのこの
    無料コンテンツのおかげ

     トラックマンS(栗東担当者)

    コパノリッキーが好調キープ出来ているようです。フェブラリーSの後リフレッシュされたことで走りがスムーズになりしっかり手前を変えて走れるようになったのがここ3戦の好走の原因のようです。前走も出遅れがなければ勝てていたかという競馬で、ここもうまく立ち回れば勝ち負けに加わってくるという感触です

    ヤフーニュースより

    エアスピネルが悲願のGI制覇に向け始動/マイラーズCの見どころ


     昨年のマイルCSで2着のエアスピネルが始動。復帰戦を勝利で飾り、悲願のGI制覇に向けて弾みをつけることができるか。出走を予定している主な有力馬は次の通り。

    ■4/22(日) マイラーズC(4歳上・GII・芝1600m)

     エアスピネル(牡5、栗東、笹田和秀厩舎)は中山記念で始動する予定だったが、骨膜炎を発症したため回避。改めてここから悲願のGI制覇を目指す。一頓挫はあったものの、調教の動きは良く、状態に影響はなさそう。昨年はイスラボニータの2着に敗れたが、今年はしっかりと勝って安田記念に向かいたいところだ。鞍上は武豊騎手。

     サングレーザー(牡4、栗東、浅見秀一厩舎)は4連勝で昨年のスワンSを制し、続くマイルCS・阪神Cでも3着に入った。こちらも今年の初戦だが、昨秋は若干使い詰めの感があっただけに、ちょうど良い休養になっただろう。まだまだ成長が見込める4歳馬、今後のためにも勝って賞金を積み上げておきたい。

     その他、阪急杯で2着のモズアスコット(牡4、栗東、矢作芳人厩舎)、京都金杯を勝ったブラックムーン(牡6、栗東、西浦勝一厩舎)、連勝で勢いに乗っているロジクライ(牡5、栗東、須貝尚介厩舎)、重賞3勝の実績があるヤングマンパワー(牡6、美浦、手塚貴久厩舎)なども上位争いの圏内。発走は15時35分。。

    【マイラーズC予想|2018年|予想オッズまとめ】の続きを読む

    フローラS予想|2018年|予想オッズまとめ

    yosouodds



    無料の予想で
    競馬を勝ちたい・儲けたい
    そんな貴方さまにはUMAチャンネル

    充実の無料予想・・・
    umachs

    チャンピオンズカップでコパノリッキー買えたのはこのサイトのこの
    無料コンテンツのおかげ

     トラックマンS(栗東担当者)

    コパノリッキーが好調キープ出来ているようです。フェブラリーSの後リフレッシュされたことで走りがスムーズになりしっかり手前を変えて走れるようになったのがここ3戦の好走の原因のようです。前走も出遅れがなければ勝てていたかという競馬で、ここもうまく立ち回れば勝ち負けに加わってくるという感触です

    ヤフーニュースより

    【サンスポ賞フローラS】欠点が少ないレッドベルローズ


     春の陽気とともに、今週から関東圏の主場は東京競馬場へ移る。開幕週の日曜メインは、オークストライアルのサンケイスポーツ賞フローラS(22日、GII、芝2000メートル)。2010年には勝ち馬サンテミリオンが樫の舞台でアパパネと歴史的1着同着、近年の優勝馬も16年チェッキーノ、17年モズカッチャンが本番で2着に好走した。昨年まで上位3頭に与えられていたオークス(5月20日、東京、GI、芝2400メートル)への優先出走権が、今年から2着までとなったが、牝馬クラシック2冠目を占ううえで、必見のレースだ。

     16日現在、賞金上位で出走可能な馬は7頭。中でもレッドベルローズ(美浦・鹿戸雄一厩舎)が最も欠点が少ない。東京マイルのデビュー戦でメンバー最速の上がり(3ハロン33秒5)を繰り出して快勝すると、続くフェアリーSは出遅れながら、鋭い末脚で3着に追い上げた。2走前のクイーンC10着は出遅れたうえ、直線での不利も響いた。距離延長の前走・ミモザ賞をきっちり勝利、それも好位から楽に抜け出して競馬の幅も広げた。メンバーで唯一、東京コースと2000メートルで勝利を挙げているのは大きなアドバンテージ。東京コースに替わり、スムーズに流れに乗れれば、末脚が爆発しそうだ。

    【フローラS予想|2018年|予想オッズまとめ】の続きを読む

    このページのトップヘ