競馬予想@競馬総合情報

競馬予想@競馬総合情報!、競馬予想で的中ラッシュするためにいろいろな視点からを作成しています。競馬予想データ、競馬ニュース、競馬情報など

    函館2歳S予想|2018年|予想オッズまとめ

    yosouodds



    無料の予想で
    競馬を勝ちたい・儲けたい
    そんな貴方さまにはUMAチャンネル

    充実の無料予想・・・
    umachs

    チャンピオンズカップでコパノリッキー買えたのはこのサイトのこの
    無料コンテンツのおかげ

     
    トラックマンS(栗東担当者)

    コパノリッキーが好調キープ出来ているようです。フェブラリーSの後リフレッシュされたことで走りがスムーズになりしっかり手前を変えて走れるようになったのがここ3戦の好走の原因のようです。前走も出遅れがなければ勝てていたかという競馬で、ここもうまく立ち回れば勝ち負けに加わってくるという感触です!!


    ヤフーニュースより
    【新馬勝ち2歳総点検・函館】アフランシール 大舞台で活躍の可能性も

    【新馬勝ち2歳総点検・函館】

    ★日曜(15日)芝1800メートル=ハーツクライ産駒の牝馬アフランシールが制した。

     1コーナーで人気馬2頭の真ん中に入ると、いったんは控えて4番手の位置。直線で競り合う2頭を外からかわすと、ゴール前は抑える余裕で2着馬に2馬身差をつける完勝。

     母ルシュクルは函館で新馬勝ち、姉ブランボヌールは函館2歳S勝利。血脈に流れる洋芝適性の高さを生かした格好だが、母姉が短距離で活躍という戦績の中、千八の距離での新馬勝ちは価値が高い。

     小回り向きの機動力に、今後父から受け継ぐ成長力が加わるようなことがあれば、大舞台での活躍が期待される。

    ★土曜(14日)芝1200メートル=2着に5馬身差をつけたジゴロの勝ちっぷりが上々だった。

    【函館2歳S予想|2018年|予想オッズまとめ】の続きを読む

    中京記念予想|2018年|予想オッズまとめ

    yosouodds



    無料の予想で
    競馬を勝ちたい・儲けたい
    そんな貴方さまにはUMAチャンネル

    充実の無料予想・・・
    umachs

    チャンピオンズカップでコパノリッキー買えたのはこのサイトのこの
    無料コンテンツのおかげ

     
    トラックマンS(栗東担当者)

    コパノリッキーが好調キープ出来ているようです。フェブラリーSの後リフレッシュされたことで走りがスムーズになりしっかり手前を変えて走れるようになったのがここ3戦の好走の原因のようです。前走も出遅れがなければ勝てていたかという競馬で、ここもうまく立ち回れば勝ち負けに加わってくるという感触です!!


    ヤフーニュースより

    【中京記念展望】グレーターロンドンが重賞初V狙う


     重賞初Vまであと一歩と迫っているのはグレーターロンドン。「夏場に(長距離)輸送をしたことがないから、そこがどうかだけど、終わってみたら力が違ったなというレースができれば」と田辺。末脚の生きる流れならチャンスは十分だろう。


     16年シンザン記念覇者ロジクライは、長期ブランクを経て1600万下-オープンを連勝。前走のマイラーズCは早め先頭でレコードのペースをつくった分、踏ん張れなかった。成長力のあるハーツクライ産駒。ひと息入れて巻き返しを図る。


     スマートオーディンは前走エプソムC12着が約2年ぶりの実戦。「体に張りが出ている。距離短縮もいい」と兼武助手はひと叩きの効果と条件を歓迎する。毎日杯、京都新聞杯と重賞を連勝した実績馬。叩き2戦目で本領発揮へ。


     昨年の覇者ウインガニオンは夏場に強い左回り巧者。状態アップで連覇を狙う。3歳馬フロンティア、末脚が武器のブラックムーン、距離短縮歓迎のミエノサクシードにも注目だ。

    【中京記念予想|2018年|予想オッズまとめ】の続きを読む

    函館記念予想|2018年|調教・追い切りニュースまとめ

    choukyou


    高配当21では今週も無料予想GET
    馬券師が馬券的中を目指しますw
    無料予想で有馬記念予想を公開
    kouhai21s


    ヤフーニュースより
    【覆面記者の耳よりトーク】函館記念

     今週の『覆面記者の耳よりトーク』は、荒れレースとして定評がある函館記念を取り上げる。ヤマカツライデンの回避で、先手を主張しそうなタイプが見当たらず、スローペースが濃厚。先行有利の見立てから、クラウンディバイダがイチ推しだ。穴候補には、スピード上位のマイネルハニーを推奨。逆に器用さに欠けるブラックバゴ、サクラアンプルールには“危険信号”がともった。

     記者A 逃げが予想されたヤマカツライデンが回避したことで、展開が大きく変わってきそうだな。

     記者B Y騎手は「あの馬がいなくなって、一気にペースが落ち着きそう」と、前残りを警戒していました。今週からBコースに替わって、内の傷んだ部分もカバーされますしね。

     記者C 近5年でも逃げた馬が3度馬券に絡んでいるように、小回りの舞台らしく先行馬有利の傾向が出ています。そこでイチ推しはクラウンディバイダ。初のオープン挑戦だった巴賞で僅差の4着と、いきなりメドを立てました。

     記者D 斎藤誠調教師も「自分の形ならしぶとい」と色気を持っていたぞ。前走の勝ち馬が同斤量に対して、2キロ減。再度、マイペースで運べれば、0秒1差の逆転は可能だろう。

     記者B 中山金杯4着以来となるブラックバゴは「決め脚はすごいけど、常にゲートの不安がある」とG騎手。近走同様に今回も後方からとなりそうで、短い直線で差し切るのは厳しそうです。

     記者C 実績上位のサクラアンプルールも危険な人気馬でしょう。「器用さがないし、いつも直線で大外に持ち出すロスがある」とL助手が証言。昨年もこのレース9着後の札幌記念を勝ったように叩き良化型で、休み明けの割り引きも必要です。

     記者A おもしろそうなのはマイネルハニーやな。巴賞は急仕上げだったうえに、58キロの斤量もさすがに厳しかった。1キロ減で持ち前のスピードと先行力が生きるし、力の要る洋芝も向きそうやで。

    【函館記念予想|2018年|調教・追い切りニュースまとめ】の続きを読む

    このページのトップヘ