競馬予想@競馬総合情報

競馬予想@競馬総合情報!、競馬予想で的中ラッシュするためにいろいろな視点からを作成しています。競馬予想データ、競馬ニュース、競馬情報など

    根岸S予想|2018年|予想オッズまとめ

    yosouodds



    無料の予想で
    競馬を勝ちたい・儲けたい
    そんな貴方さまにはUMAチャンネル

    充実の無料予想・・・
    umachs

    チャンピオンズカップでコパノリッキー買えたのはこのサイトのこの
    無料コンテンツのおかげ

    トラックマンS(栗東担当者)

    コパノリッキーが好調キープ出来ているようです。フェブラリーSの後リフレッシュされたことで走りがスムーズになりしっかり手前を変えて走れるようになったのがここ3戦の好走の原因のようです。前走も出遅れがなければ勝てていたかという競馬で、ここもうまく立ち回れば勝ち負けに加わってくるという感触です


    ヤフーニュースより

    ノンコノユメ初の千四挑戦で復活ののろしだ/根岸S

    東京開幕週のメイン、根岸S(G3、ダート1400メートル、28日=1着馬にフェブラリーS優先出走権)で、ノンコノユメ(せん6、加藤征)が復活ののろしを上げる。17日には北C(ダート)コースでサクレエクスプレス(古馬1000万)を追走し3馬身先着。6ハロン81秒8-12秒7と上々の時計で好調をアピールした。

     一昨年6月の帝王賞(2着)以降、馬券に絡んでいないが、初の1400メートルで末脚が生きる展開になれば好勝負必至だ。加藤征師は「追いかけて先着したように動きは良かった。体調はいい。あとは乗り方。直線で外へ出してくれたら確実に伸びると思う」と話した
    【根岸S予想|2018年|予想オッズまとめ】の続きを読む

    シルクロードS予想|2018年|予想オッズまとめ

    yosouodds



    無料の予想で
    競馬を勝ちたい・儲けたい
    そんな貴方さまにはUMAチャンネル

    充実の無料予想・・・
    umachs

    チャンピオンズカップでコパノリッキー買えたのはこのサイトのこの
    無料コンテンツのおかげ

    トラックマンS(栗東担当者)

    コパノリッキーが好調キープ出来ているようです。フェブラリーSの後リフレッシュされたことで走りがスムーズになりしっかり手前を変えて走れるようになったのがここ3戦の好走の原因のようです。前走も出遅れがなければ勝てていたかという競馬で、ここもうまく立ち回れば勝ち負けに加わってくるという感触です


    ヤフーニュースより

    【シルクロードS展望】ダイアナヘイローが始動戦Vを狙う

     「シルクロードS・G3」(28日・京都)

     主役は昨年4連勝で北九州記念を制したダイアナヘイロー。前走のスプリンターズSは直線で失速して15着に沈んだが、5月から使い込んでいて、目に見えない疲れがたまっていた感もある。1週前には栗東坂路で軽快な動きを披露して、リフレッシュ効果は十分。〈2・4・1・0〉と好相性の京都で始動戦Vを決めて、再進撃へ。

     スプリンターズSは12着に終わったファインニードル。道中掛かり気味の追走となり、外々を回るに苦しい展開。それでは大敗もうなずける。1週前には栗東坂路で好時計をマークしたが、陣営のコメントから、若干まだ馬体に余裕がある印象。ただ、セントウルSを正攻法の競馬で快勝。G2勝ちの底力は侮れない。

     昨年の高松宮記念制覇後は精彩を欠いているセイウンコウセイ。前走も得意の京都で斤量56キロと条件はそろっていたが、好位から踏ん張り切れず7着。内容に不満は残るが、昨年は当レースで2着したように、1月~2月の厳冬期は4戦4連対。この時季が得意なタイプの可能性も。トップハンデは確実だが、克服して王者の走りを。

     カーバンクルSを逃げ切ってオープン特別3勝目を手にしたナックビーナス。これまで重賞では〈0・1・1・5〉とあと一歩が足りないが、今回は初のハンデ重賞。斤量差を生かせればもうひと押しが利きそうだ。上位食い込みへ。

     3年連続の参戦となるセカンドテーブル。一昨年4着、昨年3着と着順を上げており、ここを目標に好仕上がり。今年は連対圏突入も十分だ。
    【シルクロードS予想|2018年|予想オッズまとめ】の続きを読む

    アメリカJCC予想|2018年|直前情報まとめ

    chokuzen

    ヤフーニュースより


    【AJC杯】傾向と対策

      過去10年の結果から傾向を探る。

     ☆人気 1番人気は【2・1・0・7】、2番人気が最多3勝。

     ☆前走 勝ち馬10頭は全て重賞に出走。有馬記念組が最多4勝。

     ☆年齢 5歳が最多4勝だが今年は不在。6歳と7歳が各3勝。4歳は【0・2・2・12】と不振。

     結論 ◎トーセンビクトリー ○ゴールドアクター ▲ショウナンバッハ
    展開を読む【AJC杯=スローペース】
     マイネルミラノの逃げでゆったりした流れ。ゴールドアクターとダンビュライトは好位、ミッキースワローはそれらを見ながら運び、直線で追い比べ。この3頭が早めに動いて消耗戦になればショウナンバッハなど差し馬の出番も。
    【前走後の談話】日曜中山11R・AJCC
    ◇ゴールドアクター「(前走のときとは)返し馬が全く違ったし、劇的に良くなっていた。勝ち馬は強かったが、よく頑張っている」(横山典騎手)

     ◇シホウ「ところどころでハミを抜いてくれたけど、まだ口が重い感じ。最近は長いところを使っているぶん、テンの行きっぷりも良くない。この距離は少し長い気がするし、もう少し時計がかかってほしかった」(吉田隼騎手)

     ◇ショウナンバッハ「じっくりと脚をためた。最後は伸びたが、外枠がきつかった」(木幡初騎手)

     ◇ダンビュライト「スタートが決まったし、馬の力を信じて自信を持って乗った。まだ子供っぽいところもあるが、期待通りに成長してくれている」(松若風騎手)

     ◇ディサイファ「ポンとゲートを出てくれて、リズム良く運ぶことができた。ただ、直線に向いてからは後ろから馬がくると耳を絞っていた」(柴山雄騎手)

     ◇トーセンビクトリー「直線までうまく立ち回ることができた。反応も良かったし、最後の不利がもったいなかった」(田辺裕騎手)

     ◇トミケンスラーヴァ「血統的には短い距離なのだろうけど、穏やかな馬。2回続けていいタイミングで乗せてもらってよかった」(秋山真騎手)

     ◇マイネルミラノ「行き脚がつかず、途中から動いていった。この馬の力からすれば、もう少し粘ってくれるかと思ったが…」(柴田大騎手)

     ◇ミッキースワロー「すごい馬場だった。よく頑張った」(横山典騎手)

     ◇レジェンドセラー「エンジンがかかるのは遅かったけど、この中間で成長していたためか、最後でもうひと伸びしてくれた。この距離はぴったりだし、このまま成長していけば、重賞も狙える器だと思う」(ルメール騎手)

    日曜中山の危険な人気馬

    【中山9R・バケットリスト】未勝利脱出を果たした前走は完勝だった。とはいえ、当時のメンバーは全て次走で馬券圏外に沈んでおり、相手関係に恵まれた感は否めない。とりあえず昇級戦は様子見が妥当だろう。

     【中山10R・ブレイヴバローズ】前走は逃げ馬をとらえられず、後ろからも差されての4着。もう少しクラス慣れが必要かもしれない。乗れている鞍上込みで人気を集めるだろうが、過信は禁物だ。

     【中山11R・ゴールドアクター】7カ月のブランクを考慮して入念に乗り込まれているが、肝心の動きの方は明らかに重め。陣営のトーンが上がらないのも仕方ない。本当の狙いは次以降と見て、今回はバッサリいく手もあるか。


    アメリカJCCの予想はプロの予想で
    しかも無料で予想を公開中wwwww
    競馬ジャパンの無料コンテンツが激アツw。
    フリーメールで登録可能なだけにチェックしないのは間違い。
    keibaj




    競馬ジャパンへ行く



    このページのトップヘ